サンフレッチェ広島 掲示板。 跳サンフレッチェ広島掲示板

サンチェくんの昔と今、サンフレッチェ広島のマスコット 昔は怖かった?!

サンフレッチェ広島 掲示板

18 J1 19:00 C大阪 H 07. 22 J1 19:00 G大阪 A 07. 26 J1 18:00 名古屋 H 08. 01 J1 18:00 横浜FC A 08. 05 ル杯 19:00 札幌 A 08. 09 J1 18:00 湘南 H 08. 12 ル杯 19:00 鳥栖 H 08. 15 J1 19:00 浦和 A 08. 19 J1 19:00 FC東京 H 08. 23 J1 19:00 横浜FM A 08. 29 J1 19:00 仙台 H 09. 05 J1 vs 札幌 A 09. 09 J1 vs 清水 H 09. 13 J1 vs 川崎F A 09. 19 J1 vs 柏 A 09. 23 J1 vs 大分 A 09. 27 J1 vs G大阪 H 10. 03 J1 vs 鳥栖 H 10. 10 J1 vs 清水 A 10. 14 J1 vs 川崎F H 10. 18 J1 vs 神戸 H 10. 24 J1 vs 鹿島 A 10. 31 J1 vs 仙台 A 11. 03 J1 vs 浦和 H 11. 14 J1 vs 横浜FC H 11. 21 J1 vs C大阪 A 11. 25 J1 vs 湘南 A 11. 29 J1 vs 札幌 H 12. 05 J1 vs FC東京 A 12. 12 J1 vs 横浜FM H 12. 16 J1 vs 柏 H 12.

次の

Jリーグ

サンフレッチェ広島 掲示板

サッカーオランダ代表(Nederlands voetbalelftal)は、オランダサッカー協会 KNVB によって編成されるオランダのサッカーのナショナルチームである。 旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。 オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本やイタリアの青、ドイツの白がある。 世界的な強豪国として知られる。 特に1974年W杯に参加したチームはリヌス・ミケルス監督の下、ヨハン・クライフを中心にトータルフットボールと呼ばれる戦術でサッカー界に革命を起こしたと言われる。 しかし決勝では西ドイツに敗れた。 EURO88ではファン・バステン、フリット、ライカールトのいわゆるミラントリオを擁するチームで参加。 準決勝で仇敵西ドイツを下し、決勝ソ連戦では今尚語り継がれるファン・バステンのボレーシュート等で勝利し優勝。 これが現在に至るまでのオランダ代表の唯一の国際タイトルである。 しかしこのチームでもイタリアW杯では勝てなかった。 フランスW杯では一部で大会一と絶賛される試合内容を見せたもののベスト4。 地元開催となったEURO2000でも優勝候補に挙げられるもやはりベスト4に終わった。 さらに日韓W杯では予選敗退の憂き目に遭い、ドイツW杯では決勝トーナメントに出場するものの一回戦でポルトガルに敗れ、ベスト16で終わった。 (もともとポルトガルとは相性が悪い) このように多くの名選手を輩出しながら、ワールドカップ優勝に未だに縁が無い。 それは攻撃的サッカーを志向するあまりの大一番での勝負弱さが原因、という説もある。 また、南米スリナム系をはじめとする黒人選手たちと白人選手との間の人種差別をはじめとして、チームとしてまとまりが薄く、他の強豪国がトーナメントを勝ちあがるにつれてチームが結束し、まとまっていくのに対し、オランダ代表は前評判こそ常に高いものの、トーナメントが進むにつれてそのチームが自壊していく姿が見られることが非常に多い。 サッカーギリシャ代表は、ギリシャサッカー連盟 HFF によって編成されるギリシャのサッカーのナショナルチームである。 1980年のEURO1980に出場するも未勝利に終わったが、1994年のアメリカW杯に出場。 ナイジェリア、ブルガリア、アルゼンチンと対戦したが、ここでも勝利を挙げることができなかった。 その後、しばらくは国際大会への出場機会がなかったものの、2004年のEURO2004では開催国ポルトガルやフランス、イタリアといった強豪を抑えて見事優勝を果たした。 EURO2004を制したことで、2006年のドイツW杯への出場も期待されたが、ヨーロッパ予選でウクライナ、トルコ、デンマークに次ぐ4位に終わり予選敗退の憂き目に遭う。 2006年7月3日から10日間FIFAからサッカーの国際活動を禁止された。 EURO2008予選は、ドイツW杯予選でも同組になったトルコをはじめ、ノルウェーなど実力が拮抗したと見られるグループCに入った。 緒戦3戦は僅少得点ながら無敗を続けたが、第4戦となる2007年3月24日アテネでのトルコ戦にて1-4の大敗を喫する。 翌3月25日が独立記念日(1821年、ギリシャ独立戦争の開戦日)にあたっていた事もあり、トルコのメディアからは屈辱的な報じられ方をしたという。 この敗戦はギリシャ代表チームにとって少なからぬ危機となったが、その後見事に立て直し、逆に第10戦となる10月17日のアウェー戦・イスタンブールではヨアニス・アマナティディスのループシュートで0-1の勝利を収め、ホーム戦での雪辱を果たすと共に予選通過を果たした。 結局敗戦はアテネでのトルコ戦だけ、10勝1分け1敗の勝ち点31で予選首位通過を果たした(なお、予選で勝ち点30を上回ったのはギリシャだけである)。

