ご 期待 に 添え ず 申し訳 ご ざいません。 「ご期待に沿う」の意味とビジネスでの使い方、例文、「添う」との違いは?

「ご期待に沿えず」とは?意味や使い方を解説

ご 期待 に 添え ず 申し訳 ご ざいません

ビジネスシーンにおいては、何かしらの依頼に対してそれを断るという場面があります。 そういった場合には、相手を気遣った丁寧な言葉で断りをいれます。 「ご希望の添えず」という一言を添えることによって、丁寧に断ることができます。 この「ご希望に添えず」とは、どういった意味で、どのような場面で使われるのでしょうか。 ここでは、「ご希望に添えず」の意味と使い方についてみていきます。 「ご希望に添えず」の意味 「ご希望に添えず」という言葉は、ビジネスシーンにおいて顧客とのトラブルを避けるために使われます。 例えば、取引先との折り合いがつかずに要望に添えなかった場合や、なんらかの失態によって相手の希望どおりにはならなかった場合などに、「申し訳ありません」という謝罪の言葉の前おきとして使われます。 自分が期待にこたえられなかった場合 「ご希望に添えず」というフレーズは、自分が相手の希望に添えなかった場合に使います。 相手が自分の希望にこたえてくれなかったという場合には使いません。 そして、自分が相手の期待に応えられなかったことに対して「ご希望に添えず」という言葉とともに、ほとんどの場合は謝罪の言葉とセットで使われます。 ビジネス ビジネスシーンにおいては、相手からの要求に対してときには断りを入れなければならない場面が必ずあります。 そのような場合にも、今後のことも考えて相手に失礼のないようにやんわりと断らなければなりません。 そういった場合に、「ご希望に添えず」という言葉を謝罪の言葉に添えることで、ソフトな印象を与えることができます。 「ご希望に添えず」の「添えず」は、「沿えず」という漢字でも通じます。 ただし、この「ご希望に添えず」という表現は、身近な社内の先輩や上司などに使うとかえって失礼な表現になるため、使用しないようにしましょう。 ビジネスシーンにおいてといっても、取引先や顧客などにメールや手紙で断りを入れる場合に使用するようにしましょう。 以下が「ご希望に添えず」と「残念です」を使った例文になります。 」 3.「今回はご期待に添えず、本当に残念です。 このようなことが二度と起こらないように努めてまいります。 」 4.「あなた様のご期待に添えず、弊社といたしましても残念で仕方ありません。 また日を改めてお伺いいたしますので、その際はどうぞよろしくお願い申し上げます。 」 恐れ入ります 「申し訳ございません」と同じ意味ですが、「すいません」も「ご希望に添えず」とよく一緒に使われます。 「すいません」の方が、「申し訳ございません」よりはフランクな感じになりますので、日常的に使うのには適しています。 「ご希望に添えず」の例文;すいません 以下が「ご希望に添えず」と「すいません」を使った例文になります。 (例文) 1.「このたびはご希望に添えずほんとうにすいません。 」 2.「返信が遅れてしまい、またご希望に添えず、まことにすいません。 」 3.「面接の希望日ですが、当日は都合がつきません。 ご希望に添えず、まことにすいません。 」 恐縮です 「ご希望に添えず」という言葉と一緒に使われる言葉に、「恐縮です」という表現があります。 「恐縮」とは、「自分よりかなり上の立場の人に恐れ多くて縮こまってしまう」という意味です。 敬語表現のなかでもとても強い意味を持ち、前述の「恐れ入ります」と同じような意味になります。 「ご希望に添えず」の例文;恐縮です 以下が「ご希望に添えず」と「恐縮です」を使った例文になります。 (例文) 1.「このたびはご希望に添えず、大変恐縮です。 」 2.「先日ご相談いただいた件についてですが、大変申し訳ありませんが弊社では対応が難しいとの判断となりました。 ご希望に添えず、大変恐縮しております。 」 「ご希望に添えず」の変化形 「ご希望に添えず」というフレーズは、「ご希望に添えない」というように変形させて文章に使用することもあります。 それは、相手の要望に応えられない可能性があるという内容をあらかじめ伝える文章で使います。 以下がその例文になります。 (例文) 1.「状況によりまして、ご希望に添えない場合がございます。 その際は、ご了承いただきますようにお願いいたします。 」 2.