白 日 歌詞 ふりがな。 歌詞対訳:Eyes On Me(フェイ・ウォン[王菲])

冬景色 ふゆげしき 歌詞の意味

白 日 歌詞 ふりがな

柱のキズは何故「おととし」? 年の離れた弟への切ない思い さて、童謡『背くらべ』の歌詞を見ると、柱のキズは「おととしの」5月5日につけたとされているが、何故「昨年」のキズではないのか?と素朴な疑問が生じる。 実はこの疑問を解くカギは、作詞者である海野の経歴に隠されていた。 7人兄弟の長兄。 旧制静岡中学卒業後、早稲田大学に入学するため、地元の静岡を離れ一人上京している。 童話雑誌「赤い鳥」に投稿した作品が北原白秋に認められ、海野は童謡作家となった。 都会の生活にも慣れ、俳句や童謡の世界に没頭した海野は、病弱だったこともあり、1919年を最後に地元の静岡には帰郷していないという。 弟は元気に暮らしているだろうか? 実家には3人の妹と3人の弟がいた。 中でも17歳年下の春樹は、海野にとって特別に可愛い存在だったという。 しばらく帰っていない地元で暮らす可愛い弟。 もう2年も帰省していないが、弟は大きくなっているだろうか?元気に暮らしているだろうか?そんな切ない思いが童謡『背くらべ』の歌詞に込められているという。 中山晋平らとともに「子供達の歌」を出版し、雑誌「海国少年」の編集長も務めた海野だったが、1925年5月20日、結核のため28歳の若さで亡くなっている。 彼の母校である静岡市の西豊田小学校には「背くらべ」の歌碑が建てられている。 端午の節句(たんごのせっく)とは? 端午の節句(たんごのせっく)は、古来中国では邪気を払い健康を祈願する日とされ、野に出て薬草を摘んだり、蓬で作った人形を飾ったり、菖蒲(しょうぶ)酒を飲んだりする風習があった。 この風習が日本で独自の変化を遂げたのは鎌倉時代の頃。 「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また菖蒲の葉が剣を形を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになったという。 五月人形を飾り、庭前にを立てるのが日本での典型的な祝い方である。 ちなみに、柏餅(かしわもち)を食べる風習は日本独自のもの。 柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まっていったようだ。 鯉のぼり 関連ページ 屋根より高い鯉のぼり 甍(いらか)の波と雲の波 武家社会と中国の故事や思想に由来する伝統行事 出す時期・しまう時期 年齢は何歳から何歳? 端午の節句 邪気を払う菖蒲が武家の縁起物に 子供の健やかな成長を願って食べる日本の年中行事 こいのぼり、子供の日、立夏、母の日、五月祭(ヨーロッパ) 日本と世界の年間行事、祝祭日、季節のイベント、暮らしの歳時記 5月のうた 夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る こいのぼり、背くらべ、茶摘(夏も近づく八十八夜)、夏は来ぬ.

次の

HY 366日 歌詞

白 日 歌詞 ふりがな

どうしたのだろう、誰か教えて What do you see? I see a forest 何が見えますか? 森が見えるよ What kind? I wanna walk in it どうするつもり? その中を歩きたいんだよ What you say? どうしたのだろう、誰か教えて What do you see? I see a moth 何が見えますか? 蛾が見えるよ What kind? It looks my lover どのような? 僕の彼女みたいなんだ Whatcha gonna do? I wanna chase it どうするつもり? それを追いかけたいんだよ What you say? どうしたのだろう、誰か教えて What do you see? I see a key on the ground 何が見えますか? 地面の上に鍵があるよ What kind? Just a key. I wanna pick it up どうするつもり? それを拾っておきたいんだよ What you say? どうしたのだろう、誰か教えて What do you see? I see a long wall 何が見えますか? 長い壁が見えるよ What kind? It has no end どのような? どこまでも果てがないんだ Whatcha gonna do? Use the key to open it どうするつもり? あの鍵を使えば、開けられるんだよ What you say? 87 views• 78 views• 51 views• 43 views• 41 views• 36 views• 26 views• 22 views• 18 views• 17 views• 16 views• 16 views• 15 views• 14 views• 13 views• 12 views• 12 views• 10 views• 9 views• 9 views• 9 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views• 7 views• 7 views• 7 views• 6 views 2017年4月3日 月 にスタートしました。 来訪数のべ15万人突破を機に、2020年4月中旬からは【週1〜2回の不定期更新】となっています。 日々の雑感や思い出などなどを率直に、忌憚なく書いています。 どうぞ、宜しく…。 投稿の内容と投稿日は、関係があったり、なかったりします 笑。 なお、投稿の中の写真は、ほんの一部(スクリーンショット等)を除いて、全て僕が撮影したものです。 【フリー素材は使用していません】 写真を撮るのも、好きなほうです。 撮影の機材は、iPad mini2と自作天体望遠鏡、そして、ニコンの超望遠レンズ搭載機 【COOLPIX P900】というデジカメです。 わたくし「白ねこのため息」も作品を多数、投稿しています。 どうぞ下の画像をクリックしてみて下さい。 ショートショートの創作には、日常をとても興味深く、観察にあふれたものにしてくれるいう効果があります。 しかも、400字以内ならば誰でも気軽に書けますね…。 身の回りの不思議な出来事を書くのもよし、ときには夢日記として書くのもよし、はたまた幼き日々の思い出を書くのもよし。

次の

歌詞対訳:Key(YMO)

白 日 歌詞 ふりがな

「湊江(みなとえ)」とは、港になっている入江のこと。 二番の歌詞の意味 「麦を踏む」とは、秋播きの麦が発芽した後に足で踏みつける「麦踏み(むぎふみ)」のこと。 写真は麦踏の様子(出典:小平ふるさと村Webサイトより) 芽を踏むことで茎の伸び過ぎを防ぎ、根の張りをよくして、より多くの実がつくようになる。 11月~2月に毎月一回程度行う。 「げに」とは、「本当に、いかにも」。 「小春日(こはるび)」とは、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴れの日。 冬の季語。 小春日和(こはるびより)。 現代の暦では11月頃になる(陰暦10月)。 「のどけし」とは、天候が穏やかでのどかな様子。 「かへり咲(ざき)」は、ツツジやサクラ、ウメなどの春の花が小春日和に誘われて時季外れに咲くこと。 冬の季語。 「返り咲き」、「二度咲き」、「帰り花」などと呼ばれる。 三番の歌詞の意味 「雲は落ち」は、雲が低く垂れ込めること。 「時雨(しぐれ)」は、秋の末から冬の初めごろに、降ったりやんだりする小雨。 最後の2行の意味 日暮れと悪天候で真っ暗になってしまったため、里の集落もほとんど見えず、もし家の明かりが漏れ見えていなければ、そこが集落だとは分からなかっただろう(「それと分かじ」)という意味。 関連ページ 『雪(ゆきやこんこ)』、『冬景色』、『たきび』など、冬を感じる日本の歌・世界の歌まとめ 『七つの子』、『夕焼け小焼け』、『からすの赤ちゃん』など、カラスに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。 子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソング 日本人の作曲家による日本独自の楽曲が用いられた文部省唱歌.

次の