これから の ご 活躍 を お祈り し て おり ます。 祈念の意味と社会人なら知っておきたい正しい使い方

間違う人も多い「ご健勝」「ご多幸」の意味と違い・使い方と例文

これから の ご 活躍 を お祈り し て おり ます

無性にイライラするあの形式、実はちゃんと理由があるのです。 -そもそもお祈りメールとは? 基礎中の基礎知識ですが、まずはお祈りメールそのものについて説明しましょう。 ストレートに言うと、不採用通知のことです。 だいたい文末が「みなさまのご健闘をお祈り致します」などで終わっているため、こう呼ばれます。 「不採用通知」と呼ぶと響きが辛いですが、こういう呼び方をするとなんとなく気が楽ですよね。 軽い気持ちで呼べるので、心のショックが減ります。 過去の就活生が編み出してきた、裏ワザと言えるかもしれません。 -テンプレだからこそ腹が立つ このお祈りメール、どの企業も似たような文章形式を使って送ってきます。 つまり、テンプレートだということです。 私たち就活生はたくさんの時間を費やして努力して選考に挑んできたのに、企業は金太郎飴のような定型文をただメールで送ってきます。 これにイライラしない人はいないですよね? ただでさえ不採用通知はショックなのに、企業からの誠意が見えないのがたまらないのです。 仕方ないとはいえ、やり場のない怒りを就活生はみんな抱えているのです。 -定型文の方が楽だから では、どうして企業側はテンプレ形式でお祈りメールを送ってくるのでしょうか。 答えは簡単、それが一番楽だからです。 一人一人に違う文章を考えると手間がかかりますし、そんな必要もありません。 企業にとってみれば、不採用にした学生はもうこれから縁もゆかりもない人。 わざわざ丁寧に対応する必要もありません。 定型文をコピペして送れば時間も節約できますし、その分ほかの仕事に時間を回せます。 どう考えても、この方が効率的です。 就活生からしてみると心がこもってないように思えますが、企業にとっては新卒の選考も仕事のひとつに過ぎません。 カットできる手間はなるべくカットする。 これが当然の流れなのです。 -お祈りメールを楽しんでみよう お祈りメールを忌み嫌っても、もう意味はありません。 いっそ、楽しむくらいの気持ちでいた方が絶対に楽チンです。 嫌いな人も、良いところを見つけ出すと好きになったりしますよね?それと同じです。 どうせこれからずっとお祈りメールを貰う運命にあるのですから、それなら仲良くなった方が楽しいはず! そのうちのひとつの方法が、まさに「テンプレ集め」。 こんなテンプレがあるんだ!と知っておくと、いざ貰った時に心のショックを減らせますし、「次はどんなテンプレが来るかな?」と考えれば不採用もそこまで怖くなくなるかもしれません。 -友達と見せ合うのもおもしろい お祈りメールは、ほかの就活生にも平等に届いています。 自分がもらったお祈りメールと、友達がもらったお祈りメールはきっと違うはず。 遊びに行きがてらその内容を見せ合うと、辛かったお祈りメールの記憶が楽しいものに早変わり! 気持ちをポジティブに変換することができます。 友達と気分転換に遊びに行くきっかけにもなりますし、一石二鳥ですよね。 ついでに、日々のイライラをここで解消するのもいいかもしれません。 まずは、基本形。 どのお祈りメールも、ベーシックスタイルを基本にしています。 せっかくご足労して頂いたのにも関わらず、申し訳ございません。 まことに心苦しいのですが、なにとぞご了承いただけるようにお願い致します。 絵に書いたようなお祈りメールです。 先日は弊社の選考をお受けいただき、ありがとうございました。 今回の選考についてですが、チームで慎重に検討した結果、ご希望に添いかねることとなりました。 大変恐縮ですが、どうかご理解頂けるようによろしくお願い致します。 こちらも、とてもオーソドックスなお祈りメールです。 非常に淡白で、まったく熱意が伝わってきませんね。 ここまでテンプレだと、こちらもテンプレのエントリーシートを送ってやりたくなります。 お世話になっております。 先般は、弊社の新卒採用にエントリーして下さりまことにありがとうございました。 応募書類の処分に関する一文が挿入されているタイプです。 ただでさえ不採用通知が来ただけで落ち込んでいるのに、 追い打ちで応募書類破棄について通知されたらかなりショックですよね…。 この度は、弊社の選考に足を運んで下さりまことにありがとうございます。 先日の面接についてメンバーで検討を行ったところ、今回は選考を見送らせていただくという結果になりました。 選考内容に関するお問い合わせは受け付けておりませんので、何卒ご了承いただけるようによろしくお願いします。 ご応募いただき、誠にありがとうございました。 不採用の理由に関する問い合わせは受け付けていない、という念押しが入っています。 今まで何度も不満の問い合わせが来ていたのでしょうか。 最後にお礼の言葉で終わるのは、少し気持ちが良いですね。 先日は、弊社の新卒採用選考をお受けいただきありがとうございました。 今回は、結果通知のためにメールさせていただきました。 