転職活動 前兆。 転職面接で会社を休む時、どんな理由や言い訳を伝える? 平日休めない・時間が取れない場合はどうすべき?|転職実用事典「キャリペディ ア」

転職活動をしてるのがバレてるかも?周囲が気づくポイントとは。

転職活動 前兆

この行動を見逃すな!部下が出す8つのサインとは? 部下が退職を申し出るまでには、いくつかの段階があります。 まず、自分が抱える不満や疑問が解決されず、あきらめた時に退職を決意します。 次に、会社に分からないように転職活動を開始。 最後に、新しい会社に内定をもらってから退職の意志を伝える、の3段階です。 そして、それぞれの段階ごとに前兆とも言える行動があります。 注意して観察していれば必ずその前兆に気づくはず。 これからお伝えする代表的な8つのサインを見逃さないことが大切です。 会議やミーティングなどでの発言が減る まず1つ目のサインは、会議やミーティングなどでの発言が目に見えて減ることです。 これは、退職を決意した最初の段階によく見られます。 退職を決意したことで仕事内容などどうでもよくなり、自分がいなくなった後のことに興味を持てなくなるためです。 会議やミーティングは、仕事の進捗状況や方針を決めるために欠かせません。 仕事に熱意のある優秀な部下ほど、その場で自分の意見を述べて積極的に関わろうとします。 実際にそういった場面での言動を評価の対象としている上司も多いのではないでしょうか。 普段から発言する機会が少ない部下ならよいのですが、今まで熱心に問題提起や提案をしてきた部下の発言が減った時は要注意です。 「体調が悪いのかな」などと軽く考えていてはいけません。 昼食や飲み会など社内の付き合いが悪くなる 1つ目のサインと動機は同じですが、退職を決意した段階で職場の人間関係に興味がなくなる人も少なくありません。 日々少しずつ蓄積していく不満、その原因が周囲の人間にある場合はなおさらでしょう。 今まで上司や同僚とランチに出かけていたのに一緒に行かなくなる、週末の飲み会に声を掛けても来ない、こういった変化が見られたら要注意かもしれません。 職場の人間関係に興味がなくなっている可能性があります。 働き続けるからこそ社内の人間関係を大切にしますが、辞めると決めれば無理する必要もありません。 同じ理由で、何気なく交わされる社員同士の雑談にも参加しなくなります。 ただし、仕事への興味が失せて急に業務中の雑談が増えるといったケースもあります。 「今までと違う行動か」をポイントに見極めましょう。 会社に対しての不平不満を言わなくなる 会社への不満や愚痴をいつも口にしていた人が急に大人しくなった、これも退職を決意した可能性が高いです。 よく「期待しているからこそ叱る。 期待していない人には叱ることもしない」と言われますが、それと同じ心境かもしれません。 会社が変わってくれるのではないかという期待があるからこそ、不満を口にするのです。 それを言わなくなったということは、会社に対する期待を捨てたということ。 別の見方をすれば、会社への不満を感じなくなったということです。 日頃、部下から会社や仕事に対する不平不満を聞かされていませんか。 会社に興味がなくなり退職に気持ちが向くことで表れるサインは多々ありますが、部下との関係性があれば気づけるサインです。 就業規則を密かにチェックしている これは目に見えて分かるサインではありませんが、注意して観察していればキャッチすることができます。 いざ退職となれば、社内的にいろいろなルールや手続きがあります。 退職の申し出はいつまでにすればよいのか、所定の退職届の有無、退職金はいくらぐらいになるのか、保険や年金の手続きなどです。 それ以外にも有休が何日残っているか、有休の買い取り制度があるのかなど、気になることは前もって確認しておきたいと誰しも思うはずです。 その人が優秀であればあるほど、周囲に気づかれないように情報収集して準備を進めます。 「こっそりと就業規則をチェックしている」「総務へ頻繁に何か聞いているようだ」といった行動が見られたら、それは退職の準備かもしれません。 残業時間が減り、定時で帰ることが増える 急に残業時間が減った社員はいませんか。 残業をしないにこしたことはありませんが、目に見えて残業時間が減っているようなら要注意かもしれません。 仕事に興味がなくなることで、仕事よりプライベートの時間を優先したいという気持ちも強くなります。 またプライベートだけではなく、転職活動をする段階に入っている可能性も高いです。 辞めると決めれば、今の仕事より転職活動を優先させる傾向があります。 他にも、髪型がこれまでと変わったり、派手なスーツが多かった人が急にネイビーやグレーの落ち着いたスーツを着るようになるなど、身なりが変わったということはありませんか。 残業時間が減ったことにくわえて、身なりにも変化があった場合は、業務後の面接の準備である可能性が高いです。 スマホを持って離席することが増える こちらのサインは、転職活動をしている第2段階の時期によく見られます。 