次の

サンフレッチェ広島 人気ブログランキングとブログ検索

サンフレッチェ広島 掲示板

現役選手・スタッフ [ ] スタッフ [ ] 役職 名前 生年月日 年齢 在職年 前職 備考 監督 1961-03-21 (59歳) 2018年 - 関東地域統括ユースダイレクター 兼 ナショナルトレセンコーチ ヘッドコーチ 1970-05-15 (50歳) 2006年 - 2007年 2018年 - サンフレッチェ広島ユース 監督 2020年より現職 2018年 - 2019年はコーチ兼ユース監督 コーチ 1977-05-08 (43歳) 2018年 - サンフレッチェ広島ジュニアユース コーチ 1990-06-12 (30歳) 2018年 - アシスタントコーチ GKコーチ 1970-04-26 (50歳) 2020年 - GKコーチ 新任 フィジカルコーチ 1960-12-16 (59歳) 2018年 - フィジカルトレーナー 選手 [ ] Pos No. 選手名 生年月日 年齢 在籍年 前所属 備考 GK 1 1982-08-09 (37歳) 2001年 - 2004年 2014年 - 元 13 1989-06-29 (31歳) 2012年 - 2016年 2020年 - 期限付き移籍より復帰 広島市出身 21 1990-01-09 (30歳) 2015年 - 38 1999-07-28 (20歳) 2017年 - サンフレッチェ広島ユース 2017年は2種登録選手 日本代表 DF 2 1991-04-20 (29歳) 2016年7月 - 3 1990-07-05 (30歳) 2019年 - 出身 15 1993-02-12 (27歳) 2020年 - 新加入 19 1989-10-02 (30歳) 2015年 - 日本代表 23 1996-08-09 (23歳) 2018年8月 - 2018年は ユース出身 MF 5 2000-08-10 (19歳) 2018年9月 - サンフレッチェ広島ユース 2018年は2種登録選手 6 1986-02-22 (34歳) 2004年 - 元日本代表 7 1994-06-06 (26歳) 2012年 - 2016年4月 2019年 - ベガルタ仙台 2012年は2種登録選手 広島市出身 ユース出身 8 1995-09-08 (24歳) 2013年 - 2014年 2018年 - 2013年は2種登録選手 広島市安佐北区出身 ユース出身 副キャプテン 10 1997-04-25 (23歳) 2015年6月 - 2015年は特別指定選手 14 1998-03-09 (22歳) 2020年 - 新加入 16 1989-04-30 (31歳) 2008年 - 2017年8月 2019年 - ヴァンフォーレ甲府 2019年は期限付き移籍 17 1998-08-22 (21歳) 2017年 - 18 1987-08-28 (32歳) 2014年 - ヴァンフォーレ甲府 24 2000-07-28 (19歳) 2018年9月 - サンフレッチェ広島ユース 2018年は2種登録選手 25 1991-07-20 (28歳) 2014年 - 2017年 2020年 - 期限付き移籍より復帰 ユース出身 26 2001-04-19 (19歳) 2019年 - サンフレッチェ広島ユース 新加入 2019年は2種登録選手 29 1997-02-17 (23歳) 2020年 - 期限付き移籍より復帰 30 1984-08-28 (35歳) 2014年 - 元日本代表 44 1990-09-05 (29歳) 2019年 - 期限付き移籍 50 1998-12-04 (21歳) 2020年 - 特別指定選手 2021年より加入内定 FW 9 1987-11-12 (32歳) 2019年 - 東京ヴェルディ 20 1991-05-23 (29歳) 2020年 - 新加入 27 2001-09-15 (18歳) 2019年 - サンフレッチェ広島ユース 新加入 2019年は2種登録選手 39 1991-07-13 (29歳) 2019年8月 - 松本山雅FC 期限付き移籍 期限付き移籍加入の選手 [ ] Pos 選手名 生年月日 年齢 移籍元 移籍期間 備考 MF 1990-09-05 (29歳) 2019年3月1日 - 2021年1月1日 FW 1991-07-13 (29歳) 2019年8月4日 - 2021年1月1日 期限付き移籍中の選手 [ ]• 特記ない限り、移籍先球団と広島が対戦する公式戦には出場不可。 