大変お待たせしたにもかかわらず、残念なお知らせとなってしまい、大変申し訳ございません。 このお祈りメールの特徴は、やっぱり通知が遅れたことに対して謝罪をしていることでしょう。 ふんぞり返っている企業が多い中、学生の気持ちを察した言葉をかけてくれるのは気分がいいですよね。 就活的な意味でご縁がなかったとしても、これからお客として縁を繋げていきたい!と思えます。 普通はイライラするお祈りメールも、これから良い気分で受け取れるかもしれませんね。 先日は、最終面接にお越しいただきありがとうございました。 採用担当で選考を進めさせていただいた結果、今回は、採用を見送らせていただくことになりました。 何卒ご了承いただけるようによろしくお願いします。 まだ就職活動は続くと思われますが、ぜひ頑張っていただきたいです。 また何かの形でご縁がありましたら、その際はよろしくお願い致します。 今回は弊社の新卒採用を受けていただき、本当にありがとうございました。 一人一人の長所をしっかりと見出し、適切な励ましを書いてくれています。 これなら、たとえお祈りされても嫌な気持ちにはならないですよね。 流れ作業ではなく、人間の中身を見た上で文章を書いているのがわかるので、とても好印象です。 こういうお祈りメールを送ってくれる企業はあまりありませんが、巡り会えたらラッキーです。 お祈りメールからその企業の実態を見るのも、大切なセクションのひとつです。 この世にはたくさんのお祈りメールがあるのだと、これできっと認識できるはずです。 もしも就職活動に関してなにか質問がありましたら、遠慮なくご相談くださいませ。 誠心誠意対応させていただきます。 それでは、今回は弊社にエントリーして下さりありがとうございました。 全体的に丁寧に執筆されており、なんと就職活動の相談まで受け付けているメールです。 さすがに、不採用通知をもらった企業に相談をする人はいないと思いますが、こういう気持ちが嬉しいですよね。 ただのテンプレとは違って、心を込めて書いてくれたのが伝わります。 人によっては「本当に相談してきたら怒るくせに、どうしてこんなことを書くの?」と憤る人もいるかもしれませんが、つっけんどんなテンプレを送ってくるよりはマシだと思います。 先日は弊社まで足を運んで下さり、まことにありがとうございます。 今回は、二次面接の結果についてお知らせさせていただきます。 わざわざ御足労いただいたのに、このような結果になってしまい誠に申し訳ございません。 何卒、ご理解頂けるようによろしくお願いします。 これからの就職活動では、その能力をもっとわかりやすく伝えられるようなエピソードをお話になるとより良いと思います。 それでは、今回は弊社の新卒採用を受けていただきありがとうございました。 就職活動に関するアドバイスを盛り込んだお祈りメールです。 人によっては「お祈りメールにプラスしてアドバイスなんて、何様?!」と思う人もいるかもしれませんが、企業からのやさしさでもあります。 ただの定型文を面倒くさそうに送ってくるよりも、アドバイスを送ってくれた方が優しいです。 就職活動では縁がなくても、これから何かの形で縁を結べるかもしれない…という含みを持たせた言い方が、ポジティブでいいですね。 ・おわりに さて、いかがだったでしょうか。 ただのお祈りメールも、見方を変えるといろんな楽しみ方ができるとお分かりいただけたでしょうか?お祈りメールは、ただの不採用通知ではありません。 企業がどんな気持ちで就職活動を行っているかのチェックができる、ものさしでもあるのです。 今回はお祈りメールのテンプレをテーマ別にまとめてご紹介しましたが、自分が実際に貰ったお祈りメールをひとつずつ分類してみるのもおもしろいかもしれません。 お祈りメールをもはや楽しむくらいの気持ちでいると、就職活動に対する自分の気持ちもぐっと変化してくるかもしれませんよ! お祈りメールを楽しむのをひとつの息抜きにすれば、自分の心持ちも変わってくるはず。 今の自分に必要なものは何なのかよく考えて、冷静な判断ができるように頑張ってくださいね!志望通りの企業から内定がもらえるように、みなさんのことを応援しています! 就活メンターズとは、 ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。 長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への 推薦をもらうことができるサービスです。 全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。 相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。 就活真っ最中の 3・ 4年生だけでなく、 1・ 2年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。 「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中! ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

