ウクライナ 疑惑 と は。 トランプ氏弾劾調査 ウクライナ疑惑3つのポイント :日本経済新聞

トランプ氏の疑惑めぐる「暴露本」 ボルトン氏が出版へ:朝日新聞デジタル

ウクライナ 疑惑 と は

民主党の見方によると、トランプ氏が 大統領権限をつかってウクライナ大統領に圧力をかけ、 自分が2020年大統領選で再選するために、民主党・最大のライバルである バイデン氏が選挙で不利になる情報を探り当てるよう働きかけた・・・ というのが本当なのかどうか、それがいわゆる「 ウクライナ疑惑」です。 なぜ問題が勃発したのか? 大統領と外国首脳との電話会談には、同時通訳がつき、情報機関の担当者が内容を聞いています。 この情報機関の担当者が、トランプ大統領とウクライナ大統領との問題の電話会談を聞いて、内容が「 あまりにも気がかりだ」と感じます。 8月12日、担当者は大統領のこの通話内容について、観察総監や国家情報長官代行、上下両院の情報委員長に書簡を送って報告、つまり、 内部告発をしたのです。 その手紙を、連邦議会は公表しました。 トランプ大統領は、告発者は民主党支持者だと反発していますが、民主党支持者による党利党略のためのスパイ行為なのかは定かではありません。 bbc. 現職の大統領にして重大な汚職になりえるため、 共和党内でも真実を知りたいという声が上がっています。 Critical for the facts to come out. — Mitt Romney MittRomney 「もし大統領が政敵の捜査をするようウクライナ大統領に頼んだり圧力をかけたりしたなら、それが直接であれ個人の弁護士を通してであれ、極めて問題となり得る。 事実が公になることが欠かせない」 ウクライナ大統領との電話会談の記録は? 7月25日に行われた、問題のトランプ大統領とゼレンスキー大統領(ウクライナ)の電話会談の内容はで確認できます。 ごもっとも。 会談内容をわかりやすい表現で、「ウクライナ疑惑」に関わる部分を要約すると、以下の通りです。 ゼレンスキーがアメリカからの追加支援を要請し、アメリカ製対戦車ミサイルの購入を申し出ると、トランプは不可解な交換条件を持ち出していた。 政府当局者が書き起こした通話記録によれば、こうだ。 「ご希望に沿いたいとは思うが、こちらにもいろいろ問題があってね。 newsweekjapan. php トランプは、次の大統領選で民主党の最有力候補と目されるジョー・バイデン前副大統領の息子ハンターが役員に名を連ねるウクライナのガス会社ブリスマへの捜査をウクライナ当局が中止した経緯についても調査を依頼した。 「バイデンは捜査を中止させたと得意げに話している。 newsweekjapan. php バイデン氏も「ウクライナ疑惑」? ここで前提となる情報が必要になります。 それは、 ウクライナに長年はびこる汚職の問題です。 残念ながら、ウクライナはソ連から独立して以来、内戦や汚職、景気低迷が続いています。 バイデン氏がまだ米副大統領を務めていた時、ウクライナに支援を続けていた複数の欧州首脳や国際通貨基金(IMF)首脳らと共に、 当時のウクライナ検事総長は汚職摘発に及び腰だと批判し、解任を求めていました。 それについて米ニューヨーク・タイムズ紙は、2016年3月、バイデン氏がウクライナを訪問した際に、そのウクライナ検事総長を辞めさせなければ、10億ドルの借款保証を取り下げると強く求めたと報道しました。 これを受けてウクライナ議会は検事総長を罷免しましたが、検事総長が汚職疑惑で捜査していた国内企業のうち、 バイデン氏息子が役員を務めていたガス会社もその中に含まれており、 この罷免によってバイデン息子及びバイデン氏は追及を免れることになったとしています。 電話会談でトランプ大統領は、このことを調べるように軍事支援と引き換えにゼレンスキー大統領に要求していたのです。 しかし、バイデン氏が当時の検事総長を他の首脳らと共に解任を求めていたことは確かでも、捜査を中止させた証拠はありません。 また、ウクライナ前検事総長は、彼がバイデン親子を捜査する理由はそもそもなく、もし捜査するとしてもそれはアメリカの司法管轄下になる、と述べています。 トランプ大統領によるこのような事態を受けて、バイデン息子は、 一切の不正はなかったとしつつも、父親が副大統領でなければウクライナのガス会社の役員にはならなかったと、後悔していることを述べました。 ただ、トランプ大統領は1期目で弾劾訴追されたという、不名誉な称号を得ることとなりました。 来年の大統領選でたとえトランプ氏の再選が決まったとしても、 民主党は下院に加え上院でも過半数を獲得することを目指し、 任期中に再びトランプ氏の弾劾を仕掛けるのではないかと見られています。 まとめ いかがでしたか? 今回はトランプ大統領の「ウクライナ疑惑」について、わかりやすくまとめてみました。 ウクライナ疑惑に関わる人物は他にもいるのですが、カタカナの名前を減らすために思い切って省きました。 至らない点が多いことは重々承知ではありますが、少しでも理解のお役に立ちますように。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)

