いとこの子供呼び方。 結婚式の親族紹介とは?親族の呼び方&順番の具体例

いとこ の 子供 呼び名

いとこの子供呼び方

Q 現在38週1日目の二人目妊娠中の者です。 37週0日目に軽い月経痛の様な痛みと腰痛・恥骨痛が深夜~明方にかけて30分おき位であり、それ以降は気になる症状はなかったのですが、 38週目に入った昨日の夕方から、10分感覚で痛みのさほど強くない お腹の張りと、軽くいきみたい肛門への圧迫感、下痢まではいかないですが柔便と、つわりの様な吐き気が現れ、痛みは強くならないのですが、今朝方~はお腹が張る間隔がきっちり5分になり、一応病院に行きましたが、「多分偽陣痛ですね・・本陣痛ではないので慌てて入院しなくても大丈夫です。 もし破水や出血があればすぐ来て下さい。 何もなければ5日後位に来て下さい」と言われて帰宅しました。 一人目の時スピード出産だったので、二人目は何かおかしいと思ったらすぐ行った方がいいと言われているので、気持ち的に余裕がないのもあるのかもしれないのですが、感じからしてお産にはまだまだほど遠い感じでしょうか?一人目の時は前駆陣痛らしき物が全くなく、予定日当日におしるしがあり、3日後に破水して陣痛がきて出産しました。 痛みは弱いにしても、5分間隔でお腹が硬くなるので、気になっているのですが、これは臨月特有の症状であまり気にしなくてもいいのでしょうか?散歩など進んでして、動き回った方がいいでしょうか? ちなみに、子宮口は1週間前の検診時で1cm開いており、今日も同じ位ですと言われました、赤ちゃんも下がってきてはいるけれど、心もち高い様な感じがするらしいです。 わかりにくい説明かもしれませんが、もう38週だしできれば早く出てきて欲しいので、お産の兆候なのかどうかアドバイスいただければと思います。 いつ始まってもおかしくないのでしょうか? 現在38週1日目の二人目妊娠中の者です。 37週0日目に軽い月経痛の様な痛みと腰痛・恥骨痛が深夜~明方にかけて30分おき位であり、それ以降は気になる症状はなかったのですが、 38週目に入った昨日の夕方から、10分感覚で痛みのさほど強くない お腹の張りと、軽くいきみたい肛門への圧迫感、下痢まではいかないですが柔便と、つわりの様な吐き気が現れ、痛みは強くならないのですが、今朝方~はお腹が張る間隔がきっちり5分になり、一応病院に行きましたが、「多分偽陣痛ですね・・本陣痛ではないので慌てて入院... 子宮口は1cm程しか開いてませんでしたが、『4人目だし、その時が来たらすぐ全開大になるだろうね。 』って言われてました。 予定日2週間前の夜に、20分間隔のお腹の張りがだんだんと10分になって・・・ おかしいなぁって思いながらも、2時間耐えてましたが流石に変だ!!と思って病院へ行きましたが、着いた途端止まってしまいました。 何かあったら困るから・・・と、入院し2泊3日。 何事も起きずにいたので、帰ってきました。 『おしるしらしき物はあるから、もうすぐだね。 』と医師から言われましたが、自分じゃ確認できてなくて(この時は出血等は、一切見てなかったです。 )納得いかないまま退院。 ・・・ここからが長く感じました。 周りの『まだ?』にイライラしながらも、何とか乗り越えて予定日3日前に検診。 『子宮口が柔らかくなってきてるから、まだそんなには開いてないけど・・・今度こそ(笑)何かあったらすぐ来てね。 』と言われました。 (汗) その後は超スピード安産で、『途中で産み落とさなくて良かったね~』って程ギリギリだったみたいです。 子宮口も柔らかくなってる、(子宮口が)お尻のほうを向いていないって事であれば、開いてくるのを待つ感じだと思います。 『ダラダラと判断のつかない前駆陣痛が続くより、破水とかおしるしだったらもっと分かりやすいのに・・・』って、思ってたものです。 子宮口は1cm程しか開いてませんでしたが、『4人目だし、その時が来たらすぐ全開大になるだろうね。 』って... Q 8歳と6歳の娘がいます。 8歳の長女がマイコプラズマに感染した疑いがあり先週血液検査をしました。 今日、その結果を聞きに小児科を受診したのですが、朝から次女が おなかが気持ち悪いとか喉が痛いと言うので、ついでに診てもらおうと 一緒に受診したところ、溶連菌に感染していました。 熱はなく、小児科を受診する前も 「やっぱり治ったからお医者さんはいい。 」 なんて言っていたくらい元気だったので驚いています。 今も元気ですが しっかり1週間分、抗生剤を処方されました。 今回、長女の事がなければ混んでいる小児科を受診する事は なかったと思います。 とても混んでいる小児科で、今すごく 流行っているから念のため、と検査して下さいました。 このまま受診しなくても症状が悪化していづれ感染がわかったのでしょうか? それとも子供でも症状が軽いまま感染に気づかない事もあるのでしょうか? 気づかない場合放置しても大丈夫なのか、やはり軽くても抗生剤を飲まなければ 危険な病気なのでしょうか? きちんと治さないと怖い病気という事は知っていたのですが、 いろいろ疑問に思ってしまいました。 詳しい方、教えて下さい。 宜しくお願いします。 8歳と6歳の娘がいます。 8歳の長女がマイコプラズマに感染した疑いがあり先週血液検査をしました。 今日、その結果を聞きに小児科を受診したのですが、朝から次女が おなかが気持ち悪いとか喉が痛いと言うので、ついでに診てもらおうと 一緒に受診したところ、溶連菌に感染していました。 熱はなく、小児科を受診する前も 「やっぱり治ったからお医者さんはいい。 」 なんて言っていたくらい元気だったので驚いています。 今も元気ですが しっかり1週間分、抗生剤を処方されました。 今回、長女の事がなければ... A ベストアンサー 発熱がなかったのなら、単に溶連菌の保菌者だった可能性が高いかと思います。 溶連菌の保菌者の最近のデータはないですが、だいたい、小学一年生くらいだと約1割が溶連菌の保菌者というデータがあります。 溶連菌の保菌者である場合は、保菌者自体は問題にならないことがほとんどですが、家族内伝播があるので何度も溶連菌感染による咽頭炎をおこす家族には、保菌者が原因となっていることがあり、その場合は、保菌者の除菌を行います。 ただ、保菌者の溶連菌を排除することは困難な事が多いです。 よって、発熱が無かったのなら、抗菌薬は必要なかった可能性があります。 なお、抗菌薬の有無はリウマチ熱の罹患率には関係しますが、糸球体腎炎の発症頻度には影響を与えないと考えられています。