Pos 選手名 生年月日 年齢 在籍年 移籍先 移籍期間 備考 DF 1998-06-23 (22歳) 2016年9月 - 2017年 2018年2月1日 - 2021年1月31日 ユース出身 2016年は2種登録選手 1985-09-12 (34歳) 2011年 - 2019年8月 2020年2月1日 - 2021年1月1日 元日本代表 1989-04-28 (31歳) 2019年 元 MF 1997-04-14 (23歳) 2014年 2016年 - 2017年8月 2019年2月1日 - 2021年1月31日 ユース出身 2014年は2種登録選手 1999-08-28 (20歳) 2018年 ユース出身 1999-08-12 (20歳) 2017年 - 2019年4月 2019年4月4日 - 2021年1月31日 外国籍選手 [ ] -- 背番号推移 [ ] 着色部は現在所属選手を示す。 1-10 [ ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 2020 林卓人 野上結貴 井林章 - 松本大弥 青山敏弘 野津田岳人 川辺駿 ドウグラス・ヴィエイラ 森島司 2019 エミル・サロモンソン 水本裕貴 吉野恭平 - べサルト・ベリーシャ パトリック 2018 高橋壮也 千葉和彦 - 森崎和幸 工藤壮人 フェリペ・シウバ 2017 茶島雄介 - 2016 - 森崎浩司 ピーター・ウタカ 浅野拓磨 2015 - ビョン・ジュンボン ドウグラス - 2014 ファン・ソッコ 石原直樹 高萩洋次郎 2013 西川周作 - 2012 西岡大輝 - 2011 - トミッチ 李忠成 ムジリ 2010 下田崇 ストヤノフ - - 槙野智章 - 2009 西河翔吾 李忠成 ユキッチ 柏木陽介 2008 結城耕造 ダバツ ユキッチ 2007 吉弘充志 駒野友一 上野優作 ウェズレイ 2006 八田康介 小村徳男 ダバツ ジニーニョ ベット 2005 池田昇平 ジニーニョ 茂木弘人 ガウボン 2004 リカルド 外池大亮 ベット サンパイオ 眞中靖夫 チアゴ 2003 沢田謙太郎 桑原裕義 サンパイオ 高橋泰 マルセロ エルツェッグ 2002 川島眞也 トゥーリオ 久保竜彦 2001 オレグ 川島眞也 奥野僚右 森保一 コリカ 2000 宮澤浩 伊藤哲也 フォックス 大久保誠 山口敏弘 1999 前川和也 吉田康弘 1998 柳本啓成 小島光顕 ビドマー クルーク グッドマン アーノルド 1997 ポポヴィッチ 森保一 アーノルド 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11-20 [ ] 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 2020 - サポーターナンバー 増田卓也 エゼキエウ 櫛引一紀 清水航平 松本泰志 柏好文 佐々木翔 永井龍 2019 井林章 森島司 稲垣祥 渡大生 ドウグラス・ヴィエイラ 2018 - ベサルト・ベリーシャ - 渡大生 2017 ミキッチ 清水航平 ネイサン・バーンズ 2016 佐藤寿人 増田卓也 - 野津田岳人 - 2015 工藤浩平 山岸智 - 2014 - パク・ヒョンジン - 2013 岡本知剛 - イ・デホン 石川大徳 2012 高萩洋次郎 - 平繁龍一 2011 高柳一誠 服部公太 - 盛田剛平 2010 桒田慎一朗 2009 - 李漢宰 平繁龍一 2008 戸田和幸 2007 田村祐基 2006 - 中里宏司 吉弘充志 大木勉 