コールドケース 動画。 コールドケース シリーズの動画を配信しているサービス

【松本穂香】ドラマ「コールドケース2~真実の扉~」の動画を無料で観る方法を紹介します!

コールドケース 動画

目次はこちら• アメドラで有名なの正式日本版としてリリースされたのがこのドラマ「コールドケース-真実の扉-」です。 ドラマのストーリーはアメリカ版のコールドケースのEpisodeがリメイクされた物となっていますが本場アメリカ版とは一味違ったコールドケースを味わえるよう十分加味されています。 米国版コールドケースの打ち切りから6年 アメドラのコールドケース迷宮の事件簿は日本でも何度も放映された人気ドラマ、アメリカで2003年から2010年までの七年間でシーズン7まで放映されたが2010年には正式に打ち切りが決まった。 2016年にWOWOWによりコールドケース~真実の扉~として正式に日本版の制作が始まった。 コールドケース-真実の扉-の主な出演者 DVDも有ります 石川百合・・・演: 神奈川県捜査一課所属の警部。 正義感が強く、直感的な洞察力をもち、強いリーダーシップを発揮する。 本木秀俊・・・演: 神奈川県捜査一課所属の警視。 チームの指揮官で通称「代理」と呼ばれている。 子煩悩で娘に誕生した孫娘に会いたいと常に願っている。 立川大輔・・・演: 神奈川県捜査一課所属の警部補。 事件解決を急ぐあまり、感情的になる傾向があり、暴走することも多々ある。 妻とは別居中だが、女好きは治らない。 金子徹・・・演: 神奈川県捜査一課所属の警部補。 愛称「ねこさん」と呼ばれるチームのムードメーカー。 神奈川県の地理に精通した土地勘と豊富な経験でチームを支える。 いつも穏やかで同僚たちをなだめることの多い金子だが誰よりも責任感が強く、組織に抗うことも多々ある。 高木信次郎・・・演: 神奈川県捜査一課所属の巡査部長。 百合の相棒役。

次の

コールドケース シリーズの動画を配信しているサービス

コールドケース 動画

1996年冬、19歳の青年・工藤順一が「お父さん。 僕は自由です。 さようなら」と書かれた紙を胸に、自宅前で絶命。 時は流れ、2015年春。 横浜市街で起きた母子殺害事件の現場にいた神奈川県警・捜査一課の刑事、石川百合に、来客の連絡が入る。 県警に戻った百合を待っていた外国人女性は、「1996年1月に殺人を見た…」と語りだす。 再捜査の価値があると判断した百合は、課長代理である本木秀俊の指示のもと、立川大輔、金子徹と、異動してきたばかりの高木信次郎とともに再捜査を始める。 International Television Production アメリカの原作ドラマは未視聴です。 硬派な刑事ドラマとして十分楽しめました。 地上波でありがちなクサいと感じる演出や配役はなく、踏み込んだ題材 障碍者の犯罪や在日差別等 を扱っている回もあり、ドラマWの特色を発揮できていると思います。 主演の吉田羊さんは、本作で連続ドラマ初主演とのことですが、気の強い女刑事役としてかなりハマっていたと感じました。 映像も原作ドラマに寄せてあるのか、ハリウッド風にグレーディングされており雰囲気があります。 やや物足りなく感じたのは、各話の解決編パート。 1話50分のなかで、事件まわりの人間関係が徐々に明らかになっていく過程は丁寧に描かれているのに対して、犯人判明から逮捕の件りはかなりあっさりめです。 弁明シーンや後日談もありません。 好みの問題かもしれませんが、ちょっと見てみたかったかな。 個人的には特に6話がお気に入りで、ストーリーもさることながらゲストとして登場する仲代達矢氏の演技が圧倒的。 この話だけで見てよかったと思いました。 2018年秋に続編とのことで、期待です!!

次の

コールドケース 〜真実の扉〜

コールドケース 動画

1996年冬、19歳の青年・工藤順一が「お父さん。 僕は自由です。 さようなら」と書かれた紙を胸に、自宅前で絶命。 時は流れ、2015年春。 横浜市街で起きた母子殺害事件の現場にいた神奈川県警・捜査一課の刑事、石川百合に、来客の連絡が入る。 県警に戻った百合を待っていた外国人女性は、「1996年1月に殺人を見た…」と語りだす。 再捜査の価値があると判断した百合は、課長代理である本木秀俊の指示のもと、立川大輔、金子徹と、異動してきたばかりの高木信次郎とともに再捜査を始める。 International Television Production アメリカの原作ドラマは未視聴です。 硬派な刑事ドラマとして十分楽しめました。 地上波でありがちなクサいと感じる演出や配役はなく、踏み込んだ題材 障碍者の犯罪や在日差別等 を扱っている回もあり、ドラマWの特色を発揮できていると思います。 主演の吉田羊さんは、本作で連続ドラマ初主演とのことですが、気の強い女刑事役としてかなりハマっていたと感じました。 映像も原作ドラマに寄せてあるのか、ハリウッド風にグレーディングされており雰囲気があります。 やや物足りなく感じたのは、各話の解決編パート。 1話50分のなかで、事件まわりの人間関係が徐々に明らかになっていく過程は丁寧に描かれているのに対して、犯人判明から逮捕の件りはかなりあっさりめです。 弁明シーンや後日談もありません。 好みの問題かもしれませんが、ちょっと見てみたかったかな。 個人的には特に6話がお気に入りで、ストーリーもさることながらゲストとして登場する仲代達矢氏の演技が圧倒的。 この話だけで見てよかったと思いました。 2018年秋に続編とのことで、期待です!!

次の