次の

いとこの子供の呼び方は何て言うの❓

いとこの子供呼び方

これを法律用語では 5親等の傍系血族と言います。 また、自分よりも世代がひとつ下にあることも分かりますね。 いとこの子供の呼び方 いとこの子供は 「従甥(いとこおい)」または「従姪(いとこめい)」と呼びます。 子供が男の子の場合が「従甥」で、子供が女の子の場合が「従姪」ですね。 ただ、この呼び方は和名での呼び方となっており、正式名称では「従甥(じゅうせい)」と「従姪(じゅうてつ)」と呼びます。 漢字 読み方 意味・続柄 従甥 いとこおい・じゅうせい いとこの子が男の子の場合 従姪 いとこめい・じゅうてつ いとこの子が女の子の場合 いとこの子供から見た「自分」 では、逆にいとこの子供から見た「自分」の続柄はどのようになるでしょうか。 続柄の名称が変わったとしても続柄自体が変わるわけではありませんので、当然いとこの子からみた「自分」も5親等の傍系血族となります。 いとこの子供から見た「自分」の呼び方 こちらも和名と正式名称が存在しています。 和名では 「従叔父(いとこおじ)」または「従叔母(いとこおば)」と呼ばれます。 正式名称では「従叔父(じゅうしゅくふ)」と「従叔母(じゅうしゅくぼ)」となっています。 この場合も「自分」が男性の場合が「従叔父」で女性の場合が「従叔母」となります。 さらに詳しく ちなみに、「いとこおじ」と「いとこおば」については漢字によってさらに続柄を細かく分類することが出来ます。 以下の表で一覧をまとめてみました。 漢字 読み方 意味・続柄 従叔父• いとこおじ• じゅうしゅふく• 自分が男性• いとこの子の父母より年下 従伯父• いとこおじ• じゅうはくふく• 自分が男性• いとこの子の父母より年上 従叔母• いとこおば• じゅうしゅぼ• 自分が女性• いとこの子の父母より年下 従伯母• いとこおば• じゅうはくぼ• 自分が女性• いとこの子の父母より年上 いとこの子供は親族? 法律上、いとこの子供は親族にあたるのでしょうか。 民法では親族の定義を以下のように定めています。 【民法】 第4編「親族」 第1章「総則」 (親族の範囲) 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 6親等内の血族 二 配偶者 三 3親等内の姻族 上記を確認すると、親族の定義に「6親等内の血族」という文言があります。 先ほど解説をしたように、 いとこの子供は5親等の傍系血族となりますので親族に該当していることが分かりますね。 いとこの子供と結婚することは出来る? 「いとこの子供と結婚することは出来るか」という問題ですが、 いとこの子供と結婚することは出来ます。 民法では、近親者の婚姻の禁止として以下を定めています。 【民法】 (近親者間の婚姻の禁止) 第734条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 この条文によると、「直系血族」と「3親等内の傍系血族」の間では結婚をすることが出来ないことがわかります。 いとこの子供は5親等の傍系血族となりますので、結婚することが出来るという事ですね。 まとめ 今回は「いとこの子供」について解説をしてきました。 いとこの子供の漢字は、同じ漢字なのに呼び方が何種類もあり不思議ですね。 いとこの子供の漢字を急に書かなければいけなくなった!という時に備えて、この機会に是非覚えてしまってくださいね。 また、いとこのお子様と会うときは、ぜひ豆知識として披露してみてください。

