車 へこみ お湯。 ‟車のへこみは熱湯で直せる”は本当?へこみに困ったときの対処法とは|カーコンビニ倶楽部

車のへこみ修理にかかる値段の相場は?費用を安く抑えるコツを紹介!

車 へこみ お湯

修理業者さんに1台見積もりを取ってみた。 自分「日産のセレナなんですが、スライドドアのところを壁にぶつけて引きずってしまってて、 ドアがスムーズに開かないんです。 修理の見積もりをお願いします。 ついでにバンパーの擦れとか、色々もろもろ全部直したらいくらになるかも教えてください。 」 後日、見積書が届きました。 そしたらですね、 スライドドアのみ修理(ドアの交換) 33万 外装を全部修理(ドアの交換&全塗装&なんやかんや) 83万 あらまぁ、お高いこと(嘆) ということで、他に方法がないかネットで調べてみました。 こんなの見つけました。 へこみ直し。 アマゾンのレビューもなかなか良さげです。 お値段も安い。 超本格的なツールセットも見つけました。 ちと高いか。 うーん。 とりあえず 2千円でへこみを1つでも直せれば十分元が取れるんじゃない? バキュームカップ、試してみる価値あるんじゃない?? ということで、 サクションバキュームカップを買ってみました。 サクションバキュームカップの使い方 人差し指をくいくいすると空気が抜けます。 グリップ感はしっかりしてます。 直径12.5cm。 使い方。 勢いよく引っ張りすぎて後ろに転ばないように注意。 使ってみた感じですが、 大きなへこみは良い感じに元に戻ります。 堅いところは厳しいです。 角とか。 細かいへこみも難しい。 では、早速修理してみましょー。 バック中にぶつけたんですな。 では、バキュームカップをバスっとくっつけます。 で、引っ張る! おお、へこみが戻った! 端の方から中央に向かって3,4回くらいやってます。 良い感じじゃないでしょうか。 ペイントでごまかしてありますが、結構へこんでます。 修理後はこんな感じ。 これも良い感じに元に戻りました。 では、バキュームカップをバスっとくっつけて、引っ張る! ちょっと元に戻った。 軟らかい個所は引っ張って元に戻せますが、堅い個所は難しいですね。 これはどうでしょう。 おお、良い感じですよ! ぱっと見、全然わかりません。 屋根が結構派手にへこんでおります。 では、吸盤でひっぱってみます。 おおお、これが一番わかりやすい。 綺麗に元に戻りましたよ! あとはコンパウンドで磨けば完璧じゃない? 以上、計5台のへこみを修理できました。 2千円でこれだけ回復できれば十分元は取ってると思います。 オレ 『隊長!ミッションコンプリートであります!』 隊長 『わずか2千円で5台の車のへこみを直したのは素晴らしいコスパだ。 特にアトレーの治りっぷりはお見事。 いい仕事であった! 』 隊長もご満悦でした。 ^^ あー、おもしろかった。 以上、minakabuでした。 運転席側のフェンダーがへこんでおります。 カーブを曲がると擦れる音がするとか。 どれどれ。 うんなるほど。 こぶし一個分くらいの大きさにへこんでおります。 塗装が剥がれてますので、あとで塗り塗りします。 まずはへこみを直す。 ではバキュームパック。 いきまーす。 うりゃ。 くっつきました。 そしたら、引っ張る!ふん。 大まかな部分は戻ったね。 小さなへこみは気にしない。 あとは、、タイヤの丁度上のところが出っ張ってます。 これは手で押せば戻るでしょ。 良い感じ。 んで、タイヤの方をチェックしてみる。 あー、フェンダーの内側の黒いカバーが外れてるね。 これがタイヤに当たってすれる音が出ていたようです。 これは簡単。 外れているところをはめればOKです。 ぐいぐいと押します。 あとは、傷を隠していきます。 ちょっとした傷なんかはタッチアップペンで隠しちゃいます。 600円くらいで買えます。 これとか。 車には使うなと書いてありますが、試しに軽トラのボディの錆の上から塗ってみました。 キレイになって良い感じです。 年式経っている車とかで、ぱっと見目立たなくなれば良いだけなら、 断然こっちのがおススメ。 【追記おわり】 蓋を開けると小さなハケになってます。 傷のところにちょんちょんと塗っていきます。 ほら、目立たなくなりました。 どうでしょうか。 完全ではないけど、まぁいい感じでしょ。 ちょうど真ん中の部分がへこんでおります。 うーん。 見事にへこんでおります。 