八幡 ss 神童。 のくす牧場 : SS+ 書庫

【pixiv】HACHIMAN信者を見守るスレ【ハーメルン】 [無断転載禁止]©stwww.surfingmagazine.com

八幡 ss 神童

[chapter:初めに…] クロノストーンってついてますが時間軸は全部が終わった後です。 天馬たちは宇宙に行ってませんし、化身アームドが 『難しいけど使えると強い技術』みたいな感じで浸透してます。 八幡は元チーム雷門の選手で未来とか過去とか行ってます [newpage] とある高校…その校庭にて。 かつてこの国からサッカーの自由を勝ち取ったチームが 総武高校サッカー部との練習試合を承認してくれたのだ… いや、凄い事だとは思うんだが… 八幡「ここまで集まる物なのか?」 視界には見渡す限りの人、人、人… 無論、全員総武高校生だ。 雪ノ下「何言ってるのよ…サッカーにあまり興味は無いけど、彼らがすごいと言うことは解るわ。 」 由比ヶ浜「そうだよ!なんたってサッカーの自由を取り戻すためにフィフスセクターと戦ったんでしょ!?凄いよね~」 八幡「ゆ、由比ヶ浜…フィフスセクターなんて名前良く知ってたな…」 由比ヶ浜「わ、私だってサッカー好きなんだもんねー!?」 俺達奉仕部の面々も、主に平塚先生に引っ張られてここに来ていた。 八幡「しかし…良く承諾してくれたな?特にこれと言った功績も無いだろうに…」 雪ノ下「なんでもあちら側が快く引き受けてくれたそうよ?」 由比ヶ浜「あ!それ私も知ってる~。 たしか誰かの名前を言ったら監督さんが良いって言ったんだって!」 八幡「へ、へぇ…」 なんか思い当たる人が居る様な…サッカー…シヨウゼ…くっ、頭が! 雪ノ下「ほら、来たわよ。 」 由比ヶ浜「おぉー!アレが…」 八幡「……」 バスから降りて来たのは雷門中学付属高校のサッカー部の部員。 葉山「突撃騎兵、ランサー!」 葉山「ストライクショットォ!」 青いオーラを纏ったシュートがゴールをめがけて飛ぶ その射線上に居るのは…剣城京介 彼も自らの化身を呼び出し、葉山のシュートを相殺したのだ 剣城「ハァッ!」 その叫びと共に放たれる一蹴りが、嫌に呆気なくシュートを打ち返す。 しかし元のシュートの勢いが強かったのか、ボールの起動は逸れて観客席の方に… あれ?これって俺達の方に来てる気がするんだが… 由比ヶ浜「ゆ、ゆきのん!危ない!」 雪ノ下「…え?」 軌道の先に居るのは雪ノ下と俺。 閲覧ありがとうございました.

