よび のり。 【大学数学】線形代数入門①(概観&ベクトル)【線形代数】

Funding|予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」

よび のり

朝、目が覚める。 時計を見ると午前11時。 少し寝過ぎた気がするが、今日は特に予定のない日なので問題ない。 ずっと目を閉じていたので部屋の明かりが眩しい。 しかし、次第に目が慣れていく。 これがいわゆる「明順応」という現象だ。 作用する視細胞が桿体から錐体へとシフトしていく。 頑張れ、俺の可愛い錐体ちゃん。 昨日は夜ごはんの時間が早かったのでとてもお腹が減っている。 自分の数少ないレパートリーの中からすぐに食べられるような昼ごはんを考える。 パスタにしよう。 ガスコンロに火をつけ、早速お湯を沸かす。 そして水の比熱が4. Kであり、鍋にいれた水は2000gであるから・・・ 沸騰に必要な熱を求めている間にお湯が沸いた。 塩を入れたことによる沸点上昇を考えはじめたのが悪かった。 鍋からは水蒸気がモクモクと出ている。 いや、目に見えている湯気は正確に言えば「水蒸気」ではない。 気体である水蒸気は無色透明であり目に見えないからだ。 だからこれは気体が空気中で再び冷やされてできた細かい水滴である。 雲ができるプロセスと同じだ。 流体シミュレーションの動画を見ているようで、なんだか湯気が可愛く見える。 無論、これはまだ自分が少し寝ぼけているからだろう。 さすがに年がら年中、湯気が可愛く見えるわけではない。 さぁ、もたもたしてないでパスタを茹でよう。 麺を取り出し、鍋の上でポキポキ折る。 何も遊んでいるわけではない。 これは自分なりの占いなのだ。 パスタの麺というのは、真ん中で折ろうとしても2本にわかれることはほとんどない。 どうしても3本以上になってしまう。 実はこれは2006年のイグ・ノーベル物理学賞で解明された現象である。 2本に折れたらその日の運勢は「超最高」。 それ以外は「最高」と自分で決めている。 これが 『ポジティブ馬鹿の占い』である。 今日はどうしても2本に折れないので諦めて麺にひねりを加える 実はそうすると2本に折れるのだ。 よし、今日の運勢は「超最高」だ。 さて、色々と考えなければならないことが山積みである。 実は自分の場合、実働時間よりも何かを考える時間が非常に長い。 例えばコラボ撮影の企画内容であったり、新しい授業の構成を考えたりする時間だ。 こういうとき、決まって自分は散歩をする。 歩きながら考える方が思考が整理される気がするのだ。 財布は持たない。 スマホと限度額近くまでお金の入ったスイカを持って家を出る もちろん果物のスイカではない。 あんな重いものを持ち歩きたくない。 家の近くのゴミ捨て場にはカラスがいた。 あまり知られていないが、野生で見かけるカラスには2種類いる。 これはハシブトガラスの方だ。 澄んだ声でカーカー鳴いている もう一種はハシボソガラスといい、濁った声でガーガー鳴く。 よく見ると可愛い顔をしているのだこいつらは。 駅まで行き、普段はあまり降りない駅で降りる。 今日はここから適当に散歩をする。 こんなことをする理由は、自分は 今まで見たことのない景色や物に触れるのが好きだからだ。 この地域では紅葉が少し始まりかけているらしい。 木々を見ると少し黄色がかっているのがわかる。 これはクロロフィル 緑 の分解が始まっているということだ。 そして同じく葉に含まれるカロチノイド 黄 が相対的に目立ってきているのだ。 紅葉というのは木が効率よく生き残るために必要なプロセスなのだ。 木に付いた葉は、冬になると太陽光を十分に吸収できなくなるため役立たずとなる。 そこで自ら死を選ぶ。 木全体としての繁栄のために。 その際ただ死ぬのではなく、自分が持っているクロロフィルという栄養を木に送るのである。 それが紅葉だ。 まるで遺産付きの遺言じゃないか。 そんな目で葉を見つめる。 喫茶店などに寄り道していたらすっかり夜になってしまった。 考え事も色々まとまったので家に帰ることにしよう。 空を見上げてみる。 別にロマンチストなわけでなはいが、星を見るのは好きだ。 星の正体は太陽と同じ、自ら光輝く「恒星」である。 実はそれらは地球からとても離れた位置にあるのだ。 一番近い星 ケンタウルス座のアルファ恒星系 でも地球から4. 3光年の位置にある。 つまり、1秒で地球を7周半もする光が4年以上かけないとやってこれないぐらい遠くにあるのだ。 これは、目で見る星というのはその星の「過去」ということを意味する。 もし地球からその星を見ていて、突然爆発したとしても実はそれは4年以上も前のことなのである。 そんなことを考えながら歩く夜道は中々楽しいものだ。 私は普段、このような 「科学の眼鏡」を通して世界を見ている。 別に普段からこの手の知識を周りの人間に披露して変な空気を作っているわけではない。 自分の中でこっそりと楽しむだけである。 教育の現場にいると必ず聞かれることがある。 それは 「なぜ勉強するのか?」 という質問だ。 自分は決まってこう答えるようにしている。 「人生を豊かにするためだよ」 知識や教養は何気ない日常を輝かしいものに変える魔法のスパイスなのだ。 身の回りの何気ない現象からも人一倍何かを感じ取れるようになる。 しかもその効果は一生ものだ。 勉強すればするほど蓄積されていく。 決して「理屈っぽい奴になれ」と言っているわけではない。 「役に立つかどうか」という軽い判断基準は捨て、自分自身の人生をこっそりと楽しむために勉強し、この『科学の眼鏡』をかけて生きていくのはどうだろうか?.