「大変お手数をおかけする上、ご希望に添えない場合もありますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 」 「ご希望に添えず」はクッション言葉 「ご希望に添えず」という表現は、前述にもありますように相手からのなんらかの依頼や希望に応えられない場合に、謝罪の言葉とともに使用されることが多いです。 ただ断りの言葉を入れるよりも、「ご希望に添えず」という言葉を謝罪の言葉とともに入れることにより、相手にソフトな印象を与えることができます。 「ご希望に添えず」は、断りを入れた相手とのトラブルを避けるためのクッション言葉の役割もあるということです。 クッション的役割の「ご希望に添えず」例文 以下に、ビジネスシーンにおける依頼などの断りや謝罪でクッション的役割の「ご希望に添えず」を含む例文をご紹介します。 (例文) 1.「せっかくお越しいただいたのに、ご希望に添えず申し訳ありませんでした。 」 2.「私どもの考えが及ばず、ご希望に添えずに申し訳ございませんでした。 」 3.「ご希望に添えず、心よりお詫び申し上げます。 」 6.「力不足で、ご希望に添えず恐縮です。 」 「ご希望に添えず」の「そえず」の漢字 「ご希望に添えず」の「そえず」の漢字は、「添えず」と「沿えず」のどちらを使っても問題ありません。 しかし、「添えず」と「沿えず」は、漢字の意味が異なります。 「沿う」とは、「流れや道に続く」という意味で、「添う」は「つきそう、連れそう」という意味です。 ただし、「ご希望に添えず」と「ご希望に沿えず」は、どちらも同じ意味になります。 しかし、どちらがより「ご希望にそえず」にふさわしいかについてあえていうのであれば、「沿えず」の方が一般的でしょう。 例えば、「ご期待に沿えず」という場合にも「沿えず」が一般的であり、新聞などでも統一されていますので、もし漢字に迷うのでしたら「ご期待に沿えず」とした方が良いでしょう。 「ご希望に添えず」の英語表現 ここまで「ご希望に添えず」の意味と使い方、例文、類語などをみてきましたが、「ご期待に添えず」を英語で表現するとどのようになるのでしょうか。 ここでは、「ご希望に添えず」の英語表現をみていきます。 (英語表現) 1.「We are sorry that we could not fulfill your require. 」「We apologize for not being to fulfill your request. 」(ご希望に添えず申し訳ありません) 2.「I can not meet your expectations」(ご期待に応えられず) 「ご希望に添えず」の英語例文 上述により「ご希望に添えず」を英語で表現した場合の文章を紹介しました。 ここでは、実際に「ご希望に添えず」という意味を含む英語例文をご紹介します。 英語による「ご希望に添えず」という意味の表現は、いろいろと表現できますので以下をご参照ください。 1.We are sorry but the position has been filled. (申し訳ありませんが、応募いただいた役職は別の方に決まりました。 ) 2.We are sorry to inform you that the position has been filled. (その役職は既に決まりましたことをお知らせいたします。 申し訳ありません。 ) 3.We regret to inform you that you have not been selected for this position. (あなたがこのポジションに選ばれていないということをお知らせするのが残念です。 ) 「ご希望に添えず」の意味と使い方を覚えましょう いかがでしたか。 「ご希望に添えず」の意味や、相手からの希望に応えられないと断る際に、この言葉を使うことによりクッション言葉の効果があるということがわかっていただけたでしょう。 「ご希望に添えず」という言葉は、ビジネスシーンではよく聞く言葉ですが、上司や先輩など身近な人に使うとかえって失礼にあたる場合があります。 「ご希望に添えず」という表現は、あまり身近な人には使わずに、顧客や取引先など外部の方へ断りを入れる場合や謝罪の際などに「ご希望に添えず」を使うようにしましょう。 「ご希望に添えず」という表現を使う場合には、自分と相手との関係性や、そのシーンで使っても問題ないかをよく考慮して使用するようにしましょう。 また、「ご希望に添えず」の意味や使い方を知って、実際に自分がビジネスシーンで使用できるようにしておきましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「ご期待に添えるよう」を使った例文・意味と使い方|ビジネス

