オクラ なり 方。 オクラの育て方!種まき時期・苗作り・わき芽・支柱・水やりのコツと密植栽培の仕方を紹介

初心者向け!オクラの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

オクラ なり 方

夏野菜のオクラは、野菜でありながらスタミナ食材の一つですよね。 宮崎県産や沖縄産がよく出回っているので、暖かい九州以外ではオクラの育て方って難しいのかなと思うかもしれません。 実はオクラは北海道も含む日本全国で問題なく育つ野菜なのです。 最近では北海道も夏の気温が30度を越える地域もありますが、そこまでにならなくても オクラは地温が10度を下回らなければ育ちます。 1本のオクラの株から大体20~30本は収穫できますし、しかも順々に実ができるので10本セットの買ったオクラを保存するためにゆでて冷蔵庫に入れるという手間もいりません。 オクラは種まきでも苗を植えても育て方はそう難しくはない野菜です。 でも、いくつか押さえておきたい注意事項があります。 そこで今回は オクラの育て方に必要なポイントについてお伝えします。 種まきや植え付けは十分暖かくなってから オクラの育て方で大事なのはまず気温と日当たりです。 オクラは15度を下回ると生育が悪くなり、10度以下だと成長が止まります。 苗を植え付ける時には十分に気温が上がってから土の温度が上がった頃に行って下さい。 朝晩寒いうちに苗を植えたり種まきをしたりすると、成長が良くありません。 また霜も大敵です。 オクラの育て方の中で勘違いしやすいのは生育不良を水不足のせいだと思ってしまうこと。 そこで水やりの回数を増やしてしまうとさらに地温が下がって、 オクラはたちまち枯れてしまいます。 寒冷地などでは暖かくなっても急に冷え込む場合に備えて、畑に植える場合は黒いマルチで土を温めると安心です。 苗の植え付けは慎重に オクラの育て方で勘違いを起こしやすいのが、ホームセンターなどで売っている2~3本が1つのポットに入った苗をばらばらにして植えるかそのまま植えるか。 オクラは1mくらいになる背の高い野菜なので、普通はポットから苗を引き抜いてばらばらに植えるのだろうと思いますよね。 ところが、 オクラは根が真っ直ぐで細い根が少なく、苗の頃はとてもデリケートです。 苗を分けてしまうと根が切れたり傷んだりして植え付けてからの成長が悪くなるだけなので、まずそのまま定植しましょう。 その後は生育の悪い苗だけ地面の上からカットします。 ただ、植えてからは絶対に1本にしなければならないというわけではなく、2本立て、3本立てのままであっても間違いではありません。 茎が細いと実も柔らかいものが採れるという利点もあります。 しかしながら成長すると葉や茎が広がるので風通しが悪くなり病気の原因にもなるので、2本立て程度にとどめるのが得策です。 少なめの肥料を途切れずに与える オクラは成長期の伸びがとても早く、本葉が5~6枚になると一気に成長します。 その頃には植え付けた時の肥料分が足りなくなってくるので、追肥を行いましょう。 追肥の目安は1回あたり固形の化成肥料約10g、 株元から離れた場所に全体的にばら撒きます。 水の代わりに1週間に一度液肥を薄めたものをやっても良いです。 また、プランター栽培では、 水やりで土が減って根元が安定しなくなってくるので、追肥のついでに土を足す(増し土)を行います。 