お悔やみ 申し上げ ます メール。 お悔やみメールの文例。友人や友達に硬くない文面を送りたいとき。

お悔やみメール》親戚/返信/友達/友人/例文/文例/上司/同僚/取引先/ビジネス/返事

お悔やみ 申し上げ ます メール

お悔みメールを送ってもマナー上問題ないケースは? 送りたい相手が上司や部下 お悔みメールを送ってもマナー上問題ないケースとは、送りたい相手や上司や部下の場合です。 上長や直属の部下ほど近い距離感で普段から接している方には、メールでのお悔みもマナー違反とはなりません。 この距離感であれば、それこそLINEやメールで『訃報のため会社を休む』などの連絡が直接ある場合もありあます。 そんな方へ送る場合は「仕事のことは気にしないで」という気落ちを込めた文章にすることが大切になります。 送りたい相手が親しい友人 お悔みメールを送ってもマナー上問題ないケースとは、送りたい相手が親しい友人の場合です。 親しいからこそメールなどの気軽なツールで、相手を思いやることができます。 距離感が近いからこそ「いつでも話を聞くからね」という、労っている気持ちをメールにぎゅっと込めましょう。 親しいからこそ電話でも弔電でもなく"メール"でということが、相手に寄り添える方法とも言えます。 送りたい相手が取引先のビジネス関係 お悔みメールを送ってもマナー上問題ないケースとは、送りたい相手が取引先のビジネス関係の場合です。 いつもお世話になっている取引先の方に不幸があった場合、たとえメールであっても、お悔みは送っておくといいでしょう。 訃報というのは、ビジネスの中で軽くみられてしまう場合もあります。 特に取引をしている場合、たとえ身内に不幸があってもビジネスは常に動いています。 そんな時、取引先から「お悔み申し上げます」と労りの言葉があるだけで、不幸のあった相手方は落ち着いて故人を悼むことができるでしょう。 お悔みメールを送る時のマナーは? 「申し上げます」など丁寧な言葉遣いを心がける お悔みメールを送る時のマナーで大切なことは「申し上げます」など丁寧な言葉遣いに気をつけるということです。 お悔みですから、相手を傷つけないように最大限の注意が必要です。 先ほどご紹介した通り、お悔みメールは近しい存在の方に送るものでもあります。 近しい方へ送る場合、どうしてもいつものような気軽な言葉遣いししたくなってしまうと思いますが、弔意を示すため「申し上げます」などの丁寧な言葉を使用することが重要になります。 『時候の挨拶』は置かない! お悔みメールを送る時のマナーで大切なことは『時候の挨拶』を置かないということです。 通常のメールや手紙では、時候の挨拶をおく場合が多くあります。 しかしお悔みメールや弔辞の場合、そういったものは不要です。 訃報があった場合、相手方は忙しく動いている場合もありますし、故人を思うための時間の方が大切です。 風情などを考えるとき、時候の挨拶は重要になってきますが、お悔みや弔辞の際のそいうった長ったらしい挨拶は、相手への気遣いが足らないということになります。 少しでも相手方に時間を取らせないような内容のメールを送るように心がけましょう。 『忌み言葉』を使わない! お悔みメールを送る時のマナーで大切なことは『忌み言葉』を使わないということです。 『忌み言葉』とは、不幸が重なったり、繰り返したりなどの、不吉な言葉を連想させる言葉のことです。 忌み言葉• ・重ね重ね• ・再三• ・まだまだ• ・別れる• ・これからも• ・死ぬ• ・苦しむ• ・繰り返し• ・数字の『4』『9』• ・生きている これらが『忌み言葉』です。 「重ね重ね申し上げます」「悲しみが消えることを…」「49歳の若さで…」など、普段ビジネスでも使う言葉やこれなら大丈夫だろう、と考えてしまう言葉です。 