次の

いとこの子供の呼び名や肩書きは?結婚式の席次表の書き方のマナー

いとこの子供呼び方

一覧 [ ] 横軸の数字は同者の親等、縦軸の数字は直系者の親等でその他の続柄については縦と横の数字をその者の親等となる。 呼称は簡潔に示している。 別名・別表記・使い分けについては各節を参照。 たとえば、のは(従兄弟姉妹の上の従伯叔父母ではなく)左上のである。 義理の関係 [ ] 本人か血族のやによって成立した関係は、義理の関係と呼ばれる。 続柄としては同じ呼称を使うことができる。 「義〜」(例えば「義父」「義兄」など)と書くこともあるが、読みは同じである。 自分の実親の再婚相手、すなわち継父(ままちち)・継母(ままはは)や自分の(ようしん。 養父・養母)も父・母と呼ぶ場合もある。 配偶者から見ると(義父・義母)であり、舅(しゅうと)・姑(しゅうとめ)である。 親の親や、自分の配偶者の親(義親)の親を指す。 「おじいさん」「おばあさん」ともいう。 年齢的には、と限らずにも祖父・祖母となるのは基本的であること。 配偶者側(姻族)の場合と祖父母の再婚相手や親の養親、親の再婚相手や養父母の父母も本人とは義理の関係にあたる。 配偶者から見ると大舅(おおじゅうと)・大姑(おおじゅうとめ)である。 祖父母の親(親の祖父母)、または自分の配偶者の祖父母の親を指す。 「ひい(お)じいさん」「ひい(お)ばあさん」や「大きい(お)じいさん」「大きい(お)ばあさん」などと呼ぶ場合もある。 曽祖父母の親(祖父母の祖父母、親の曽祖父母)である。 「ひいひい(お)じいさん」「ひいひい(お)ばあさん」と呼ぶ場合もある。 配偶者側と再婚相手(姻族)の場合は親族に含まれない。 高祖父母より上 [ ] 高祖父母より前の世代の呼称は特に決まっておらず単に「高祖父母の父母」「五世の祖( great 3-grandparents)」「5代前」、「高祖父母の祖父母」「六世の祖( great 4-grandparents)」「6代前」と呼び、高祖父母の父母は5親等、高祖父母の祖父母は6親等の直系親族にあたり「高祖父母の祖父母」までが親族とされる。 自分の子と結婚した配偶者も自分から見たら(義理の)子にあたる。 また、自分の配偶者の連れ子や自分の養子も子(息子・娘)と呼ぶ場合がある。 子が複数いる場合、息子のことを年上のものから順に長男・次男・三男・四男〜末男(まつなん)と呼び、娘のことを同様に長女・次女・三女・四女〜末女(まつじょ)と呼ぶことがある。 男女が混じっている場合は第一子・第二子・第三子・第四子〜末子(まっし・ばっし・すえこ・すえっこ)と呼びかける。 孫 [ ] (まご、 grandchild)は2親等の直系親族である。 自分からしたら子の子。 年齢に限らず、自分の娘や息子の妻が産んだ子供である。 自分の孫と結婚した配偶者も本人から見たら(義理の)孫にあたる。 また、稀ではあるが自分の配偶者に孫がいたり子の配偶者や養子に子供がいる場合も「孫」と呼ぶ場合がある。 家督を継ぐ子(嗣子)の子を内孫、家督を継がなかった子の子を外孫という。 曽孫 [ ] 曽孫(そうそん、ひまご、ひこ、ひこまご、ひいまご、 great-grandchild)は3親等の直系親族。 孫の子、子の孫である。 自分の曽孫と結婚した配偶者も本人から見たら(義理の)曽孫にあたる。 また、稀ではあるが自分の配偶者に曽孫がいる場合、自分の子の配偶者の孫、自分の孫の配偶者の子も「曽孫」という場合がある。 