寝過ぎ 頭がぼーっとする。 寝るのが好きすぎて起こりうるリスク

一瞬頭がふわっとする。

寝過ぎ 頭がぼーっとする

人は寝ないと死ぬの!? 人は、5日間も眠ないでいると、立ったままでも勝手に眠ってしまうそうです。 それは、脳や体内などが勝手に停止状態になってしまうそうです。 また、寝ないことは健康を害する恐れがあり、とても危険なことだといわれています。 ただ、人が寝ないことで、即死に至るということはないそうですが・・・ しかし、ラットなどの小動物の場合は、睡眠を10~20日前後遮断した場合には、死に至ってしまうそうです。 それだけ、人も含めた動物にとって、睡眠は重要だし大切だということです。 睡眠不足の人は年収が低い!? そして、睡眠不足を常に続けていると健康だけでなく、仕事にも支障が出てしまい、睡眠時間の少ない人は往々にして、年収が低くなる傾向があるそうです。 そこで、睡眠不足の人が睡眠時間を多くすことで、年収が増えたという人がいるそうです。 それは、睡眠時間が多くなったことで、仕事に集中できるようになったためで、その結果として仕事が認められ年収が増えたそうです。 では、どれだけの睡眠時間を取ればいいのかという問題ですが・・・ どれだけ寝れば良いの? 一般的な話しとして、1日の睡眠時間は「7時間前後」が良いとされていますが・・・ しかし、その1日の睡眠時間の7時間が良いというのは、誰にでも通用するという、確証的というか実証的なデータではありません。 それは、十分な睡眠時間というのは人により違いますので、1日4時間でもよく寝たと思う人もいれば、1日8時間寝ないと睡眠不足だと感じる人もいるからです。 要は、人により十分な睡眠時間は違いますので、一概に「〇時間寝なさい!」などの睡眠時間を断定することはできないということです。 睡眠時間が多ければ良いってものではない! また、単に睡眠時間を多くすれば良いのかといれると、そうではなく・・・ 睡眠時間を無理に増やすことで、体がダルい、頭がぼーっとする、寝過ぎで体調が悪いなどを訴える人もいます。 それ以外にも、睡眠の「質」も重要で、浅く多くの時間を眠るよりも、短い時間でも深く眠った方が、睡眠としては良いとされています。 そこで、どうしたら深い睡眠ができるのかということで・・・ 深い睡眠などについて 深い睡眠をするには、部屋を暗くして、室内の温度を涼しくするのが良いとのことです。 そして、寝る3時間前から食事は避け、23時頃には寝ている状態で、1日の睡眠時間が7時間前後、それが「理想の睡眠」だといわれているそうです。 しかし、時間の制限が多い現代人が、その理想の睡眠を常に確保するというは、難しいという人も多いと思います。 そこで、上記の理想の睡眠を知ることで、常にその理想の睡眠に近づけるように睡眠を確保することで、仕事も健康も守れるのかなと思います。

次の

寝過ぎてだるいのは自律神経が原因!寝過ぎのデメリットとは? | 女性の美学

寝過ぎ 頭がぼーっとする

筆者もめまいに襲われるたびに病院を訪れるクチである。 まずは脳疾患を疑い、脳外科へ行く。 なんでもないようなら、次は三半規管の問題を疑い耳鼻科へ。 自律神経のバランスを崩してもめまいを発症することがあるというので、生活習慣の見直しを図ったのだが、それでも不調が続いたため、病院を転々としていたら、昨年かかった脳外科でこんなことを耳打ちをされた。 「脳外科でも耳鼻科でも異常なしだったわけだから、原因はおそらく 肩こりですよ。 肩こってないですか?」 その医者が言うところによれば、 「ふわふわめまい」が起きる原因は、肩まわりのこりにあるとのこと。 首や肩まわりの筋肉が張りつめると、血管が収縮する。 その結果、脳が酸欠になり、ふわふわと浮いているような感覚に襲われるのだという。 若い世代にも症状が現れているのは、スマホやゲーム機の操作、PC作業に長い時間を費やす人が増えているからだ。 人間の頭は体重の約10%分の重さがある。 50kgの人ならば、約5kgが頭の重さに相当する。 当然のことだが、頭のいい悪いは関係ない。 人間の首は、猫一匹分より重いであろう頭部を常に支えている。 正しい姿勢で直立しているときはさほど問題ないのだが、下を向いてスマホをいじっているときなどは背中側にけっこうな負荷がかかっているのだ。 これにより、首や肩まわりにこりが生じる。 特に注意が必要なのは、根を詰めやすい人。 同じ姿勢を長時間キープすることで、こりが慢性化したり、ストレートネックになってしまうことも。 片側の筋肉が張りつめると骨が引っぱられ、背骨全体が歪んでくる。 そうなると、ふわふわめまいだけでなく、内臓諸器官の働きにも問題が生じる可能性が出てくる。 そんな「ふわふわめまい」の解消にもっとも効果的なのは 「ストレッチ」だ。 両手を肩に添え、左右の肘を前後にぐるぐると回して肩甲骨まわりをほぐす。 首を回すなどのストレッチを日常に取り入れて、こりを放置しないよう心がけよう。 入浴も効果的といえるだろう。 「ふわふわめまい」と混同しやすい症状のなかに、回転性めまいがある。 また、ふわふわめまいの中にも、脳疾患が原因で起きるケースもあるので、肩まわりのストレッチをしてみても症状が改善しない場合は、医療機関に相談してみてほしい。