次の

商集合

よび のり

大学の数学・物理の講義を中心に 動画配信されています。 配信されている講義は とてもわかりやすいと評判で たくみさんのファンが着実に 増えていっています。 講義内では真面目な顔して ボケをかましてくれるんですが、 その決め台詞が 「ファボゼロのボケすんな」 というフレーズです。 なかなかユーモアのある たくみ先生がわかると思います。 たくみさんが高学歴と呼ばれるのは 東京大学大学院を卒業されて いるからなんですね。 大学を卒業後 東京大学大学院に進学しました。 2年間の修士課程を修了し、 2017年、博士課程に進学。 それとほぼ同時期にYouTubeを 開始しました。 しかし2018年、 大学院博士課程を中退します。 YouTuberとして生きていく 決断をして、専業になったんです! スゴイ決断をされたんですね~!! 学生時代は卓球部に所属し、 将棋も得意だったそうですよ! ここでヨビノリのたくみさんが どれほど頭がいい方なのか 学歴を見ていきたいと思います! Sponsored Link ヨビノリたくみの学歴は?出身高校はどこ? AbemaTV「ドラゴン堀江」では 最強講師と紹介されている 数学の魔術師たくみさんですが、 実際どれぐらい頭がいいのか 気になりますよね…?! たくみさんの学歴について いろいろと調べてみましたが、 たくみさん本人が公開している 正式な情報は見つかりませんでした。 こちらに記載した情報は SNSでの発言や憶測をまとめた 情報になりますのでご了承ください。 まず たくみさんの出身高校 ですが、 情報がありませんでした。 ただ、 「進学校と呼ばれる学校ではない」 とコメントされていますので、 意外にもトップクラスの高校では なかったんだと思います。 次に、たくみさんの出身大学は、 横浜国立大学です! 学部は 理工学部で 物理化学を研究していたそうです。 理工学部の偏差値は 55~60ほど。 あれ?国公立大学とはいえ、 意外にも偏差値が低め・・・。 実はインフルエンザで試験を 受けれなかったようなんです。 第一志望校は別の大学だった 可能性が高いですね。 大学4年間通った後、 大学院に進学されました。 たくみさんの出身大学院は 東京大学大学院です!! 偏差値は調べてみましたが よくわかりませんでした。 院試では首席で合格されました。 大学院では「生物物理」を 研究していました。 修士課程を2年間修了したのち 博士課程に進学しましたが、 2年生の途中で中退しました。 ドラゴン堀江の人物紹介では 「予備校講師を6年間勤めた 数学の魔術師・たくみ」 と言われていました! 予備校講師はいつからいつまで されていたのでしょうか? そしてなぜ 研究者や大学教授にならず YouTuberという職業を選んだのか? 詳しくしらべてみましたよ! Sponsored Link ヨビノリたくみがYouTuberなのはなぜ? ヨビノリたくみさんが YouTuberになったのは なぜなのでしょうか? 通常、大学院の修士課程、 博士課程を修了したのちは 研究員になるか、 大学の助教授や教授になるのが 一般的になんだそうです。 ヨビノリたくみさんが 教育系YouTuberになった理由は こちらの動画で語ってくれています。 ちなみに予備校の講師の時は 「化学」の先生だったそうです! 数学物理ではないんですね~! ところが 大学院博士課程に進学してすぐ、 学術振興会特別研究員に 抜擢されました。 この制度は、 国がもっと研究に没頭できるように 研究員の援助してくれる制度で、 月額20万円+研究費の支援を 行ってくれるというウハウハな 制度なのですが、 副業が禁止なんですよ。 そのため、6年間勤め続けた 「予備校の講師」という副業を 辞めなくてはいけなくなりました。 もともと 人に勉強を教えることが すきなたくみさんは、予備校の講師を 辞めたことをきっかけに 以前からやりたいと思っていた 「動画で講義を配信する」 ということを実現させました。 編集担当のやすさんは、 この話を持ち掛けた際に ぜひやりましょう!と乗ってくれて 実現したそうです。 2017年に初めて動画投稿をし、 一年後の2018年には、 専業YouTuberとして 生きていくことを決め、 東京大学大学院を中退されました。 ちなみに就職しようと 考えたことは1度もないそうですよ! Sponsored Link まとめ いかがでしたか? 今回はドラゴン堀江の最強講師 ヨビノリたくみさんに スポットを当ててみました。