玄孫 [ ] 玄孫(げんそん、やしゃご、 great 2-grandchild)は4親等の直系親族。 曽孫の子、孫の孫、子の曽孫である。 本人を1世、息子と娘を2世とすれば5世(4代後)の末裔であり「五世」と呼ばれる場合もある。 来孫 [ ] 来孫(らいそん、 great 3-grandchild)は5親等の直系親族。 玄孫の子、曽孫の孫、孫の曽孫、子の玄孫、孫の孫の子である。 耳孫(じそん)ともいう。 本人を1世とすれば6世(5代後)の末裔である。 昆孫 [ ] 昆孫(こんそん、 great 4-grandchild)は6親等の直系親族。 来孫の子、玄孫の孫、曽孫の曽孫、孫の玄孫、子の来孫、孫の孫の孫である。 晜孫(読みは同じ)とも書く。 本人を1世とすれば7世(6代後)の末裔である。 に116歳で死去した米国人女性は、昆孫が75人いたという。 仍孫 [ ] 仍孫(じょうそん、 great 5-grandchild)は直系7親等で昆孫の子、来孫の孫、玄孫の曽孫、曽孫の玄孫、孫の来孫、子の昆孫、孫の孫の孫の子である。 礽孫(読みは同じ)とも書く。 本人を1世とすれば8世(7代後)の末裔である。 意味はつるの子。 なお、存命中に仍孫(それ以降も含む)が誕生した例は存在しない。 雲孫 [ ] 雲孫(うんそん、つるのこ、 great 6-grandchild)は直系8親等で仍孫の子、昆孫の孫、来孫の曽孫、玄孫の玄孫、曽孫の来孫、孫の昆孫、子の仍孫、孫の孫の孫の孫である。 本人を1世とすれば9世(8代後)の末裔である。 意味は雲のように遠い孫。 雲孫以下 [ ] 雲孫よりもあとの世代の呼称は特に決まっておらず単に雲孫の子や雲孫の孫と呼び、前者は直系9親等、後者は直系10親等にあたる。 雲孫の子 [ ] great 7-grandchild)は直系9親等。 子の雲孫、孫の仍孫、曽孫の昆孫、玄孫の来孫、来孫の玄孫、昆孫の曽孫、仍孫の孫、孫の孫の孫の孫の子である。 本人を1世とすれば10世(9代後)の末裔である。 雲孫の孫 [ ] great 8-grandchild)は直系10親等。 子の雲孫の子、孫の雲孫、曽孫の仍孫、玄孫の昆孫、来孫の来孫、昆孫の玄孫、仍孫の曾孫、孫の孫の孫の孫の孫である。 本人を1世とすれば11世(10代後)の末裔である。 傍系尊属 [ ] 傍系尊属の呼び名には1つの訓に対し、「伯」か「叔」かが異なる2つの漢名がある。 たとえば「おじ」に対し「伯父」と「叔父」の2つの漢名がある。 傍系尊属は「『親・祖父母・〜』の『兄弟姉妹・いとこ・〜』」と言い換えることができるが「親・祖父母・〜」に対し年上なら「伯」、年下なら「叔」を使う。 ただし傍系尊属の配偶者の場合は、血族であるその配偶者が年上か年下かで判断する。 年齢が不明だったり複数人を総称する場合などは、「伯叔」を使うこともある(たとえば「おじ」を「伯叔父」)。 義理関係で、例えばおじ・おばの場合、義父母(舅・姑、養父母、継父母)の兄弟姉妹は義父・義母を基準に年上であれば「伯」、年下であれば「叔」を使い、おじ・おばの配偶者を除く父母の義兄弟姉妹(祖父母の養子女や再婚相手の連れ子、父母の養親の実子)は父母より年上であれば「伯」、年下であれば「叔」を使う。 「おじさん」「おばさん」ともいう。 親の、またはその配偶者(おば婿・おじ嫁)、または舅・姑の兄弟姉妹である。 また祖父母の養子女、父母の養親の子、祖父母の再婚相手の子も義理の伯叔父母にあたる。 