ニュージーランド ハカ と は。 ハカ(NZ代表オールブラックス)の歴史と種類。なぜラグビーの試合前に踊る?

ニュージーランド先住民族マオリの文化と伝統 [ニュージーランド] All About

ニュージーランド ハカ と は

激しい体の動きと力強い足の動きを、リズムに合わせて行うグループパフォーマンスです。 一般的にはマオリの戦士達が戦闘前に、自分たちの士気を高めると同時に相手を威嚇するために行われますが、それ以外にも人を歓迎する際や葬儀の時など、別な目的や状況でも披露されることがあります。 また現在では、ニュージーランドのラグビー代表「オールブラックス」がハカを試合前に行うことから、世界的にも有名なマオリ文化の一つとして定着しています。 ハカの歴史:出陣の踊りとして始まった ハカはそもそも、マオリ族によって戦争のダンスとして踊られていました。 祖先の人たちによる闘いの雄叫びだったのです。 そして、2つの理由から戦闘の場で披露されていました。 一つ目は、 相手を威嚇するため。 マオリの戦士たちはハカの中で、目を見開いたり、舌を大きく突き出したりと、攻撃的な表情で舞い、さらに武器をたたいたり振り回したりしながら、威嚇目的で低くうなったり叫んだりします。 そして二つ目の理由は、 士気を高めるためです。 彼らは闘いに勝利するためにも、ハカを踊ることで戦争の神に呼びかけていると信じていました。 それはとても激しい振付とテンポの揃った踊りで、マオリ族にとっては、勇気と力を与える踊りだったのです。 このタイプのハカは、ペルペルハカ(peruperu haka)と呼ばれています。 時を経てハカは新しい意味を持つようになった その後、時が経ってハカは進化し、戦闘以外の場面でも踊られるようになりました。 コミュニティが一致団結するためのものとなり、群衆と強さの象徴となったのです。 このタイプのハカは、ンゲリハカ(ngeri haka)と呼ばれます。 ペルペルと違いンゲリハカでは、武器になる道具を使用しないのが特徴で、これは目的が違うから。 相手の恐怖を引き起こすためではなく、単に参加者と観客たちを、感動させる、楽しませる、盛り上げるといった目的に踊られるのです。 そして、この異なる目的は、ハカのパフォーマンスにも反映されています。 動きがより自由であり、参加者たちは自分自身を表現するために自由に踊ります。 また、ハカは男性でも女性でも踊ることができますが、中には女性のためだけに作られたハカもあります。 一般的にハカを目にすることの多い場面 このように、ニュージーランドでは様々な理由でハカが踊られていることがわかりますが、全国的に見ると、例えばラグビーの試合前などの様々な重要な行事で披露される時の方が、目にする機会が多いはずです。 一方で、ンゲリハカの場合は個人的な理由で披露されることもあるわけで、結果、マオリ族の結婚式やお葬式、来賓に敬意を示すような場面、地域のイベントなどに出くわすと目にすることがあります。 ちなみに、ハカに対する真剣さと敬意を表し、踊る人がその意味をしっかりと理解しているなら、マオリ族だけに限らず、だれでもハカを踊ることが許されています。 「カ・マテ(Ka Mate)」ハカの歴史 「カ・マテ」ハカは、ニュージーランドのラグビー代表「オールブラックス」が、他の国際チームと対戦するときに最も演じることの多いハカで、おそらくハカと言えば、「カマテ!カマテ!」と叫ぶこのハカを思い浮かべることが多いはずです。 このカ・マテハカは、元々儀式的なハカとして、マオリ人のテ・ラウパラハ(Te Pauparaha)によって書かれたのが始まりで、死を乗り越えた後に、命を祝うために作られたハカなのです。 (出典:) ンガティ・マニアポト(Ngati Maniapoto)とワイカト(Waikato)という敵の部族から命を狙われた際、テ・ラウパラハは暗い食品貯蔵庫に隠れてかろうじて逃れます。 そこで、まだ生きていることに感謝をし、このハカを作ったと言われます。 彼が貯蔵庫から出ていくと、まぶしいほどの光と部族の長によって迎えられたそうです。 有名な最初の歌詞、「カマテ!カマテ!カオラ!カオラ!」は、「私は死ぬかもしれない!死ぬかももしれない!私は生きれるかもしれない!生きれるかもしれない!」という意味があり、最後の歌詞、「ア・ウパネ、カ・ウパネ、フィティ・テ・ラ!ヒ!」は、「上へ向かって進め!さらにもう一歩!太陽は輝いている!立ち上がれ!」と訳されます。 カマテハカは、死の近くにいる人が今生きていることに対する祝いを表現しているのです。 実はカエは歯が曲がっており、自分の歯を他の人に見せるは恥ずかしいと感じていました。 そこで、この女性達は、カエとカエの属する部族の前でハカを踊り、笑いを誘うことで、カエの曲がった歯をあらわにすることに成功したという話です。 カマテハカが誕生した場所に無料で行くことができます 先述した通り、オールブラッックスが行うため、カマテハカは世界中で最も有名なハカだと思いますが、このカマテハカが誕生した歴史的な場所へ訪れることが出来ます。 そのカマテハカが誕生した場所とは、ニュージーランドのワイカト地方にあるオポトカ(Opotaka)という地域のクマラ・ピッツ(Kumara pits: 小さなくぼみが連なる場所)という所。 