楽天 pay 上限。 楽天ペイの特徴と使い方、チャージ・支払い方法

楽天ペイの上限金額は?【コンビニは上限金額が変更されるので注意】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

楽天 pay 上限

なので、の10,000円キャッシュバックでは煩わしいポイント交換の手続きなんてありませんし、 もちろん年会費だって永年無料です。 最大50万円まで• コンビニの場合は4,000円まで• 楽天ポイントや楽天キャッシュは3万円まで 楽天ペイの利用上限金額は最大50万円まで 楽天ペイの利用上限金額は、一回の支払いあたり最大50万円までとされており、 自身の楽天IDの会員ランクや楽天ペイの利用状況などによって異なるので注意しておきましょう。 なお、楽天ペイはを登録して決済できますが、当然ながらの利用上限に達した場合は50万円未満であっても決済が行えない場合があります。 コンビニで楽天ペイを使う場合の利用上限額は4,000円まで しかし、楽天ペイはローソンなどのコンビニで支払う場合、 その上限は一回の支払いにつき最大4,000円までとされています。 なので、コンビニで4,000円以上の高額な買い物ができない点に注意しておきましょう。 楽天ペイで貯まったポイントや楽天キャッシュの利用上限額は最大3万円まで なお、楽天ペイで貯めた「楽天スーパーポイント」やチャージした「楽天キャッシュ」の利用上限は 一回あたり最大30,000円分までです。 ご利用可能額の上限に達してエラーとなったが上限金額は尋ねることが出来ますか? 楽天IDの会員ランク・楽天ペイアプリのご利用状況・ご利用店舗等によって上限金額は異なりますが、セキュリティの観点からお答えすることはできません。 誠に申し訳ございませんが、ご了承ください。 上記の通り、楽天ペイの上限は最大で50万円とはされているものの、自身の楽天IDの会員ランクや利用状況によっては、 その上限が50万円以下となってしまうこともあります。 なお、楽天IDの会員ランクは楽天ポイントの獲得回数や獲得ポイント数によって以下のように変化します。 出典: また、楽天ペイは利用上限額以外に「使用回数」にも制限がかかる場合があるとされていますが、 いずれも具体的な上限設定の確認はできません。 なので、上限金額や使用回数の制限がどうしても気になるという方は、楽天ペイの使用を控えた方が良いかもしれません。 楽天ペイと他のスマホ決済アプリの利用上限額を比較 では、楽天ペイとそれ以外の主要なスマホ決済アプリの各利用上限金額を比較してみましょう。 また、LINE Payも本人確認完了後は1回あたり100万円まで利用できるので、特段上限額に困ることもないでしょう。 しかし、楽天ペイはコンビニだと上限額4,000円までといった縛りがあったり、楽天ID会員のランクや利用状況によって上限が変動したりするので、スマホ決済を使って頻繁に支払いしていきたい方は、その他のアプリもインストールしておきましょう。 楽天ペイの利用上限額に関するまとめ.

