郵便局の窓口業務。 窓口の営業時間・郵便物等の取扱いについて

【郵便局】24時間営業のゆうゆう窓口・取扱業務まとめ【全国版】

郵便局の窓口業務

Contents• 郵便局の窓口アルバイトをしたい!その内容とは? どの町に存在する郵便局では、社員のほかにアルバイトが在籍しています。 よくある配達アルバイトのほかに、窓口業務を任される場合があります。 郵便局の窓口業務とはどのような内容なのかをまとめてみます。 ・郵便局の窓口業務 基本的にアルバイトなどの非常勤職員は、切手などの販売や郵便物の引き受けなどの業務を任されることが多いです。 切手などを販売するのは一見簡単そうにも見えますが、最初ははがきを数えることがなかなか難しいという意見もあります。 料金の計算は窓口のタッチパネルで計算をします。 この販売業務以外の郵便物の引き受け作業は、さまざまなものが持ち込まれるので、わからないことは職員に質問をして業務を進めます。 窓口作業が終わったら、その日の売り上げと残高が合うのか確認作業に入ります。 金額が合っていればいいのですが、そうでなかった場合は差額の原因を追究します。 丁寧に落ち着いて行えば、差額が出ることはほぼないかと思います。 ただ、窓口に行列ができても冷静に作業を進めることが肝心のようです。 郵便局の窓口アルバイトはとっても大変! 郵便局ではアルバイトを採用しても、ほとんどの場合が配達業務か仕分けをする区分業務へ回されます。 ですので、窓口業務は郵便局の中でも唯一お客様と接するお仕事となります。 そして郵便局の規模が小さければ小さいほど、1人当たりの仕事量や仕事の種類が多くなる傾向にあるようです。 小さな郵便局の場合、1人で全ての窓口業務を行う場合もあるとか。 人員を増やせない事情もあり、仕事量がとても多くなってしまうようです。 こうなってしまうと、ほかの業務よりも仕事量ばかりが目立ってしまい、時給との割合へのズレを感じることとなります。 窓口業務は華やかな配属先でしょうけど、仕分けの方がよかったという意見も多く見られます。 ただ、色々な仕事が1度に覚えられるという利点もありますね。 郵便局のアルバイト!窓口業務の待遇など 郵便局の窓口業務の、待遇や資格などの詳細についてご紹介します。 興味がある方はぜひ参考にしてみましょう。 ・資格や年齢 窓口業務を希望する場合、アルバイトなら必要な資格はとくにありません。 ただ、パソコンの経験やスキルについて質問をされると思います。 最低限、パソコン入力ができた方が有利でしょう。 年齢に関しては制限はありません。 ただ、窓口業務なら20代から40代の方が多く在籍をしています。 若い年代は配達業務、高年齢の世代は内勤業務というのが一般的です。 ・待遇 社会保険に加入をし、有給休暇取得制度、残業手当や制服貸与は基本です。 その郵便局の規定によってはボーナス支給制度がある場所もあります。 交通費についても必ず支給がされ、休憩時間は6時間ごとに1時間取ることができます。 細かい時給などはその郵便局により異なります。 業務別!郵便物のアルバイトに向いている人 郵便局のアルバイトはどんな人が向いているのか考えてみましょう。 求人を見て迷っている人はぜひ検討をしてみてはいかがでしょうか。 業務内容別にまとめてみました。 ・配達 郵便配達のアルバイトはよくご存知のとおり、どんな天候にも関わらず業務をこなさなければなりません。 そして原付バイクに乗れることも条件です。 自転車で行う場合もありますが、配達業務を希望をするなら原付免許が必要です。 また体力だけではなく、その土地勘も必要になってきます。 ・内勤 先ほどもご紹介をした、窓口業務ではお金のやり取りや接客が中心となります。 郵便物の受け入れ作業は慣れるまで難しいかも知れません。 それでもお客様と接することに楽しさを感じられるひとこそ、向いていると思います。 窓口業務以外の仕分け作業なら、とても単調な作業が続くために根気が必要となってきます。 同じ作業を何時間も続けても大丈夫という人こそ向いているかと思います。 郵便局での面接内容や服装とは? ここまで郵便局のアルバイトについてご紹介をしてきましたが、実際に応募してからの面接内容についてまとめてみます。 ・面接内容 郵便局の面接で聞かれることは、よくある勤務希望や時間帯などが基本です。 志望動機についても質問されるので答えを考えておきましょう。 また、アルバイトの契約期間が終了した後も勤務が可能かどうか質問されることがあります。 あらかじめその後についてもしっかりと考えておきましょう。 配達業務を希望する場合は免許の確認をされると思います。 ・服装 郵便局の面接だからと言って、必ずしもスーツを着なくても大丈夫です。 清潔感のある服装を心がけ、すぐに仕事が始められるようなすっきりとした髪型にしましょう。 しっかりと受け答えをして明るい対応で返答をします。 そうすることで面接官によい印象を与えるでしょう。