この場所は、トゥランギ(Turangi)とトンガリロ国立公園の間にあるハイウェイ47号線から簡単にいくことが可能です。 クマラのくぼみと、その周辺のハカに関する様々な情報が得ることで、ハカの歴史を感じるには良い場所で、また、トンガリロ山の壮大な景色を見ることができる点でもおすすめです。 空中で手を振る動きは熱の揺らぎを表現しているらしい 空中に手を振りかざすハカの動きの多くは、マオリの伝説に登場する太陽の神「ラ(Ra)」に由来しているとされます。 「ラ」には2人のパートナーがいました。 一人は冬を、もう一人は夏を代表していました。 夏のパートナーである「ヒネ・ラウマティ(Hine-raumati)は、晴れたある日、暑さ対策のために手を振りかざして空気を揺らすような動きをしたところ、太陽はそのパートナーに返すように同じ動きを繰り返したというのです。 多くのハカには、この時の情景を描くような意味合いで、空中で手を振る動きが含まれるという話があります。 マオリ族でなくてもハカを学べる! ハカはマオリ族の伝統的なダンスでありパフォーマンスですが、現在ではマオリ族以外の人でもハカを学ぶことが出来るよう、様々なイベントやプログラムがマオリ族の人たちによって用意されています。 ただし、ハカを学ぶに当たっては、必ずハカの伝統や意味へ敬意を持って接することが大切。 また、マオリ族にとってなぜハカが重要なのかを理解するように心がける必要があります。 もしもハカを学んでみたい場合は、ニュージーランドのロトルアにあるなどを提供しているので、参加してみると良いかもしれません。 ハカは現在の問題を提起するためにも使われる マオリ族の伝統文化として知られるハカですが、マオリの若者達の間では、現代の問題を提起するような意味合いで踊られることもあるそう。 主に、マオリ族のコミュニティ内で起こっている社会問題や政治問題をテーマに歌詞を書き、それをハカのパフォーマンスに合わせることで、マオリの人々にそれらの問題を認識させ、不正を無くそうといったものが多いようです。 Ka mate, ka mate! ka ora! ka ora! Tis death! 死ぬかもしれない!死ぬかももしれない!生きるかもしれない!生きるかもしれない!• Ka mate! ka mate! ka ora! ka ora! 死ぬかもしれない!死ぬかももしれない!生きるかもしれない!生きれかもしれない!• Tenei te tangata puhuruhuru• This is the hairy man• これは毛深い男• Nana nei i tiki mai whakawhiti te ra• Who brought the sun and caused it to shine• その男は太陽を連れてきて光らせる• A, upane! ka upane! A step upward, another step upward! 一歩上へ行こう、もう一歩!• A, upane, ka upane, whiti te ra! A step upward, another step upward! The sun shines! 一歩上へ行こう、もう一歩!太陽は輝いている! カパオパンゴハカ(Kapa O Pango)の歌詞と意味• Taringa whakarongo! Let your ears listen! お前の耳に聞かせてやれ!• Kia rite! Kia rite! Kia mau! Get ready! Line up! Steady! Yeah! 準備しろ!並べ!いいな!イェイ!• Kia whakawhenua au i ahau! Let me become one with the land! 土地と一つになろう!• Ko Aotearoa e ngunguru nei! ニュージーランドがここで戦おうとしている!• Au, au, aue ha! Ko Kapa o Pango e ngunguru nei! Au, au, aue hi! The team in black is rumbling here• 黒に包まれたチームがここで戦おうとしている!• I ahaha! Ka tu te Ihiihi. Ka tu te Wanawana• Stand up to the fear. Stand up to the terror• 恐怖に向かって立ち上がれ。 大きな恐怖に向かって立ち上がれ。 Ki runga ki te rangi. E tu iho nei, tu iho nei, hi! To the sky above! Fight up there, high up there. Yeah! 空の上まで!そこで戦え!空高く。 イェイ!• Ponga ra! The shadows fall! 影は落ちる!• Kapa o Pango, aue hi! Team in black, yeah! 黒く包まれたチーム、イェイ!• Ponga ra! The shadows fall! 影は落ちる!• Kapa o Pango, aue hi, ha! 黒く包まれたチーム、イェイ!ハッ! 合わせて読みたい世界雑学記事• ハカの迫力は見た人に強い印象を与え、マオリ族の力強さや伝統を感じさせてくれます。