次の

八幡「転校…?」

八幡 ss 神童

雪ノ下「.......... あら 」 結衣「ヒッキー!! 」 八幡「ん、ああ..........。 」 八幡 頭が痛い.......... どうも記憶が曖昧だ。 なぜ俺はこんなところにいるのだろうか。 雪ノ下「まったく.......... 転んで頭を打ったあなたを、わざわざ病院まで連れてきてあげたのにお礼の一言もないの? 」 由衣「ヒッキー! 心配したんだからね!?」 八幡 転んで頭を打った.......... ? 確か俺は家のベッドで本を読んでいたはずなんだが..........。 まあ、とにかくお礼くらい言っておこう。 八幡「そうだったんですか.......... 見ず知らずの俺のためにわざわざありがとうございました。 」 雪ノ下 「え?」 結衣「ひ、ヒッキー? 」 八幡「はい?」 八幡 いや、お礼言ったら疑問形で返されるってどういうことだよ..........。 てか、俺の名前ヒッキーじゃないんだけど..........。 雪ノ下「ふ、ふざけないでちょうだい。 いくらなんでもこんな状況でふざけられると少し腹が立つわ。 やはり貴方は更正が必要なようね」 八幡「別にどこもふざけてはいないんですけどね..........。 」 結衣「なにかあったの.......... 悩みでもあるの.......... ?」 八幡「ねえよ..........。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 医者「恐らく.......... 記憶喪失でしょう」 雪ノ下「嘘..........。 」 結衣「え!なんで!?」 医者「頭を打ったせいだと思われます。 お話を聞く限り、失ったのは主に今から中学生くらいまでの記憶だと思われます。 」 雪ノ下「.......... 彼は治るのでしょうか?」 医者「戻らないということはないと思います。 日常生活を送るうち、ふとした事で記憶を取り戻すことがあるかも知れません。 」 結衣「そうなんですか.......... ゆきのん!」 雪ノ下「ええ.......... 仕方がないわね、やりましょう由比ヶ浜さん。 」 結衣「うん!」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 八幡 いきなり記憶喪失だと説明され、本当は高校生だなんて言われても実感わかねえよ.......... あげくの果てに、なんで高校生の俺は奉仕部なんていう得体の知れない部活に入ったんだ? 八幡 「し、失礼します.......... 」 雪ノ下「あら、来たのね。 まずその腐った目でこちらを見るのをやめて頂戴。 ひどく不愉快だわ。 大体、よくそんな目をしたまま今まで生きてこられたわね.......... 私なら生きているのに耐えられないわ。 ねえ、あなた恥ずかしく.......... 」 八幡 「お、おい! なんで俺は入った瞬間そんな暴言を浴びせられなきゃならないんだよ!?」 雪ノ下「あら、ごめんなさい。 ショック療法よ?わからなかった?」 八幡「流石にわかる訳ねえだろ..........。 」 八幡「せめて、もう少し他のショックはなかったのかよ..........。 」 結衣「じゃ、じゃあさ!ヒッキーこれ食べてみてくれない?」 八幡「なにこれ?」 結衣「え?? クッキーに決まってるじゃん? あ、ゆきのんも食べる?」 八幡「」 雪ノ下「」 八幡「な、なあ雪ノ下。 クッキーってこんなに焦げがついてて鉄のように硬いものだったか? もしかしてここ何年かでクッキーに変化が.......... ?」 雪ノ下「残念ながらクッキーの定義は変わった覚えがないわ.......... 」 八幡「そうかよ.......... まあ、とりあえず食べてみるか..........。 」 雪ノ下「そうね..........。 」 八幡 っっ!? な、なんだこの革命的なクッキーは!? まるで歯ごたえは岩おこし。 口いっぱいに、こしょうとチョコ?の味が広がり.......... 八幡「ゲホッゲホッ、グオハッ!」 