進撃 の 巨人 127。 [B!] 【進撃の巨人】ネタバレ127話「終末の夜」最新<あらすじ感想と考察まとめ>128話 | 進撃の巨人ネタバレ最新考察|アニメ感想まとめブログ

【進撃の巨人 考察】モブからサブへ!フロック活躍まとめ

進撃 の 巨人 127

アニメ一期の時の、リヴァイ班及びハンジによるエレンの巨人化の実験を思い出してください。 あの時、枯れ井戸の底でエレンは巨人化しようと手を噛み傷をつけましたができませんでした。 その後、スプーンを拾おうとしたら、突然巨人化しましたよね。 その後、ハンジさんが推測で解説してくれていますが、巨人化には、「傷」と「何かしらの目的」が必要なんです。 つまり、ライナーは腕を噛まれましたがあの時は巨人化しよう!と彼自身が思ってないのでしなかったと言うことです。 また、壁の上の時は、ミカサが2人に傷をつけてしまったため自分で傷をつける必要がなかっただけです。 別に「自傷」じゃなくてもいいわけです。 また何か分からないことがありましたら、返信お願いします。 コニーの村以降は壁を守る兵士としての思想が勝っています。 ベルトルトが昔は戦士だったが今は違う。 と話しているのにライナーは理解してません。 女型とライナーは仲間です。 あの時アルミンが顔を確認するからフードを被れば即死攻撃はしないと予想します。 しかし攻撃直前にフードを自ら下ろしてわかる様に攻撃します。 女型がライナーを掴んでいる最中にライナーは刃でエレンの位置を手の掌に刻んでます。 それを女型は確認して方向転換。 あの傷は女型の手の掌の傷から出た返り血です。 壁上ではミカサの攻撃が自傷行為と同じ役割りです。 それに伴い明確な目的があるので巨人化出来ます。 ウドガルド城のコニーを助けた時とは根本的に違います。 あの時は兵士として思想なので戦士としての覚悟はありません。 ライナーも自ら混乱していてエレンにカミングアウトしてる事から心の中で揺れ動いているのがわかります。

次の

【進撃の巨人】127話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想!

