菅 官房 長官 パン ケーキ。 香港への「国家安全法制」、中国全人代が採択 菅長官、立憲、日本共産党...国内の反応は: J

菅官房長官 が食べた「3,000円のパンケーキ」が人気に 「アド街ック天国」で紹介 | スポーツを眺望

菅 官房 長官 パン ケーキ

妻の公職選挙法違反疑惑で、河井克行法相(56)が10月31日に辞任。 菅原一秀前経産相(57)に続き、2週連続で閣僚が辞任する緊急事態だ。 しかも2人は、菅氏の側近とされる。 だが、任命責任が問われる首相(65)に、「危機感は見られない」と語るのは、ある自民党中堅議員だ。 総理は、岸田(文雄・政調会長)さんに禅譲して、院政を敷きたい。 最大の障壁は、その気になれば首相を目指せる、菅さんなんだ」 菅氏が、同じ神奈川県選出という縁でかわいがってきた、進次郎氏へのバッシング。 菅原氏と河井氏の相次ぐ辞任劇。 この展開を、意外なことに、安倍首相は心待ちにしていたというのである。 「最近、官邸内では『総理は総裁4選にも、色気が出はじめてきた』と話す幹部も複数いますよ」(官邸関係者) 政治ジャーナリストの角谷浩一氏も、こう指摘する。 その強引さが裏目に出た形といえます。 副総理兼財務相(79)である。 「昔から麻生さんは、菅さんを『こそこそと暗いんだよ、あいつは』と記者に言い放つなど、不仲を隠さない。 現在、麻生派の閣僚は、麻生さんを含めて3人。 「本当に2人は仲がいい。 重要政策を2人で決めてしまい、菅さんにたしなめられることも多い」(自民党幹部) 菅原氏の後任に、菅氏は梶山弘志・元地方創生相(64)を押し込んだ。 菅氏が政治の師と仰ぐ、自民党の梶山静六元官房長官の長男だ。 一方、河井氏の後任は、安倍首相の派閥・細田派の森雅子元少子化担当相に白羽の矢が。 いずれにせよ、求心力低下は避けられない。 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は、背景をこう明かした。 「河井氏の辞任で、『安倍総理は、菅さんに貸しを作れた。 これで菅さんは一歩、下がる。 (週刊FLASH 2019年11月19日号) 外部サイト.

次の

菅官房長官で話題の3000円のパンケーキはコスパがいいのか確認しに行ったらドラゴンボールもビックリのツッコミどころ満載メニューがあったホテルニューオータニのSATSUKI(サツキ)

菅 官房 長官 パン ケーキ

菅義偉官房長官が食べたホテルニューオータニ(千代田区紀尾井町4)の「3,000円のパンケーキ」が話題を呼んでいる。 10月19日に放送された「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)で、菅官房長官の馴染みの店としてホテルニューオータニのカフェレストラン「SATSUKI」が紹介された。 菅官房長官は番組内で同店のパンケーキを好んで食べていると答え、番組内では実際にパンケーキを楽しむ姿が放映された。 番組を受け、れいわ新撰組の渡辺てる子氏がツイッターで「おやつに毎度3000円・・・。 かの政府の閣僚たちの一人の経済感覚のほどが知れる。 」(原文ママ)と批判するなど議論が巻き起こったが、ネット上では「個人の自由では?」「私も食べてみたい」といった反応もあった。 [広告] 菅官房長官が食べた「3,000円のパンケーキ」は、同店で提供している「ホテルニューオータニ特製 パンケーキ(マロン)」(2,800円、税・サービス料別)。 柔らかくモチモチとした生地と、国産小麦にホテルオリジナルの八穀米「Jシリアル」を使った生地の2種類を一皿に盛り、「渋皮栗」「アーモンドミルククーム」「マロンクリーム」「マロンマカロン」を添えて提供する。 同ホテルの広報担当者は「週間販売数はおよそ10倍以上となり、たくさんのお客さまにご好評をいただいている」とコメント。 赤坂経済新聞記者が取材した平日の15時ごろも、2人で訪れていた男性客や、女性グループが同メニューを楽しむ姿が見受けられた。 担当者は「当ホテルのパンケーキは季節に応じてメニューを変えており、12月からは『博多あまおう(R)』をはじめとしたイチゴを使ったものを提供する予定」ともコメントを寄せた。 「SATSUKI」の営業時間は7時~24時。 パンケーキが注文できるのは11時~17時。

次の

百田尚樹氏、3000円パンケーキ食べる菅官房長官への批判的意見に言及→本人たちの自由でしょ。

菅 官房 長官 パン ケーキ

大の甘党 2019年10月19日放送の「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)では、東京・赤坂見附が特集された。 その中で、ホテルニューオータニ内にあるレストラン「SATSUKI」が取り上げられ、常連客の1人として菅氏が紹介された。 大の甘党であるという菅氏は、「ニューオータニ特製パンケーキ」(税込3080円)をよく頼むという。 菅氏は『週刊文春WOMAN 2019夏号』のインタビューで、店には1、2か月に1回程の頻度で事務所のスタッフや記者と訪れていると明かし、「自宅に近い、横浜の『bills』(パンケーキ専門店)には妻と行列に並んだこともあります」とのエピソードも披露している。 これに同日、夏の参院選比例区で「れいわ新選組」から出馬し、落選した渡辺てる子氏がツイッターで噛みつく。 「いつも食すのが『3000円超えのパンケーキ』。 宴会のコース料金でもなければ、食事の料金でもない。 つまり『おやつ』だ。 おやつに毎度3000円・・・」とし、「かの政府の閣僚たちの一人の経済感覚のほどが知れる」と苦言を呈すと、5000以上リツイートされ注目を集めた。 「ケチつけらてて可哀想... 」 渡辺氏のツイートに対しては、 「自分で稼いだお金なのにケチつけらてて可哀想... 」 「閣僚が3000円のパンケーキも食えないような貧しい国なんて嫌ですよ僕は」 などと反発が少なくなかったが、一方、作家の室井佑月氏は 「ふぉぉ〜! ふつうのおうちではホットケーキは子どもの友達がきゅうにたくさんやってきたときの、安くできる腹持ちのいいおやつですよ」 「この値段の感覚の感じ方の開きがあると、大勢の人がなにを食ってるか、ってほんとの意味で知ろうとしない。 規制緩和とかやっちゃっても、本人と、その子どもは、そんなもん食べるわきゃないし、どういうことなのか理解できないと思われ」 などと暗に菅氏を批判した。

次の