次の

物理のエッセンスの電磁気について解説|不登校から早稲田へ

よび のり

今、世の中では 「個性の時代だ!」 「人と同じじゃだめだ!」 「学生のうちに個性を!」 と叫ばれている。 たしかに就職難のこの時代、人と同じことをしているだけだと淘汰されてしまうのかもしれない。 そこで大学生は色々なことを考える。 例えば留学に行ってみたり、色々なボランティアをやってみたり、サークルの代表になってみたりする。 確かにこれらは素晴らしい経験で、近い将来、エントリーシートに書く材料にもなるだろう。 しかし、もっと 簡単に、かつ、もっと 珍しい個性を身に付ける方法がある。 それは 自分が入っている学部・学科の勉強をしっかりすること である。 「そんな普通のことをして意味があるわけない」と言う人もいるだろう。 でもよく考えてみてほしい。 果たしてこの世の中にどれだけの人間が、自分が所属している、あるいは卒業した学部・学科の学問について自信をもって語れるだろうか? よく耳をすませてみれば、「 一応、化学科でした」とか「 一応、経済学部でした」という声が聞こえてくるはずだ。 もっとも、10代後半から20代前半という輝かしいときを、勉強とは全く別のことに使うのは悪いことではない。 ここで言いたいのは、 大学生のほとんどは、自分が所属している学科の勉強をしていないということだ 今大学に通っている人からしたら、何をいまさら、という感じだろう。 しかし、 だからこそチャンスがある。 例えば自分の場合、大学では物理学を専攻していた。 授業がないコマ や興味のない授業 では、図書館で借りた本をひたすら読んだりしていた。 特に無理をしていたわけではなく、周りがスマホゲームなどにハマる中、自分はそれとほぼ同じ感覚で数学や物理を楽しんでいただけだった だから別に寂しくない!。 そして長期休暇には、数学や物理のイベントに泊まりこみで参加してみたり、研究者の卵を養成するような勉強会などに色々と参加していた。 その結果、学部を最優秀の成績で卒業し、4年生のうちに自分の研究を学会で発表することもできた。 なにも 青春を捨てて勉強に励んでいたわけではない。 授業が終われば大学内のカフェで同じ学科の友人とワイワイしていたし、休日になればレンタカーで出かけに行くし、卒業旅行だって最高に楽しんだ なぜかこう書くと嘘っぽくなる... それでも、大学で一番勉強していた自信はある。 一番勉強していたやつが、一番良い成績をとっただけの話だ。 そして今、自分はYouTubeで数学や物理を教える仕事をしている。 これができているのは紛れもなく、 勉強によって身に付けた「個性」 のおかげである。 この先、もしYouTubeがなくなることがあっても、自分の仕事がなくなるとは思っていない。 たとえ自分のレベルでも、世の中に数学や物理のことを同じレベルで話せる人間はそう多くないからである。 つまり大雑把に言えば、受験を経験した時点で、理系なら理系科目の知識が、文系なら文系科目の知識が、少なくとも同世代の半分よりは詳しいことになる。 さらに、その中で真面目に勉強する割合を考えれば、 自分の専門に詳しい人間がどれだけ希少な存在か、理解できるはずである。 冒頭で例にあげた留学やボランティアなどは、自らかなり能動的に行動し、自分が今いる環境から動いて行く必要がある。 しかし、大学で勉強することについて言えば、 すでにその環境が整った状態で、自分がいるその場所で、人よりある程度努力をすればいいだけである。 なんとコスパがいいことか! 好きな生物や細胞について死ぬほど熱く語る生物学科、リーマンショックについて余裕で5時間は話せる経済学部、ヒエログリフでLINEしてくる人間文化学部、そんな人がいたら自分はめちゃくちゃ個性的だな!と思うし、ぜひ友達になりたい 今友達がいないわけではない。

次の