従伯叔父母(いとこおじ・いとこおば)等 [ ] 親の従兄弟姉妹・再従兄弟姉妹・三従兄弟姉妹・四従兄弟姉妹・〜は同様に、• 再従伯叔父母(はとこおじ・はとこおば、またいとこおじ・またいとこおば、ふたいとこおじ・ふたいとこおば)• 三従伯叔父母(みいとこおじ・みいとこおば、そのまたいとこおじ・そのまたいとこおば)• 四従伯叔父母(よいとこおじ・よいとこおば) 〜 と呼ぶ。 個別には、性別と年齢により伯祖父・叔祖父・伯祖母・叔祖母と書き分ける。 単に呼称として使用することは少なく、「おじいさん」「おばあさん」や「おじさん」「おばさん」と言うことが多い。 二人称としては年齢的に呼ぶらしい。 従伯叔父母(いとこおじ・いとこおば)の親(再従兄弟姉妹の祖父母、祖父母の兄弟姉妹、親の伯叔父母)、またはその配偶者、または祖父母の小舅・小姑である。 従祖伯叔父母(従伯叔祖父母)(いとこ大おじ・いとこ大おば)等 [ ] 祖父母の従兄弟姉妹・再従兄弟姉妹・三従兄弟姉妹・四従兄弟姉妹・〜は同様に、• 再従祖伯叔父母(はとこおおおじ・はとこおおおば、またいとこおおおじ・またいとこおおおば、ふたいとこおおおじ・ふたいとこおおおば)• 三従祖伯叔父母(みいとこおおおじ・みいとこおおおば、そのまたいとこおおおじ・そのまたいとこおおおば)• 四従祖伯叔父母(よいとこおおおじ・よいとこおおおば) 〜 と呼ぶ。 曽祖父母以上と同世代 [ ] 曽祖父母の兄弟姉妹・従兄弟姉妹・再従兄弟姉妹・〜は、曽祖伯叔父母・従曽祖伯叔父母・再従曽祖伯叔父母・〜(個別には「伯叔父母」の部分を伯父・伯母・叔父・叔母とする)と呼ぶ。 「大おじ・大おば」等に相当する和名はない。 高祖父母と同世代の傍系も同様である。 高祖父母より前の世代については特別な呼び方はなく単に五(六、七〜)世の祖の兄弟姉妹、五(六、七〜)世の祖のいとこなどという。 傍系同世代 [ ] 兄弟姉妹 [ ] は、2親等の傍系親族である。 通常は同じ父母から生まれた者だが、父か母が異なる場合は「異父兄弟姉妹」(種違い)や「異母兄弟姉妹」(腹違い)(個別には「兄弟姉妹」の部分を「兄・姉・弟・妹」とする)といい、自分の親より年長の場合(父親と前妻の間にできた子が母親より年長など)も稀にある。 兄弟姉妹が複数いる場合、兄のことを年上のものから順に長兄・次兄・三兄・四兄〜末兄と呼び、弟のことを同様に長弟・次弟・三弟・四弟〜末弟と呼ぶことがある。 姉妹についても同様に呼ぶことがある。 も兄・姉・弟・妹と呼び、その場合は義兄・義姉・義弟・義妹(ぎけい・ぎし・ぎてい・ぎまい)と書いて「あに・あね・おとうと・いもうと」と呼ぶ場合が多い。 なお、以下のような呼称をする場合もある。 親の、養父母の実子、親の再婚相手の子である義兄弟姉妹が義兄姉と義弟妹のどちらになるかは年齢による。 兄弟姉妹の配偶者と配偶者の兄弟姉妹は義兄・義姉が自分より年下、義弟・義妹が自分より年上であることがありうる。 配偶者の兄弟姉妹は兄弟を小舅(こじゅうと)、姉妹を小姑(こじゅうとめ・こじゅうと)とも呼ぶ。 従兄弟姉妹(いとこ) [ ] 従兄弟姉妹(、 cousin)は、4親等の傍系親族である。 伯叔父母の子(親の甥姪)、または伯叔父母の子の配偶者である。 親同士が兄弟姉妹、祖父母が共通の先祖という関係にある。 漢字では従兄弟・従姉妹・従兄妹・従姉弟というように「従」を付け本人より年上の男性のいとこ(女性のいとこ、父母の姪の夫)を従兄、年上の女性のいとこ(男性のいとこ、父母の甥の妻)を従姉、年下の男性のいとこ(女性のいとこ、親の姪の夫)を従弟、年下の女性のいとこ(男性のいとこ、親の甥の妻)を従妹と表記する。 