支柱も立てて風で倒れないようにすることもポイント。 伸びてくるわき芽を切るか伸ばすか オクラの育て方について説明されている書では、 わき芽を取ったほうが良いという説と、取らなくても良いという説の両方があります。 これはどちらも正しいのです。 オクラは主枝(中心の枝)から斜め上に向かってわき芽が伸び、葉柄が長めに伸びて葉が広がって成長します。 トマトほどわき芽が伸びて始末に負えなくなることはありませんが、 地面に近いところで出てくるわき芽は、根元に風が通らなくなりがちなので切ります。 主枝に栄養が集まることで養分が分散せずに実の付きも良くなりますが、一方で主枝を伸ばしすぎると2mを超えることもあるので、そうなると収穫作業も大変ですよね。 7~8月には高さの限界を決めて一番上の部分を切り、逆にわき芽を出させるようにするとサイズが落ち着き、そこからまた花が咲き、実が付きます。 果菜は、何番目の節の芽を伸ばすとか、何番目の花を残すとかによって収穫量が極端に変わるセオリーがあるので初心者にはわかりにくい面がありますが、 オクラの育て方は神経質にならなくても大丈夫。 収穫と収穫後に覚えておきたいこと オクラは定植してから2ケ月ほどで収穫できるようになります。 サイズが6~7㎝になった時が一番美味しい頃合いです。 ピークになると次々と大きくなるので、莢が柔らかいうちに収穫するのが美味しいオクラを食べられる良い条件ということを忘れずに。 そして、オクラの育て方の中で忘れてしまいがちなのが、 収穫後に実のついていたところの付け根から出ている下の葉っぱを取ってしまう作業です。 一見、大したことではないように思えるこの作業ですが、実への水分や養分がもう必要なくなった途端、今度はそれが残った葉の方に流れてしまい実まで行き渡らなくなってしまうのです。 実を付けるということは植物にとってとてもエネルギーを使うことなので、 葉が多いとそれを伸ばすことに水分や養分を使ってしまいます。 葉が混み合っている時は風通しも良くないので、実の付きが悪くなってきたと感じたら切り詰めてやると復活します。 いかがでしたでしょうか。 このように熱帯原産のオクラは乾燥にも強く、オクラの育て方は果菜の中で簡単で 初心者でも育てたオクラを収穫できます。 オクラは野菜の中では珍しく観賞価値の高い大きくて綺麗な花をつけます。 それは、オクラがハイビスカスやムクゲ、フヨウといったアオイ科の植物だから。 薄いクリームがかった繊細な黄色の花と、手のひらサイズのアイビーに似た葉を広げながら上に横に広がって成長する姿も、フヨウの姿と重なります。 花は花弁が薄く刻むと削りカツオのようで、懐石や割烹料理では刻んだオクラの花に削りカツオをかけた和え物が出されることもあり、サクサクした歯触り。 オクラは水溶性の食物繊維ムチンを多く含み、粘膜を保護するので胃を守る働きがあり、鉄やビタミン類、カルシウムも豊富な 夏の優秀野菜オクラ。 ぜひ家庭で採れたてのオクラを味わってみてはいかがでしょうか。 まとめ オクラの育て方で押さえておきたいポイント ・種まき・植え付けは十分に地温が上がってから ・ポット苗は2~3本の苗が植えてあるので崩さない ・本葉が5~6枚になったら1週間おき程度に追肥と増し土を ・わき芽は摘まないで伸ばすとそこに花が付くので収穫量が増える ・収穫したら実のすぐ下の葉を切って養分が葉に流れるのを防ぐ.