事務職であれば業務中に仕事の電話が個人のスマホに入ることなどありません。 営業職など外部と接触する業務であれば、個人のスマホに顧客から連絡が入ることは珍しくありませんが、それなら自席で対応するはずです。 もし、電話が鳴った途端にスマホを持って部屋を出る、電話を取ったとしても会話を続けずに離席するなどの行動があれば注意しましょう。 在職中の転職活動では、面接日程や面接結果の連絡などが日中に入る場合があります。 誰でも重要な電話や楽しみな電話には早くでたいもの。 その気持ちの表れと言えます。 最近こそこそとスマホを持って離席しているなと感じたら、他に当てはまるサインがないか確認した方がよさそうです。 遅刻や早退、有休の消化が明らかに増える 「残業時間が減ってくる」というサインと似ていますが、転職活動を始めると徐々に遅刻や早退が増えてきます。 会社説明会への参加や面接のためです。 退職を決めた当初は、転職活動をしていることが周囲に分からないよう可能な限り業務後に面接を設定するなど、会社に対しても気を遣います。 しかし、それも最初のうちだけ。 時間が経つにしたがい、目の前の仕事に時間を割くより、転職活動を優先するようになります。 それと同時に有休を取得することが増えてきます。 有休の残日数が多い社員は、特にこの傾向が強いようです。 せっかくの有休が無駄にならないよう退職までのスケジュールを考え、退職の申し出をする前から計画的に有休消化を始めます。 同僚や後輩と仕事を共有し始める 担当している仕事を同僚や後輩と共有する場合、多くは上司の指示から始まることが多いのではないでしょうか。 そのような指示を受けていないのに、自分が担当する仕事について説明したり、資料を渡し始めたりしたら危険信号です。 「フォロー体制を作ろうとしている」「後輩の指導に熱心」などと、単純に考えていてはいけません。 退職する場合に避けては通れないのが仕事の引継ぎです。 仕事の共有を始める、作業のマニュアル化を始めるといった行動は、退職の準備を進めていると考えて間違いないでしょう。 また、新しい仕事を担当したがらないというのも前兆の1つです。 話題を変えてごまかしたり、時には他の人を推薦してくることもあります。 退職するのに新しい仕事に関わりたくないという気持ちの表れです。 CHECK 消耗するだけの日々、そろそろ抜け出しませんか?業界トップクラスの求人数を持つなら、あなたにあった会社や仕事がきっと見つかります。 相談は無料。 まずは話すだけでも、道は開けます。 「相談がある」と切り出されたら覚悟を決めろ! 部下の立場になって考えてみましょう。 上司に「相談がある」と切り出した時点で、その決意は揺るぎないはずです。 会社への不満を解消する方法の有無、転職活動の厳しさ、自分の将来など、そこに至るまでに部下は徹底的に考え抜いています。 部下が退職を切り出してから引き止めることは至難の業、ほぼ不可能と言ってもいいでしょう。 悲しいことに優秀な部下ほど全く兆候を見事に隠して事を進め、既に転職先の内定をもらって交渉の余地がない状態で申し出てきます。 だからこそ、前兆を見逃してはいけません。 退職の意志がある部下を引き止めたいなら、部下が話を切り出す前に手を打つことが大切です。 それでも「相談がある」と切り出されてしまったら、覚悟を決めるしかありません。 引き止めるのか、温かく送り出すのかを決めて面談に臨みましょう。 部下の退職で上司はマネジメント能力を問われる 退職者が出るとチームの業務量が増えるだけではなく、残るメンバーも士気が下がって悪影響が出ます。 さらに人材マネジメントができていないと判断され、上司の能力にも疑問符がつきます。 単純に「部下が辞めた」ということでは済まないのです。 部下を気にかけてコミュニケーションを取っていれば、その変化にすぐに気がつくはず。 上司の人材マネジメントが上手くいっているチームは、不平不満はあっても部下の退職を未然に防ぎ、高いモチベーションを維持しています。 人材マネジメントの観点からも、部下から切り出されて初めて退職の意志に気づくなど上司失格です。 その時に「何が不満なのか」と部下に問うのではなく、普段から部下の様子を観察してしっかり把握しておきましょう。 まとめ 「高い評価を受けている優秀な社員が会社を辞めるわけがない」こう考えている上司が多いのですが、今は優秀な社員から退職していく時代。 だからこそ、退職者を出さずにチームをまとめていくマネジメント能力が上司に求められています。 そのためには、良好な人間関係とコミュニケーションが必要です。 今回挙げた8つのポイント以外にも、「普段と違うな」と感じたら要注意。 部下にいかに「辞める」と言わせないか、それが上司の腕の見せ所なのです。 部下が働きやすい環境は上司が作るものだと理解すれば、自ずとチームマネジメントの能力は磨かれていきます。 高いマネジメント能力はどこに行っても重宝されるもの。 身に付けておいて損はありません。