進撃 の 巨人 127

見ていきましょう。 ハンジ、ジャン、ミカサの密会 家は当然 セントラルの一等地を要求する 朝だろうと昼だろうと 上等の酒をかっくらってやる 誰にも文句は言わせねぇ 嫁も子供も孫の代まで幸せに暮らせる権利があるはずだ そうだろ? 俺たちが命がけで戦ったから この島には未来があるんだ… だから… 聞き流せ ジャンと思しき男性が家のベランダで酒を飲み、家の中には奥さんと子どもの姿が。 コンコン と窓を叩いたのはハンジで、場所は砦の中に移ります。 ジャンが両耳を塞いでベッドの上で座っていたところ、外からハンジが窓を叩いてジャンを呼んでいました。 ジャンは 考え事をやめ外に出ます。 歩いていくとそこにはミカサとハンジがいました。 「よく来たね」 とハンジ。 近くの建物に入るとハンジが話を始めます。 ハンジは状況をミカサから聞いたようです。 リヴァイの安否や車力の巨人と手を組んだことをジャンたちに伝えます。 ハンジがエレンを止めると言うと、ミカサはそれに賛同、しかしジャンは島の未来を考え、躊躇。 それでもハンジは 「虐殺はダメだ!!」 と怒鳴り机をたたきます。 自分はまだ調査兵団の14代団長、死んだ仲間が見ている気がすると言います。 パラディ島だけを自由にすると言う仲間はいないだろうと言うハンジは、エレンを止めるには今しかないとジャンたちに伝えます。 敵・味方集合の夜 そして時間が経ち、ジャン、ハンジ、ミカサ、アルミン、コニー、ガビ、ファルコ、マガト、ピークが合流している様子が映ります。 彼らは森の中で一晩を明かすようです。 マガトとジャンが口論になったり、アニとミカサがやり合いそうになったりするなど、雰囲気はかなり悪そうな感じ。 なんとか収まったところで、 「頼りはアズマビト家だ」 とハンジが話し始めます。 アズマビト家の飛行艇を使い、始祖の巨人に近づこうと言うのです。 しかし現在始祖の巨人の位置がわからないため、エレンの進路を知る必要があるとマガト。 だからイェレナを連れてきたのだとマガト。 イェレナならエレンが向かう先を知っていると見たマガトはイェレナに問います。 マガト: 「イェーガーがまず向かう先は どこだ?」 イェレナ: 「…知るわけない」「知ってたとしてなぜ私が答える必要が?」 イェレナはマーレ人に協力などしない、と。 そこで車力の巨人となっているピークがイェレナの過去を明かします。 レベリオ襲撃時でイェレナにハメられたことでイェレナに関して調べたようです。 その結果、彼女はマーレ人だということがわかったと言います。 イェレナが思い出させた過去 そこでイェレナは 「少し思い出してみませんか?」 と104期兵の過去の戦果や行いを語り始めます。 ライナーがシガンシナ区内門に穴を空けたこと、アニが調査兵をたくさん殺したこと、アルミンがレベリオで軍港、民間人を含む大量の人々を殺したこと、コニーたちがレベリオを血で染めたこと、ジャンが車力目掛けて撃った雷槍が外れたこと、ガビがサシャを殺したことなど。 そしてイェレナは思い出したかのようにマルコの名前をあげました。 イェレナ: 「あー」「忘れてた」 「何でしたっけ?以前教えてもらったあなたの親友の名前は…」 「そうだ…」「マルコだ」 マルコの死の真相はアニから聞いたのか?とジャンに尋ねるイェレナ。 アニが自分がやったと答えますが、後からライナーが自分が命令したことを明かします。 ライナーは自分のことを許さないでくれ、と言いますが、もうそのことはいいとジャン。 「…すまない」 とライナー。 次の瞬間、突然ライナーのほうに突っ込み顔面を殴るジャン。 コニーとアルミンに止められるジャンですが、ライナーを蹴ります。 がしかしガビがライナーを庇ったために、ガビの脇腹にジャンの蹴りが炸裂。 ガビは自分たちが言うのも図々しいが、どうかエレンを止めるのを協力してくれと頭を下げてジャンたちにお願いするのでした。 港へ向かえ!… 翌朝、彼らは荷車に荷物を乗せ、馬に引かせて移動を始めます。 一行が向かっているのは、アズマビト家の飛行艇が用意されている港です。 向こうの方から車力の巨人がやってきました。 マガト: 「止めろ」「何かあったようだ」 うなじから出てきたピークが伝えました。 1ページ目で正直驚きましたよ。 現在の荒廃しているパラディ島ではないし、まず場所がよくわからなかったです。 レベリオかなとも思いましたが、映っているのはジャンですよね。 しかもジャンの雰囲気がちょっと違う…。 そう!これは ジャンの妄想でした。 家はセントラルの一等地がいいそうで、ここら辺は憲兵団に入って快適な暮らしを求めていた訓練兵時代のジャンを匂わせますね(笑)。 しかも奥さんは ミカサでした。