次の

オクラの育て方

オクラ なり 方

丈夫で土壌の乾燥や多湿に強く栽培が容易で初心者向け。 高温と強い日差しを好むので日当たりの良い場所で育てましょう。 オクラは移植栽培(ポット)と直まき栽培が出来ます。 オクラは種からも簡単に育てられますが、初心者は5月頃にホームセンターなどでポット売りされている苗から育てるのが簡単でおすすめ。 栽培する株数によって種から植えるか株から植えるかを決めましょう。 オクラは育て方次第で収穫量が大きく変わる野菜ですが栽培のコツが分かれば問題ありません。 病害虫にも強い野菜なので簡単に収穫までたどり着けます。 オクラは育て方1つで収穫量が大きく変わる野菜ですが丈夫な野菜なので初心者でも比較的簡単に収穫までたどり着けます。 オクラの植え付けは(・・)エリアによってはも可能です。 収穫時期は種まきから約1. 5か月で5月下旬~9月中旬。 オクラの種まきと苗の植え付けは気温が十分に上がってから。 種まきは4月以降、苗の植え付けは5月以降。 早撒きは避けましょう。 種は一昼夜、常温またはぬるま湯に浸しておくと発芽が良くなります。 背丈が高くなるのでプランターでオクラを育てる時は根がしっかり張れないので支柱を立ててやりましょう• オクラは肥料を好むので元肥と追肥をしっかりと行う。 オクラは高温を好むので直植えせずポットで種を撒き育苗して気温が上がったらすぐに定植出来るようにしておきましょう。 さやは固くなって味が落ちるので6~7㎝までに収穫する。 収穫したら下葉をかき取って風通しを良くしましょう。 オクラの育てやすい品種 育てやすいオクラの種類は、実の切り口が五角形になる「アーリーファイブ」や「グリーンスター」などです。 珍しいオクラには切り口が丸形の「エメラルド」などもあります。 この品種もオクラの中では育てやすいお勧めの品種。 オクラは初心者の方や植える株数が少ない方は苗から育てると簡単に育てられます。 楽天で人気のオクラの種は アマゾンで人気の種は オクラ栽培に適したプランターサイズと土づくり オクラを栽培するときのプランターサイズは標準タイプ以上(60㎝~)で深型のものを利用しましょう。 オクラは根を深く張る性質の為、30㎝以上の深さが必要になります。 浅いと草丈が高くなると倒れやすくなります。 オクラの栽培用土は市販の培養土を利用するのと簡単です。 オクラは多湿を嫌いますので水はけを良くするために、メッシュ付きのプランターか網に入れた発泡スチロールを底が見えない程度まで敷き詰めてやります。 その上はウォータースペースを残してプランターの8分目まで培養土を入れておきましょう。 オクラを種から育てる方法は、ポット蒔きと直播きの2種類の種まきが可能です。 直播きの場合の植え付けは5月上旬~6月末まで。 温度管理が悪い(気温が低い)と発芽しない事があるので植え付け適期を守りましょう。 露地栽培の場合は、1か所あたり3~5粒ほど種子を撒き本葉が2~3枚出たころに育ちの良い苗だけを残します。 直播きする時に気を付けることは土を乾燥させないようにすること。 管理の面からもポットで苗を作ることをお勧めします。 ポットは3号ポットが適しています。 ポット播きする時はポット1つに対して2から3粒ずつ種を蒔きます。 間引きが面倒な時はポット1つに1粒ずつ種を蒔いても構いません。 ただし、芽が出ないものもあるので、ポット苗は予備を多めに作っておくと良いでしょう。 オクラの種は固いので発芽しやすいように、一晩常温水やぬるま湯につけておくと発芽率が上がります。 オクラは初心者の方や植える株数が少ない方はホームセンターなどで苗を購入することをお勧めします。 オクラの良い苗の選び方ですが、オクラは直根性で定植が難しいので大きく育ちすぎているものよりも、本葉が3~4枚で葉に艶があり緑の濃い幼苗を選びましょう。 