左側なんか亀裂が入っちゃってます。 ぶつけた本人は顔面蒼白でしたが。。 さてさて、どうしたものでしょうか。 実はバンパー部分は鉄ではなくプラスチックみたいな感じで出来てます。 やわらかいんですよね。 なのでバキュームカップを使うまでもありません。 軍手をはめて、 へこんだ部分を掴み 元に戻す! ぐーっと。 こんな感じ。 いいんじゃないすか? ぱっと見、全然OKだと思いますよ。 あとは左側の割れはまた後ほど補修してみましょう。 今日はとりあえずここまで。 【追記】業者に修理依頼するなら一括見積サイトをおすすめする。 コツとかまとめ。 だいたい直せれば良いよ!ってんなら、自動車のへこみとかはDIYで結構いけますが、 完璧に直したい! のであれば、専門の修理業者に頼むしかありません。 私は施設の送迎車11台の管理を任されておりますが、 業者に依頼する際のコツとか経験知とかまとめてみたいと思います。 参考になれば。 それでは、 ひとつめのポイント。 自分の経験上、 ディーラーがダントツでお高い。 修理保証がついているので、後々何かあったときのアフターフォローはしっかりやってくれそうなので 安心といえば安心です。 でも、 そうそう不具合は起こりませんよ? であれば、地元の板金工場にお願いするのが一番コスパが高いと考えます。 そもそも、 ディーラーの工場では板金修理は出来ません。 ではどうするかというと、ディーラーは近くの修理工場に丸投げするんです。 そんで、修理代金に仲介料を上乗せして請求してきます。 だから余計に高くなる。 それだったら、 自分で修理工場に直接修理を依頼すれば安くなる。 こういう理屈な訳です。 では、修理工場はどこが良いか? ふたつめのポイント。 これがねぇ・・・。 マジでめんどくせぇ。 電話をかけると業者の受付の方が出られるので、 車のへこみ具合とか状態を説明するんですけど、 言葉で説明しきれるものではありません。 結局は「一度車を持ってきてください」と言われて、 持っていくことが多かったです。 で、写真を撮ってもらって、また後日見積書がFAXで届くと。 このやり取りを1件1件やってました。 ・・・ めちゃめちゃ大変です。 時間も手間もかかります。 こんなやり方はおすすめしません。 そんで、何とかならんかと切実に思ってて、 ネットを調べて見つけたのが 修理見積を一括で取れるステキなサイトがありました。 グーピットがとても良い! 便利!楽ちん!ありがとうグーピット! 一括見積のやりかた。 10分もあれば出来ます。 まず、へこみとかキズの写真をスマホで撮ってください。 あとは車検証を用意。 そしたらグーピットのサイトへ行き、 エリアを選びます。 で、「ヘコミ修理」とか選ぶと、 対応する修理工場が一覧表示されます。 そしたらですね。 業者名の左にチェックボックスが付いてるので 気になる業者さんにチェックを付けていきます。 とりあえず近い順に3件くらい付ければ良いでしょう。 見積もりは追加で何度でもできますので。 あとは「まとめて問い合わせ」を押して、 必要事項を記入します。 希望連絡方法ってところで「メール」か「電話」かを選べますが、 メールの方がめんどくさくなくて良いです。 写真は3枚載せる。 車の状態は出来るだけ詳しく書く。 あとは車検証を見ながら車両情報を入力する。 終わったら、送信。 そんな感じですね。 あとは返信メールを待つだけ。 楽ちんでございますよ。 修理したい箇所があって悩んでるんなら、一度試しにやってみるとよろし。 ここです。 グーピット。 <条件> キャリートラックのタイミングベルト交換 パーツは持ち込み。 ベルトとかウォーターポンプ、テンショナー、シール一式。 その結果。 1社目 工賃 25,000円 2社目 工賃 41,000円 高いっ。 パーツ持ち込みなのに。 3社目 工賃 36,720円 最低価格は2. 最高価格は4万。 1.5万も違います。 この差はなんなんでしょうね。 車の修理はマジで合い見積もりを取った方が良いよ。 てことで、 自分は2.5万+税金にてタイミングベルト交換が出来そうです。 いかがでしょ。 お得かな? (追記おわり) (後日談) 無事にタイミングベルトの交換が出来ました。 追加部品が出ましたが、ほぼほぼ見積もり通り。 良かった良かった。 ありがとうございました。 (^^)v そんな感じで! みなかぶでした。 それでは! スポンサードリンク.

