メルセデス ベンツ g class。 新型Gクラスを発表

Gクラス(メルセデス・ベンツ)のカタログ|中古車なら【カーセンサーnet】

メルセデス ベンツ g class

最新技術が採用された究極のオフローダー 1979年の誕生以来、最も大幅な改良が施された。 Gクラスの伝統をメルセデスの最新技術でアップデートすることで、オンロードおよびオフロードにおいて最適なパフォーマンスを発揮する、究極のオフローダーとしての進化が目指されている。 新設計のラダーフレームにより、悪路走破時に求められる強度、剛性、安全性が高められている。 専用サスペンションにより、オンロード走行の快適性を向上するとともに、オフロードでの走破性能も高められている。 エンジンは最高出力422ps/最大トルク610N・mを発生する4L V8ツインターボで、組み合わされるトランスミッションは9速ATの「9G-TRONIC」。 3つのデフロックをもつ本格4WDとなる。 (2018. 6) G350d AMGライン ディーゼルターボ 4WD G350d ディーゼルターボ 4WD G550 4WD G550 AMGライン 4WD 1230. 7万円 税込 1192万円 税込 1623万円 税込 1716. 5万円 税込 4. 98m 4. 98m 4. 93m 4.

次の

メルセデス・ベンツ・Gクラス

メルセデス ベンツ g class

999976, -0. 00643854, -0. 00246084, 163. 00689279, 0. 934076, 0. 357008, 803. 33681e-019, 0. 357016, -0. 934098, 296. B half GI. G half GI. R half R half Z half diffuse. B half diffuse. G half diffuse. R half materialID. B half materialID. G half materialID. R half normals. X half normals. Y half normals. Z half rawGI. B half rawGI. G half rawGI. R half reflect. B half reflect. G half reflect. R half• 6206 cameraFov float : 23. 6382 cameraNearClip float : 0 cameraNearRange float : 0 cameraProjection int : 0 cameraTargetDistance float : 24. 523986, 0. 465031, 0. 713572, 142. 851727, 0. 286089, 0. 438992, 9. 77556e-017, 0. 837794, -0. 545986, 88. R half G half R half Z float bumpnormals. X half bumpnormals. Y half bumpnormals. Z half denoiser. B half denoiser. G half denoiser. R half diffuse. B half diffuse. G half diffuse. R half normals. X half normals. Y half normals. Z half rawReflection. B half rawReflection. G half rawReflection. R half reflect. B half reflect. G half reflect. R half shadow. B half shadow. G half shadow. R half specular. B half specular. G half specular. R half• 587857, -0. 761535, -0. 272925, -218. 808965, 0. 553391, 0. 198329, 219. 337376, -0. 94137, 128. X half normals. Y half normals. Z half• メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都品川区)は、メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて本日より注文受付を開始します。 なお、お客様への納車は8月下旬以降を予定しております。 