オクラの苗の選び方ですが、オクラは直根性なので定植が難しい野菜です。 苗は大きく育ちすぎているものよりも、本葉が3~4枚で葉に艶があり緑の濃い幼苗がベスト。 苗を購入する時は発芽して3本の苗が育ったものを選び、若い苗を購入することが上手に定植させるポイントです。 オクラの苗の植え方(植え付け方) オクラは細かい根が少なく植え傷みが発生しやすいので、定植する時はポットから取り出す時に根鉢が崩れないように注意が必要です。 オクラの苗の植え傷みを防ぐにはポットから取り出す前に水分を含ませておいて、苗を指の間に挟みポットの底の穴からそっと押し出すようにすると、根鉢を壊すことなく上手に定植することが出来ます。 根鉢の上部は周辺の用土と同じ高さにして、植え付けた後は周りの土を根元に寄せて軽く手で押さえましょう。 苗の植え付け後は根が活着するまでの間はたっぷりと水やりをします。 オクラを植え付ける株間は直根性の野菜なので株間はそれほど必要ありません。 ただし、オクラは葉が大きくなる野菜なので、プランターで育てる場合は最低でも25㎝以上は離すように植付けましょう。 オクラを露地栽培で育てる時は、株間を40㎝以上離して植え付けると葉が干渉せず日当たりが良くなり、収穫量を増やす事が出来ます。 初心者が失敗しやすいのは、ホームセンターなどで購入したオクラの苗をそのまま植えてしまうこと。 養分や水分を取り合って生育が悪くのなるので、育ちの良い苗を1本だけ残してあとは間引いてしまいましょう。 間引き時は苗を引き抜いてしまうと根が切れたり傷んだりしてしまい成長が悪くなってしまいます。 株を引き抜くのではなくハサミなどで苗の根元付近を切ってしまいましょう。 購入した苗は通常2~3本立てになっていますが、その株を1本ずつ分けて植えてはいけません。 根が切れたり傷んだりして生育がしないことがあるので、もったいない気はしますが残りは捨ててしまいましょう。 オクラは気温が上がった頃に種を直播きするので、用土が乾燥しないようにたっぷりと水やりを行いましょう。 オクラは植えた種が乾燥してしまうと枯れて発芽しないことがよくあります。 オクラは苗を定植して根付いてからは土の表面が乾いた時に水やりを行いますが、水やりの回数を増やすよりも1回の水やりでたっぷりと与える方が効果的です。 オクラは水不足になると極端に生育が悪くなるので、水切れには十分に注意しましょう。 追肥の頻度と与える量(まし土を行う) オクラは気温が上がり本葉が5~6枚になると一気に成長を始めますが、その時が1回目の追肥のタイミングです。 オクラは収穫を長く楽しむ場合は肥料切れにならないように注意が必要で、追肥のタイミングは2週間に1回施します。 オクラの追肥は1回あたり化成肥料を約10gほど(ぼかし肥または鶏糞なら一掴み)、株元から離れた場所に全体的にばら撒きましょう。 固形肥料の代わりに液肥を水やりを兼ねて1週間に一度のペースで与えても構いません。 オクラは草丈が2mを超えるので、肥料を与える時に灌水で減った土を足して株元へまし土を行うようにしましょう。 オクラの草丈が30㎝程まで成長したら風で倒れないように支柱に立ててやりましょう。 支柱と茎の節とを結んでやります。 きつく縛ってしまうとオクラの成長に影響しするので、支柱にゆるく結ぶのがポイント。 オクラは成長すると草丈が1~2mまで成長するので、支柱は長いものを利用するようにしましょう。 プランターで育てる時は底が浅いのでとなりの支柱と繋ぐように補強しておくと風で倒れる心配がありません。 オクラは定植後2か月ぐらいから収穫適期です。 苗を植え付けてから約1か月、開花から数えると約1週間後が収穫のタイミング。 花がしぼんだ後から実が成長してきます。 オクラは実が大きくなりすぎると味が落ちてしまうため、角オクラは長さが6~7㎝(丸オクラは10㎝でもOK)になった時が一番美味しい頃合いです。 