次の

【忘年会・学校の出し物用】ラグビーのハカ全5種類の特徴・踊り方を解説する【カマテ】【カパオパンゴ】【シヴァタウ】【シピタウ】【シビ】

ニュージーランド ハカ と は

1904年、ルアトキ()を訪問したランフリー総督訪問団を歓迎しハカを舞うマオリ族の男女(1904年3月撮影) 本来はマオリ族の戦士が、戦いの前に手を叩き足を踏み鳴らして自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊である。 現在ではや海外からの渡航者を歓迎する舞として披露されるほか、(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踊として有名である。 ニュージーランドでは一般的な民族舞踊であり、相手に対する敬意や感謝の意を表する舞として披露される。 結婚式、卒業式、開会式、歓迎式典、スポーツの試合など、いろいろな場面で目にする機会が多い。 死者の御霊を供養し哀悼の意を表す形として、葬儀でハカを舞うこともある。 英語では、 を含めて一般的に または war cry(ウォークライ、闘いの雄叫び、日本語では「の声」 と呼ぶ。 日本でも、 ウォークライと呼ばれていたが、2019年現在では原語どおりの ハカが一般的になっている。 オールブラックスのハカ [ ] 対戦のハカ(2006年) 伝承によると(オールブラックス)のハカ、はにンガティトア部族長の ()が踊ったものである。 テ・ラウパラハは敵に追われて、地下の食料庫に逃げ込み隠れていた。 這い出してみると目の前に人がおり、殺されると観念したが、幸運なことにテ・ラウパラハと親しい部族の長であった。 救出された喜びと感謝の気持ちを込めて踊ったものがカマテである。 のイギリス遠征の際にオールブラックスが戦いの踊りの要素を取り入れたものを初めて踊り、以後代表チームに受け継がれることとなる。 ハカを先導するリードは伝統的にの血筋を引く選手が行っている。 ただし、系移民である元オールブラックスのは、偉大なオールブラックスキャプテンとして迎えられ、特例として2004年からリードを任された。 ウマガの後、伝統的な慣例が守られない時期もあったが、(2011年から2013年)、リアム・メッサム[元ニュージーランド・マオリ(現)キャプテン]がリードを務めている。 また、は ()、は、は ()と、パシフィック・アイランドのチームにもそれぞれのウォークライがあり、3か国選抜チームのにも独自のウォークライがある。 では、オールブラックスのハカの最中に、興奮した対戦相手のトンガ代表が対抗してシピタウを行い「ハカ・バトル」として話題となった。 試合前の取り決めでは、互いを尊重してオールブラックスのハカが終わってからトンガがシピタウを行うとしていたが、試合前の異様な盛り上がりとオールブラックスのハカにトンガ代表が刺激されハカ合戦に発展した。 2005年8月28日、の対戦において、新しいハカ、カパ・オ・パンゴ( Kapa o Pango)が突如披露された。 このハカは、終幕に首を切るようなジェスチャーが含まれ問題視されたが、オールブラックスから「相手の首を切る挑発的な意味ではなく、自らの首をかけて戦う意気込みを示すもの」との趣旨の説明があるなど議論が重ねられ、現在首を切るジェスチャーが維持されている。 オールブラックスのハカは非常に洗練されたパフォーマンスとして知られているが、一昔前まではまったく練習していない選手がいたり、練習していても切れのないものであった。 現在では試合前日にハカの練習を行っていて、洗練されたパフォーマンスを維持している。 