次の

車のへこみをドライヤーとコールドスプレーで直す方法とは?

車 へこみ お湯

車のへこみって、• つい自分でぶつけてしまった• 相手側にぶつけられてしまった• 知らないうちに凹んでいた というパターンですが、そんな時、車のへこみを自分で修理する方法があればなと思いませんか。 クルマのキズ・ヘコミと言えば、プロの板金・塗装業者へ修理を依頼するのが無難ですが、少しのへこみであれば自分で修理にチャレンジできる方法があります。 そこで今回は、ドライヤーや吸盤を使用して 車のへこみを自分で修理する方法を紹介します。 <ドライヤー編>車のへこみの修理を自分でする方法 まずは、車のへこみをドライヤーを使用して修理する方法です。 ここで用意するのは、• ドライヤー• 冷却スプレーもしくはエアダスター この2つです。 ドライヤーは、家にあるもので大丈夫です。 手順1 ドライヤーでヘこみ部分を温める まず、バンパーやボディ部分などのへこみ部分全体に対して、ドライヤーで温めます。 手順2 冷却スプレーもしくはエアダスターで冷やす 次に今度は、冷却スプレーもしくはエアダスターにて、へこみ部分を冷やす作業に入ります。 手順3 手順1と手順2を繰り返す ヘコミ部分をドライヤーで温めて、冷却スプレーorエアダスターで温めるという作業を繰り返します。 動画でイメージを確認しよう 文字だけでの説明だとわかりにくいと思うので参考になるYouTubeの動画をいくつか紹介します。 まずは、こちらの動画。 この動画の方が利用されているのは、バキュームグリップと呼ばれる吸盤になります。 (Holts ホルツ バキュームグリップと思われます) バキュームグリップの他には、バキュームカップとも呼ばれれものもあり、ゆるやかな曲面にも簡単に吸着しやすく、車のヘコみ時に使用しやすい吸盤になります。 このバキュームグリップ・バキュームカップは、Amazonや楽天等のネット上で購入できます。 どうしても自分でへこみを修理できなかったら もし、今回紹介した方法でも、車のへこみが自分で修理できなかった場合は、板金塗装業者に修理を依頼するのが無難です。 有名業者としては、オートバックスやイエローハットなどがあります。 料金としては、へこみ傷の修復の場合は30000万円程度かかります。 【参考】 まとめ 車のへこみ傷を自分で修理する方法としては、今回、ドライヤーと冷却スプレー(エアダスター)を用いる方法と、吸盤( バキュームグリップ・バキュームカップ)を活用する方法を紹介しました。 これらの方法は、大きな凹みへの対処は難しいものの、少々の凹み具合であれば、自力で凹みを戻すことができる可能性が高いです。

次の

車のドアが凹んでしまいました!少しのへこみなので調べたら車のへこみ

車 へこみ お湯

バンパーにお湯を掛けるだけ凹みが直る!? という事で今日はこれです。 昨日たまたまネットで見て「へー」ってなった内容ですね! 原理としてはカップ焼きそばを作るときと同じ原理みたいで カップ焼きそばで湯切りをする時にシンクが「ボコッ」と音を出しますよね。 あれと同じ原理でへこみ部分に熱膨張を起こして直すという方法です。 ちなみに熱湯だけじゃなく他のものでも出来ます。 バンパーにドライヤーとスプレーをあててへこみ部分を直す!? 上記で熱膨張と書いてあるとおりドライヤーとスプレーでも十分に代用できるようです。 こちらのドライヤーとスプレーを使った方法は板金屋さんでも使用されている方法のようですね。 またこの方法は、業者の修理方法と原理的には同じみたいですね! さらに成功確率は90%ほどととても高い成功率ですね笑 熱膨張でバンパーを直す場合は十分注意を! 最後にこの熱膨張でバンパーを直す場合なんですけど十分注意して下さい! ドライヤーもずっと使用していたらとんでもない温度になりますし、スプレーを逆噴射で使い続けるとあり得ない位冷えます。 やる時はちゃんと軍手したりとしっかり準備はしましょう! また調べてみるとこの方法で全ての車の凹みが直るわけではないようです。 あくまで自己責任で!!またレンタカーでは使用せずに凹ませたりしたら返却の際にしっかり申告しましょう。 僕も実家に帰ったときに車に凹みがあったらやってみようと思います。 それでは!!.

次の