しかし、このような忌み言葉は、訃報をさらに連想させる言葉と考えられるため、絶対に使用してはいけません。 お悔みメールの書き方は? 返信不要の意志を表示 お悔みメールの書き方2つ目は、返信不要の意思を表示すると言うことです。 メールを送ろうと思っている相手のことを思いやることが一番大切です。 相手の方が『喪主』を務めていることも十分に考えられます。 もちろん、喪主でない場合も十分考えられますが、たくさん来るお悔みメールに1つづつ返信すると言うのは、とても大変です。 そのため、お悔みメールの文末には『返信不要』と言う意思が伝わる言葉を添えると良いでしょう。 訃報があった相手と故人との関係性にも気を配る お悔みメールの書き方3つ目は、身内に不幸があったのか送る相手との関係性にも気を配るとうことです。 亡くなった方は誰なのかと言うこと、メールを送る相手と故人の関係を知ることは訃報があった時点で知ることができると思います。 故人はメールを送ろうと思っている方の親なのか、はたまた子供なのか、それとも親戚なのか…誰が亡くなったかによって選ぶ言葉にも気を使うべきです。 故人との関係性を直接聞くことはマナー違反になりますが、最初に訃報を知った時点で、故人が誰か知ることができた場合には、より一層慎重に言葉を選びましょう。 宗教によっては『ご冥福をお祈りします』は不適切に お悔みメールの書き方3つ目は、宗教によっては『ご冥福』は不適切になると言うことです。 様々な宗教が存在しますが、その宗教によって使わない方がいい言葉と言うのは存在します。 例えばキリスト教ですと「ご冥福をお祈りします」は不適切となります。 例えば仏教では、地獄に落ちたりと言う場合もあるため「ご冥福を祈る」と言うのは正しい言葉となります。 しかしキリスト教の一部では「必ず天国にいける」とも言われているため、『ご冥福を祈る』のは不適切な表現となるのです。 また、仏教の中でも浄土真宗の場合、阿弥陀如来によって極楽浄土に導かれるとされています。 個人がどの宗教を信仰していたか必ず知ることができると言うわけではないですが、知ることができた場合には言葉のチョイスに気をつけるようにしてください。 「お悔やみ申し上げます」は必ず入れる お悔みメールの書き方4つ目は「お悔やみ申し上げます」という文面を必ず入れるということです。 後ほど例文をいくつかご紹介いたしますが、「お悔やみ申し上げます」という言葉は必ず入ってきます。 あまりに形式張った文章にすることは意識しなくても良いですが、この言葉は必ず入れるようにすると良いでしょう。 すぐにお悔みメールとわかるため、件名に入れても大丈夫です。 まず自分が務める会社の上長や部下の方に送るべきメールの内容となります。 いろいろと大変だと思いますが、どうかくれぐれもご無理をなさいませんように。 メールでのお悔やみとなりましたこと、改めてお詫び申し上げます。 何かお手伝いできることがありましたらいつでもご連絡下さい。 引用元: よりそうのお葬式 こちらのメールは、上司・部下だけでなく同僚の方にも送って大丈夫な内容となっています。 「あなたの力になりたい」という気持ちを添えているというところが、最大のポイントです。 こちらも相手を気遣いをことを忘れずにしかし1選目より若干砕けた内容となっています。 会社内でも特に部下の方へ送るのに適している内容と言えるでしょう。 大変簡単ではありますが、メールにてお悔やみ申し上げます。 ご身内のご冥福を心よりお祈りいたします。 』といった言葉はどのお悔やみメールにも共通して書かれています。 この部分は友人などに送る場合でも参考にしてみてください。 こちらも上司や部下に対して送るべきお悔やみメールとなっています。 ただ今、〇〇様のご逝去の悲報に接し、驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 お気持ちはいかばかりかと、お慰めの言葉もありません。 