父方の従兄弟姉妹(父の甥・姪)は堂兄弟や堂姉妹というように「堂」を付け、母方の従兄弟姉妹(母の甥・姪)は表兄弟や表姉妹というように「表」を付けて書く。 まれではあるが、おじ嫁・おば婿の甥姪と結婚した場合、夫の従兄弟姉妹と妻の従兄弟姉妹が同一人物となる。 平行いとこ・交差いとこ [ ] 互いの親が同性の兄弟姉妹であるいとこ同士を平行いとこ、異性の兄弟姉妹であるいとこ同士を交差いとこという。 二重いとこ [ ] 互いの両方の親がそれぞれ兄弟姉妹であるいとこを二重いとこという。 再従兄弟姉妹(はとこ) [ ] 再従兄弟姉妹(、またいとこ、ふたいとこ、 second cousin)は、6親等の傍系親族である。 伯叔祖父母の孫(祖父母の大甥・大姪、従伯叔父母の子、親のいとこ甥・いとこ姪)、またはその配偶者である。 親同士が従兄弟姉妹、祖父母同士が兄弟姉妹、曽祖父母が共通の先祖という関係にある。 漢字では再(又、二)従兄弟・再(又、二)従姉妹・再(又、二)従兄妹・再(又、二)従姉弟、本人より年上の男性のはとこ(女性のはとこの配偶者にあたる男性)を再(又、二)従兄、年上の女性のはとこ(男性のはとこの配偶者にあたる女性)を再(又、二)従姉、年下の男性のはとこ(女性のはとこの配偶者にあたる男性)を再(又、二)従弟、年下の女性のはとこ(男性のはとこの配偶者にあたる女性)を再(又、二)従妹と表記する。 また父方のはとこは従堂兄弟や従堂姉妹というように「従堂」を付け、母方のはとこは従表兄弟や従表姉妹というように「従表」を付けて書く。 三従兄弟姉妹(みいとこ)以降 [ ] 以下同様に三従兄弟姉妹(みいとこ)または其又従兄弟姉妹(そのまたいとこ)、四従兄弟姉妹(よいとこ)、五従兄弟姉妹(いついとこ)、六従兄弟姉妹(むいとこ)〜と続く。 「 N従兄弟姉妹」の Nは、自分から数えて何代前の祖先が兄弟姉妹となるかを表す。 親等はいとこの前に付く数を2倍して2を加える。 兄弟姉妹の子(自分の子のいとこ)、またはその配偶者(自分の小舅・小姑の子)である。 「甥っ子」や「姪っ子」とも称することがある。 甥・姪の配偶者、兄弟姉妹の養子や配偶者の子、親の養子の子、養父母や親の再婚相手の孫は、本人とは義理の関係にあたる。 従甥・従姪(いとこ甥・いとこ姪)等 [ ] 従兄弟姉妹の子・再従兄弟姉妹の子・三従兄弟姉妹の子・四従兄弟姉妹の子・〜は同様に、• 再従甥・再従姪(はとこ甥・はとこ姪)• 三従甥・三従姪(みいとこ甥・みいとこ姪)• 四従甥・四従姪(よいとこ甥・よいとこ姪) 〜 と呼ぶ。 甥姪の子(兄弟姉妹の孫、孫の再従兄弟姉妹)、またはその配偶者(甥姪の婿・嫁)である。 又甥・又姪(またおい・まためい)、姪孫(てっそん)ともいう。 従姪孫(いとこ大甥・いとこ大姪) 等 [ ] 従兄弟姉妹の孫・再従兄弟姉妹の孫・三従兄弟姉妹の孫・四従兄弟姉妹の孫・〜は同様に、• 再従姪孫(はとこ大甥・はとこ大姪)• 三従姪孫(みいとこ大甥・みいとこ大姪)• 四従姪孫(よいとこ大甥・よいとこ大姪) 〜 と呼ぶ。 曽孫以下と同世代 [ ] 曽孫と同世代の傍系卑属は、曽姪孫(そうてっそん)・従曽姪孫(じゅうそうてっそん)・再従曽姪孫(さいじゅうそうてっそん)・三従曽姪孫(さんじゅうそうてっそん)・四従曽姪孫(よんじゅうそうてっそん)・〜と呼ぶ。 玄孫・来孫・昆孫・仍孫・雲孫と同世代の傍系卑属も同様である。 詳しい系図 [ ] でご覧下さい。

次の