ウクライナ 疑惑 と は

ウクライナ疑惑について、新しい動きが出てきた。 ただ、ウクライナ疑惑の概略が見えないと、わかりにくいと思うので、まずは概略から書かせてもらいたい。 ウクライナのガス会社「ブリスマ」の汚職の捜査を、ウクライナ検察は行っていた。 指揮を執っていたのは、当時のショーキン検事総長である。 「ブリスマ」の捜査を進めているショーキン検事総長を解任してもらいたい、しないのならアメリカがウクライナに約束している10億ドルの助成金は支払わないと、アメリカの副大統領だったバイデン氏がウクライナ大統領だったポロシェンコ氏に圧力をかけた。 この圧力を受けて、ポロシェンコ大統領はショーキン検事総長を解任した。 バイデン氏がショーキン検事総長の解任を求めたのは、息子のハンター・バイデン氏が「ブリスマ」の役員をしていたからで、彼は年間6000万円もの役員報酬を「ブリスマ」から得ていた。 そもそもハンター・バイデン氏が「ブリスマ」の役員となったのは、副大統領だったバイデン氏がウクライナ訪問の際に同行させて紹介したのがきっかけだ。 つまり、親子がグルになって「ブリスマ」と深い関係を持っていたと言える。 なお、このショーキン検事総長解任劇については、「オレが解任させたんだぜ」とバイデン氏が自慢気に語っている動画が出回っている。 以上が概略で、以下が新しくわかった動きだ。 解任されたショーキン氏の後に検事総長に就いたのは、ルツェンコ氏だ。 ルツェンコ検事総長には検察の意地があったようで、ショーキン氏解任後も「ブリスマ」の件を諦めていなかった。 そしてウクライナ検察が集めた証拠をアメリカ側に渡したいということで、知り合いのカミンズ弁護士を通じて、バーマン連邦検事との接触を試みた。 カミンズ弁護士はバーマン連邦検事に対して、少なくとも5回は連絡を取っていた。 この中で、「ブリスマ」を守るために、副大統領だったバイデン氏が影響力を行使していたことも伝えられていた。 そしてそれは、バイデン親子がアメリカの法律に違反している証拠とも言えた。 ルツェンコ検事総長はバーマン検事に直接会って説明する機会を作りたいと願っていた。 だがバーマン検事はこの話を断った。 カミンズ弁護士は、ルツェンコ検事総長がバーマン検事に会えないなら、バーマン氏より下級の連邦検事と面会させるのはどうかと提案したが、このメールに対してバーマン検事は返事をしなかった。 なお、ルツェンコ検事総長は、在ウクライナ米大使館やFBIを信用していなかった。 アメリカに出国するためのビザの許可が降りなかったからだ。 そして、アメリカの検事にも行く手を阻まれた。 こうしたバイデン親子をなんとしてでも守ろうとする政治的な動きに、ルツェンコ検事総長は失望していた。 ルツェンコ検事総長は別のルートでアプローチをする必要があると考え、トランプ大統領と近い関係にあるジュリアーニ弁護士との連絡を開拓した。 さて、最近アメリカでバーマン連邦検事が解任されるという事件が起こった。 バー司法長官がバーマン氏に辞職を求めたが、拒否されたため、トランプ大統領に願い出て、解任が決まった。 これが法律上の手続きとして成り立つのかが大騒ぎとなっていて、バー司法長官とトランプ大統領のいずれかが嘘をついているのだといった話が話題になっている。 アメリカの法手続きについては自分はわからないので、この件についてはコメントしないが、なぜバー司法長官がバーマン検事に辞職を迫ったかの根本の話について、アメリカのマスコミは追求すべきなのではないか。 この捜査が進み、バイデン氏の真実の姿が表にさらされても、バイデン氏が大統領に選ばれることになるのだろうか。 アメリカ民主党はどれほどの傷を負うことになるのだろうか。 いよいよ本丸の戦いが本格的に始まろうとしている。 もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。 ネタ元のJust the Newsの記事 無料メルマガ 最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!.

次の

トランプ大統領弾劾?「ウクライナ疑惑」の真相

ウクライナ 疑惑 と は

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• トランプ米大統領の「ウクライナ疑惑」をめぐり、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が近く出版する著書で、「トランプ氏は、ウクライナへの軍事支援の凍結解除を、バイデン前米副大統領への調査の取引条件にしていた」と明かす予定であることが分かった。 米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)などが26日、報じた。 これまでのトランプ氏側の主張を真っ向から否定する内容で、米上院で進む弾劾(だんがい)裁判にも影響を与えそうだ。 NYTなどによると、ボルトン氏の著書は3月17日に出版される予定だ。 2018年4月~19年9月に大統領補佐官を務めた経験を振り返る内容で、トランプ政権とウクライナの交渉経緯も詳細に描いているという。 特にカギとなりそうなのは、昨年8月にボルトン氏とトランプ氏が会談した際の記述。 NYTによると、ボルトン氏がウクライナ向けの約4億ドルの軍事支援の凍結解除を求めたのに対し、トランプ氏は「バイデン氏に関する調査を始めるまで、凍結は解除しない方針だ」などと語ったという。 また、ポンペオ国務長官やエスパー国防長官も、軍事支援の凍結解除をトランプ氏に10回以上、要請したと記されているという。 米下院は昨年12月、トランプ….

次の