スマホ 文字 化け。 スマホでの文字化けは原因と対処方法を知れば怖くない

iPhoneの文字化けメールの直し方|docomo・au・ソフトバンク共通

スマホ 文字 化け

携帯電話からスマホに機種変更する場合、携帯電話では「Shift-JIS」、AndroidスマートフォンやiPhoneでは「UTF-8」 を使っています。 文字コードをパソコン側のエディターや、スマホのアプリ(Jota Text Editorなどのテキストエディター) を使って「UTF-8」に合わせることで解決します。 AndroidスマートフォンからiPhoneに電話帳だけを移す場合には、電話帳を「. vcf」形式のファイルでバックアップを取ります。 設定アイコンをタップし、メモリカードに保存を選択、暗証番号(PINコード)で認証を行って電話帳を移します。 電話帳. vcfファイルを作成したらパソコンで読み込み、「. vcf」を「. zip」に拡張子を変更。 メールに添付してインポートしたいiPhoneに送ります。 添付ファイルを開いて「連絡先を追加」のメニューが出て来たらこれで完了です。 この時点で文字化けがある場合にはインポートを中止し、元のファイルをパソコンのエディターで開いて文字コードや機種依存文字(絵文字など)を修正、削除します。

次の

Androidで文字化けする場合の対応方法

スマホ 文字 化け

文字化けの原因となり得るもの ネットワーク端末全てに共通する事として、各文字にはコードが割り振られています。 ものすごく簡単に言えば、ネットワーク端末で文字として見える全てのものは記号の集合体です。 記号の組み合わせで人の目で文字として認識できるものは文字コードと呼ばれており、それらの羅列でスマホをはじめとするネットワーク端末の文字は構成されています。 また、これに加えて文字エンコードと呼ばれるものがありますが、簡単に言えばこちらは文字コードの変換方式であり、この方式が異なることで文字化けが起こります。 例えば、Androidでの文字コードではUTF-8、PCのメールではシフトJISコードなど事細かに細分化されており、異なる方式では文字を読み込むことは不可能です。 これは添付ファイルなどでも同一ですが、環境依存文字はエンコードか同じでも読み込めないこともある為、極力使用を控えましょう。 文字化けの改善方法 スマホにおける文字化けの改善方法は至って簡単です。 文字コードを判別するアプリを登録すれば、その変換方式に沿った文字エンコードに変換することが可能です。 また、現在では殆どの機種でJISコードを採用しているということも知識として覚えておきましょう。 そして、文字化けはwebページでも起こり得ますがこの場合も設定からエンコードを変換することによって認識可能な文字として理解することが可能となります。 もっともiPhoneの場合、標準ブラウザであるsafariにはエンコード機能がなくなってしまった為、Googlechromeなどの拡張性の高いブラウザをインストールしておけば文字化けが行っても問題ありません。 現在の環境では、PCとスマホの両方を所有し、場合によって使い分けるというスタイルが主流です。 しかし、機種間の情報のやり取りにおいて、文字化けが起きることも皆無ではありません。 その為、文字化けの原因を知り迅速に対処できるように普段からある程度の対処法を知っておくことが重要と言えるでしょう。

次の

AndroidでのMP3文字化けを直す方法

スマホ 文字 化け

文字化けの原因となり得るもの ネットワーク端末全てに共通する事として、各文字にはコードが割り振られています。 ものすごく簡単に言えば、ネットワーク端末で文字として見える全てのものは記号の集合体です。 記号の組み合わせで人の目で文字として認識できるものは文字コードと呼ばれており、それらの羅列でスマホをはじめとするネットワーク端末の文字は構成されています。 また、これに加えて文字エンコードと呼ばれるものがありますが、簡単に言えばこちらは文字コードの変換方式であり、この方式が異なることで文字化けが起こります。 例えば、Androidでの文字コードではUTF-8、PCのメールではシフトJISコードなど事細かに細分化されており、異なる方式では文字を読み込むことは不可能です。 これは添付ファイルなどでも同一ですが、環境依存文字はエンコードか同じでも読み込めないこともある為、極力使用を控えましょう。 文字化けの改善方法 スマホにおける文字化けの改善方法は至って簡単です。 文字コードを判別するアプリを登録すれば、その変換方式に沿った文字エンコードに変換することが可能です。 また、現在では殆どの機種でJISコードを採用しているということも知識として覚えておきましょう。 そして、文字化けはwebページでも起こり得ますがこの場合も設定からエンコードを変換することによって認識可能な文字として理解することが可能となります。 もっともiPhoneの場合、標準ブラウザであるsafariにはエンコード機能がなくなってしまった為、Googlechromeなどの拡張性の高いブラウザをインストールしておけば文字化けが行っても問題ありません。 現在の環境では、PCとスマホの両方を所有し、場合によって使い分けるというスタイルが主流です。 しかし、機種間の情報のやり取りにおいて、文字化けが起きることも皆無ではありません。 その為、文字化けの原因を知り迅速に対処できるように普段からある程度の対処法を知っておくことが重要と言えるでしょう。

次の