結衣「え!? なに!?大丈夫!?」 八幡「あ、いや、喉に詰まっただけだ。 それより由比ヶ浜、これはなんのクッキーだ?」 結衣「抹茶のクッキーだよ。 レシピ通り作ったんだけど、ちょっと焦がしちゃった。 えへへへ..........。 」 八幡 はにかむ顔が可愛いな.......... ってそうじゃねえ!どうやってレシピ通り作って、あんな物ができる!? 雪ノ下なんて今は平然としているが、さっきまでやばかったぞ.......... あ 八幡「....................。 」 雪ノ下「ひ、比企谷君?」 結衣「ヒッキー?」 八幡「高校の教室でバレンタインデー、みんながチョコを貰う中、一人貰えずに机にぼーと座っている俺の姿が浮かんできた..........。 」 結衣「ヒッキー..........。 」 雪ノ下「貴方の思い出した悲しい出来事はともかくとして、少し進展したわね..........。 」 結衣「私のクッキーのおかげ!? それならもっと作ってこよ.......... 」 材木座「んふお!八幡よ! 我は剣豪将軍.......... !」 八幡 「おい、雪ノ下」 雪ノ下「なにかしら?」 八幡 「今、この暑いのにコートを着た不審人物がドアを開け、俺の名前を呼びながらこちらに向かってきているのだが..........。 」 雪ノ下「ああ、あれは貴方の友達.......... ケホン。 失礼、比企谷君に友達はいなかったわね。 貴方の知り合いよ。 」 八幡「さりげなく、人のことデイスッてんじゃねーよ。 てか、あれが俺の知り合いなのか......... めんどくさそうだ。 」 材木座「ケフコン!ケフコン! いきなりだが八幡よ、この世界は我らに優しくはないと思わないか? そこでだ!我は.......... 」 八幡「何いってんだ、この世は八幡大菩薩によって管理されているんだぞ? 名も無き神である俺にしかわからないが.......... 」 材木座「は、八幡さん?」 雪ノ下「!?」 結衣「!?」 八幡「.......... あ、すまん。 」 雪ノ下 「そういえば、貴方がこの部活に入ったばかりの頃、似たような話をしていたけれど、中学の頃の話だったのね.......... 」 結衣「だ、大丈夫だよ! 男の子はみんなそういう時期があるよ!」 八幡「慰めるな.......... 余計悲しくなる。 」 結衣「ごめん..........。 」 材木座「ま、まあ。 今日はとりあえず帰るとしよう.......... 八幡よ! また会う日を我は待ち望んでいるぞ!」 八幡「おう、またな。 」 結衣「..........。 」 八幡「..........。 」 雪ノ下「ふう、暗くなってきたし私達も帰りましょう。 」 結衣「そうだね! せっかくだし途中まで三人で一緒に帰ろうよ!」 八幡「まあ、いいんじゃねえの。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 八幡 はあ、まだ一日しかたってないがやけに疲れたな.......... こんなのが、毎日続くのかよ..........。 ガチャ 小町 「あ、お兄ちゃんおかえり~! 」 八幡 「おう.......... なんか背伸びたな、お前。 」 小町「そりゃ、小町はもう中学生ですから。 ほんっと、しょうがないな~ごみいちゃんは。 学校どうだった?」 八幡「いろいろあって疲れたな。 授業は意味不明だし、変な部活にいかなきゃならないし。 」 小町「そうだね~確かにいきなり飛び級したようなものだからね、そりゃ疲れるよね。 」 八幡「まあ、そういうことだ。 あ、そーいやこいつらが何故かついてきたんだが..........。 」 雪ノ下「こんばんは、小町さん。 」 結衣「や、やっはろ~小町ちゃん。 」 小町「あー、雪ノ下さんに結衣さん! いつも兄がお世話になっております~!」 雪ノ下「少し比企谷君に試したいことがあるのだけれど、あがっても構わないかしら?」 小町「どうぞ、お構い無く~! あっ! 小町は急に用事を思い出したから、ちょっと出掛けてくるねお兄ちゃん! 