カマテの歌詞: カ マテ! カ マテ! カ オラ! カ オラ! カ マテ! カ マテ! カ オラ! カ オラ! ア ウパネ! ア フパネ! ア ウパネ! フィティ テ ラ! カマテの意味: 死ぬ! 生きる! 生きる! (以上を2回繰り返し) 見よ、この勇気ある者を。 ここにいる毛深い男が再び太陽を輝かせる! 一歩はしごを上へ! さらに一歩上へ! 一歩はしごを上へ! そして最後の一歩! そして外へ一歩! 太陽の光の中へ! 立ち上がれ! 他のスポーツでのハカ [ ] は、の地区予選で試合前に行った。 (ダイヤモンドブラックス)は、国際大会デビュー戦となる予選初戦の戦の試合前にハカを踊った。 その他、(オールホワイツ)・ Football Ferns 、(ブラック・スティックス)、(アイス・ブラックス)、(トール・ブラックス)も試合前にハカを舞うことがある。 日本でのハカ [ ] 日本ではにの栄養ドリンク「DX」のテレビCMで、「DX ウォークライ」という名称で、(後にバージョンも追加)らがスーツ姿でハカを踊っていた。 語句は日本語風にした「頑張って、頑張って、仕事(遊び)! 」となっている。 のオープニングでも選手たちがハカを踊るシーンがある。 劇中では大木大助 松村雄基 がメンバーに教えた。 [ ] 、「虫よけキンチョール」のテレビCMは、玄関先で掃き掃除をしているに、蚊の被り物を着用したマオリ族風の男性数人がハカを踊りながら襲いかかり、三津五郎を持ち上げてどこかへ連れ去るという内容だった。 [ ] 、が制作した「」用テレビCMで、のダンスチームとハカダンスチームがダンスバトルを行うテレビコマーシャルを放送。 このハカについてマオリ族から「伝統的なハカを正しく伝えていない」と否定的な意見が寄せられた。 また、黒いシャツを着た男性ダンスグループの服装がオールブラックスのユニフォームと類似していることから「商標権の侵害に当たる可能性がある」と、オールブラックスのユニフォームを管理するニュージーランドラグビー協会(NZRU)からも内容を問題視する警告が寄せられた。 が歌う「乙女受験戦争」の冒頭でハカをイメージさせるものを行っていて、歌詞は既述のグロンサンDX同様に「がんばって、がんばって、受験(遠征、青春 etc. )」となっている。 なお、リードはイメージカラー赤を担当するが取っている。 [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ]• - (投稿日: 2006年10月30日)• 2020年4月29日閲覧。 English. ニュージーランド・ヘラルド紙. 2010年2月14日. 2020年4月29日閲覧。 2010年2月15日. 2010年2月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年9月13日閲覧。 English. stuff. 2010年2月22日. stuff. nz 2020年4月29日閲覧。 English. ディリー・テレグラフ. 2010年2月22日. 2020年4月29日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (ニュージーランド政府観光局公式サイト)• (旅行クチコミ動画「Live! (英語)• NationalTrust. org (英語)• NZ-Maori. com (英語)• (英語)• AllBlacks. com (英語)• - (投稿日: 2006年5月31日、).