ご実家が遠方とのことでご弔問に伺えず、心苦しく存じております。 〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 なお、ご返信は不要でございます。 引用元: TRANS. Biz こちらは、訃報を聞いてすぐ送ってくれたのだなということがよくわかる内容となっています。 「心苦しく存じております」という言葉が、相手方の気持ちに寄り添っているという気持ちを十分に伝えることができるでしょう。 こちらはどちらかというと部下に送るべき内容と言えるでしょう。 「どうぞご無理なさらないように。 」と体言止めの表現をとっているため、距離感の近さがわかります。 〇〇様のご逝去に際し、心よりお悔やみ申し上げます。 直接お悔やみに伺えず申し訳ありません。 葬儀など何かと大変かと思いますが、どうぞ無理をなさいませんように。 仕事のことはご心配なさらず、何かお手伝いできることがありましたら、いつでも連絡ください。 こちらも上司や部下にミケて送る場合の例文となりますが、メールを送る本人と個人に面識があった場合に送ると良い内容となっています。 やむを得ない事情によりまして、お通夜とご葬儀に駆けつけることができず、大変申し訳なく思っております。 お悲しみの深さを思うと、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんよう、願っております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 引用元: TRANS. Biz 「止むを得ない事情により」という前置きは、近いしい存在だったということがよく現れている文章と言えます。 故人と送り主の関係性も重視すべきだということがよくわかりますね。 まずは、もっとも丁寧で、さらに仕事についても加筆したい場合の例文となります。 このたびはご母堂様のご逝去の報に接し、大変驚いております。 ご家族の皆様のご傷心を拝察いたし、心よりお悔やみ申し上げます。 心身共に大変な時だと存じますが、ご無理をなさいませんように。 本来であれば直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、略儀ながらメールにて失礼いたします。 あくまで相手を気遣うための連絡ですので、仕事詳しいことを書くよりは「仕事のことは気にしないでください」といった内容が伝わるようにしましょう。 先ほどと違うところは、丁寧でありながら端的かつシンプルにした文章となります。 都合によりご葬儀に伺うことができず、申し訳ありません。 略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 引用元: 小さなお葬式 この場合も「仕事のことはお気になさらず、最後のお見送りをなさってください。 」といった内容を付け加えると良いでしょう。 相手方はメールを見る時間も惜しいと思っている場合が多いです。 さっと読める内容は、相手への気遣いとして大切なこととなるでしょう。 こちらの取引先の方へのお悔みメールは、丁寧でありながらかなり親しくさせていただいている方へのお悔みメールとして、参考にしてみてください。 このたびはお身内にご不幸があったと伺い、心からお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変な時だと存じますがどうぞご無理をなさいませんように。 直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、メールにて失礼いたします。