」 八幡「え、あ、いや、急すぎるだろ..........。 」 雪ノ下「何をぐずぐずしているのかしら、比企谷君。 早く貴方の部屋へ案内して頂戴。 」 八幡「はあ..........。 」 八幡「それでここが俺の部屋の訳だが、そろそら何をしに来たのか教えてもらえないか?」 雪ノ下「そうね、時間がないわ。 始めましょう、由比ヶ浜さん」 結衣「うん.......... ごめんね? ヒッキー。 」 八幡「由比ヶ浜.......... ? 雪ノ下.......... ? お前ら何を.......... っておいちょっと待て!」 雪ノ下「何をしているの? 暴れないでじっとしてなさい。 」 八幡「いや、いきなり人をベッドに押し倒すんじゃねえよ。 頼むからわかるように説明してくれ..........。 」 結衣「つまりね、いつ記憶が戻るかわからないしショック療法で戻しちゃおうって、ゆきのんと決めたの。 」 八幡「え.......... っておい! なんで制服脱いでんだよ!?」 雪ノ下「あら、私達の下着姿が気に入らないというの?」 八幡「い、いや。 そういうことじゃ..........。 」 結衣「ヒッキー、緊張しないでリラックスしててね.......... ちょっと恥ずかしいけど頑張るから.......... 」 八幡 「え、いや、その雪ノ下!? 由比ヶ浜!?」 雪ノ下「あら、女の子二人に抱きつかれて嬉しくないの? じっとしてなさい?」 結衣「ヒッキー.......... 」 八幡「お前ら落ち着けって! いくら俺が記憶喪失だからといって、そんな一日で戻そうとする必要なんてないだろ!?」 雪ノ下「いいえ、あるわ。 時間がないのよ。 」 八幡「意味がわからん..........。 」 結衣「私もわからないけど.......... なんか早くしないとダメな気がするんだ。 」 八幡「ますますわからん......... い、いやだから!」 雪ノ下 「比企谷君!」 結衣「ヒッキー!」 八幡「わ、わかったよ..........。 」 八幡 な、なんでこんな美少女二人に抱きつかるというラブコメ的展開になったんだ.......... ? 訳がわからないが心地よい.......... いや、ここで身を委ねてはいけない。 無になろう。 これは何か裏があるに違いない。 目を閉じて何も考えるな。 そのうちにきっと二人も落ち着いて.......... 雪ノ下「比企谷君、比企谷君! 」 結衣「ヒッキー!」 八幡 ああ、暖かくて気持ちいい.......... 抱きつかれるって意外と良いものだな.......... それにしてもそんな涙声になるほど必死に名前を呼ばなくてもいいだろうに 八幡「.......... そんな必死に呼ぶなって、そのうち戻るから.......... あれ、お前らいつの間に服を。 」 雪ノ下「ひ、比企谷君」 結衣「あ.......... ヒッキー!!」 八幡「ちょっ.......... だから抱きつくなってさっきから..........。 」 医者「信じられん、一度心臓と脳が完全に停止したのに、一瞬でここまで復活するとは.......... 」 八幡「え?.......... ?」 雪ノ下「覚えてない? 貴方は私たちを庇ってトラックに跳ねられたのよ?」 結衣「それからずっと二人で名前を呼び続けて.......... やっと伝わった.......... !!」 八幡 ああ、思い出した......... じゃあ、あの世界は.......... 夢、だったのか? 八幡 「ああ、ありがとうな二人とも。 なんか夢の中でお前らの声が聞こえた気がするよ。 」 雪ノ下「ええ」 結衣「うん!」 八幡「なんだ、お前ら。 いつもなら何かとバカにしてくるのに珍しいな。 」 雪ノ下「ふふふふ」 結衣「えへへへ.......... 」 八幡 この事故をきっかけに、俺たちの関係はまた変わっていくのだろうか。 そういえば二人との出会いも事故からだったな.......... そんなに事故も悪いものではないのかもしれない。 八幡 「俺の青春ラブコメは間違っていなかったのかもしれないな..........。