次の

寝すぎで頭痛になる原因とは?|すぐに解消したいときの対処法

寝過ぎ 頭がぼーっとする

「脳疲労」とは、「脳の働きのひとつである集中力や判断力が低下して、通常の就労や生活に支障をきたす状態」をいいます。 20世紀後半にサービス業や小売業が増加し、IT革命が起こりました。 この変化と革命は、私たちの勤労条件を変化させました。 これまで体を動かせばよかった勤労の条件が、「頭が働く」ことにシフトしたのです。 どんなに体力に自信がある人でも、対外交渉やパソコン業務ができないと仕事になりません。 つまり、大半の業務が「脳を使う」時代に変わってきたのでした。 その結果、疲労が生じる部位が「肉体」から「脳」へと大きく変質したのです。 労働時間の増加も「脳疲労」を引き起こします。 厚生労働省の調査による労働時間の推移を見ますと、1987年に月間175. 9時間を記録して以来減少をたどり、2014年には月間149時間となっています(事業所規模30人以上)。 所定外労働時間は2014年には月間12. 8時間になっていると報告しています。 一方、NHKの国民生活時間調査では、40代、50代に睡眠時間の減少と勤務時間の増加が認められています。 若干矛盾する調査結果からはサービス残業が多くの企業で行われている実態が浮かび上がってきます。 診療の現場においても、長時間労働やサービス残業で多くの勤労者のストレスが高まっている話が聞かれます。 労働時間が長ければ、当然、脳の過活動が続きます。 脳の過活動によって睡眠障害が起こります。 睡眠の質も悪くなれば、疲労が回復せずに脳の働きはペースダウンします。 こうなると仕事の能率は悪くなり、業務に時間がかかるようになります。 積極的に参加していた会議もうっとうしくなってきますし、会議が長時間になれば以前にも増して疲労を感じやすくなります。 管理職であれば、部下に対してもゆとりがなくなり、細かい指導が面倒になってくるでしょう。 「脳疲労」の状態が続けば、さらに疲労が蓄積して頭が働かなくなる「脳不調」になります。 うつ病寸前の段階である「前うつ病状態」です。 脳疲労にいち早く気づき、本人はもとより職場や家庭でもストレスを緩和する対策が求められます。 例えばこんな人が…… 長時間労働やモンスターペアレントによる疲労 ベテランの中学校教師だったAさん(48歳)。 残業や休日出勤も多くなり、帰宅時間は夜10時を越えることも珍しくなかった。 彼が教師になった20年くらい前にはまったく考えられなかったような、保護者からの度を超したクレームも増えていた。 学期末の通知表を作成しているときに、生徒ひとりひとりにコメントを書くのに遅れが出始め、生徒の1年間の行動さえもイメージできなくなってきたことに気づいた。 ひどく肩がこり、頭痛もして、後頭部が詰まった感じがあった。 結局、Aさんは勤務不能となり、休職することとなった。 クレーマーによる疲労 アパレル会社営業職のBさん(37歳)は、管理職に昇格してから、部下では対応困難なクレーム処理の対応を引き受けることとなった。 Bさんが引き継いだのは社内でも有名な問題顧客であった。 次第にBさんは仕事が手につかなくなり、脳裏にいつもクレーマーの顔が浮かぶ状態に。 集中力がなくなり、脳疲労の状態に陥った。 常に自分の評価を意識し、期待を裏切らないように振る舞っていたが、社員向けのスポーツ大会の企画運営役を振られたときに異変が起きた。 業務のあとに企画をするので疲労がたまり、次第に集中力や能率が低下するように。 これまで自分の感情を職場で出すことは決してなかったのに、ついにイライラしてボールペンを机に投げつけるほど、感情を爆発させてしまっていた。 優秀な社員は仕事を早く、確実に処理できるため、上司や部下から業務をふられてしまいがちである。 本人が真面目であれば性格上断れず、仕事の一極集中が起きて脳疲労につながってしまうという一例である。 それでは、実際にあなたの脳がどれくらい疲れているかを見てみましょう。 以下に40項目のストレスチェックリストを示します。 それぞれの項目にあてはまる箇所のラジオボタンをクリックし、最後に[点数を計算する]ボタンをクリックします。 あまり深く考えずにチェックしてみましょう。 体の状態など あてはまる 時々ある あてはまらない 1. 日曜日はぐったりしている 2. 能率が悪くなり集中力が低下した 3. いつも仕事に追われている感じがする 4. 物忘れが増えた 5. テレビや新聞を見ても内容が頭に入りにくい 6. 物事の判断がつきにくい 7. 頭痛がする 8. 肩こりや肩の痛みがある 9. 背中や腰が痛い 10. 後頭部が詰まった感じや痛みがある 体の状態など あてはまる 時々ある あてはまらない 11. 手や脇に汗が出やすい 12. 手が震える 13. 手足が冷たいことが多い 14. 息苦しくなることがある 15. 動悸がすることがある 16. 目が疲れる 17. めまいや耳鳴りがある 18. 音に敏感になった 19. 好きなものも食べる気がしない 20. 食事をしても味がしない 体の状態など あてはまる 時々ある あてはまらない 21. いつも食べものが胃にもたれる 22. 吐き気や胃の痛みがある 23. 下痢や腹痛がある 24. 口が乾いたり、ネバネバしたりする 25. 最近体重が減った 26. 疲れやすい 27. 寝つきが悪い 28. 夜中に目が覚めやすい 29. 夢を見ることが多い 30. 朝、疲れが残り気持ちよく起きられない 体の状態など あてはまる 時々ある あてはまらない 31. いつも眠い 32. 風邪をひきやすく、治りにくい 33. 家庭でもゆっくりくつろげない 34. 人と会うのがおっくうになった 35. 人と会うと、イライラしたり腹立たしくなったりする 36. 妻(夫)や家族にあたることが多い 37. 仕事をする気が起こらない 38. 身だしなみを整えるのが面倒になった 39. 自分が弱くなった感じがする 40. 気持ちが晴れない.

次の