2005 田中俊也 木村龍朗 田村祐基 2004 茂木弘人 松浦宏治 佐藤一樹 高木和正 八田康介 盛田剛平 井川祐輔 2003 山形恭平 松下裕樹 梅田直哉 上村健一 2002 藤本主税 鳴尾直軌 加藤竜二 2001 加藤竜二 高橋泰 森崎浩司 スカチェンコ ポポヴィッチ 2000 加藤竜二 古賀聡 上野優作 川島眞也 ポポヴィッチ 森崎和幸 1999 森山泰行 ヴィドマー 菊池利三 大木勉 藤本主税 下田崇 松永一慶 1998 笛真人 大木勉 皆本勝弘 山根巌 金本圭太 1997 サントス ノ・ジュンユン 安部雄大 路木龍次 高木琢也 若井研治 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21-30 [ ] 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2020 廣永遼太郎 - 荒木隼人 東俊希 松本大弥 土肥航大 鮎川峻 - 浅野雄也 柴崎晃誠 2019 皆川佑介 川井歩 清水航平 - 2018 - 吉野恭平 - - 馬渡和彰 丹羽大輝 川村拓夢 2017 皆川佑介 - 長沼洋一 イヨハ理ヘンリー 川崎裕大 - 丸谷拓也 森島司 2016 吉野恭平 茶島雄介 キム・ボムヨン 2015 - 野津田岳人 清水航平 浅野拓磨 2014 原裕太郎 - 2013 - 鮫島晃太 - 井波靖奈 - - 2012 横竹翔 森脇良太 大崎淳矢 丸谷拓也 野津田岳人 辻尾真二 2011 - 山崎雅人 2010 西川周作 石川大徳 - 篠原聖 2009 - 遊佐克美 高柳一誠 橋内優也 内田健太 2008 木寺浩一 - 2007 中尾真那 前田俊介 柏木陽介 槙野智章 趙佑鎮 入船和真 2006 西河翔吾 青山敏弘 2005 上野秀章 高萩洋次郎 ジョルジーニョ 吉田恵 森脇良太 2004 林卓人 大久保裕樹 田中俊也 木村龍朗 吉弘充志 中山元気 西村英樹 青山敏弘 2003 河野淳吾 李漢宰 西嶋弘之 須田剛史 高木和正 佐田聡太郎 大久保裕樹 2002 茂木弘人 中村祥朗 2001 トゥーリオ 山形恭平 松下裕樹 八田康介 吉田幸生 宮崎光平 2000 佐藤浩 森崎浩司 駒野友一 石川裕司 1999 大久保誠 佐藤浩 川島眞也 池端陽介 高橋泰 池田学徳 松岡祐弥 1998 山口哲治 松永一慶 川島眞也 廣池寿 池端陽介 岩村貴久 永井篤志 安武亨 1997 山根巌 影山貴志 服部公太 金本圭太 川島眞也 松永一慶 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31-40 [ ] 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 2020 - - - - - - - 大迫敬介 レアンドロ・ペレイラ - 2019 和田拓也 中林洋次 川辺駿 2018 ティーラシン 松本泰志 川辺駿 パトリック 松本大弥 2017 宮吉拓実 塩谷司 - 丹羽大輝 2016 - 高橋壮也 大谷尚輝 宮原和也 イヨハ理ヘンリー - - 2015 - - 川辺駿 吉野恭平 2014 大谷尚輝 2013 キム・ジョンソク - 中島浩司 - 2012 - - - 2011 - 中林洋次 2010 岡本知剛 山崎雅人 原裕太郎 砂川優太郎 2009 佐藤昭大 楽山孝志 大森圭悟 大崎淳矢 久保竜彦 2008 - - - 2007 - - - - 河野直人 - 2006 佐藤昭大 桒田慎一朗 中尾真那 2005 茂原岳人 柏木陽介 - 2004 河原正治 田村祐基 上野秀章 佐藤昭大 西河翔吾 前田俊介 森脇良太 前田俊介 高柳一誠 2003 田中俊也 尾崎勇史 木村龍朗 高萩洋次郎 眞中靖夫 井川祐輔 2002 ビロング ミロ 井手口純 エルツェッグ - - 2001 寺内良太 李漢宰 - - - 2000 植田元輝 ミゲル 栗原圭介 コリカ 1999 大畑隼哉 行友亮二 秋元雅博 山下一弥 森崎浩司 森崎和幸 1998 大石尚哉 山口敏弘 