ピークになると次々と大きくなるので莢が柔らかいうちに収穫しましょう。 収穫の仕方ですが、オクラは果柄が固いので果実の根元をハサミなどで切り取ります。 オクラの収穫後は風通しを良くするため、収穫した果実の下の葉を全て摘み取っておくようにしましょう。 葉柄の下部を持って下に折り曲げるようにすると上手にかき取ることが出来ます。 収穫後の果実の下葉を切り取らずにそのままにしておくと、養分や水分などが葉の方に流れてしまって、それ以上の実成りが悪くなってしまいます。 オクラには連作障害があります。 作付けした畑には1年以上空けずに作付けすると病気が発生しやすくなります。 オクラに発生しやすい病気は、苗立枯れ病・・輪紋病・ウイルス病・葉すす病などがあります。 オクラの病気を防ぐには畑の水はけを良くして日当たりのよい場所で育てましょう。 病気を発見した時は早期に対策することで被害を最小限に食い止めることが出来ます。 日々の観察を怠らないようにしましょう。 オクラの育て方まとめ オクラは1株から30個ほどの実がなります。 実なりを良くするには肥料を定期的に与えて肥料切れを起こさない事が大切です。 また、高温多湿を好む野菜なので水切れにも注意が必要です。 霜にあたると枯れてしまうので十分に気温が上がってから植えるようにしましょう。 オクラは気温が低い時に種を撒くと途中で枯れてしまいます。 特に初心者で多いのが、枯れた原因を水不足と安易に考えてしまうパターンです。 低温期に水やりを増やしてしまうとさらに地温が下がり立ち枯れを助長するので注意しましょう。 オクラは実がなるまでも葉が込み合っているときは、風通しを良くするために葉の剪定を定期的に行いましょう。 花より上部側の葉が少なくなった時は、「肥料不足」や「なり疲れ」が考えられますので、その時は未成熟な実を全て若取りして株間に肥料を与えて一旦休ませると再び収穫量が増えます。

次の

オクラは密植栽培で収穫量アップできるよ|定時なので帰ります

オクラ なり 方

丈夫で土壌の乾燥や多湿に強く栽培が容易で初心者向け。 高温と強い日差しを好むので日当たりの良い場所で育てましょう。 オクラは移植栽培(ポット)と直まき栽培が出来ます。 オクラは種からも簡単に育てられますが、初心者は5月頃にホームセンターなどでポット売りされている苗から育てるのが簡単でおすすめ。 栽培する株数によって種から植えるか株から植えるかを決めましょう。 オクラは育て方次第で収穫量が大きく変わる野菜ですが栽培のコツが分かれば問題ありません。 病害虫にも強い野菜なので簡単に収穫までたどり着けます。 オクラは育て方1つで収穫量が大きく変わる野菜ですが丈夫な野菜なので初心者でも比較的簡単に収穫までたどり着けます。 オクラの植え付けは(・・)エリアによってはも可能です。 収穫時期は種まきから約1. 5か月で5月下旬~9月中旬。 オクラの種まきと苗の植え付けは気温が十分に上がってから。 種まきは4月以降、苗の植え付けは5月以降。 早撒きは避けましょう。 種は一昼夜、常温またはぬるま湯に浸しておくと発芽が良くなります。 背丈が高くなるのでプランターでオクラを育てる時は根がしっかり張れないので支柱を立ててやりましょう• オクラは肥料を好むので元肥と追肥をしっかりと行う。 オクラは高温を好むので直植えせずポットで種を撒き育苗して気温が上がったらすぐに定植出来るようにしておきましょう。 さやは固くなって味が落ちるので6~7㎝までに収穫する。 収穫したら下葉をかき取って風通しを良くしましょう。 オクラの育てやすい品種 育てやすいオクラの種類は、実の切り口が五角形になる「アーリーファイブ」や「グリーンスター」などです。 珍しいオクラには切り口が丸形の「エメラルド」などもあります。 この品種もオクラの中では育てやすいお勧めの品種。 オクラは初心者の方や植える株数が少ない方は苗から育てると簡単に育てられます。 