次の

会社を辞めそうな人の特徴17選!退職する同僚や部下の前兆・雰囲気は?

転職活動 前兆

いつも仕事が忙しくなると「もう辞めたい」と口に出す人、いますよね。 でも、「辞めたい、辞めたい」と職場で堂々と言っている人は、文句を言いながら辞めずに働き続けてくれることがあります。 こういうタイプの人は「辞めたい」と口に出すことで ストレスを発散していることがあります。 しかし、本当に会社を退職しようと計画している人は、堂々と職場で「辞めたい」「退職を考えているんだ」と言うことは多くありません。 こっそり準備します。 だから、上司や人事部が把握できないのです。 ところがよく観察していると「退職したいオーラ」や「転職活動中雰囲気」を醸しだしています。 上司や人事部は気がつかなくても勘の鋭いアシスタントや、噂好きの人達の間で話題になっていることが多いようです。 では、どんな行動や振る舞いをしていると退職の兆候と考えられるのでしょうか。 すぐに転職活動を開始するとは限りませんが、何らかの悩みを抱えていることは確実です。 早めに上司がフォローに入り、悩みごとの解決に乗り出しましょう。 気が早い人は転職サイトの閲覧だけでなく、セミナーや転職エージェントへ相談に行っている可能性があります。 そこで、エージェントから条件の良い企業を紹介された場合、本格的に活動を始めてしまうかも知れません。 引き留めるのであれば、何が問題でどう解決すれば良いのか本人と話し合いましょう。 休憩やランチタイムは同僚に会わない場所で、転職サイトやエージェントとのメールのチェック、転職のノウハウ本を読んでいる可能性があります。 この時点を過ぎると引き留めるのが少し難しくなるので、 引き留めのアプローチは早めにおこないましょう。 注意をしながら転職の意志や転職を考えたきっかけを詳細にヒアリングをして、 会社に残る選択肢がないか話し合ってみましょう。 上司や人事でヒアリングをして本人の意志を確認して、社内でキャリアアップをする方法や関連会社への出向などを選択肢として、今の会社に残りながら 本人が希望する仕事ができることを説明して、説得してみましょう。 危険度が高いのは4月入社を目指しての活動です。 年度末で社内があわただしくなり、他人に目がいかない時に活動しているパターンです。 このタイプは計画的に転職活動を開始しているため、転職活動が難航しない限り引き留めには応じないでしょう。 普段ジーンズにTシャツで仕事している人がワイシャツを着てきたり、女性もスーツに近い服装で出勤する日が多くなるとバックやロッカーにジャケットを隠している可能性が高いでしょう。 先方が仕事中とわかっていながら、連絡をしてきているということは最終選考の連絡や内定通知の連絡と考えても良いかもしれません。 内定承諾をしないうちに引き留める話し合いをしてください。 転職活動のことが気になり、メモを取るふりをして面接の注意点を書いているかもしれません。 退職日にむけて、少しずつ荷物を持って帰っているのでしょう。 この時点ではすでに 退職手続きを自分なりに終えており、上司に退職をどう切り出すかを考えているだけだと思われます。 転職先の入社日まで日にちがない場合、前倒しでマニュアルを作成して引継ぎを簡単に済ませて退職する気かもしれません。 引き留めに失敗しても「 立つ鳥跡を濁さず」の気持ちを忘れずに退職をするように指導しましょう。 説明する側にとっても無駄な時間になるので、新しい業務説明をする相手を変更しましょう。 ある日突然辞めるタイプかもしれませんので、日頃からコミュニケーションを積極的に取りましょう。 ある日突然来なくなる可能性が高いので、トラブルが起きないように要注意です。 衛生管理者や産業医に相談して対処しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 あなたの会社に思い当たる人はにいませんか? 人材難の現在、引き留めの説得をするのであれば早いうちが良いでしょう。 きちんと話し合ってみると転職を決意した理由は、案外すぐに解決する問題であることが多いです。 離職率が高い職場は、ヤフー株式会社が導入している1on1ミーティングをはじめとした、社内コミュニケーション活性化を促すような取り組みを考えてみましょう。