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 引用元: TRANS. Biz こちらの例文は、相手を思いやっている気持ちが存分に伝わる文章と言えます。 最後に返信不要の意志を伝え、お悔みメールを送ってみましょう。 大黒柱である夫や生涯の伴侶である妻を亡くすというのは、人生においてもっとも悲しくつらい時でもあります。 どのような内容のメールを送るのが良いのでしょうか?こちらをご覧ください。 本文:このたびはご主人様 奥様 のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 家族を支えなければ、と無理をされていないか心配です。 きちんと食事を取れていますか?今はまだ辛いと思うけど、どうか気を落とさず、子供達のこと、自分のことを考えて、くれぐれも身体をいたわって下さい。 安らかなご永眠をお祈りいたします。 引用元: よりそうのお葬式 夫や妻を亡くした場合、相手の体調や食生活・今後の人生を気に掛けるような内容の言葉をかけるのが良いでしょう。 先立たれる辛さ、苦しさ、悲しみを察するような文章を心がけるべきです。 あなたは亡くなられた母親、もしくは父親にあったことがある場合もあるでしょう。 そんな時に送るべきお悔やみメールは、次のようなものです。 お父様 お母様 のご逝去を知り、とても驚いています。 遠方のため、駆けつけてあげられず申し訳ありません。 今は突然のことで何も考えられないとは思うけど、あまり気を落とされないように。 何かあったらいつでも連絡くださいね。 引用元: よりそうのお葬式 このように、あまり感情を表しすぎない内容を意識してください。 個人にあったことがある場合、どうしても感情移入してしまうところですが、悲しみを一番感じているのは母親もしくは父親を亡くしたご本人です。 あくまで冷静に"いつでも頼って欲しい"という気持ちを伝えましょう。 こちらも父親・母親が亡くなった場合と同じことを気をつけて送ってみてください。 ご身内にご不幸がおありだったと伺い、大変驚いております。 略式ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 心から哀悼の意を表します。 子供を亡くすというのは、測り知れない悲しみを伴います。 そんな時はこのような文面を意識しましょう。 このたびは逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配です。 できることがあればいつでも連絡くださいね。 どうか、安らかなご永眠をお祈りいたします。 引用元: よりそうのお葬式 底なしの悲しみを抱えている相手方に、わざわざ辛さを助長させるような内容は禁物となります。 お悔やみメールを送るのであれば、言葉を十分に選択しながら短い文章を意識してください。 恋人が亡くなってしまった場合、夫や妻が亡くなった場合と同じことを注意してください。 今は突然のことで何も考えられないとは思うけど、あまり気を落とされないようになさってください。 何かあったらいつでも連絡くださいね。 引用元: よりそうのお葬式 たとえ婚約や結婚をしていなかったとしても、恋人は人生のパートナーとなりうる存在です。 お悔やみメールで訃報への失礼のない言葉を 訃報があった場合、どの距離感の方にお悔みメールを送っていいのか、判断がとても難しいと思います。 身内に不幸があったのかそうでないのかなどよく見計らった上で、内容を十分に考えお悔みメールを送るようにしましょう。 今回ご紹介した例文をそのままコピー(改行はしてください)しても、もちろん大丈夫です。 身近な方を支えることができるのは、あなたかもしれません。 ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