次の

楽天ペイの特徴と使い方、チャージ・支払い方法

楽天 pay 上限

ポイントを使う場合にも上限がある!一度に何ポイントまで使えるのか場所別に確認 まず、楽天スーパーポイントで支払いをしたいとき、一度にどれくらい使えるのかというところから見ていきましょう。 利用するお店や会員ランクによっても異なりますので、それぞれのケースについてご紹介していきます。 1回の買い物で使えるポイント数に上限がある はじめに、利用するお店別に、楽天スーパーポイントをいくらまで使えるのか見ていきましょう。 1回のサービス利用や購入につき、楽天サービスとそれ以外のお店で、それぞれ以下のような上限が設定されています。 楽天サービス:1ポイント~30,000ポイントまで• ただし、サービスによって使える最低ポイント数が1ポイント~ではないところもありますので、ご注意ください。 一方、楽天サービス以外の、街中の加盟店では1度に5,000ポイントまでとなっています。 1か月の上限は10万ポイント!ダイヤモンド会員は50万ポイント 先に1回当たりの利用上限についてご紹介しましたが、楽天スーパーポイントにはさらに1か月当たりの利用上限も設定されています。 1か月の楽天スーパーポイント利用上限は、10万ポイントまでとなっています。 楽天サービスの場合、1回につき30,000ポイントまでですから、上限ギリギリのお買い物は月に3回ほどしかできないというわけですね。 ただし、には会員ランク制度があり、その中での最高ランクであるに限っては、毎月50万ポイントまで利用することができます。 獲得できるポイントの上限!特典ポイントの上限には要注意 では次に、お買い物やサービス利用によって獲得できる楽天スーパーポイントの上限についてご紹介します。 平常時に普通にお買い物をするだけなら、上限を気にする必要はないのですが、キャンペーンや特典を利用する場合は注意が必要です。 さっそく、具体的に見ていきましょう。 楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)には上限がある 楽天カード会員の方ならおなじみの、楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)。 楽天のいろんなサービスを利用して条件を達成すれば、いつでもポイントが最大14倍になるという、大変お得なシステムです。 でも、ポイントがたくさん貯まるからといって、やみくもに高額商品を購入するのは賢明ではないかもしれません。 なぜなら、「ポイント〇倍」という倍付け分には、獲得上限が設けられているからです。 楽天SPUには会員ランク別に5,000~15,000ポイントの上限がある 楽天カードで決済すると、通常ポイント1倍(100円=1ポイント)に楽天カード利用の1倍が加算されて、いつでもポイント2倍(還元率2%)になります。 これについては上限がありません。 しかし、そこにその他の楽天SPUの特典を加えていくと、上限が発生するのです。 では、一度に獲得できるポイントの上限は、どれくらいなのでしょうか?楽天SPUの各サービスについて、達成条件と獲得できるポイントの上限をご紹介します。 条件 倍率 上限ポイント数 楽天市場での楽天カード利用特典 +1倍 5,000ポイント 楽天プレミアムカード・ 楽天ゴールドカード利用特典 +2倍 【楽天ゴールドカード】 5,000ポイント 【、 楽天ブラックカード、 楽天ビジネスカード】 15,000ポイント 楽天市場アプリで購入分のみ +1倍 ダイヤモンド会員:15,000ポイント プラチナ会員:12,000ポイント ゴールド会員:9,000ポイント シルバー会員:7,000ポイント その他会員:5,000ポイント 楽天モバイル通話SIM利用中 +2倍 5,000ポイント 楽天銀行口座から 楽天カード利用分引落し +1倍 ダイヤモンド会員:15,000ポイント プラチナ会員:12,000ポイント ゴールド会員:9,000ポイント シルバー会員:7,000ポイント その他会員:5,000ポイント 楽天ブックスまたは楽天Koboで 月に合計2,000円以上の購入 +1倍 ダイヤモンド会員:15,000ポイント プラチナ会員:12,000ポイント