コブクロ 君が代 ユーチューブ。 コブクロ小渕健太郎がスタート前に国歌を独唱:マラソン五輪代表決定レースMGC

コブクロ小渕健太郎の君が代国歌独唱が下手な理由は喉の病気?動画アリ|宇宙を取り巻く謎!芸能、スポーツ、ニュースのネタ情報

コブクロ 君が代 ユーチューブ

オリンピックへの切符がかかっているだけあって、スポーツ界では大きな注目を集めた同大会。 中継に関しても大型の枠が確保され、は朝8時から11時30分までの長時間をかけてマラソンの模様を生中継していった。 中継ではレース前のセレモニーまで放送され、小渕はピシっとしたスーツ姿で登場し、マイクの前で深々と一礼。 右手を左胸の前に添えて一呼吸置くと、そのまま厳粛の雰囲気の中、アカペラで国歌を独唱していった。 小渕は歌い出しの「きーみー…」まで地声に近い〝低音〟を発していたが、どうやら思うような出だしを切ることができなかったよう。 声が裏返ってしまっているようにも聴こえた。 すると小渕は、首を傾げる仕草を見せ、目を閉じ、続く「…がーよーはー」の部分からは、そのまま裏声の〝超高音キー〟に切り替えて歌い続けていくことに。 「国歌独唱」状態に!? 歌い方を切り替えた小渕は、その後もソプラノ歌手のような超ハイトーンボイスで「君が代」を歌っていき、途中には高音のあまり声がかすれる場面も。 中継では小渕の独唱をバックに選手たちの真剣な表情が映されていったが、その光景は珍妙なものと言わざるを得ない構図となった。

次の

MGCでコブクロ小渕健太郎『君が代』独唱も放送事故レベル? 裏声で国歌歌唱を失敗、ネットでは酷評の嵐に

コブクロ 君が代 ユーチューブ

情報不足な点や間違いなどありましたら申し訳ありません。 ジストニアにしろ発声を間違えたにしろ 少し失敗をなぜこんなに叩くのか、、 本当に悲しいです、、。 高音の出し方や歌い回しなどのコツを簡単に説明している動画になります。 万人に適合するものではありませんので 動画の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。 この動画は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。 すべての動画の内容に関し、一切の責務を負いません。 『shougo vlog』ではグルメ動画や、行ってみた、やってみたなど 僕の趣味や、やりたいことを自由にやっていくチャンネルです。 『ここ行ってみたいな〜〜、これ食べてみたい!!』と思ってもらえたら嬉しいです。 キャッチーなメロディーに、日常をシリアスに捉えた歌詞が特徴。 シンガーソングライターの活動はもちろん、イラスト・デザインも手掛けるなど、マルチに活動中。 ライブ活動:関東を中心としたライブハウスやライブカフェなどでの活動の他に、ツイキャスライブを月2回定期配信中。

次の

【動画あり】コブクロ・小渕健太郎の国歌独唱が「放送事故」ヤバすぎると話題に!

コブクロ 君が代 ユーチューブ

9月15日に開催された「マラソン・グランドチャンピオンシップ」で、音楽デュオ、コブクロの小渕健太郎(42)が独唱した「君が代」が波紋を広げ続けている。 声が裏返っちゃったような超高音で歌う様子がネット上に拡散されたのだ。 何度も大舞台を経験してきたプロだが、そんなことが起きるのか。 しかし、ネットでは「笑っていけない」などとタイトル付けされて拡散されたのだ。 これにモノ申したのがギタリストの布袋寅泰(57)。 自身のインスタグラムで「一度のミスを、寛大に受け入れようとしない風潮を、僕はとても寂しく思う」と擁護した。 これまでも国歌独唱でさまざまな歌手が批判にさらされてきた。 ある音楽関係者は「君が代は音域が広くて、実はとても難しい曲。 入り口を歌いやすいキーで入ってしまうと、後で高くなってしまい『あれ? 歌えないっ』となりがちです」とその難しさを語る。 プロのシンガーはどうみているのか。 実際、最後まで歌い切っていたし…。 国を背負って戦う尋常じゃない緊張感にいるアスリートを前に、特別な気持ちが生まれたんじゃないか。 いろいろな意見があると思うが、気にすることなく、歌い切ったことを誇りに、これからも活躍してほしい」とエール。

次の