次の

イナズマイレブン~比企谷八幡伝説~

八幡 ss 神童

神とは• を超えた存在で、人間に対し禍福や賞罰を与え、・の対象となるもの。 各国の、、などに登場する。 のひとつ。 人間業とも思えない素晴らしいやで生み出されたもの。 またはそのようなものを生み出すを指す。 それに見合わないくらいレベルが低かったり、していたりすると、嘲笑の意味を込めて「」「」等と言われることもある。 日本で用いられているのひとつ。 pixivにおける『神』 においては以下のような作品に対して付けるとして扱われる。 および世界各国で「神」とされる存在を題材とした作品。 人間業とも思えない素晴らしいやで生み出された作品。 およびその作品を生み出した人物。 「神」と称されるものや、「神」のイメージを想起させるものが描かれた作品。 「神」という名のキャラクターが描かれた作品。 かたくるしい概要 原始的信仰 人類がまだやもつくらず生活していた時代から、風雨・寒暖などの「」は「何者か」が起こしていると観る思想があり、その「」に対する畏怖と感謝による信仰形態が発生したことは想像に難くない。 「大地の産物が多く実るように」「隣人が災害に遭わないように」など、生活に関わる単純が願いが込められていたのだろう。 原始宗教の信仰対象として「」が挙げられるが、鳥獣と同じ人類のメスが「子孫を出産する」という行為が「大地が産物を実らす」ことと同一視され、多大な生命を育むの存在として「」のような存在が感得されたのだろう。 また、人類とは違う存在として宙空を飛行する「鳥類」、地上・森林に住む「野獣」なども、神または神の使者のように扱われ、やがて「」の原点へと発展していく。 またそれと並行して、すべての現象の根源に対する意識も深まり、こちらは「至高神」として、多神教の主神(信仰の多さとは必ずしも一致しない)、そして一神教の単独の「神」(下位に従える霊的存在は別の名で呼ばれる)となる。 日本のは、こうした原始信仰の名残を色濃く残しているが、これに後世伝来した、、そしてこれら外来思想を日本独自に整理したなどの要素が複雑に重なっている。 他の文化圏では、後世に広がった一神教などの外来の宗教が在来の神を駆逐し、かつての神は新たな信仰の神やそれに準じるもの(など)に編入されるか、「」や「」、「」「」などと扱われるようになっていった(これに対し日本では、神と妖怪の区別は非常に曖昧であり「妖怪も神のうちに含まれる」と捉えることもできる)。 日本の神(カミ) 正確には、日本語の「 カミ」は中国語の「神」とも、神と誤訳された英語の「GOD」とも異なる意味の語である(後述)。 日本における神様とは、• 神話に登場する神々• 神社に祭られている祭神• 魂 霊• 動植物をはじめ自然界の事物や現象 など、その他どのようなものであっても、 超人間的威力やはたらきを持つ畏れ多い物が神である。 善神もあれば悪神も存在し、人間に危害を及ぼすような悪神であっても、心和んで喜べば人間に恵みをもたらすことがある。 このことは、の国学者が、その著作『古事記伝』で日本の「カミ」を以下のように定義していることからわかる。 『尋常(よのつね)ならずすぐれたる徳(こと)のありて、可畏(かしこ)き物を迦微とは云うなり。 』 『貴きもあり、賤しきもあり、 強きもあり弱きもあり、善きもあり悪しきもありて、 心も行もそのさまざまに随いて、とりどりにしあれば、 大かた一むきに定めては論いがたき物になぬありける。 』 簡単に言えば、 「どんなモノであっても、とにかく、何かしらずば抜けていれば カミ」 という意味である。 しかも、それは「鳥獣木草のたぐい」といった動植物の範囲を問わないし、必ずしも「善い」「美しい」というポジティブな方向でずば抜けている必要も無い。 極端な話、極悪人はその突出した行により「神」としての性質を帯びているのである、と捉えることもできるし、人間離れした容姿のはその突出した醜さ故に神としての性質を帯びている、ということもできるのである(ネット上などでが「神」と称されることがあるのは、日本語本来の意味に照らすと正しい用法である。 そうでなくても という言葉すらあるし)。 こうした「 カミ」観は、日本に於いて根強いが、これは、神道における「」の思想に端を発するモノである。 天皇が、いわゆる「」と呼ばれる所以は、からの観念である「アキツミカミ 現御神 」の信仰からきているものである。 しかし、この観念は「絶対神」ではなく、上記の独自の「カミ」である。 また、先に挙げた「人間業とも思えない素晴らしいやで生み出された作品。 およびその作品を生み出した人物」を「神」と称するのも、日本らしい感性が為せる業と言える。 だがやはりこのような特殊な概念を日本以外の国民に理解してもらうことは非常に難しく、特に一神教においては「神が複数存在することはあってはならない」ため、フィクション作品においても日本では気軽に「神」ないし「ゴッド」と呼んでいるものが、海外では別の名あるいは概念で置き換えられていることが多い。 以下は一例• 『』におけるは「god」ではなく「カミ=サン」という固有名詞扱いで呼ばれている• は、のとしてに祀られている例である(ただし、特化したというよりは、「」に基づくモノであると言われる)。 事例2 一般的呼称においても、「神」という言葉は実に多く使用されている。 例として• ただし、その呼称に於いては各人の主観が大きいことを留意されたい。 漢語の『神』と西洋の『GOD』 余談であるが、漢語での 神とは、自然界の不思議な力を持つ物などを表す文字であり、人格的な存在を指すものではない。 古代中国人は雷を天の神と考えたが、後には広く一般に「神秘的なもの」の意となった。 中国語の聖書では、キリスト教の神は「上帝」あるいは「天帝」と訳されている。 英語での God とは、主に一神教的神の意味の他、多神教における神、そしてその中でもgoddess(女神)に対する形で男神の意味等で用いられる。 フランス語 Goutte、Gott も同義。 「ゴッド」という語の由来も、ヘブライ、アラム語の文書からもっと昔まで追っていくと、はじめは「神」という単数形はなく、初期の神話的伝承はそろって複数の「神々」で、本来は「雲中をかけめぐる者たち」というような意味であるといわれる。 などにおいて、一神教的意義でない「神」には、元は「主人」を指す「lord」「lady」を使う事も多い。 日本の カミと漢語の 神(シン)は明らかに意味が異なるし、英語の ゴッドとも意味のずれがある。 何らかの意味で傑出した人物を神と称するような用法は英語にはない。 なお、古い漢訳聖書では、天使を「神」と訳する例がある。 仏教の神 本来のでは、超越的な存在への絶対服従を求めるような考え方はなく、には無用なので神の存在を扱わない。 仏教における神は、人間やその他の生き物と同様、衆生の一種(「すごい生き物」ではあるが)という位置づけにすぎない。 だが、仏教が広がっていく過程で土着の信仰を取り込んで、神が仏法の守護神として扱われるような現象が起こった。 原始仏教では、苦楽共にある人間とは違いになる機会に恵まれていないとされていたが、日本では神も仏になる事ができるとされ、八幡神が「八幡大菩薩」と呼ばれたり、本地垂迹説により高位の神は対応する仏が姿を変えて人々のために現れたとされたりしている。 フィクション 世界では様々なジャンルで登場し、主人公と複雑な絡みを見せてくれる。 詳細はを参照。

次の