次の

【郵便局】24時間営業のゆうゆう窓口・取扱業務まとめ【全国版】

郵便局の窓口業務

この記事の目次• 郵便局の窓口業務のパート募集を発見!実際どうなの? 郵便局では、パートや契約社員として働いている人の方が多いと言われています。 そしてパートや契約社員であっても、年賀状や暑中はがき(かもめーる)、お中元やお歳暮、季節のゆうパックなどノルマを課せられるとか。 そのノルマ数は郵便局によっても違いますが、自分で買わなくてはいけない場合も多いでしょう。 実際にパートで働いた経験のある人は、マニュアルがなくて大変だったといいます。 そのため、わからないことがある度に先輩に聞かなくてはいけないことが面倒だったようです。 集荷や再配達の依頼を電話で受けるという仕事がありますが、不着や誤配達が発生すると苦情の電話がくることが多いようです。 中には「民営化になってどうなの?」と聞いてくる人もいるといいます。 仕事自体は安定しているので、社員で働いている人は結婚している人が多いようです。 郵便局の窓口業務とは?パートでもノルマはあるの? 郵便局の業務には、仕分け、配達以外にも窓口業務や一般事務もあります。 窓口業務の担当になると、郵便や貯金、保険についてお客さまに説明したり、各種郵便サービスの販売、窓口にある機械の操作等を行うことになるでしょう。 貯金や保険等については専門的な知識が必要となるので、研修を受ける場合もあります。 郵便局も民営化されて一企業となりました。 どんな会社でも営業担当になるとノルマがありますが、先ほども述べた通り郵便局も同じです。 ただし、絶対に達成しなくてはいけないというわけではないようです。 あくまでも努力目標として定められているようです。 パートであってもノルマはありますが、正社員とは差があるようです。 さらにその支店によっても違いがあります。 もし面接試験を受けるのであれば、スーツを着用していった方が良いでしょう。 今でも郵便局は堅い職業として見られています。 資格は特に必要ありませんが、一般事務を希望するのであればパソコンスキルを持っていた方が有利になるかもしれません。 郵便局の窓口業務のパートの実態とは? 郵便局の窓口業務といっても、田舎の小さな郵便局であれば何でも担当しなくてはいけないこともあります。 基本的には郵便と貯金・保険とは別になっていますが、小さい郵便局の場合は職員の数も少なくなります。 そのため覚えることも多くなり、大変だと感じる人もいるようです。 郵便局の窓口業務のパートの時給はそれほど高くはないでしょう。 その割に覚えることが多く、仕事量が多いと感じる人もいるようです。 さらに経費削減のために人を減らしている郵便局もあります。 パートであってもクレーム対応をしなくてはいけない可能性もあります。 内勤ではなく、外勤として働くこともできます。 郵便物を配達するのがメインの仕事になりますが、ルートを覚えてしまえば楽だといいます。 ただしバイクや自転車で配達するため、天気が悪い時は大変だと言います。 郵便局の窓口業務は営業目標を達成するために大変!? 郵便局の集配の仕事の場合、小包担当者以外であれば扱う郵便物は1通500g以内で軽い分楽だと感じるでしょう。 小型自動二輪又は軽四輪に乗ることになるので扱いやすいとも言えますが、古いタイプのものもあるので注意して乗る必要があります。 また自分の担当分が終わったとしても帰れるというわけではありません。 残業が多くなるようです。 郵便局の窓口で扱う保険にはいろいろな種類があります。 提携他企業の各種生命保険や各種損害保険、投資信託、変額年金まであるので覚えるのが大変です。 郵便局は安定して働けるという印象がありますが、実は休職者や退職者が多いとも言われています。 それは過酷なノルマが原因かもしれません。 しかも正社員に欠員が出ても非正規社員を雇用することも多く、社員と同じ仕事を任されるので大変なこともあるようです。 郵便局の窓口業務は規模が規模が小さいほど大変? 郵便局に採用された場合、どこに配属されるかによって覚えなくてはいけないことも違いまうすが、どこの担当になったとしても覚えることが多いようです。 窓口業務の担当になって保険商品を販売するにしても、日々新しい商品やサービスが増えていきます。 そのため勉強が必要になるようです。 郵便局では人員が制限されているため、教育体制が整っていないところも多いようです。 先ほど話した通り、マニュアルすらないというところもめずらしくないのです。 働く郵便局の規模やその場所によっては、一人でたくさんの担当をまかされることもあります。 特に小規模の郵便局ではなんでもできるようにならなくてはいけないでしょう。 高卒で一般職で採用された場合の給料は手取りで約10万円くらいと言われています。 そのため一人暮らしは厳しいこともあるようです。 賞与の金額も高いとはいえませんが、しかしメリットとしては、福利厚生が安定していることでしょう。