ご 期待 に 添え ず 申し訳 ご ざいません

ビジネスシーンにおいては、何かしらの依頼に対してそれを断るという場面があります。 そういった場合には、相手を気遣った丁寧な言葉で断りをいれます。 「ご希望の添えず」という一言を添えることによって、丁寧に断ることができます。 この「ご希望に添えず」とは、どういった意味で、どのような場面で使われるのでしょうか。 ここでは、「ご希望に添えず」の意味と使い方についてみていきます。 「ご希望に添えず」の意味 「ご希望に添えず」という言葉は、ビジネスシーンにおいて顧客とのトラブルを避けるために使われます。 例えば、取引先との折り合いがつかずに要望に添えなかった場合や、なんらかの失態によって相手の希望どおりにはならなかった場合などに、「申し訳ありません」という謝罪の言葉の前おきとして使われます。 自分が期待にこたえられなかった場合 「ご希望に添えず」というフレーズは、自分が相手の希望に添えなかった場合に使います。 相手が自分の希望にこたえてくれなかったという場合には使いません。 そして、自分が相手の期待に応えられなかったことに対して「ご希望に添えず」という言葉とともに、ほとんどの場合は謝罪の言葉とセットで使われます。 ビジネス ビジネスシーンにおいては、相手からの要求に対してときには断りを入れなければならない場面が必ずあります。 そのような場合にも、今後のことも考えて相手に失礼のないようにやんわりと断らなければなりません。 そういった場合に、「ご希望に添えず」という言葉を謝罪の言葉に添えることで、ソフトな印象を与えることができます。 「ご希望に添えず」の「添えず」は、「沿えず」という漢字でも通じます。 ただし、この「ご希望に添えず」という表現は、身近な社内の先輩や上司などに使うとかえって失礼な表現になるため、使用しないようにしましょう。 ビジネスシーンにおいてといっても、取引先や顧客などにメールや手紙で断りを入れる場合に使用するようにしましょう。 以下が「ご希望に添えず」と「残念です」を使った例文になります。 」 3.「今回はご期待に添えず、本当に残念です。 このようなことが二度と起こらないように努めてまいります。 」 4.「あなた様のご期待に添えず、弊社といたしましても残念で仕方ありません。 また日を改めてお伺いいたしますので、その際はどうぞよろしくお願い申し上げます。 」 恐れ入ります 「申し訳ございません」と同じ意味ですが、「すいません」も「ご希望に添えず」とよく一緒に使われます。 「すいません」の方が、「申し訳ございません」よりはフランクな感じになりますので、日常的に使うのには適しています。 「ご希望に添えず」の例文;すいません 以下が「ご希望に添えず」と「すいません」を使った例文になります。 (例文) 1.「このたびはご希望に添えずほんとうにすいません。 」 2.「返信が遅れてしまい、またご希望に添えず、まことにすいません。 」 3.「面接の希望日ですが、当日は都合がつきません。 ご希望に添えず、まことにすいません。 」 恐縮です 「ご希望に添えず」という言葉と一緒に使われる言葉に、「恐縮です」という表現があります。 「恐縮」とは、「自分よりかなり上の立場の人に恐れ多くて縮こまってしまう」という意味です。 敬語表現のなかでもとても強い意味を持ち、前述の「恐れ入ります」と同じような意味になります。 「ご希望に添えず」の例文;恐縮です 以下が「ご希望に添えず」と「恐縮です」を使った例文になります。 (例文) 1.「このたびはご希望に添えず、大変恐縮です。 」 2.「先日ご相談いただいた件についてですが、大変申し訳ありませんが弊社では対応が難しいとの判断となりました。 ご希望に添えず、大変恐縮しております。 」 「ご希望に添えず」の変化形 「ご希望に添えず」というフレーズは、「ご希望に添えない」というように変形させて文章に使用することもあります。 それは、相手の要望に応えられない可能性があるという内容をあらかじめ伝える文章で使います。 以下がその例文になります。 (例文) 1.「状況によりまして、ご希望に添えない場合がございます。 その際は、ご了承いただきますようにお願いいたします。 」 2.「大変お手数をおかけする上、ご希望に添えない場合もありますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 」 「ご希望に添えず」はクッション言葉 「ご希望に添えず」という表現は、前述にもありますように相手からのなんらかの依頼や希望に応えられない場合に、謝罪の言葉とともに使用されることが多いです。 ただ断りの言葉を入れるよりも、「ご希望に添えず」という言葉を謝罪の言葉とともに入れることにより、相手にソフトな印象を与えることができます。 「ご希望に添えず」は、断りを入れた相手とのトラブルを避けるためのクッション言葉の役割もあるということです。 クッション的役割の「ご希望に添えず」例文 以下に、ビジネスシーンにおける依頼などの断りや謝罪でクッション的役割の「ご希望に添えず」を含む例文をご紹介します。 (例文) 1.「せっかくお越しいただいたのに、ご希望に添えず申し訳ありませんでした。 」 2.「私どもの考えが及ばず、ご希望に添えずに申し訳ございませんでした。 」 3.「ご希望に添えず、心よりお詫び申し上げます。 」 6.「力不足で、ご希望に添えず恐縮です。 」 「ご希望に添えず」の「そえず」の漢字 「ご希望に添えず」の「そえず」の漢字は、「添えず」と「沿えず」のどちらを使っても問題ありません。 しかし、「添えず」と「沿えず」は、漢字の意味が異なります。 「沿う」とは、「流れや道に続く」という意味で、「添う」は「つきそう、連れそう」という意味です。 ただし、「ご希望に添えず」と「ご希望に沿えず」は、どちらも同じ意味になります。 しかし、どちらがより「ご希望にそえず」にふさわしいかについてあえていうのであれば、「沿えず」の方が一般的でしょう。 例えば、「ご期待に沿えず」という場合にも「沿えず」が一般的であり、新聞などでも統一されていますので、もし漢字に迷うのでしたら「ご期待に沿えず」とした方が良いでしょう。 「ご希望に添えず」の英語表現 ここまで「ご希望に添えず」の意味と使い方、例文、類語などをみてきましたが、「ご期待に添えず」を英語で表現するとどのようになるのでしょうか。 ここでは、「ご希望に添えず」の英語表現をみていきます。 (英語表現) 1.「We are sorry that we could not fulfill your require. 」「We apologize for not being to fulfill your request. 」(ご希望に添えず申し訳ありません) 2.「I can not meet your expectations」(ご期待に応えられず) 「ご希望に添えず」の英語例文 上述により「ご希望に添えず」を英語で表現した場合の文章を紹介しました。 ここでは、実際に「ご希望に添えず」という意味を含む英語例文をご紹介します。 英語による「ご希望に添えず」という意味の表現は、いろいろと表現できますので以下をご参照ください。 1.We are sorry but the position has been filled. (申し訳ありませんが、応募いただいた役職は別の方に決まりました。 ) 2.We are sorry to inform you that the position has been filled. (その役職は既に決まりましたことをお知らせいたします。 申し訳ありません。 ) 3.We regret to inform you that you have not been selected for this position. (あなたがこのポジションに選ばれていないということをお知らせするのが残念です。 ) 「ご希望に添えず」の意味と使い方を覚えましょう いかがでしたか。 「ご希望に添えず」の意味や、相手からの希望に応えられないと断る際に、この言葉を使うことによりクッション言葉の効果があるということがわかっていただけたでしょう。 「ご希望に添えず」という言葉は、ビジネスシーンではよく聞く言葉ですが、上司や先輩など身近な人に使うとかえって失礼にあたる場合があります。 「ご希望に添えず」という表現は、あまり身近な人には使わずに、顧客や取引先など外部の方へ断りを入れる場合や謝罪の際などに「ご希望に添えず」を使うようにしましょう。 「ご希望に添えず」という表現を使う場合には、自分と相手との関係性や、そのシーンで使っても問題ないかをよく考慮して使用するようにしましょう。 また、「ご希望に添えず」の意味や使い方を知って、実際に自分がビジネスシーンで使用できるようにしておきましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