メルセデス・ベンツGクラスは、1979年、最高級クロスカントリービークルとして誕生して以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレイン、装備を加えながら進化を続けてきました。 今回、Gクラスの長い歴史の中で最も大幅に改良されています。 Gクラスの伝統をメルセデスの最新技術でアップデートすることで、オンロードおよびオフロードにおいて最適なパフォーマンスを発揮する究極のオフローダーとして進化しました。 新型 G クラスのテクノロジー 新設計ラダーフレーム 新型Gクラスには、Gクラスの誕生から継承されているオフロード走行に適したラダーフレームを新設計しました。 新設計ラダーフレームは、最大3. 4mm厚のスチール鋼板を「ロ」の字型にした鋼材から制作し、MAG溶接技術で組み立てることで、悪路走行時に求められる強度、剛性、安全性を高めています。 新開発の専用サスペンション 新型Gクラスのサスペンションは、Gクラス開発チームとメルセデスAMG社が協業し、フロントのダブルウィッシュボーン独立懸架サスペンションと、リアのリジッドアクスルを組み合わせて開発しました。 フロントのダブルウィッシュボーンサスペンションのコンポーネントはいずれも、サブフレームなしでラダーフレームに直接取り付けられています。 フレーム上のロアウィッシュボーン取り付け点は、走破性向上のため高い位置に設定されています。 さらに、Gクラスは、フロントのディファレンシャルギアに対して270mmの地上高を確保し、オフロード性能の向上に貢献しています。  登坂能力:適切な路面で最大100%•  前後アクスル間最低地上高:24. サスペンションブリッジと呼ばれるストラットタワーブレースによりフロントストラットタワーを接続することで、ラダーフレームのねじり剛性を高めています。 リアサスペンションは、トレーリングアーム左右各4本とパナールロッド1本を備えた新型リジッドアクスルを採用しています。 これにより、オンロード走行の快適性がさらに向上していいます。 さらに、オフロードでの走破性能の向上に寄与しています。 ドライブモード 新型Gクラスは、ダイナミックセレクトによって路面や走行状況に応じて瞬時に5つのドライブモードを切り替えることが可能です。 エンジンやトランスミッション、サスペンション、ステアリング、運転支援システムの特性によって、「コンフォート」、「スポーツ」、「エコ」、「インディビジュアル」の4モードに加えて、今回追加された「Gモード」が選択可能となります。 「Gモード」は、3つのディファレンシャルロックのいずれかを作動させる、または通常より2倍以上の駆動力を発揮するオフロード用低速ギアのLOW RANGEを選択した場合に有効になります。 このオフロードモードは、シャーシの調整式ダンパーとステアリング、アクセル特性を変更し、不要なギアシフトを回避することにより、最適なコントロールと最大限の悪路走破性を確保します。 作動時には小さな「G」のアイコンがインストゥルメントクラスターに点灯します。 例えば、AピラーおよびBピラーなどのボディシェルは耐荷機能を持つことを考慮して高張力スチール製とし、フェンダー、ボンネット、ドアはアルミニウム製となっています。 そのため、先代と比較して、自然なドライビングダイナミクスや快適性の改善に加えて、ノイズレベルなどの面で品質が向上し、それによって走行中に室内で感じられるノイズや振動が顕著に減少するという大きな効果が得られました。 *数値は社内参考値 新型 9G-TRONIC トランスミッション トルクコンバーターハウジングをアルミニウム製、ギアハウジングをマグネシウム製とした9-GTRONICトランスミッションは、前進ギアが2速分増えたにもかかわらず、従来の7G-TRONICと比較して1kgの軽量化されています。 さらに、増えたギアにより同じ速度でも高いギアを使ってエンジン回転数を低くすることが可能となり、消費燃料の低減に貢献しています。 また、3つの回転速度センサーを用いて速度条件に応じて最も高いギアを最適に選択し、前進9段のギアを素早く切り替えることによってエンジン回転数を低く抑え、ノイズと振動を低減し快適性を向上しています。 作動油には高効率で低粘度のフルードを使用することで、燃費を改善し、耐久性も向上しています。 新型ステアリング 今回の改良により、ステアリングは、従来のボール&ナット形式から電動機械式ラック&ピニオン式のステアリングへ変更し、ドライビングフィーリングを大幅に改良しました。 選択したドライブモードに応じて、「コンフォート」、「スポーツ」、「オフロード」の3セットのステアリング特性を切り替えることが可能となり、オンロードでは快適またはスポーティな操舵感が確保される一方、未舗装の不整路では直接的で正確なフィードバックが得られます。 さらに、いずれの場合も十分なパワーアシストが付加されます。 