次の

部下の退職の前兆15選とは?

転職活動 前兆

転職を検討している人の特徴 この初期段階の前兆は、転職を考え始めている時に多い特徴で、十分に転職を引き止めることができる可能性があります。 部下にこの特徴が見られたら、手遅れになる前に 悩みを聞いて相談に乗ることが退職させないためのポイントです。 社内で意見を言わなくなった 「会社を良くしたい」「出世したい」と考えていれば、会議や打ち合わせの場で、会社の業績アップのための提案や改善案など積極的に自分の意見を言うことが自然です。 「 昔は鋭い発言をしていたのに、最近おとなしいね」 以前に比べて会議の発言や上司・チームへの提言が減ってきたときは、• 会社への意欲が低下している• 転職・退職を考えている 鬱(うつ)などの病気にかかっているか、会社を辞めることを考えている可能性があります。 特に、会議中にうつむいたり他の発言者の意見を聞いていなかったり前向きでない様子なら、「 辞める会社のことはどうでもいい」と考えているからです。 ランチを一人で食べるようになった 会社の人と一緒に食事を食べることは、人間関係や情報交換ができるメリットがあるため、時間がないなどの場合を除いて、同僚たちと共に昼食を食べる人が多いと思います。 もちろん、「いつも同じ人」と食べているとマンネリ化してしまいますが、それでも、突然ランチを1人で食べ始めることは「何か異変」がある証拠です。 会社を辞めようと思っている• 悩みを抱えている 退職を考え始めている人は、辞める会社の人と 「関係性を薄めよう」「関わりたくない」と思うようになることがあります。 「 同僚とコミュニケーションを取るより、転職のための準備をしたい」 このように考えて、職場で活発なコミュニケーションを敬遠しはじめる兆候が、ランチを一人で食べるという形になって現れます。 ただし、一人でいることが多くなったということは、転職以外の悩みを抱えていることもあるので、上司としては、部下にこうした状態が現れたら、放置せずに話を聞くべきタイミングです。 昼休みに調べものをするようになった 分かりやすい兆候で、転職か独立などに向けて準備をしている社員に多い特徴です。 就業規則や退職金規程• 業界や会社研究• 転職サイトなどで求人をチェック 会社を辞めそうな人は、なぜか昼休みなどの短い時間に調べようとする傾向があります。 家に帰ってからなら、誰の目も気にしないで調べものや転職の準備ができるのに、昼休みを活用したくなるのは、「 辞める会社にいる時間は無駄」と考えているのでしょうか? ただし、単に一人で黙々とスマホを見ている場合は、ニュースをみたりゲーム、チャットをしているだけかもしれませんが、誰かが近づいた時に「 画面を隠す」「 メモを取る」などをしていたら、同僚たちに言えない「何か」をしていると思われます。 就業規則などを調べる 具体的に転職活動をし始めると、「退職願いの提出期限」などの就業規則や退職金規程なども気になってくるので、これらが社内ネットワークから簡単に見られる場合は調べ始めることでしょう。 なお、規則が書庫にあり申請しないと閲覧できない場合は、この段階ではまだ調べずに、 内定が近づいた頃に申請してくるでしょう。 資格の勉強を始めた 会社で働いていると、日々の業務に追われてしまい、わざわざ資格と取得しようと思いませんね。 「資格を取っても評価は変わらない」• 「資格の勉強する時間を業務にあてたい」 もちろん、仕事上資格が必要な場合は、取得が昇進・昇給に直結するので「やるしかない」ですが、そうでない場合、「 仕事で結果を出す」ことを重視してしまいますね。 ところが、転職を意識すると話が変わってきます。 このため、自身の転職市場での価値を上げるために「関連資格」を取得しようと考えることは自然のことですし、未経験分野に飛び込む場合でも、資格があることは「志望動機」として役に立ちます。 ただし、転職の直前に付け焼き刃で勉強したところで意味がないですが、 優秀な社員は1~2年後を見据えて、資格取得後に転職しようと考える人もいます。 