お役に立てずごめんなさい って英語でなんて言うの?

ご 期待 に 添え ず 申し訳 ご ざいません

筆者はコールセンターなどでの勤務が長く、単なるご意見でのお客様の改善要請を受けたこともありますし、単なる今はやりのクレーマーのような人にも当たったことがあります。 クレーマーのかたにはいかに怒らせず納得してもらうかが勝負。 もちろんこちらの不手際や商品不具合での返品交換などのご要望に関しては、お客様のご要望を無理のない範囲でのむことがほとんどです。 届いていた商品が最初から不良品だった、なんていう完全な不手際には、ちゃんと対応します。 当たり前の対応ですね。 ちなみに私の働いていたコールセンターでは、あまりにも無理な注文や要望に沿うことができない場合でも、極力「申し訳ございません」という言葉を使わないという方針がありました。 以前「言葉を出して謝罪をするなら誠意を見せろ!」といわれたことがあるそうです。 「色を間違えて注文した」 「はい」 「だから交換してほしい」 「はい、確認いたしますので少々お待ちいただけますか」 「はいといったのだから必ず交換して!」 となるケースがあります。 クレーマーはオペレーターのささいな言葉も聞き逃さないのです。 この場合ははいをつけずに 「確認いたしますので少々お待ちいただけますか」 もしくは「はい」の部分を言葉の先を促す形で「ええ」と返すのが正解だと教わりました。 オペレーターをやめて普通の電話の時でも、相槌にええと返すくせは残ってしまいました。 そして一応確認した後に 「お色を間違えてご注文されたということで、この場合お客様都合の返品となってしまいますので返金してほしいとのご期待には沿いかねます」 という返答になります。 ただ、どうしてもという場合には交換対応になることはあります。 いかがでしたか?期待に応えることができませんでした。 は能動的、自分の中や会社の中で一考の余地があり、それでもなおお客様の要望に応えることが出来なかった時の、比較的ポジティブな断り文句です。 その後に、折衷案を出す場合などにはこちらの言葉を使うことが多いです。 それに対して期待に沿うことができません、は受動的、お客様からの指示が無茶だったり、社内などに余裕がない時に使う控えめな、しかし明確な断り文句です。 しかし柔らかい表現であるため、お客様や取引先の心象をそこまで損ねはしないでしょう。 少しの言葉遣いの違いで、お客様や取引先様、ひいては上司からの評価は変わるものです。 正しいシーンで正しい日本語を使って「この部下はしっかりした、仕事を任せられる人間だな」と社内での評価があがるように、頑張っていきましょうね。

次の