次の

【進撃の巨人 考察】モブからサブへ!フロック活躍まとめ

進撃 の 巨人 127

見ていきましょう。 ハンジ、ジャン、ミカサの密会 家は当然 セントラルの一等地を要求する 朝だろうと昼だろうと 上等の酒をかっくらってやる 誰にも文句は言わせねぇ 嫁も子供も孫の代まで幸せに暮らせる権利があるはずだ そうだろ? 俺たちが命がけで戦ったから この島には未来があるんだ… だから… 聞き流せ ジャンと思しき男性が家のベランダで酒を飲み、家の中には奥さんと子どもの姿が。 コンコン と窓を叩いたのはハンジで、場所は砦の中に移ります。 ジャンが両耳を塞いでベッドの上で座っていたところ、外からハンジが窓を叩いてジャンを呼んでいました。 ジャンは 考え事をやめ外に出ます。 歩いていくとそこにはミカサとハンジがいました。 「よく来たね」 とハンジ。 近くの建物に入るとハンジが話を始めます。 ハンジは状況をミカサから聞いたようです。 リヴァイの安否や車力の巨人と手を組んだことをジャンたちに伝えます。 ハンジがエレンを止めると言うと、ミカサはそれに賛同、しかしジャンは島の未来を考え、躊躇。 それでもハンジは 「虐殺はダメだ!!」 と怒鳴り机をたたきます。 自分はまだ調査兵団の14代団長、死んだ仲間が見ている気がすると言います。 パラディ島だけを自由にすると言う仲間はいないだろうと言うハンジは、エレンを止めるには今しかないとジャンたちに伝えます。 敵・味方集合の夜 そして時間が経ち、ジャン、ハンジ、ミカサ、アルミン、コニー、ガビ、ファルコ、マガト、ピークが合流している様子が映ります。 彼らは森の中で一晩を明かすようです。 マガトとジャンが口論になったり、アニとミカサがやり合いそうになったりするなど、雰囲気はかなり悪そうな感じ。 なんとか収まったところで、 「頼りはアズマビト家だ」 とハンジが話し始めます。 アズマビト家の飛行艇を使い、始祖の巨人に近づこうと言うのです。 しかし現在始祖の巨人の位置がわからないため、エレンの進路を知る必要があるとマガト。 だからイェレナを連れてきたのだとマガト。 イェレナならエレンが向かう先を知っていると見たマガトはイェレナに問います。 マガト: 「イェーガーがまず向かう先は どこだ?」 イェレナ: 「…知るわけない」「知ってたとしてなぜ私が答える必要が?」 イェレナはマーレ人に協力などしない、と。 そこで車力の巨人となっているピークがイェレナの過去を明かします。 レベリオ襲撃時でイェレナにハメられたことでイェレナに関して調べたようです。 その結果、彼女はマーレ人だということがわかったと言います。 イェレナが思い出させた過去 そこでイェレナは 「少し思い出してみませんか?」 と104期兵の過去の戦果や行いを語り始めます。 ライナーがシガンシナ区内門に穴を空けたこと、アニが調査兵をたくさん殺したこと、アルミンがレベリオで軍港、民間人を含む大量の人々を殺したこと、コニーたちがレベリオを血で染めたこと、ジャンが車力目掛けて撃った雷槍が外れたこと、ガビがサシャを殺したことなど。 そしてイェレナは思い出したかのようにマルコの名前をあげました。 イェレナ: 「あー」「忘れてた」 「何でしたっけ?以前教えてもらったあなたの親友の名前は…」 「そうだ…」「マルコだ」 マルコの死の真相はアニから聞いたのか?とジャンに尋ねるイェレナ。 アニが自分がやったと答えますが、後からライナーが自分が命令したことを明かします。 ライナーは自分のことを許さないでくれ、と言いますが、もうそのことはいいとジャン。 「…すまない」 とライナー。 次の瞬間、突然ライナーのほうに突っ込み顔面を殴るジャン。 コニーとアルミンに止められるジャンですが、ライナーを蹴ります。 がしかしガビがライナーを庇ったために、ガビの脇腹にジャンの蹴りが炸裂。 ガビは自分たちが言うのも図々しいが、どうかエレンを止めるのを協力してくれと頭を下げてジャンたちにお願いするのでした。 港へ向かえ!… 翌朝、彼らは荷車に荷物を乗せ、馬に引かせて移動を始めます。 一行が向かっているのは、アズマビト家の飛行艇が用意されている港です。 向こうの方から車力の巨人がやってきました。 マガト: 「止めろ」「何かあったようだ」 うなじから出てきたピークが伝えました。 1ページ目で正直驚きましたよ。 現在の荒廃しているパラディ島ではないし、まず場所がよくわからなかったです。 レベリオかなとも思いましたが、映っているのはジャンですよね。 しかもジャンの雰囲気がちょっと違う…。 そう!これは ジャンの妄想でした。 家はセントラルの一等地がいいそうで、ここら辺は憲兵団に入って快適な暮らしを求めていた訓練兵時代のジャンを匂わせますね(笑)。 しかも奥さんは ミカサでした。

次の