楽天で人気のオクラの種は アマゾンで人気の種は オクラ栽培に適したプランターサイズと土づくり オクラを栽培するときのプランターサイズは標準タイプ以上(60㎝~)で深型のものを利用しましょう。 オクラは根を深く張る性質の為、30㎝以上の深さが必要になります。 浅いと草丈が高くなると倒れやすくなります。 オクラの栽培用土は市販の培養土を利用するのと簡単です。 オクラは多湿を嫌いますので水はけを良くするために、メッシュ付きのプランターか網に入れた発泡スチロールを底が見えない程度まで敷き詰めてやります。 その上はウォータースペースを残してプランターの8分目まで培養土を入れておきましょう。 オクラを種から育てる方法は、ポット蒔きと直播きの2種類の種まきが可能です。 直播きの場合の植え付けは5月上旬~6月末まで。 温度管理が悪い(気温が低い)と発芽しない事があるので植え付け適期を守りましょう。 露地栽培の場合は、1か所あたり3~5粒ほど種子を撒き本葉が2~3枚出たころに育ちの良い苗だけを残します。 直播きする時に気を付けることは土を乾燥させないようにすること。 管理の面からもポットで苗を作ることをお勧めします。 ポットは3号ポットが適しています。 ポット播きする時はポット1つに対して2から3粒ずつ種を蒔きます。 間引きが面倒な時はポット1つに1粒ずつ種を蒔いても構いません。 ただし、芽が出ないものもあるので、ポット苗は予備を多めに作っておくと良いでしょう。 オクラの種は固いので発芽しやすいように、一晩常温水やぬるま湯につけておくと発芽率が上がります。 オクラは初心者の方や植える株数が少ない方はホームセンターなどで苗を購入することをお勧めします。 オクラの良い苗の選び方ですが、オクラは直根性で定植が難しいので大きく育ちすぎているものよりも、本葉が3~4枚で葉に艶があり緑の濃い幼苗を選びましょう。 オクラの苗の選び方ですが、オクラは直根性なので定植が難しい野菜です。 苗は大きく育ちすぎているものよりも、本葉が3~4枚で葉に艶があり緑の濃い幼苗がベスト。 苗を購入する時は発芽して3本の苗が育ったものを選び、若い苗を購入することが上手に定植させるポイントです。 オクラの苗の植え方(植え付け方) オクラは細かい根が少なく植え傷みが発生しやすいので、定植する時はポットから取り出す時に根鉢が崩れないように注意が必要です。 オクラの苗の植え傷みを防ぐにはポットから取り出す前に水分を含ませておいて、苗を指の間に挟みポットの底の穴からそっと押し出すようにすると、根鉢を壊すことなく上手に定植することが出来ます。 根鉢の上部は周辺の用土と同じ高さにして、植え付けた後は周りの土を根元に寄せて軽く手で押さえましょう。 苗の植え付け後は根が活着するまでの間はたっぷりと水やりをします。 オクラを植え付ける株間は直根性の野菜なので株間はそれほど必要ありません。 ただし、オクラは葉が大きくなる野菜なので、プランターで育てる場合は最低でも25㎝以上は離すように植付けましょう。 オクラを露地栽培で育てる時は、株間を40㎝以上離して植え付けると葉が干渉せず日当たりが良くなり、収穫量を増やす事が出来ます。 初心者が失敗しやすいのは、ホームセンターなどで購入したオクラの苗をそのまま植えてしまうこと。 養分や水分を取り合って生育が悪くのなるので、育ちの良い苗を1本だけ残してあとは間引いてしまいましょう。 間引き時は苗を引き抜いてしまうと根が切れたり傷んだりしてしまい成長が悪くなってしまいます。 株を引き抜くのではなくハサミなどで苗の根元付近を切ってしまいましょう。 購入した苗は通常2~3本立てになっていますが、その株を1本ずつ分けて植えてはいけません。 根が切れたり傷んだりして生育がしないことがあるので、もったいない気はしますが残りは捨ててしまいましょう。 