次の

「お祈り申し上げます」の意味とビジネスでの使い方、返事、言い換え

これから の ご 活躍 を お祈り し て おり ます

一部では「活躍」という言葉が上からの目線のような印象を抱かせるとして、失礼にあたるという解釈もあります。 しかし、 「ご活躍」という言葉は「活躍」の丁寧な表現なので、上司や目上の方に対して使っても失礼にはなりません。 ただし、「ご活躍」は一般的に目上の方に使う尊敬語でありつつ、目下の人物へ「活躍」の丁寧な言い方として使われることもあります。 そのため意味を取り違えられないよう、続く動詞に注意が必要です。 「ご活躍をお祈り申し上げます」という表現ならば、相手方に対して「仕事における大きな成果を祈っています」という最大限に礼儀正しい言い回しになっているため、上司など目上の方から目下の人物まで使うことが可能な、失礼ではない表現です。 ビジネスの現場において、目上の方の栄転や就任などに対して、お祝いの言葉とともに「ご活躍」を使った挨拶を述べる場合の例文です。 【例文】• この度のご栄転、誠におめでとうございます。 心よりお祝いいたしますとともに、今後のご活躍をお祈り申し上げます。 この度のご就任、心よりお祝い申し上げます。 今後の更なるご活躍をお祈りしております。 この度のご昇進、心よりお慶び申し上げますとともに、益々のご活躍を祈念いたします。 それ以外にも「ご活躍」が使える場面は様々にありますので、簡単に確認しておきましょう。 今まで有難うございました。 ご病気であると伺って以来お身体の具合を案じておりましたが、ご活躍されているお姿を拝見して安堵いたしました。 「ご活躍」は、尊敬の意味を表す接頭語「ご」と、「活躍」が組み合わさった言葉です。 「活躍」の意味は以下の通りです。 活躍 めざましく活動すること 勢いよく躍りはねること ビジネスシーンにおいては、「めざましく活動すること」の意味から、 「ご活躍」はおもに「第一線で活動すること」や「大いに手腕をふるうこと」「成果を出すこと」などの意味合いで使われます。 また、「祈る」の詳しい意味は以下の通りです。 祈る 神や仏に願うこと 心から望むこと、希望すること 挨拶の定型的な言葉である 「ご活躍をお祈り申し上げます」は、自分が相手に対して「第一線で活動すること」「大いに手腕をふるうこと」「成果を出すこと」を「心から望んでいる」という意味の、丁寧な言い回しにあたります。 先にも述べましたが、「祈る」の意味は以下の通りです。 祈る 神や仏に願うこと 心から望むこと、希望すること 対して、「祈念」の意味は以下の通りです。 読み方は「きねん」です。 祈念 願いごとを祈って、その達成を念ずること。 意味合いは同様ですが、「お祈り申し上げます」よりもあらたまった表現が「祈念します」になります。 また「ご活躍」への使い方では、「祈念」に含まれる意味合いに「達成を念じること」があるため、「ご活躍をお祈り申し上げます」よりも「ご活躍を祈念しております」の方が、より深く心から祈っているという印象を与えることが可能です。 特にあらたまった場面や相手の場合には「祈る」ではなく「祈念」を選び、「ご活躍を祈念しております」と使うのが効果的です。