次の

ハカ » stwww.surfingmagazine.com

ニュージーランド ハカ と は

ハカ(ラグビーNZ代表)について 「がんばって、がんばって、ゴー!」 ラグビーを普段観ない方でも黒色のジャージを身にまとったラグビーNZ代表「」の踊り「ハカ」を一度は目にしたことがあるのではないだろうか? これは「頑張って」と言っているのではなく、NZ先住民族のマオリ語で「Ka mate(私は死ぬ)」を表す。 彼らがテストマッチの前に踊るハカは一度観ただけで、その勇ましさと迫力で記憶に残るはずだ。 オールブラックスは圧倒的な強さに加え、ハカを踊ることで他の代表チームとは異なる特別な存在になっている。 2019年のでオールブラックスはW杯3連覇を目指す。 日本で生のハカを観るチャンスが何度も訪れる。 そこで、ここではNZの文化や歴史に深く関係している「ハカ」を知るべく、ポイントをまとめてみた(ABsの強さの理由を知りたい方は) ハカ(Haka)について NZやトンガ、フィジー等、オセアニア地域の先住民族は戦いの前に戦意高揚や相手を威嚇するため「ウォークライ(War Cry、戦いの叫び)」という踊りを行っていた。 NZの先住民族「 マオリ族(Maori)」のウォークライを「 ハカ(Haka)」と呼ぶ。 NZではマオリの文化を学び継承するために小学校などでハカを覚え、結婚式、お葬式、歓迎式など特別な行事の際にハカが披露される。 ハカを声で先導するリード役はマオリの血を引いた選手が担当するのが慣例となっている。 現在のオールブラックスではTJ・ペレナラ(下写真の選手)が務める事が多い。 なお、マオリの血を引き継ぐ選手の多くはタトゥーを入れているが、これはマオリ族の慣習によるもの。 オールブラックスのハカは2種類 ハカは多くの種類があり、NZのスーパーラグビーの各チームもオリジナルのハカを持っている。 オールブラックスのハカは「 カマテ(Ka Mate)」と「 カパオパンゴ(Kapa O Pango)」の2種類。 カマテは1905年に始めて披露され、以降オールブラックスの試合前の儀式になった。 一時期、ハカの存在価値が問われ、ハカを試合前に披露するべきかチーム内で議論になったことも。 そして、オールブラックスの存在価値等を再確認するため、2005年に新たに作られたハカがカパオパンゴだ。 カパオパンゴの歌詞にはオールブラックスの意味するところがその内容に含まれている。 テストマッチの前にはこの2つのどちらかが披露されるが、勝負所となる試合はカパオパンゴ、その他のテストマッチはカマテとなることが多い。 「カマテ(Ka Mate)」動画と歌詞・意味 Taringa Whakaraong! (よく聞け!) Kia rite! Kia rite! (準備しろ!) Kia mau hi! (強く握れ!) Ringa ringa pakia! (手を叩け!) Waewae takahia kia kino nei hoki Kia Kino hei hoki! (強く足を踏み鳴らせ!) Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!) Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!) Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!) Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!) Tenei te tangata puhuruhuru (見よ、この勇気ある者を) Nana nei i te tiki mai, (ここにいる毛深い男が) Whakawhiti te ra! (再び太陽を輝かせる!) A upane! ka upane! (一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!) A upane, ka upane (そして最後の一歩、そして外へ一歩!) Whiti te ra! (昇れ! ) 「カパオパンゴ(Kapa O Pango)」動画と歌詞・意味 Taringa Whakarongo! (よく聞け!) Kia Rite! Kia Rite! Kia Mau! (準備して並べ!) Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau! (オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!) Hi aue ii! (今だ!) Ko Aotearoa e ngunguru nei! (鳴動する我らの国よ!) Au, au aue ha! (今こそ、我が奮起する時!) Ko Kapa O Pango e ngunguru nei! (それこそが我らをオールブラックスたらしめる!) Au, au, aue ha! (今こそが その時だ!) I ahaha! (輝く時だ!) Ka tu te ihiihi (我々が支配し) Ka tu te wanawana (その優位は偉大なる勝利となり) Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi! (敬われ高く掲げられる) Ponga ra! (シルバーファーン!) Kapa O Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!) Ponga ra! (シルバーファーン!) Kapa o Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!).

次の