オクラは気温が上がった頃に種を直播きするので、用土が乾燥しないようにたっぷりと水やりを行いましょう。 オクラは植えた種が乾燥してしまうと枯れて発芽しないことがよくあります。 オクラは苗を定植して根付いてからは土の表面が乾いた時に水やりを行いますが、水やりの回数を増やすよりも1回の水やりでたっぷりと与える方が効果的です。 オクラは水不足になると極端に生育が悪くなるので、水切れには十分に注意しましょう。 追肥の頻度と与える量(まし土を行う) オクラは気温が上がり本葉が5~6枚になると一気に成長を始めますが、その時が1回目の追肥のタイミングです。 オクラは収穫を長く楽しむ場合は肥料切れにならないように注意が必要で、追肥のタイミングは2週間に1回施します。 オクラの追肥は1回あたり化成肥料を約10gほど(ぼかし肥または鶏糞なら一掴み)、株元から離れた場所に全体的にばら撒きましょう。 固形肥料の代わりに液肥を水やりを兼ねて1週間に一度のペースで与えても構いません。 オクラは草丈が2mを超えるので、肥料を与える時に灌水で減った土を足して株元へまし土を行うようにしましょう。 オクラの草丈が30㎝程まで成長したら風で倒れないように支柱に立ててやりましょう。 支柱と茎の節とを結んでやります。 きつく縛ってしまうとオクラの成長に影響しするので、支柱にゆるく結ぶのがポイント。 オクラは成長すると草丈が1~2mまで成長するので、支柱は長いものを利用するようにしましょう。 プランターで育てる時は底が浅いのでとなりの支柱と繋ぐように補強しておくと風で倒れる心配がありません。 オクラは定植後2か月ぐらいから収穫適期です。 苗を植え付けてから約1か月、開花から数えると約1週間後が収穫のタイミング。 花がしぼんだ後から実が成長してきます。 オクラは実が大きくなりすぎると味が落ちてしまうため、角オクラは長さが6~7㎝(丸オクラは10㎝でもOK)になった時が一番美味しい頃合いです。 ピークになると次々と大きくなるので莢が柔らかいうちに収穫しましょう。 収穫の仕方ですが、オクラは果柄が固いので果実の根元をハサミなどで切り取ります。 オクラの収穫後は風通しを良くするため、収穫した果実の下の葉を全て摘み取っておくようにしましょう。 葉柄の下部を持って下に折り曲げるようにすると上手にかき取ることが出来ます。 収穫後の果実の下葉を切り取らずにそのままにしておくと、養分や水分などが葉の方に流れてしまって、それ以上の実成りが悪くなってしまいます。 オクラには連作障害があります。 作付けした畑には1年以上空けずに作付けすると病気が発生しやすくなります。 オクラに発生しやすい病気は、苗立枯れ病・・輪紋病・ウイルス病・葉すす病などがあります。 オクラの病気を防ぐには畑の水はけを良くして日当たりのよい場所で育てましょう。 病気を発見した時は早期に対策することで被害を最小限に食い止めることが出来ます。 日々の観察を怠らないようにしましょう。 オクラの育て方まとめ オクラは1株から30個ほどの実がなります。 実なりを良くするには肥料を定期的に与えて肥料切れを起こさない事が大切です。 また、高温多湿を好む野菜なので水切れにも注意が必要です。 霜にあたると枯れてしまうので十分に気温が上がってから植えるようにしましょう。 オクラは気温が低い時に種を撒くと途中で枯れてしまいます。 特に初心者で多いのが、枯れた原因を水不足と安易に考えてしまうパターンです。 低温期に水やりを増やしてしまうとさらに地温が下がり立ち枯れを助長するので注意しましょう。 オクラは実がなるまでも葉が込み合っているときは、風通しを良くするために葉の剪定を定期的に行いましょう。 花より上部側の葉が少なくなった時は、「肥料不足」や「なり疲れ」が考えられますので、その時は未成熟な実を全て若取りして株間に肥料を与えて一旦休ませると再び収穫量が増えます。

次の