ラインモバイル simカード。 SIMカードを入れ替えるとデータは消える?LINEや写真は?詳しく解説

LINEモバイルで機種変更する全手順を解説【完全版】持ち込み機種やiPhoneへの機種変更、APN設定も

ラインモバイル simカード

LINEモバイルの機種変更は、 特別な手続きは必要なくSIMカードを差し替えるだけで機種変更が完了しデータ通信も音声通話も使えます。 他に手続きは一切必要ありません。 LINEモバイルでセットで購入したスマホを機種変更したり、スマホだけLINEモバイルで購入することはできません。 理由はLINEモバイルのスマホはLINEモバイルのSIMカードとセットでないと契約できないからです。 LINEモバイルのスマホの機種変更はAmazonやApple Store、家電量販店でSIMフリーのスマホやdocomoやSoftBankのスマホを購入してSIMカードを差し替えてAPNの設定またはプロファイルのインストールをすれば機種変更は完了です。 ただし、LINEモバイルの回線切替を使うと「スマホ+LINEモバイルのSIMカード」で契約ができるのでLINEモバイルでスマホを購入することができます。 LINEモバイルの機種変更はSIMカードを差し替えるだけで完了する LINEモバイルの機種変更は、LINEモバイルをSIMカードを今使っているスマホやiPhoneから機種変更したい新しいスマホやiPhoneに差し替えるだけで完了します。 機種変更の端末がAndroidスマホ: SIMカードを挿してAPN設定をする• LINEモバイルはSIMの差し替えが自由にできる格安SIM LINEモバイルは 契約したSIMカードの差し替えが自由にできる格安SIMです。 そのため、1枚のLINEモバイルのSIMカードを複数のiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレットに差し替えるだけで使えることができます。 LINEモバイルは契約しているSIMカードを自由に差し替えができるので、スマホの機種変更もSIMカードを差し替えるだけで完了となります。 LINEモバイルは契約したSIMとスマホの結びつけがない LINEモバイルは契約したSIMカードの契約と、使用しているスマホ端末との結びつけがありません。 そのため、どのiPhnoeやAndroidスマホでも利用できますし、複数のスマホ端末に自由に差し替えて使うことができます。 LINEモバイルのSIMカードとスマホをセットで購入した場合でも、LINEモバイルでセットで購入したスマホ以外のスマホにSIMカードを差し替えるだけで利用できます。 LINEモバイルでセットで購入したスマホは機種変更できない LINEモバイルは「LINEモバイルのSIM単体」と、「LINEモバイルのSIM+セットのスマホ」の2つのどちらかで契約できます。 LINEモバイルをスマホとセットで購入した場合には、契約後にLINEモバイルでセット販売している他のスマホに機種変更することはできません。 ただし、今契約しているLINEモバイルの契約を解約してスマホとセットで解約するか「LINEモバイルのSIM+セットのスマホ」を追加契約すれば、 スマホを機種変更することができますが、Apple StoreやAmazonなどでiPhoneやAndroidスマホを新規購入してSIMカードを入れ替えるほうが無駄な手数料もかからなく安く機種変更ができます。 LINEモバイルはセット販売のスマホを単体で購入できない LINEモバイルはLINEモバイルのSIMカードとセット販売しているスマホをSIMカード抜きでスマホ端末単体で購入することはできません。 LINEモバイルでセット販売しているスマホはLINEモバイルのSIMカードとセットでないと購入することはできません。 【裏技】LINEモバイルは回線変更すれば新しいスマホをセットで購入できる LINEモバイルはLINEモバイルでセット販売しているスマホを単体で購入することはできません。 しかし、1つだけ裏技があって、ソフトバンク回線とドコモ回線を回線変更の手続きをすれば、契約時に 「LINEモバイルのSIM+セットのスマホ」を選ぶことができます。 契約時に、LINEモバイルでセットで販売しているスマホでほしいスマホを選べば新しいスマホを手に入れることができます。 LINEモバイルでセット販売しているスマホはすべてSIMフリー端末 LINEモバイルでセット販売してるスマホは、すべてSIMフリー端末です。 そのため回線変更で「LINEモバイルのSIM+セットのスマホ」を選び新しいスマホが来たら今まで使用していたスマホからSIMカードを取り出し、 新しくきたスマホに挿入するとデータ通信も音声通話も使うことができます。 ただし、双方のスマホのSIMカードの対応サイズが同じでないとできないので事前に対応しているSIMカードのサイズを調べておく必要があります。 LINEモバイルはnanoSIMサイズのSIMカードを選んでいれば、microSIM、標準SIMのSIMカードに変換アダプタを使うことで変換することができます。 変換アダプタは送料込みで200円以下で入手できるので複数のスマホでLINEモバイルの1枚のSIMをカードを使い回すときは、入手しておくと便利です。 まとめ:LINEモバイルの機種変更はSIMカードを差し替えるだけ LINEモバイルの機種変更は、特別な手続きは必要なくSIMカードを差し替えるだけで機種変更が完了しデータ通信も音声通話も使えます。 他に手続きは一切必要ありません。 AmazonやApple Store、家電量販店でSIMフリーのスマホやdocomoやSoftBankのスマホを購入してSIMカードを差し替えれば機種変更は完了するので ユーザーにとってとても自由度が高い格安SIMなのです。

次の

LINEモバイルのSIMカードの種類とサイズ、対応機種は?