次の

「ご活躍を」の例文・目上の人への使い方・敬語|後輩/異動

これから の ご 活躍 を お祈り し て おり ます

目上の人が就任や栄転する際に贈る言葉として「頑張ってください」とすると上から物を言っているようであまりふさわしくありません。 この場合、目上の人に贈る言葉としてふさわしい言い回しとしては「ご活躍をお祈り申し上げます」などのようなものが挙げられます。 ここでは目上の人が就任や栄転する際にふさわしい「ご活躍を」に続く文にはどのようなものがあるのか、実際に文章にするとどのような例が挙げられるのかについてまず述べます。 一方で目上の人から目下の人に対しはなむけの言葉を贈る際にはどのような言い回しがあるのかについて説明します。 更に「頑張ってください」という意味合いの言葉を目上の人に贈りたい場合には他にどのような言葉を選べばよいのかについても紹介します。 目上の人の就任や栄転に対して贈る言葉として 「頑張ってください」ではなく「ご活躍をお祈り申し上げます」の方がふさわしいものとなっています。 こうした送る言葉を実際に文章にした場合には以下の様な内容になります。 「この度のご栄転まことにおめでとうございます。 ご健康にご留意の上、今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。 」 「栄えあるご栄転心よりお祝いいたしますとともに、今後の更なるご発展とご活躍をお祈り申し上げます」 「この度のご就任心よりお喜び申し上げますとともに、ご自愛しつつ益々のご活躍を祈念申し上げます」 「この度のご昇進心よりお祝い申し上げますとともに、今後一層のご活躍を祈念いたします」 更にこれら以外の言い回しとしては、以下の様なものが挙げられます。 「この度のご就任、心よりお祝い申し上げますとともに、今後の更なるご健勝とご飛躍を祈念申し上げます」 「この度のご栄転、心よりお喜び申し上げますとともに、より一層の素晴らしいご手腕を発揮されることを願っております」 「ご昇進おめでとうございます。 今後の更なる貴殿のご健勝と貴社のご発展を心よりご期待申し上げます」 これらのように、まずは就任や栄転に対してお祝いの言葉を述べ、その後に相手へのより一層の活躍を願う言葉を続けるようにします。 目下の人から目上の人に対して就任や栄転をお祝いする際には「頑張ってください」ではなく一層の活躍を願う言葉を贈るのがマナーです。 その一方で目上の人から目下の人にはなむけの言葉を贈る場合には、以下の様な言葉を用います。 「頑張ってください」 「益々の精進を期待しております」 「活躍してください」 このようにして目上の人から目下の人に対しては励まして応援する言葉が使えます。 この他にも以下の様な言葉を続けることも出来ます。 「今度一緒に飲もう」 「お互いに頑張ろう」 「ますますの活躍を祈っています」 目上の人から目下の人にお祝いの言葉を贈る際の言い回しとしては、以下の様なものが挙げられます。 「栄転おめでとう。 今後は仕事で困難に直面することもあると思うが健康に気をつけて頑張って欲しい。 ますますの活躍を祈ります」 「栄進おめでとう。 単身赴任は大変なこともあるかと思いますが、体に気をつけてお互いに頑張りましょう」 「栄転おめでとう。 あなたの人柄であれば海外へ行っても皆から好かれることと思います。 「頑張ってください」という言葉は上から目線であるため目上の人に対して贈る言葉としてはふさわしくないものですが、目上の人の今後のご活躍を応援したいという気持ちも一方であります。 そこで「頑張ってください」という意味合いの言葉を目上の人に贈る場合のふさわしい言い回しとしては以下のものが挙げられます。 「益々のご活躍を祈念いたします」 「今後のご活躍を期待いたします」 「より一層のご健闘をお祈りいたします」などの頑張ってくださいに代わる言い回し。 「今後のご発展をお祈り申し上げます」 「更なるご手腕を発揮されることをご期待申し上げます」 「益々のご飛躍をお祈り申し上げます」 などの相手がより発展することを願うような言い回し。 「陰ながら応援申し上げます」のような相手を思う気持ちを表す言い回し。 「期待しております」というとこれもまた上から物を言っているような印象になってしまいますが、「ご期待申し上げます」と言い方を変えることで目上の人に対しても使うことができるようになります。 また、「頑張ってください」という言い回しは基本的には目上の人に対して使うのはマナー違反ですが、社風などにより上司と打ち解けた関係にある場合はこの限りではありません。 むしろこの場合にあまりに堅苦しい言い回しにしてしまうとかえってよそよそしい印象になってしまう場合があるため、基本的なマナーをおさえつつも自分の立場にも当てはまるのかについて考える必要もあります。 このような就任や栄転のお祝いを贈る方法としては、電報と手紙、メールの3つが挙げられます。 これらのうち電報は仕事でのお付き合いがある人をはじめ、改まった相手あるいは、身内や友人知人全てに送れます。 一方の手紙は仕事でお付き合いのある人にはふさわしくありませんが、改まった相手もしくは身内、友人知人に送れます。 最後のメールは近しい身内や友人知人にのみ送れるもので、仕事でのお付き合いがある人や改まった相手には失礼に当たります。 電報には文例があり、ビジネス向けの場合には就任あるいは昇進や栄転などにふさわしい物も用意されています。 これらの文例は当てはまるものがある場合にはそのまま使えますが、基本的なマナーを守った上で自分の言葉で伝えるほうがより丁寧で相手にも伝わるものとなります。 何もない所から自分の言葉でお祝いの言葉を考えるのが難しい場合には、文例を一部変更する、気に入ったフレーズを使うという方法もあり、これだけでも文例をそのまま使ったものとは違った印象を与えられるようになります。 目上の人への就任や栄転に対するお祝いの言葉には「頑張ってください」ではなく「ご活躍をお祈りいたします」や「ご手腕を発揮されることをご期待申し上げます」、「更なる飛躍を祈念申し上げます」などがふさわしくなっています。 しかしながら社風などによっては上司との距離感も考慮してお祝いの言葉を選ぶ必要もあります。 一方で目上の人から目下の人に対しては「頑張ってください」という激励の言葉がふさわしいものとなっています。 またお祝いのメッセージを送る際には電報が一番丁寧で、仕事でのお付き合いのある人や改まった相手にたいしてふさわしいものとなっています。 更に電報を贈る際には用意されている例文をそのまま使うよりもできるだけ自分の言葉でお祝いの言葉を贈るようにした方が相手に気持ちが伝わりやすくなります。 それが難しい場合には、文例を自分なりに一部分書き換える、好きなフレーズだけ使うというような方法により、自分の言葉に近づけることができるようになります。 ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の