ナイキ エア ズーム ペガサス 36。 ナイキ テラカイガー5 とナイキ エアズームペガサス36トレイルの違い

走るのがめっちゃ楽しくなる! 更に進化したペガサス! NIKE エアズームペガサス36 「レビュー」

ナイキ エア ズーム ペガサス 36

2019年6月1日に発売されたナイキ エアズームペガサス36は、その名の通りペガサスシリーズの36代目のモデルであり、1983年の初代モデル以降続く、ナイキのズームランニングシリーズの中でも最も長い歴史のあるモデルです。 前作の35は私がジョグ用として最も好きなモデルとして愛用していますが、36も購入したのでその違いを中心にレポートしたいと思います。 まず、重さは26. 5cmで252gと、前作よりだいぶ軽くなりました。 こちらは前作の35です。 上から比較してみます。 左が35、右が36です。 大きく変わったのはアッパーでしょうか。 エンジニアードエリートメッシュアッパーですが、より通気性が高く軽量になっているようです。 履き口もよりスリムになった感があります。 また、ベロの部分(シュータン)がかなり薄くなり、左右非対称となりました。 外側が若干長い感じです。 軽量化という点からも良いのでしょうが、脚に当たる感覚がより良くなったと思います。 アウトソールには変更がなさそうです。 左の35は履き込んでいるため汚れているだけです。 ミッドソールも変更はなさそうです。 このミッドソールに使われているクシュロンSTが独特の柔らかさを生み出しています。 クシュロンSTが単独でミッドソールに使われているズームランニングシューズはペガサスだけです。 (ズームストラクチャーはファイロンとクシュロンSTの2層) また、ズームエアもフルレングスで入っており、クシュロンSTの柔らかさに反発性を加えています。 (そうは言っても反発性の高いシューズではありません) 前作35もそうでしたが、私にとっては重さを感じさせないクッションの良さと全体的な柔らかさを持っていて、普段履きやジョグ用に最高のシューズだと思います。

次の

【35からの進化とは?】ナイキ エア ズームペガサス36を履いた感想をレポート!

ナイキ エア ズーム ペガサス 36

1983年に初代ペガサスが誕生以来、毎年モデル改良が行われており 今回購入した「 エアズーム ペガサス 36」は そのナンバリング通り 36年目(代目)のモデルということになります。 2年程前に発売された「ペガサス 34」は 完成度が非常に高かったらしく シリーズ最高傑作とまで言われていましたが 購入した「 エア ズーム ペガサス 36」は そこから更に機能性を高めたモデルなんです。 エア ズーム ペガサス 36のサイズ感 一般的に ナイキのシューズは ワイズ(幅)が狭いと言われています。 現にワタシも スポーツ店のスタッフから 日本人は ナイキよりも ミズノのほうが 「 幅広」で走りやすいですよと何度か勧められた経験があるのですが ワタシも例に漏れず 幅広甲高な足型をしているため これまで履いてきたナイキのシューズは ベストサイズだと かなりの確率で窮屈さが感じられ、 毎回数センチ程度 サイズアップした靴を買っていた経緯があります。 エキストラワイド(4E)モデル! エア ズーム ペガサス 36 は「 通常モデル」とは別に「 エキストラワイド モデル」と呼ばれる、いわゆる「 幅広モデル」が展開されています。 一般的なワイドモデルとは違って「 エキストラ」ワイドですので そのサイズは なんと「 4E」となっています。 幅広甲高の足を持つ人が 紐靴タイプのシューズを履くと 悲しいかな アッパー部分から タンにかけてのシューレース(紐)部分が 逆三角形上に大きく広がってしまって 観るに耐えれない形wになることが多いのですが エクストラワイドのペガサス 36だと ご覧の通りデザインが大きく崩れることがなく サイズアップもする必要性がありませんでした! ナイキ エア ズーム ペガサス 36の機能性 エア ズーム ペガサス 36は 2世代前から採用されている エンジニアードメッシュというメッシュ素材が使われています。 熱がこもりにくい通気孔 エア ズーム ペガサス 36は 先代モデルよりも さらに通気孔を増やすことにより 熱のこもりが低減された仕様に。 アウトソールにも 通気孔がしっかりと備えられているので ランニング後の蒸れ蒸れ菌とは オサラバできますw ストレスを感じない履き口 ナイキの「 エア ズーム ペガサス 36」は かかとの履き口が 外側に反った形状になっているので かかと部分がアキレス腱に当たらない工夫がされています。 またヒールカップが低いので 足首周りは とても開放感があり ストレスなくジョグが出来そうですね!• ナイキ エア ズーム ペガサス エキストラワイド まとめ 購入した エア ズーム ペガサス 36のカラーはブラックですが、アッパー全面にメッシュ素材が採用されているので 角度によっては グレーにも見えるのでお気に入りシューズの仲間入りとなりました。 ワイドモデルというのは 一般的に「3E」サイズが王道ですが、ナイキのエア ズーム ペガサスは エキストラワイド(4E)ですので 窮屈さがなく 一切ストレスを感じることなくランニングができるようになりました。

次の

【名作をアップデート】ナイキ ペガサス 36の重さや耐久性、通気性は?何が進化した?

ナイキ エア ズーム ペガサス 36

エアバッグ クッション の厚みが2倍に増えた• 透明感のあるアッパー素材を使用、軽量化• 中足部のデザインを改良し、足のホールド感の向上 ハッキリ言ってペガサス36とペガサス37はまったくの別物です! 変更点の詳細について解説していきます。 ナイキが自信を持って推す、 反発弾性の高い素材です。 つまりこれが意味することは スピード対応ということ。 NIKEはここの所、 トップランナーに向けたシューズの開発に重きを置いていますから、当然ペガサス37も本気の 練習 シューズとして使ってもらいたいのでしょう。 エアバッグ クッション の厚みが2倍に増えた ペガサス37はペガサス36に比べてエアバッグ クッション が 2倍になりました。 着地時の 負担軽減に加え、 反発力の向上が期待できます。 更に今作ではエアバッグを男女別にカスタマイズしているみたいです! 参考にズームペガサス36・37を比較してみましょう。 写真:左36・右37 確かに厚底になっています。 また注目して欲しいのはヒール部分。 かなり反りあがっています。 推進力の向上に一役買いそうです。 中足部のデザインを改良し、足のホールド感の向上 よく注目してみるとアッパーメッシュのパターンが変わっています。 また、アイレット 靴紐を通す穴 もゴム紐? から少し太くなったものに変わっています。 リアクト採用による反発力の向上だけでなく、前作から続く 最高のフィット感や安定感にも注目です。 ランニング中級者の走り込み用シューズとしてだけでなく、初心者の一足目としてもオススメできるシューズに仕上がっていると思います。 ペガサス36を知っているからこそのワクワクがすごいです。。。 ペガサス37の重さは? ペガサス36の重量は 272g 28cm でした。 NIKEオンラインストアによるとペガサス37の重量は 285g 28cm。 約10gほど重くなっています。 ペガサス37の価格と販売情報 気になるナイキエアズームペガサス37の定価は 14,300円となっております。 リアクトフォームとフィット感を練習シューズとして使えるのは最高の贅沢です。 「ペガサス37を履いたら、もう二度とペガサス36に戻ってこれない」という感想も聞いています。 36と37は別物と考えてよいです。

次の