ラインモバイル simカード

iPhoneやiPadにLINEモバイルのSIMカードを挿入する• LINEモバイルのSIMカードをiPhoneやiPadに挿入する• LINEモバイルの通信プロファイルをインストールする• 設定完了 LINEモバイルのiPhoneとiPadのAPN設定をするにはWiFiが必要 LINEモバイルのSIMカードを使ってデータ通信をしてインターネットを使うためにiPhoneやiPadでAPN設定をするには、WiFiが必要です。 LINEモバイルのプロファイルをダウンロードするために必要なWiFiは自宅のWiFiや駅やコンビニ、マクドナルド、観光施設などで無料で使える無料WiFiなどでも設定ができます。 LINEモバイルのiPhoneとiPadのAPN情報と設定方法まとめ STEP1. iPhoneやiPadの電源をオフにする iPhoneやiPadの電源ボタンを長押しして「スライドで電源オフ」の画面が表示されたら スイッチアイコンを指でスライドさせて電源をオフにします。 STEP2. LINEモバイルのSIMカードを台紙から取り出す LINEモバイルのSIMカードは台紙に固定されて送られてくるので SIMカードだけ取り出します。 指で押せば取れるようになっています。 STEP3. iPhoneやiPadのSIMスロットを取り出す iPhoneやiPadの側面にあるSIMスロットにある穴にSIMピンを入れてSIMスロットを取り出します。 もし、SIMピンを持っていなかったらクリップを伸ばして穴に挿すことでSIMスロットを取り出すことができます。 STEP4. iPhoneやiPadのSIMスロットにLINEモバイルのSIMカードを挿入する LINEモバイルのSIMカードをSIMスロットに入れてiPhoneやiPadの本体に挿入します。 STEP5. iPhoneやiPadをWiFiに接続する LINEモバイルの通信プロファイルのダウンロードにインターネット接続が必要なので、WiFiに接続します。 STEP6. プロファイルをインストールする WiFiに接続したら「Safari」を移動して、以下のURLにアクセスしてプロファイルをダウンドします。 ダウンロードURL: インストールをタップします。 端末にパスコードを設定している場合はパスコードの入力を求められるので、 iPhoneやiPadに設定しているパスコードを入力します。 インストールをタップしてインストールします。 完了ボタンをタップしたら LINEモバイルのプロファイルのインストールは完了です。 STEP7. LINEモバイルのマイページにログインする LINEモバイルのマイページのログイン方法は「」を開いてログインIDとパスワードを入力して「ログインする」ボタンを押すとログインできます。 もしログインIDとパスワードを忘れてしまった場合は、 「ログインする」ボタンの下にある「ログインIDを忘れた場合」「パスワードを忘れた場合」から手続きをすればログインできるようなります。 LINEモバイルのマイページのログインIDは「利用開始手続き受付完了」メールに記載されている LINEモバイルのマイページのログインIDはLINEモバイルを契約した時の「 【LINEモバイル】利用開始手続き受付完了のご連絡」という名前のメールに記載されています。 STEP8. LINEモバイルの利用開始手続きを行う LINEモバイルのマイページにログインすると、「利用開始手続き」のボタンが表示されているので「利用開始手続きをする」ボタンをタップまたはクリックします。 「利用開始手続き完了」と表示されたら利用開始手続きは完了です。 iPadの場合も同じです。 以下の表示はiPadで利用開始手続きを完了した画面です。 LINEモバイルの利用開始手続き受付完了のご連絡メールが届く LINEモバイルの利用開始手続きが終わるとLINEモバイルから「利用開始手続き受付完了のご連絡」という名前のメールが送られてきます。 LINEモバイルからサービス利用のお知らせメールが届く LINEモバイルの「利用開始手続き」を完了してからLINEモバイルから「サービス開始のお知らせ」メールが届くまではだいたい15分程度でした。 回線が開通したらデータ通信(インターネット)ができるか確認します。 WiFiをオフにしたら、 SafariでYahooやGoogleを開いてみて サイトが表示できるか確認したら完了です。 LINEモバイルの利用開始手続きからサービス開始(回線開通)までの時間 LINEモバイルの利用開始手続きからサービス開始(回線開通)してデータ通信のインターネットが使えるようになるまでの時間は私の場合はいかのような感じでした。 利用開始手続きをしてから15分程度でLINEモバイルのSIMカードで通信ができるようになりました。 AndroidスマホとタブレットにLINEモバイルのSIMカードを挿入する• LINEモバイルのSIMカードをiPhoneやiPadに挿入する• LINEモバイルの通信プロファイルをインストールする• 設定完了 STEP1. スマホとLINEモバイルのSIMカードを用意する STEP2. スマホの電源をオフにする スマホにSIMカードを挿入する時には電源を切る必要があります。 電源ボタンを長押しして、電源メニューが出たら、 「電源を切る」を選択して電源をオフにします。 STEP3. SIMカードを台紙から切り離す LINEモバイルから送られてきたSIMカードは台紙にくっついているので、 金属の部分に指紋や汚れがつかないように気をつけながらSIMカードを台紙から切り離します。 汚れがついたらキレイな布で拭き取ってください。 