次の

大和郵便局の集配担当者が感染 当面の窓口業務など休止

郵便局の窓口業務

郵便局員とは、おもに郵便物に関わる業務、銀行業務、生命保険業務に携わる仕事です。 郵便物に関わる業務は「日本郵便」として郵便物の集配や配達、はがきや切手の販売を、銀行業務では「ゆうちょ銀行」の窓口業務や口座管理などを、生命保険業務では「かんぽ生命保険」の窓口業務や保険商品の販売・資産運用を担当します。 郵便局員になるには、日本郵政グループの採用試験を受けて、同社へ入社する必要があります。 総合職や一般職など複数の職種で募集されており、入社後には郵便・貯金・保険の3種類の分野で、それぞれ専門知識を生かして働きます。 正社員として採用される形以外にも、アルバイトや契約社員といった雇用形態で働くことも可能です。 平均年収は300万円~400万円程度とされますが、管理職になれば収入アップが期待できること、また福利厚生はしっかりしているため、結婚・出産後の女性も働きやすい職場だといわれています。 郵便局員は、郵便に関わるさまざまな仕事を行います。 以前は窓口ですべての業務を担当していましたが、郵政民営化後は、「日本郵便」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」と3つに分社化されました。 郵便物の集配や配達、はがきや切手の販売を行うのが「日本郵便」、郵便貯金の口座の管理など銀行業務を行うのが「ゆうちょ銀行」、保険商品の販売や資産運用を行うのが「かんぽ生命」です。 郵便局は、1,741すべての市町村に計24,395カ所設置され、日本全国を網羅しインフラ的な役割として重要な役目を果たしています。 民営化後、公務員ではなくなり一般の会社員となりましたが、人々にとって身近な仕事であることや地域に根差した働き方ができることから、今なお人気を集めている仕事です。 郵便局員の就職先・活躍の場 全国各地の郵便局 日本郵政グループでは多くの人が働いていて、職種や担当する業務によって1日のスケジュールは大きく変わります。 ここでは郵便配達員として働いている人を例にご紹介します。 7:30 出社 朝礼では全員で体操をし、健康状態の確認をします。 その後バイクに異常はないか点検をします。 8:30 配達準備 機械で区分できなかった郵便物や書留を配達順に整理し並び変えます。 9:30 午前の配達 安全運転でできるだけ定刻に配達できるよう心がけています。 12:30 帰社・昼食 13:30 配達準備 14:00 午後の配達 16:00 残務整理・事故処理 転居などで住所が変わっていたり、あて先がわからなかったりした人の郵便物などを調べます。 16:15 帰宅 配達料が多い日や繁忙期は残業になることもあります。 郵便局員になるには 日本郵政グループに就職する.

次の