ゴールド会員:9,000ポイント シルバー会員:7,000ポイント その他会員:5,000ポイント 楽天ブランドアベニューで 月1回以上購入 +1倍 ダイヤモンド会員:15,000ポイント プラチナ会員:12,000ポイント ゴールド会員:9,000ポイント シルバー会員:7,000ポイント その他会員:5,000ポイント 楽天TVの「Rakuten NBA Special」 または「Rakuten パ・リーグ Special」 に加入・契約更新 +1倍 ダイヤモンド会員:15,000ポイント プラチナ会員:12,000ポイント ゴールド会員:9,000ポイント シルバー会員:7,000ポイント その他会員:5,000ポイント 楽天トラベルで月1回 対象サービスの予約& 旅行対象期間中に旅行 +1倍 ダイヤモンド会員:15,000ポイント プラチナ会員:12,000ポイント ゴールド会員:9,000ポイント シルバー会員:7,000ポイント その他会員:5,000ポイント 楽天ビューティで月1回 1,500円(税込)以上の ネット予約&施術完了 +1倍 ダイヤモンド会員:15,000ポイント プラチナ会員:12,000ポイント ゴールド会員:9,000ポイント シルバー会員:7,000ポイント その他会員:5,000ポイント これらの条件をすべて同時に達成すれば、楽天カード利用時の上限のないポイント2倍に加えて12倍、つまりは14倍ものポイントがもらえるのです。 しかし、12倍の部分については、サービスごとに設定された上限があるというわけです。 ポイント上限を知り尽くせ!もらい損ねないためのお買い物方法 特典として獲得できる楽天スーパーポイントには、それぞれの特典や会員ランクに応じて上限があることをお伝えしてきました。 高額なお買い物をして上限に達してしまった場合、満額ポイントをもらうことができないケースもあります。 この辺りについて、もう少し具体的に見ていきましょう。 倍付け分にのみ上限が設定されます 先にも触れましたが、通常の状態でもらえる1倍部分の基本ポイントと楽天カード決済によるポイント(合計還元率2%)には、上限がありません。 ですから、その状態ならば上限を気にせずいくらでもお買い物ができます。 しかし、キャンペーンや特典でもらえる倍付け分の楽天スーパーポイントには、上限が設定されます。 つまり、ポイント2倍キャンペーンであれば、グリーンで表示された1%部分にのみ上限があるというわけですね。 他のキャンペーンとも併用可能 また、楽天SPUのように、複数の特典分を重複して受け取ることも可能ですし、さらに、それ以外のショップ独自のポイントアップキャンペーンや、楽天スーパーSALEなどのイベントとも重複利用が可能です。 たとえば、楽天市場アプリの利用でポイント2倍(+1倍)という条件を達成している状態で10,000円のバッグを買ったとき、そのショップでポイント4倍(+3倍)キャンペーンが行われていたとします。 楽天スーパーポイントは通常1%の還元率ですから、10,000円のバッグを購入してもらえる基本ポイントは100ポイントです。 繰り返しますが、このポイントには上限がありません。 次に、アプリ利用のポイント+1倍部分と、ショップのキャンペーンであるポイント+3倍部分について見てみましょう。 同様に、ポイント4倍キャンペーンについても3倍分の300ポイントが加算されます。 つまり、基本ポイント100+アプリ利用ポイント100+キャンペーンポイント300=500ポイントが、このケースで獲得できる総ポイント数となります。 上限を超えないようにするには、月いくらまでお買い物できる? 上記の例でいうと、アプリ利用による特典ポイントには、レギュラー会員の場合、5,000ポイントという上限がありますが、この場合は100ポイントですから余裕で上限に収まっています。 では、いくらのお買い物までなら、上限に収まって効率的に満額のポイントを受け取ることができるのでしょうか?会員ランクと楽天SPUの各サービス別に見てみると、こうなります。 