【関連記事】 転職活動中の人の特徴 この段階は、実際に転職活動を始めている時に多い兆候やサインで、出勤や退勤時間、有給休暇などの勤怠に変化が出始めるのが特徴です。 引き留めるならこの段階までですが、実際に面接を受けていると思われるので面接の結果次第です。 出社時間が遅くなった 「彼、最近出社時間が遅くなったね」 以前は30分前に出社して始業前にメールチェックや仕事の段取りをしていた人が、急に出社時間が遅くなったら要注意です。 仕事のモチベーションが低下している• 引っ越して電車やバスのタイミングが変わった 引っ越して、乗り継ぎのタイミングが悪くなったり、直通電車で座って通勤するとギリギリになってしまうケースもありますが、引っ越してもないのに遅くなるということは、気持ちの変化があったからです。 例えば、転職活動を始めるようになると「辞める会社に対して頑張ってもしょうがない」と考えるようになる人が多いです。 「もう辞めるのだから、会社から評価が下がっても関係ない」 どんな優秀な社員でも、辞める直前はモチベーションが低下するものです。 ただし、ギリギリに出社して眠そうな顔をしていたら、単に夜更かししているだけかもしれませんが、どちらにしろ上司としては部下の悩みを聞いておくべきでしょう。 髪型や身なりが、以前より整ってきた とても分かりやすい転職活動中のサインで、エージェントに会ったり、面接をしていたりするから身なりがしっかりしているのです。 また、突然の面談・面接に備えて、面接予定の無い日もしっかりとしている場合も多いです。 なお、マニュキュアやネイルをしなくなったり、茶髪が黒髪になったりするのも面接対策ですが、誰から見てもわかる兆候なので、逆に応援したくなってしまいますね。 身だしなみの変化は転職のサイン• 髪型が会社員ぽく(真面目に)変わった• 化粧が地味に変わった• マニュキュアやアクセサリーをしなくなった 3. 紺やグレー色のスーツを着るようになった 服装が変わったら面接や面談などをしている可能性が高いです。 特に、今まで私服で出社していたのにスーツを着だしたり、明るい色のスーツを着ていたのに紺やグレーのスーツに変わったりすると、「誰かに会うため」以外の理由はあり得ません。 「気分転換したくて」 本人は、誰も信じないような言い訳をしてくるかもしれませんが、周りは面接と見抜かれてしまいます。 アフター5に面接があると、スーツをコインロッカーなどに入れて仕事後に着替えない限り、会社に着ていくしか方法がありません。 会社に面接用のスーツを着てくるようになると、「開き直っている」か「引き止めて欲しい」かのどちらかですが、逆に、あからさまに面接をしているをアピールされてしまうと、周りは声をかけ難くなってしまいますね。 スーツの変化は面接しているから• カジュアルな服装からスーツ着用に変わった• スーツの色が濃い紺・グレーに変わった 4. 有給休暇の取得が増えた、取得パターンが変わった 面接をするために有給休暇を取得しつつ、余っている休暇を消化しておこうと考えているからです。 また今までは、例えば奥さんの休みに合わせて休暇を取っていたのに、 違う日にも取るようになった場合も、面接の日程に合わせて取得している可能性があります。 【関連記事】 5. 退勤時間が早くなった 夜の面接をしているか、辞める会社に対して頑張ってもしょうがないと考えているのでしょう。 特に、今までは周りの人たちに付き合って残業していたのに、 付き合いの残業を減らし始めたら、会社に対する未練が無くなってきたと考えていいでしょう。 ひとりで帰宅することが多くなった 今までは、先輩や同僚と一緒に会社を出る多かったが、最近は、1人で帰宅するようになったら、 仕事帰りに転職エージェントと合っていたり、面接に行ったりしているから、会社の人と一緒に帰れないのです。 また、家とは 反対方向の電車に乗ることを見かけたら、転職活動中と考えられます。 (下に続く) そろそろ退職する人の特徴 転職先が決まりかけている時に多い特徴で、気持ちが転職先に向いているので、 もはや引き留めても手遅れの段階です。 もはやここまで来たら、早く退職を切り出して欲しいですが・・・。 仕事の引継マニュアルを作り始めた 誰から指示されたわけでもないのに、突然業務マニュアルを作成し始めたら退職目前でしょう。 辞める時に苦労するのが引継ぎなので、後任者にスムーズに引継ぐためにマニュアルが必要だなと考えるようになるからです。 内定したらスムーズに引継ぎを行わないと約束した入社日までに退職できなくなってしまうので、特にその部署で長く働いている人は、早めに仕事の整理をして引継げるようにしておく必要があるからです。 (下に続く) 2. 机の片づけをするようになった 転職のことで頭がいっぱいになると、辞めるために色々と準備をし始めます。 私物を持ち帰ったり名刺を整理したり、または見られたくないものを捨たりと・・・。 本来は、職場のデスクには私物を置くべきではありませんが、長く働いていると少しずつ溜まってしまうものです。 特に、いままでデスクが汚かった人が奇麗になったら、「何かある」と思って間違えないでしょう。 いらない書類を捨て始めた 仕事をしていると資料などがどんどん溜まってきますね。 働いている間は、「もしかしたら使うかもしれない」と書類を捨てるのをためらってしまいますが、辞めると決めたら保管しておく必要が無くなりますね。 それでも、一度捨ててしまったら元には戻らないので、次の会社が見つかるまでは捨てがたいので、捨て始めるということは内定が出ていると思ってもいいでしょう。 「 最近、あの人シュレッダーばかりしているね」 特に、過去の資料などのファイルを出してきて、選別始めるのも特徴です。 【関連記事】 ユーザーが見かけた辞めた人の実例を紹介• 12月にうちのエース級社員が突然辞めてしまったのですが、秋頃から急に会議などで意見を言わなくなりました。 (鈴原様)• うちの会社には辞めたいが口癖の社員がいますが、一向に辞める気配がありません。 不満をダラダラ言う人間は、逆に辞めないタイプでしょうか?(神山様)• 今まで一緒にご飯食べていた人が、突然独りぼっちで食べるようになったことがありました。 (原田様)• 職場では比較的おとなしい社員が、突然辞めると言い出したことがありました。 それまで相当不満を溜めていたのかなと思います。 (梶山様)• 普段は強面のエース級社員が急に優しくなったら、1ヶ月後に退職すると言い出し社内は大混乱。 (菅原様)• メーカーの営業なのに、突然ファイナンシャルプランナー試験受けるって言い出して、見事に合格して会社を去っていきました。 あとで知ったのですが、前々から勉強していて、受かったら辞めるつもりだったようです。 (伊藤様)• それまでは有給を月に1回取るかどうかだったのに、月に2〜3回は取るようになった人がいて、しばらくしたら退職しました。 (田仲様)• 入社2年の若手が、リクルートスーツで通勤しだして職場で大笑いしました。 聞いたら面接って教えてくれました。 (橋口様) 会社を辞める人は、普段とは違う行動をするものですね。 他にも、「こんな辞めた人がいる」事例がありましたら、ぜひコメントにお知らせください。 (下に続く) まとめ いかがでしたでしょうか。 普段から部下とちゃんと向き合っていると、どの兆候のサインも気づくことができるものではないでしょうか? 部下を辞めさせないためには定期的に面談などを行い、抱えている悩みや不満を聞く 地道な努力が有効です。 抱えている問題・不満• やりたい仕事 例えば、若手の社員は「そんな理由で辞めるの?」と首をかしげるようなことで退職することがあるので、ちょっと悩みを聞くことで、突然の退職を防ぐことができる場合があります。 また、優秀な社員に対しては、あえて 難易度の高い仕事に挑戦させたり、出張や研修に行かせて新しい空気を吸わせたりして、モチベーションを維持させる工夫が、辞めさせないために必要ではないでしょうか? 【関連記事】.

次の