また、電動機械式に切り替えることで、パーキングアシストやアクティブレーンキーピングアシストなどの運転支援システムを搭載することが可能となりました。 0リッターV8気筒直噴ツインターボエンジンをベースに開発されたM176型エンジンを搭載しています。 今回の改良により、気筒休止システムを採用しており、エンジン負荷に応じて気筒を休止して燃費効率を向上しています。 エクステリア 新型Gクラスのエクステリアは、堅牢なプロテクションモール、テールゲート外側のスペアタイヤ、外部に設けたドアヒンジとボディ面に載せるスタイルのボンネット、突出したウィンカーなど、オフローダーとしての個性を主張するデザインや装備をスクエアフォルムに搭載し、Gクラス独自のデザインを踏襲しています。 アイコニックなエクステリアパーツをモチーフにインテリアはデザインされています。 Gクラスの特徴的な円形ヘッドライトの形状は左右のエアアウトレット、ウィンカーをイメージしたスピーカーなど、インテリアでもその個性を強調しています。 さらに、助手席前方のグラブハンドルや、3つのディファレンシャルロックを操作するクローム仕上げのスイッチなどは、今回の改良においても、Gクラスならではのインテリアパーツとして継承されています。 また、厳選されたレザーや上質なウッドトリム、随所に施されたシルバー加飾などを採用し、ラグジュアリーな個性を強調しています。 また、新デザインのインストゥルメントパネルは、12. 3インチの高精細ワイドディスプレイ2枚が1枚のガラスカバーの下で視覚的に融合したワイドスクリーンコクピットです。 さらに、コントローラーを備えたタッチパッド(センターコンソール上)を採用し、触覚的な反応と車載スピーカーからの音によるフィードバックにより、前方の路面から目を離すことなく操作可能です。 全席でスペースを拡大 新型Gクラスは、大型化に伴い、室内各部のサイズを拡張し、運転席と助手席だけでなく、後席の居住性も大幅に向上しました。 Gクラスのシートは、いかなる走行状況においても安全かつ快適にお過ごしいただけるようにラテラルサポートが強化されています。 安全運転支援システム 新型Gクラスには、今回の改良により先進の安全運転支援システムが搭載され、安全性、快適性、利便性が大幅に向上されました。 全モデルに標準装備の「レーダーセーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システムは、ドライバーの疲れを最小限に抑える快適性が安全なドライブに貢献するという思想に基づき、安全性と快適性を高次元で融合させたもので、メルセデス・ベンツではこれを「インテリジェントドライブ」と総称しています。 また、夜間の安全なドライブをサポートするマルチビームLEDヘッドライトを採用しています。 メルセデス AMG G 63 「メルセデスAMG G 63」は、オフローダーとしてのGクラスに、AMGのモータースポーツで培ったテクノロジーを搭載したトップパフォーマンスモデルです。 0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載されます。 砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現しました。 2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとしました。 エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで、優れたレスポンスを実現します。 また、メルセデスAMG G 63専用装備として、圧倒的なパフォーマンスに対応するAMG強化ブレーキ、コーナリング時やブレーキング時には、硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現する「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を採用しています。 なお、お客様の多様なご要望にお応えするため、従来型のGクラスも継続して販売いたします。 メーカー予定小売価格(消費税込み)は以下の通りです。 モデル ステア リング エンジン メーカー希望小売価格 内は消費税抜き車両本体価格 G 550 左 4. また、「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。 メーカー希望小売価格は参考価格です。 販売店が価格は独自に定めておりますので、詳しくは各販売店にお問い合わせ下さい。 また、メルセデス・ケア期間中には、ご希望のモデルを3回無料でご利用いただける週末貸出サービス「シェアカー・プラス」もご利用頂くことが可能です。 メルセデス・ベンツ G 550.