会員ランク 【+1倍】 楽天市場アプリ 楽天ブックス・楽天Kobo 楽天ブランドアベニュー 楽天TV 楽天トラベル 楽天ビューティ 【+2倍】 楽天モバイル レギュラー会員 500,000円 250,000円 シルバー会員 700,000円 350,000円 ゴールド会員 900,000円 450,000円 1,200,000円 600,000円 1,500,000円 750,000円 ご自分の会員ランクとその月に達成している各サービスの条件に応じて、上記の金額を把握しておけばポイントの取り損ねを防げます。 上限5,000ポイントのサービスがあることに注意! ただし、楽天SPUの場合、楽天カードまたは楽天ゴールドカード利用の特典ポイントは、会員ランクに関係なく5,000ポイントまでとなっているので、500,000円を超えてしまうと、この項目の特典ポイントのみ、上限の5,000ポイントまでしかもらえないということになります。 この辺りはとってもややこしいので、もう少し分かりやすくするために、具体例を挙げてご説明したいと思います。 利用したクレジットカード:• 会員ランク:ゴールド会員• 今月条件を達成したサービス:楽天アプリ、楽天モバイル このようなステイタスの方が、楽天市場で700,000円の時計を購入したとします。 ショップのキャンペーンや楽天スーパーSALEなどのイベントは無いものとします。 サービス【倍率】・(上限) 付与ポイント数 上限がなければ 付与されたポイント数 基本ポイント【1倍】 (上限なし) 7,000ポイント 7,000ポイント 楽天カード利用分【+1倍】 (上限なし) 7,000ポイント 7,000ポイント 楽天市場での楽天カード特典【+1倍】 (上限5,000ポイント) 5,000ポイント 7,000ポイント (-2,000ポイント) 楽天市場アプリ【+1倍】 (上限9,000ポイント) 7,000ポイント 7,000ポイント 楽天モバイル【+2倍】 (上限5,000ポイント) 5,000ポイント 14,000ポイント (-9,000ポイント) 合計 31,000ポイント 42,000ポイント (-11,000ポイント) このように、楽天市場で楽天カードを使ったときの特典と楽天モバイル特典には、会員ランクを問わず5,000ポイントという上限があるために、高額なお買い物をするとその部分の特典ポイントがもったいないとも言えるのです。 31,000ポイントももらえればじゅうぶんと感じる方もいらっしゃるでしょうが、1ポイントたりとも取り損ねたくないという方は、楽天市場では月に50万円までの利用にしておくことをオススメします。 とはいえ、楽天プレミアムカード・楽天ブラックカード・楽天ビジネスカード利用なら、15,000ポイントまで上限が広がります。 ただし、これらのカードはプレミアムが10,800円、ブラックなら32,400円、ビジネスカードはプレミアムとのセットが条件で+2,160円という年会費がかかります。 付与ポイント数の上限やお買い物の金額および頻度、その他のカード特典なども合わせて考慮し、ご自分に合ったカードをお選びください。 特典ポイントはすべて期間限定ポイント! ここまでご紹介してきた特典でもらえる倍付け分のポイントは、です。 通常のポイントよりも有効期限が短いことに注意が必要です。 楽天SPUの各特典でもらえるポイントの有効期限は、どれも付与された日の翌月末日 23:59までとなっています。 付与されるタイミングは該当月の15日頃なので、45日間程度で使い切らないと失効してしまうというわけですね。 せっかくもらえたポイントですから、何とかして上手く使い切れるよう、購入したいものや利用したいサービスの目星をつけておきましょう。 今回は、使う・貯めるそれぞれの、楽天スーパーポイントの上限についてお話しました。 使うときの上限は、1回3万ポイント、月間10万ポイント(ダイヤモンド会員は50万ポイント)というシンプルな設定です。 一方、貯めるときの上限は、会員ランクやクレジットカードの種類、利用できる特典などによって異なってくるため、正確に把握するのはかなり大変です。 とはいえ、イベントなどがない平常時かつ一般の楽天カード決済なら、月々50万円までのお買い物にとどめておけば損をすることはありません。 特典ポイントの有効期限も頭に入れつつ、上限を意識してお買い物をすることで、ますますお得に楽天スーパーポイントを使いこなすことができますよ。