STEP4. スマホからSIMカードトレイを取り出す スマホは直接SIMカードが入っているわけではなくSIMカードトレイの上にSIMカードが乗っかって入っています。 そのためSIMカードトレーをスマホ本体から引き出します。 スマホによってSIMカードトレーがささっている場所が本体上だったり側面だあったり、背面カバーの内側だったりします。 STEP5. SIMカードをスマホ本体に挿入する STEP3で台紙から切り離したSIMカードをSIMカードトレイに載せてスマホ本体に挿入します。 STEP6. WiFiに接続する LINEモバイルのAPNの設定をする前にWiFiに接続しておきます。 STEP7. スマホの設定画面を開く SIMカードを本体を挿入したので、ここからはデータ通信のインターネット接続ができるようにAPNの設定をしていきます。 APNの設定はスマホの設定画面から行います。 スマホの設定画面を開きます。 STEP8. モバイルネットワークの設定画面を開く 設定画面を開いたら「無線とネットワーク」から「モバイルネットワーク設定」を開きます。 スマホによって設定画面の内容が少し異なっていたしますが、「モバイルネットワーク設定」を探して開きます。 STEP9. アクセスポイント名(APN 設定画面を開く 「モバイルネットワーク設定」を開くとAPN(アクセスポイント名)の設定画面が出てくるので、 「APN」の設定画面の右上にあるプラスボタン(+ボタン)を押します。 ここ最近発売された機種は最初からAPNの設定が用意されている場合があるので、 すでにLINEモバイルのAPNがあれば既に作成されているAPNを選択するだけでデータ通信ができてインターネットが使えるようになります。 STEP10. アクセスポイント名(APN を新規追加する ここからLINEモバイルのAPN(アクセスポイント名)を設定していきます。 STEP11. LINEモバイルのAPN設定情報を入力する LINEモバイルのAPN情報を以下の内容のとおりに入力していきます。 名前: LINEモバイル• APN: line. ユーザー名: line line• パスワード: line• 認証タイプ: PAPまたはCHAP STEP12. LINEモバイルのAPN設定情報を保存する LINEモバイルのAPN情報(アクセスポイント名)を入力したら、右上の3つの点の部分をタップして、「保存」をタップします。 保存をしないとAPN情報を入力しても保存されないで消えてしまうので注意が必要です。 STEP13. LINEモバイルのAPNを選択する LINEモバイルのAPN(アクセスポイント名)を設定して保存したら、新規作成したLINEモバイルのAPNの横にある丸をタップして選択します。 作成したLINEモバイルのAPNを選択しないとデータ通信できないから注意だよ STEP14. スマホの電源を切って入れる(再起動する) APNの設定をしたらスマホの電源ボタンを押して一度電源を切ってから入れるか、「再起動」メニューがあるスマホなら再起動をします。 電源を切って入れ直す方法は手動で再起動しているのとおなじことです。 再起動が完了したらインターネットに繋がるようになっています。 STEP15. LINEモバイルのマイページにログインする LINEモバイルのマイページのログイン方法は「」を開いてログインIDとパスワードを入力して「ログインする」ボタンを押すとログインできます。 もしログインIDとパスワードを忘れてしまった場合は、 「ログインする」ボタンの下にある「ログインIDを忘れた場合」「パスワードを忘れた場合」から手続きをすればログインできるようなります。 LINEモバイルのマイページのログインIDは「利用開始手続き受付完了」メールに記載されている LINEモバイルのマイページのログインIDはLINEモバイルを契約した時の「 【LINEモバイル】利用開始手続き受付完了のご連絡」という名前のメールに記載されています。 STEP16. LINEモバイルの利用開始手続きを行う LINEモバイルのマイページにログインすると、「利用開始手続き」のボタンが表示されているので「利用開始手続きをする」ボタンをタップまたはクリックします。 「利用開始手続き完了」と表示されたら利用開始手続きは完了です。 iPadの場合も同じです。 以下の表示はiPadで利用開始手続きを完了した画面です。 LINEモバイルの利用開始手続き受付完了のご連絡メールが届く LINEモバイルの利用開始手続きが終わるとLINEモバイルから「利用開始手続き受付完了のご連絡」という名前のメールが送られてきます。 LINEモバイルからサービス利用のお知らせメールが届く LINEモバイルの「利用開始手続き」を完了してからLINEモバイルから「サービス開始のお知らせ」メールが届くまではだいたい15分程度でした。 回線が開通したらデータ通信(インターネット)ができるか確認します。 WiFiをオフにしたら、 SafariでYahooやGoogleを開いてみて サイトが表示できるか確認したら完了です。 まとめ:LINEモバイルのSIMカードが届いてからの利用開始手続き LINEモバイルのSIMカードが届いてから開通を完了させてサービスを開始するまではSIMカードを入れて、APNの設定またはプロファイルのインストールをしたら LINEモバイルのマイページから利用開始手続きをするだけですぐに使えます。 とても簡単です。 LINEモバイルは不通期間が最短の1時間以内でMNPでも乗り換えができる格安SIMなのでdocomo、au、SoftBankなどで月額5000円以上の料金を払っている場合は、LINEモバイルにすると月額2000円以下になるので試してみるとかなり通信費の節約になりますよ。