次の

上司・部下等へのお悔みメールの例文13選|訃報への返信にNGな言葉も

お悔やみ 申し上げ ます メール

お悔やみメールの文例。 友人や友達に硬くない文面を送りたいとき。 お悔やみをメールで伝えるのはマナー違反? 葬儀のマナーとして、 お悔やみの言葉は弔電や手紙で述べるのが一般的です。 「お悔やみをメールで送るのは失礼」 といったことを言う人もいます。 しかし、読者がまだ高校生ぐらいの年齢であったり、相手からの連絡もメールだったりした場合は、 メールでお悔やみの言葉を返してもよいと思います。 メールにはメール、手紙には手紙。 相手との関係の深さや、その時の状況に応じて、ふさわしい手段を選べばよいのではないでしょうか。 ただし、電話でのお悔やみは控えたほうがよいです。 遺族は悲しみにくれているうえに、通夜や葬儀の準備で忙しいからです。 お悔やみメールで使う敬称 お悔やみのメールを打つ前に、まずは遺族を呼ぶときの敬称を押さえましょう。 対象となる人物と敬称との関係は以下のようになっています。 お悔やみメールの文面では、以下の表現を用いないように気をつけてください。 不幸が繰り返されることを連想させる言葉 くれぐれも、まだまだ、たびたび、ますます、しばしば、いよいよ、といった重ね言葉や、 また、次々、再び、引き続き、続いて、繰り返し、重なる、重ね重ね、追って、などの言葉。 悲しみが繰り返されることのないよう、追伸も書かないのがエチケットです。 生死を意味する生々しい表現 死亡、死去、死ぬ、生きる、ご存命 これらの言葉は、「ご逝去」「永眠」「世を去る」などに言い換えます。 不吉なことを連想させる言葉 四(死)、九(苦)、とんだこと、とんでもない、不幸 仏式で避ける言葉 迷う、浮かばれない 神道やキリスト教で避ける言葉 冥福、供養、成仏、仏、焼香、冥土、お経、などの仏教用語。 お悔やみメールの文例 遺族への敬称や忌み言葉について理解できたら、早速文面を作成していきます。 お悔やみメールのポイントとしては、 (故人)様が旅立たれたと聞き、信じられない気持ちです。 何と言っていいかわからないけど、ゆっくり元気出してください。 落ち着いたらどこか遊びに行きましょう。 待ってます。 驚きの言葉を述べてください。 その他、お悔やみメールで使える例文 その他、状況に応じて以下の例文も参考にしてみてください。 一般的な例文 ・このたびは、ご愁傷様です。 ・このたびは突然のことで、心よりお悔やみ申し上げます。 ・手伝えることがあれば、何でも言ってください。 ・悲しいお知らせで、何と言っていいのかわかりません。 ・心からご冥福をお祈りいたします。 (相手が仏教のとき) ・悲しみにくれていることと察します。 ・ご家族の悲しみはどれほどのものでしょう。 ・ご家族もお力落としのことだと思います。 ・ご生前、(故人)様には大変お世話になりました。 急死の場合 ・突然のことで、いまだに信じられません。 ・どうか気持ちをしっかり持ってください。 ・ご家族の悲しみを思うと、言葉もありません。 ・思いがけないことで、本当に驚きました。 病死の場合 ・一日も早い回復を願っていたのに、残念です。 ・病気とは聞いていたけど、このようなことになって残念です。 ・あんなに元気だったのに、心残りです。 若い人の場合 ・まだまだ若いのに、言葉がありません。 高齢者の場合 ・長生きしていたのに、残念です。 友人や友達に送る場合 ・大変なときに連絡ありがとう。 ・話聞くよ。 力になれることがあれば言ってね。 ・元気が出たら、お茶でも飲みに行こう。 ・体だけは気をつけてください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 お悔やみメールも、基本を押さえれば決して難しくありません。 遺族にとって一番辛いのは、家族を亡くしただけでなく、それを機に周りの人が離れていってしまうことです。 友人から身内の不幸を知らせるメールがあったら、ぜひ返信してあげてほしいと思います。 あなたから届く、温かい思いやりや励ましの言葉。 それは、悲しみで疲れた心を癒してくれるのですから。

