専属 エージェント 契約。 加藤浩次の反乱は無駄じゃなかった? 吉本興業「専属エージェント契約」の功罪|日刊サイゾー

専属エージェント契約の仕組みをわかりやすく図で解説!【吉本・芸能人】|Media Ocean

専属 エージェント 契約

マネージメント契約なのか、エージェント契約なのかは、問題は中身であり、名前の問題ではないと思います。 吉本と吉本所属芸人と呼ぶ芸人さん達の間には、書面契約はないものの、吉本側にも、芸人さん達にも、あたかも「専属マネージメント契約(以下専属契約)」があるかの如く、行動をしてきたと認識されます。 言わば、口頭の「専属契約」があると、お互いが認識しているだけで、いざ、裁判沙汰になった時、お互いが、法律の保護が受けられません。 故に、私は、メデイアが、吉本問題を大きく報道した開始した当初から、書面で、「専属契約」を締結すべし、と述べてきたものです。 仮に、吉本は、専属芸人だと認識していた芸人が、どこでどんな仕事をしようが、他の芸能事務所の仕事をしようが、裁判所に訴えても、当該芸人が、仕事単位で、個別マネージメント契約(個別契約)を締結しているに過ぎないと主張したら、法律的に対抗できないでしょう。 実際に、6千人と言われる吉本所属芸人達は、ほとんどはNSCという吉本経営のお笑い学校の卒業生が、オーデイションも受けずに、吉本に名前と連絡先を登録しただけの、いわば、芸人の卵、吉本の登録芸人(=個人事業主)というだけで、修行中の芸人達です。 吉本が全員と専属契約をしているとの認識があるのか、大いに疑問です。 単純に、仕事単位で、個別契約しているとの認識に過ぎないのではないでしょうか。 上記、芸人の卵、無名芸人達は、法律的には、吉本以外のどんな仕事をしようが、他芸能事務所の仕事をしようが、本来「自由」です。 ところが、彼らは、「吉本芸人」というネームバリューと、吉本劇場にほぼ無料で出演可能性があること、また、売れた先輩芸人と、一緒に出演可能性があること、などの理由で、「自ら」「専属芸人」の如く、行動をしているケースがほとんどだと思います。 吉本は、希望する芸人とは、書面契約をする用意あると公表していますが、実際に6千人の芸人と書面契約を締結し、マネージメントできるのか大いに疑問です。 現在、吉本社員の内、芸人担当の社員は150-200名と言われています。 もう一つの問題は、書面契約を締結するとなれば、吉本劇場のコスト、ライブの赤字なども、芸人に正式要求する可能性もあるということです。

次の

専属エージェント契約を分かりやすく解説!メリットとデメリットも!

専属 エージェント 契約

所属タレントの反社会的勢力への闇営業問題をめぐって、は8月8日、東京・新宿の東京本部で、「経営アドバイザリー委員会」(座長:川上和久氏・国際医療福祉大学教授)の初会合を開いた。 同社の岡本昭彦社長は7月の記者会見で「タレント、社員はファミリー」と話していたが、 同社の口頭契約は問題視されていた。 今回の「専属エージェント契約」を導入することで、どんな変化があるのだろうか。 芸能問題にくわしい河西邦剛弁護士に聞いた。 これによって、芸能事務所は、タレントを育成して、メディアに売り込み、仕事を取ってくるという「マネジメント」をすることになります。 このマネジメントには、育成や売り込み営業、契約交渉、スケジュール管理にとどまらず、税務や法務、上京した場合の住居サポートなど、タレントの生活に幅広く及ぶトータルマネジメントになります。 日本において、芸能事務所とタレントとの関係に、家族的関係が多い理由はトータルマネジメントにあることが一因ともいえます。 これに対して、「専属エージェント契約」というのは、タレントがトータルマネジメントを受けるのではなく、タレントが中心となって、芸能活動に必要な業務ごとに代理人(エージェント)を選任するというスタイルです。 たとえば、契約交渉、コンサート運営、楽曲制作業務、商品制作・販売、ファンクラブ運営、税務業務、法律業務など、芸能活動に必要な業務を別々のエージェントや税理士、会計士、弁護士などの専門家に委託するということになります。 欧米ではこうしたエージェント契約が主流です。 まず、有名になるためには、テレビをはじめとしたメディア露出が不可欠です。 そして、日本においては、テレビ業界などメディアと芸能事務所の結びつきが極めて強いので、メディア露出するためには芸能事務所に所属して、トータルマネジメントを受ける必要があるというのが現状でした。 最近は、Youtuberなど、ネットメディアを活用したスタイルもありますが、企業CMや映画など、多額の資金が動くところには、やはり依然としてテレビ局などのメディアが大きく関与しているのが実情です。 たとえば、楽曲制作やコンサートなど音楽活動については、ミュージシャン本人がおこなって、テレビ出演などのメディア露出する際には芸能事務所のマネジメントを受けるというケースです。 ただ、私が知る限りでは、お笑い芸人において専属エージェント契約というは今まで聞いたことがありません。 6000人ともいわれる吉本芸人全員に十分なトータルマネジメントをおこなおうとすると、吉本興業の経営そのものが破綻する可能性もあります。 一方で、吉本興業の業務を仕事の獲得や契約業務に限定すれば、吉本興業の負担は軽減されることになります。 また、同時に、それ以外についてはお笑い芸人の自由ということで、お笑い芸人の活動の幅を広げることにつながる可能性もあります。 特に、現時点でかなり売れているお笑い芸人にとっては、主体的に吉本興業にどのような業務を委託するのか選べるので、自由度の高い契約といえます。 しかし、吉本興業が「お金になるおいしい部分のみマネジメントする」「面倒な雑務は芸人任せ」ということの根拠にされかねない可能性があります。 実際、芸能事務所とタレントとのパワーバランスは、宮迫さんのケースをみればわかるように、ごくごく一部の超超有名お笑い芸人を除いて、圧倒的に芸能事務所優位です。 このような歴然としたパワーバランスがある中で、吉本興業のいう専属エージェント契約がうまく機能するのかについては課題も残ります。 結果的に、吉本興業は、売れる見込みのある芸人には専属マネジメント契約を提案し囲いこむ、そうでないお笑い芸人は専属エージェント契約で「買い叩く」「お金になる仕事のみマネジメントする」というような使われ方がなされる可能性も捨てきれません。 【取材協力弁護士】 「レイ法律事務所」、芸能・エンターテイメント分野の統括パートナー。 多数の芸能トラブル案件を扱うとともに著作権、商標権等の知的財産分野に詳しい。 日本エンターテイナーライツ協会(ERA)共同代表理事。 アイドルグループ『Revival:I(リバイバルアイ)』のプロデューサー。