次の

【LINEモバイル】LINE Payバーチャルカードで申し込みできる!?

ラインモバイル simカード

docomoで購入したiPhone• docomoで購入したiPad• docomoで購入したAndroidスマホ• docomoで購入したAndroidタブレット• SIMフリーのiPhone• SIMフリーのAndroidスマホ• SIMフリーのAndroidタブレット• SIMフリーのWindowsスマホ• Softbankで購入したiPhone• Softbankで購入したiPad• Softbankで購入したAndroidスマホ• Softbankで購入したAndroidタブレット• auで購入したiPhoneをSIMロック解除したもの• auで購入したAndroidをSIMロック解除したもの SIMカードを挿しかえてもデータ通信や電話は使える LINEモバイルの格安SIMを他のスマホや端末に差替えてもデータ通信も音声通話も使うことが可能です。 SIMカードには契約者を特定するIDと電話番号が入っています。 そのため SIMカードを差替えても契約されている利用者に変わりはないので制限なくつかえるというわけです。 私もテスト済みですし日常的にこのような使い方をしていますが何も問題は起きていません。 挿し替える時にはSIMカードのサイズに注意 LINEモバイルのSIMカードには3つのサイズがあり、契約時にどのサイズにするかを選択して購入します。 契約時は自分のスマホやiPhoneがどのSIMカードのサイズに対応しているかを調べてから契約するのでその端末ではSIMカードのサイズは合っていますが、 他のスマホやiPhone、タブレットに挿し替える場合は 挿し替える先の端末が対応しているSIMカードのサイズが契約したSIMカードのサイズと一致している必要があります。 もし対応しているSIMカードのサイズが違ったら 挿し替える先の端末が対応しているSIMカードのサイズが契約したSIMカードのサイズと異なっていた場合は、SIMカードのサイズを変更する必要があります。 LINEモバイルに限らず格安SIMのSIMカードのサイズの変更は3,000円の手数料がかかります。 LINEモバイルのSIMカードを差替えて使うことを前提に契約する場合は、 メインで使うスマホやiPhone、タブレットと挿し替える先のスマホやiPhone、タブレットが対応しているSIMカードのサイズが一致しているかを確認してから購入すると後から困ることはなくなります。 キャリアが違うと差替えても使えない まずLINEモバイルはdocomoの回線や設備を使っているMVNOで、 docomoで契約していた、または契約しているスマホやiPhone、SIMフリーのスマホやiPhoneであれば使うことができます。 しかし、auで契約していた、または契約しているスマホやiPhone、SoftBankで契約していた、または契約しているスマホやiPhoneにSIMカードを挿しても使うことはできません。 これはauやSoftBankのスマホやiPhoneにはSIMロックというものがかかっていて、自社のSIMカード以外のものを挿入しても使えないようになっているからです。 もしこれらの端末でLINEモバイルのSIMを使いたい場合はSIMロック解除をすれば使うことができます。 SIMロック解除(SIMフリー化)の手続きの方法は下記にまとめていますので参考にしてみてくださいね。

次の