次の

弔電、お悔やみ(ご母堂・お母様)電報の例文・文例集

お悔やみ 申し上げ ます メール

「お悔やみの言葉」をメールで伝える時のマナー 近年は日常的なやりとりをメールやSNSで行うことが一般的となり、訃報の連絡がメールで入ったり、ラインなどを通じて知人の訃報を知ったりすることが増えています。 そのような時、メールなどでお悔やみの言葉を伝えてよいのかや、マナーなどを迷う人もいるでしょう。 日常的にメールなどでやり取りをしている間柄であれば、お悔やみの言葉も普段使っているメールやメッセージツールで送ることは問題ないといえます。 逆に躊躇して何もしないより、メッセージを送った方が、相手に追悼の気持ちやねぎらいの素直な気持ちを伝えることができます。 さらにメールは相手の都合のよい時に確認してもらえるため、電話よりも相手に負担をかけないメリットもあります。 ただし、マナーにのっとってメッセージを送るように気をつける必要があります。 お悔やみの言葉をメールで伝えるときのマナーを説明します。 ラインなどで伝える場合も参考にしてください。 お悔やみの言葉は「短く簡潔に」 お悔やみの言葉を伝える時は、哀悼の意を伝える言葉や相手を気遣う言葉を、短く簡潔に伝えるようにします。 メールで伝える時も直接伝える時も同様です。 お悔やみの言葉の表現は「このたびは、心よりお悔やみ申し上げます。 」が一般的な表現です。 この言葉は会社の上司や友人や親戚など、どのような相手に対しても使うことができます。 親しい友人であっても、お悔やみの言葉を伝える時は改まった言い方で伝えましょう。 「忌み言葉」を使わない お悔やみの言葉を伝える時は、死や苦しみなど生死にかかわる言葉・不吉な言葉や、重ねる言葉・繰り返す言葉など、忌み言葉を使わないように気をつけます。 <忌み言葉の例>• 重ね言葉・繰り返す言葉:再び、重ね重ね、ますます、追って• 生死にかかわる言葉:死、死去、急死• 不吉な言葉:苦しみ、浮かばれない、消える 相手に負担をかけないことを心がける 不幸があったばかりの相手には、負担をかけない配慮が必要です。 亡くなった理由を聞いたり、詮索したりする内容はマナー違反です。 メールなどでは返事を求めるような文面や、自分の気持ちを一方的に伝えるような文面は避けるようにします。 返信の負担をかけたくない時は「返信不要」の旨を伝える言葉を添えるようにします。 「お悔やみメール」の文例 お悔やみメールの文例を状況別に紹介します。 メール以外のメッセージツールの場合も参考にしてください。 メールの件名は内容がすぐにわかるよう「お悔やみ申し上げます」なとどします。 一般的な文例 このたびは〇〇様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してください。 心よりご冥福をお祈りいたします。 〇〇様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 突然のことでご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいますよう。 ご冥福をお祈り申し上げます。 ご主人様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご壮健と伺っておりましただけに、申し上げる言葉もございません。 この度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 ご冥福をお祈りいたします。 奥様のご逝去を知り、驚いております。 あまりに思いもかけないことで、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんように。 心よりお悔やみ申し上げます。 取引先担当者への文例 このたびはお身内にご不幸があったと伺い、心からお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変な時だと存じますがどうぞご無理をなさいませんように。 直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、メールにて失礼いたします。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 上司への文例 ただ今、〇〇様のご逝去の悲報に接し、驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 お気持ちはいかばかりかと、お慰めの言葉もありません。 ご実家が遠方とのことでご弔問に伺えず、心苦しく存じております。 〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 なお、ご返信は不要でございます。 やむを得ない事情によりまして、お通夜とご葬儀に駆けつけることができず、大変申し訳なく思っております。 お悲しみの深さを思うと、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんよう、願っております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 友人への文例 このたびはお父様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してくださいね。 ご冥福をお祈りいたします。 お母様のご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。 安らかにご永眠されますよう、お祈りしております。 なお、返信は不要です。 突然の訃報に接し、驚きと悲しみでいっぱいです。 すぐにでも最後のお別れに駆けつけなければならないのですが、参列できず残念です。 心よりご冥福をお祈りいたします。 何かできることがあればすぐに連絡してください。 悲しみいかばかりかと察しています。 お父様の在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 訃報の連絡をメールで受けた時の「返信メール」の文例 訃報の連絡をメールで受け取った場合の、返信メールの文例を紹介します。 上司からの連絡に返信する例文 ご悲報を知り、大変驚いております。 大変な時にご連絡くださりありがとうございます。 仕事についてはどうかお気になさらず、落ち着かれましたらご連絡くださいませ。 心よりご冥福をお祈りいたします。 このたびは突然のことで、心よりお悔やみを申し上げます。 何かお手伝いできることがあればご遠慮なくお申し付けください。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 友人からの連絡に返信する例文 大変な時に連絡してくれてありがとう。 このたびは突然のことで驚いています。 心よりお悔やみを申し上げます。 無理をしないようにと心配しています。 何かお手伝いできることがあれば、遠慮なく連絡してくださいね。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 まとめ 普段気軽に使っているメッセージツールで、生死に関わることに触れるのは気が引けるという人もいるでしょう。 そのような時は、マナーにのっとって、改まった気持ちでお悔やみの言葉を伝えれば、失礼にはなりません。 ただし、メールやラインでお悔やみを伝えた場合でも、次に会った時にお悔やみの言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。

次の