次の

加藤浩次 吉本導入の「専属エージェント契約」は自身の提案と明かす― スポニチ Sponichi Annex 芸能

専属 エージェント 契約

所属タレントの反社会的勢力への闇営業問題をめぐって、吉本興業は8月8日、東京・新宿の東京本部で、「経営アドバイザリー委員会」(座長:川上和久氏・国際医療福祉大学教授)の初会合を開いた。 報道によると、吉本興業はこの中で、(1)所属タレント全員と書面の契約をむすぶ、(2)これまでの「マネジメント契約」に加えて、新たに「専属エージェント契約」を導入する、(3)タレントが2つの契約形態から選べるようにする--と明らかにした。 同社の岡本昭彦社長は7月の記者会見で「タレント、社員はファミリー」と話していたが、 同社の口頭契約は問題視されていた。 今回の「専属エージェント契約」を導入することで、どんな変化があるのだろうか。 芸能問題にくわしい河西邦剛弁護士に聞いた。 これによって、芸能事務所は、タレントを育成して、メディアに売り込み、仕事を取ってくるという「マネジメント」をすることになります。 このマネジメントには、育成や売り込み営業、契約交渉、スケジュール管理にとどまらず、税務や法務、上京した場合の住居サポートなど、タレントの生活に幅広く及ぶトータルマネジメントになります。 日本において、芸能事務所とタレントとの関係に、家族的関係が多い理由はトータルマネジメントにあることが一因ともいえます。 これに対して、「専属エージェント契約」というのは、タレントがトータルマネジメントを受けるのではなく、タレントが中心となって、芸能活動に必要な業務ごとに代理人(エージェント)を選任するというスタイルです。 たとえば、契約交渉、コンサート運営、楽曲制作業務、商品制作・販売、ファンクラブ運営、税務業務、法律業務など、芸能活動に必要な業務を別々のエージェントや税理士、会計士、弁護士などの専門家に委託するということになります。 欧米ではこうしたエージェント契約が主流です。 まず、有名になるためには、テレビをはじめとしたメディア露出が不可欠です。 そして、日本においては、テレビ業界などメディアと芸能事務所の結びつきが極めて強いので、メディア露出するためには芸能事務所に所属して、トータルマネジメントを受ける必要があるというのが現状でした。 最近は、Youtuberなど、ネットメディアを活用したスタイルもありますが、企業CMや映画など、多額の資金が動くところには、やはり依然としてテレビ局などのメディアが大きく関与しているのが実情です。 --専属エージェント契約の導入は「日本初」なのでしょうか? 日本においても、ミュージシャンはまれにエージェント契約のケースがあります。 たとえば、楽曲制作やコンサートなど音楽活動については、ミュージシャン本人がおこなって、テレビ出演などのメディア露出する際には芸能事務所のマネジメントを受けるというケースです。 ただ、私が知る限りでは、お笑い芸人において専属エージェント契約というは今まで聞いたことがありません。 6000人ともいわれる吉本芸人全員に十分なトータルマネジメントをおこなおうとすると、吉本興業の経営そのものが破綻する可能性もあります。 一方で、吉本興業の業務を仕事の獲得や契約業務に限定すれば、吉本興業の負担は軽減されることになります。 また、同時に、それ以外についてはお笑い芸人の自由ということで、お笑い芸人の活動の幅を広げることにつながる可能性もあります。 特に、現時点でかなり売れているお笑い芸人にとっては、主体的に吉本興業にどのような業務を委託するのか選べるので、自由度の高い契約といえます。

次の