次の

Gクラス (ハッチバック)/メルセデス・ベンツ|クルマレビュー

メルセデス ベンツ g class

新型では悪路走破性がさらに向上した 図は2013年にメルセデスが公開したデータで、旧型Gクラスのオフロード性能を示したもの。 60cmもの渡河性能や斜度100%(角度45度)の登坂能力も見事だが、悪路走破性の重要な指標となるロードクリアランスに関わる、各種アングル角が高水準なことに注目したい。 現在流行のSUVが高い悪路走破性をうたっても、それはあくまでも乗用車基準、高性能な4WDを備えていても、クルマが路面に接触してしまえば、もう動けない。 そこで、Gクラスに代表されるクロスカントリービークルは、車体が地面と接触しにくいようにボディを設計する。 それが、図のなかにも示されている各種アングル各で、この数字が大きく取られているほど、走破性に優れていると判断できる。 そして、新型Gクラスのそれは言うまでもなく一流だ。 最低地上高24. 最新技術の活用によって快適性が大幅に進化 新型Gクラスの走りを支えるシャシー技術には、ふたつの大きな「変わらなかったこと」と「変わったこと」がある。 まず、「変わらなかった」のが3つの電子制御デファレンシャルロック。 デフとは差動制限装置のこと。 通常クルマは車輪の片側が空転してしまうと、反対側のタイヤにも動力が伝わらなくなり、スタックしてしまう。 そこで、デフをロック(直結)させることで、接地しているタイヤのグリップで脱出しようというのが、デファレンシャルロックの基本的な考え方。 旧型Gクラスには、センター、フロント、リヤに3つのデフロック機構が備わっていたが、新型でもこれを踏襲。 電子制御式のため、操作はセンターコンソール上のスイッチにて行う。 また、オフロード走行やトレーラーの牽引時に使用するクロスカントリーギヤも旧型から引き続き採用されている。 一方で「変わった」のが、フロントサスペンションとステアリングギヤの形式だ。 従来Gクラスは、誕生当初から受け継いできた4輪リジッド式サスペンションとリサーキュレーティング・ボール式(ボールナット式)ステアリングギヤを採用してきた。 リジッド式サスペンションは、クロスカントリービークルが好んで採用する悪路走破性に優れるメカニズム。 ボールナット式ステアリングギヤも、ゆっくりとした正確なステアリング操作が求められるクロカン走行に向いている。 だが、これらメカニズムにも弱点がある。 それが、オンロード性能の限界が低いこと。 簡単に言えば、従来のGクラスはスピードを出すのが怖いクルマだった。 そこで新型では、フロントサスペンションをダブルウィッシュボーン式に、ステアリングギヤも一般的なラック&ピニオン式へと変更。 これにより、SUVにも負けない走行性能と運転しやすさを手に入れることとなった。 (G 550専用) スポーティかつラグジュアリーなAMGテイストを内外装に与えるパッケージオプション。 単なるファッションアイテムではなく、ブレーキやスポーツエキゾーストなどといった性能面でのプラスアルファが魅力。 <特別アイテム>[エクステリア]AMGスタイリングパッケージ[フロントスポイラー、サイド&リアスカート]/20インチAMGマルチスポークアルミホイール/ブラッシュドアルミニウムサイドストリップライン[インテリア]【G 350 d】本革シート(レッドステッチ入)/スポーツステアリング(AMGライン専用デザイン、ナッパレザー)/designoピアノラッカーウッドインテリアトリム/designoレッドシートベルト【G 550】 ナッパレザーシート(レッドステッチ入)/レザーダッシュボード/designoブラックルーフライナー(レザーDINAMICA)/スポーツステアリング(AMGライン専用デザイン、ナッパレザー)/designoピアノラッカーウッドインテリアトリム/designoレッドシートベルト/シルバーシャドウクライメートコントロールノズル/フレームレスインテリアミラー[パフォーマンス]【G 350 d】Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー(フロント)【G 550】Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー(フロント)/スポーツエグゾーストシステム (メルセデスAMG G 63 AMGのみ) インテリアをさらにスペシャルなものへとアップグレードするパッケージオプション。 美しいダイヤモンドステッチ加工はまさに贅の極み。 カラーは、「マキアートベージュ/エスプレッソブラウン」、「ブラック」、「エスプレッソブラウン」、「クラシックレッド/ブラック」の4種類。 <特別アイテム>AMGエクスクルーシブナッパレザーシート/ナッパレザードアセンターパネル・ドアトリム・ドアアームレスト/ナッパーレザーセンターアームレスト・ニーパッド(フロント)/アクティブマルチコントロールシートバック(前席)/シートベンチレーター(前席)/シートヒーター・プラス(前席)/電動ランバーサポート(前席)/ドライビングダイナミックシート(前席)/リラクゼーション機能(前席)/ナッパレザーダッシュボード 有償ボディカラーのなかにはマットカラーも クルマのイメージを大きく左右し、パーソナリティを表現できるのがボディカラー。 Gクラスはラグジュアリーモデルらしく、無償で以下の10色から選択可能。 ほかにも有償オプションカラーとして「designo」カラーも用意されている。 「ポーラーホワイト(ソリッド)」、「マグネタイトブラック(メタリック)」、「オブシディアンブラック(メタリック)」、「ルビーライトレッド(メタリック)」、「イリジウムシルバー(メタリック)」、「モハーベシルバー(メタリック)」、「カバンサイトブルー(メタリック)」、「ブリリアントブルー(メタリック)」、「エメラルドグリーン(メタリック)」、「セレナイトグレー(メタリック)」 G 350 dのディーゼルエンジン「OM656」 エンジン型式「OM656」、3L直列6気筒直噴ターボディーゼルエンジンをG 350 dに搭載。 ディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比べて部品点数が多く、重量が重くなってしまうデメリットがある。 そこで「OM656」はクランクケースをアルミ製にするなど軽量化に配慮した設計を行った。 また、シリンダーのフリクションを低減する「NANOSLIDEシリンダーコーティング」を採用。 さらにタービンを2ステージ化することでレスポンスのよさと高出力を両立させている。 排出ガスのクリーン化については、SCR触媒をコーティングした粒子状物質除去フィルターをエンジン本体にレイアウトすることで能力を高めた。 Gクラスのボディ構造 ラダーフレームと呼ばれるハシゴのような形状のアンダーボディに、アッパーボディを載せる構造を採用。 一般的な乗用車は、アンダーボディとアッパーボディが一体のモノコック構造を採用するが、より強固なボディ構造を求めるGクラスでは初代モデルから一貫してラダーフレームを採用している。 新型では、ラダーフレームに最大3. 4mm厚の鋼板製閉断面サイドメンバーとクロスメンバーを採用することでねじれ剛性を向上。 一方でアッパーボディには高強度・超高硬度スチールを使用し、さらに強度を必要としないフェンダー、ボンネット、ドアなどにアルミを使うことで、先代モデルに比べて約170kgの軽量化を実現している。 Gクラスの新車車両価格 G 350 dの主要諸元(欧州参考値) 車両型式 ー ステアリング 右 トランスミッション 電子制御9速AT 駆動方式 四輪駆動 種類・シリンダー数 直列6気筒DOHCディーゼルターボ 総排気量 2925cc ボアxストローク 82. 0x92. 3mm 最高出力 286馬力/3400-4600rpm 最大トルク 61. 2kgm/1200-3200rpm 圧縮比 15. 5 燃料供給装置 電子制御式燃料噴射(直噴) 使用燃料/燃料タンク容量 軽油/75L 車両重量 ー 乗車定員 5 最小回転半径 ー 燃料消費率JC08モード走行 ー 主要燃費向上対策 ー カーエアコン冷媒の種類/使用量 R134a(1430)/ー 全長 4606mm 全幅 1931mm 全高 1969mm ホイールベース 2890mm トレッド(前後) ー 最低地上高 ー ラゲッジスペース(VDA方式) 667-1941L ブレーキ(前後) Vディスク タイヤサイズ(前後) 265/60R18 G 550の主要諸元 車両型式 ABA-463260 ステアリング 左 トランスミッション 電子制御9速AT 駆動方式 四輪駆動 エンジン形式 176 種類・シリンダー数 V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量 3982cc ボアxストローク 83. 0x92. 0mm 最高出力 422馬力/5250-5500rpm 最大トルク 62. 2kgm/2000-4750rpm 圧縮比 10. 5 燃料供給装置 電子制御式燃料噴射(直噴) 使用燃料/燃料タンク容量 無鉛プレミアムガソリン/100L 車両重量 2450kg 乗車定員 5 最小回転半径 6. 3m 燃料消費率JC08モード走行 7. 0x92. 0mm 最高出力 585馬力/6000rpm 最大トルク 86. 7kgm/2500-3500rpm 圧縮比 8. 5 燃料供給装置 電子制御式燃料噴射(直噴) 使用燃料/燃料タンク容量 無鉛プレミアムガソリン/100L 車両重量 2530kg 乗車定員 5 最小回転半径 6. 3m 燃料消費率JC08モード走行 6.

次の