次の

楽天ペイの上限金額は?【コンビニは上限金額が変更されるので注意】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

楽天 pay 上限

楽天ペイとは 楽天ペイは、コンビニや家電量販店・ドラッグストアや飲食店などで利用することができるスマホ決済サービスです。 また、国内でもAmazonに並んで人気がある楽天で利用することができるため、ネットショッピングでも十分に活用することができます。 楽天ペイのメリット 楽天ペイを利用することで得られるメリットは数多くあり、簡潔にまとめただけでも以下のようなものがあります。 財布・現金を持ち歩く必要がない• 支払いが早い・楽• 楽天スーパーポイントを二重取り・三重取りできる• 利用できる店舗が多い• 将来的にSuicaへのチャージもできるようになる ざっと挙げただけでもこんなにも楽天ペイを利用するメリットが存在します。 特に魅力的なメリットを以下で詳しく紹介します。 楽天スーパーポイントが貯まりやすい 楽天ペイのポイント還元率は通常決済時で0. しかし、楽天ペイは非常に多くのキャンペーンを常時と言ってもいいくらい実施しており、それらキャンペーンを利用することで楽天スーパーポイント効率よく貯めることができます。 例えば現時点(2019年6月23日時点)で開催されているキャンペーンだと「無印良品週間」というものがあります。 このキャンペーンでは条件を満たした上でエントリーすることでポイント還元率が最大5倍になるため、ポイント還元率が一気に2. このようなキャンペーンをうまく活用することによって効率よく楽天スーパーポイントを貯められるようになるでしょう。 使えるお店が多い 楽天ペイはLINE PayやPay Payなどの他の有名なスマホ決済サービスと比較しても圧倒的に使えるお店が多いです。 2019年6月に公開された情報によると、Pay Payが60万店以上、LINE Payが100万店以上、そして楽天ペイが120万店以上に対応しており、数字で確かめても圧倒的であることがわかります。 そのため、キャッシュレス決済に対応している店舗であれば楽天ペイにも対応しているということが多く、小規模な個人店でも利用できることが少なくありません。 Suica(スイカ)へのチャージも可能 楽天ペイは2020年の春頃からSuicaにも対応するということを発表しており、将来的に楽天ペイで Suicaにチャージすることができるなります。 チャージだけではなく発行することもできるようになるため、日常的にSuicaを利用している方にとっては朗報でしょう。 まだ半年以上先の話であるためすぐに利用できるわけではありませんが、現状Suicaと提携しているスマホ決済サービスは楽天ペイだけであるため、注目しておくべきポイントです。 楽天ペイの使い方 楽天ペイは一度登録さえ済ませてしまえば使うことは非常に簡単です。 楽天ペイに新規登録は以下のような手順で行います。 楽天ペイのアプリをスマホにインストール• 楽天アカウントでログイン(持ってない場合は新規アカウント登録してログイン)• ログインしたら決済使用するクレジットカードを登録 たったこれだけで楽天ペイを使う準備は完了です。 また、スマホ決済サービスは基本的に使用する現金をチャージして使用することが一般的ですが、楽天ペイは現金チャージに対応しておらず、 クレジットカード決済による後払いのみです。 そして、複数のクレジットカードを登録して切り替えることもできるのも一つの特徴です。 楽天ペイは支払い方法として、• バーコードを提示して店員さんに読み取って決済する「コード払い」• 提示されたQRコードを読み込んで決済する「QR払い」• 位置情報をもとにお店を選んで支払う「セルフ」 の3種類が用意されています。 基本的に実店舗で決済する際はコード決済かQRコード決済のどちらかを選択することになります。 コード決済の際は、楽天ペイアプリに表示されるバーコードを店員さんに提示し、QRコード決済の場合は提示されるQRコードを読み取って決済を行います。 楽天ペイの上限・限度額はいくら? 楽天ペイなどのスマホ決済サービスには必ず1回の支払いに使用できる金額の上限や利用限度額が設定されています。 この利用限度額などをしっかり把握しておかないといざという時に使えなくなる可能性があるので覚えておきましょう。 楽天ペイは最大50万円までの支払いが可能 楽天ペイは1回の支払いにつき 最大50万円まで利用可能です。 そのため、よっぽど高額な商品の購入に使用しない限り支払い上限に引っかかって決済できないというトラブルが起きることはないでしょう。 ただし、詳しくは後述しますがコンビニで利用する際は支払額の上限が異なるので注意が必要です。 楽天ペイのポイント払いは30,000ポイントまで 楽天ペイで貯めたポイントで支払う場合、1回の支払いにつき 最大で30,000ポイントまで使用することができます。 それ以上のポイントを使いたい場合は複数回に分けて使用する必要があるので覚えておきましょう。 楽天ペイをコンビニで利用する際は4,000円まで 基本的に楽天ペイでの支払額上限は50万円ですが、ローソンなどの コンビニでは例外です。 コンビニは1回の支払いにつき最大4,000円までと制限されているため、4000円以上の買い物をする際は楽天ペイ以外の方法で支払いを行う必要があります。 クレジットカードの利用限度額にも注意 たとえ、支払限度額である50万円未満の買い物であっても、クレジットカードの利用限度額に達していた場合は楽天ペイを使って支払いすることはできません。 その場合は楽天ペイに登録済みの別のクレジットカードに切り替えるか、楽天ペイ以外の支払手段で決済するようにしましょう。 楽天ペイの上限・限度額を把握して活用しよう 楽天ペイで一回の支払い使用できる金額や利用限度額を理解せずに利用しているといざという時に困ることになりかねません。 ですが、それはあくまで利用限度額が危なくなるぐらい楽天ペイを使用している場合に限った話であり、そこまで利用する予定がない方には関係のない話です。 楽天ペイの上限額の話がどうでもよくなるくらいには利用するメリットが盛りだくさんですので、まだ使ったことがない人は、一度楽天ペイを使ってみてもいいかもしれません。

次の