フォックス 1997 上田実 秋満勝二 岩村貴久 荒木亮次 クルーク - - - 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41-50 [ ] 41 42 43 44 45-49 50 2020 - - - ハイネル - 藤井智也 2019 土肥航大 高橋壮也 2018 東俊希 山﨑大地 - - 2017 - - 椋原健太 アンデルソン・ロペス 工藤壮人 2016 - - 2015 - 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999 1998 1997 41 42 43 44 45-49 50 過去在籍スタッフ [ ] 日本人スタッフは国旗省略。 なお、育成組織で指導経験のあるコーチについてはを参照。 年度 監督 ヘッドコーチ コーチ GKコーチ その他 2020 - - フィジコ - 2019 沢田謙太郎 2018 - 2017 中村伸 - フィジコ スカウティング 横内明展 (代行) - 横内昭展 2016 森保一 - - 2015 2014 2013 - 横内昭展 2012 2011 下田崇 - 2010 - 2009 森保一 スカウティング 2008 - - 2007 森保一 加藤寿一 2006 ペトロヴィッチ 横内昭展 沢田謙太郎 フィジコ 望月一頼 - - 望月一頼 2005 小野剛 - 2004 2003 2002 小野剛 - 影山雅永 - - 小野剛 木村孝洋 コンディショニング 2001 セラピスト 2000 - 1999 1998 望月一頼 島卓視 上野展裕 1997 - 1996 木村孝洋 望月一頼 1995 1994 ヨンソン - 高橋真一郎 コーチ 1993 - 1992• フォックス 名前 国 Pos. 、DF、1993-1994• 、MF、1996-1997• 、DF、1997• 、FW、1999• 、DF、1998-2000• 、FW、1997-1998• 、GK、1996-1997• 、GK、1998-2000• 、GK、2004-2005• 、MF、2008-2009• 、DF、2014-2017• 、MF、1998-1999• 、MF、1995• 、MF、1992• 、FW、1992-1993• 、GK、1995• 、GK、1993-1994• 、GK、2003-2004• 、DF、1992• 、MF、2013-2015• 、GK、2006-2007、河野淳吾弟• 、MF、1992• 、GK、1999-2000• 、MF、2002-2003• 、FW、1992-1993• 、FW、1996• 、FW、1992• 、GK、1995-1996• 、DF、1992• 、MF、1993• 、MF、1998• 、DF、2011-2012• 、FW、1995• 、FW、2017• 、FW、1994-1995• 、MF、1997-1998• 、MF、1992• 、FW、1992-1995• 、FW、1997-1999• 、GK、1992• 、MF、1995• 、MF、1992、路木龍次兄• 、GK、1992-1994• 、GK、1996-1998• 、DF、1998-1999• 、MF、1998-1999• 、DF、1992• 、DF、1995-1996• 、DF、1992• 、GK、1992-1993 非プロ契約選手 [ ] 特別指定選手 [ ]• 2018年:荒木隼人• 2015年:森島司• 2004年:西河翔吾• 2003年:青山敏弘 、吉弘充志• 2002年:高木和正• 1999年: 、中山元気 多々良学園高等学校• 1998年:桑本将司 2種登録選手 [ ] 育成組織出身者で、Jリーグおよび所属経験者はを参照。 ここでは2種登録選手として背番号が割り当てられ、公式戦に出場あるいはベンチ入りした選手のみ記載。 2018年:松本大弥、東俊希、• 2013年:川辺駿、宮原和也• 2012年:野津田岳人• 2010年:• 2009年:、大崎淳矢• 2008年:原裕太郎• 2005年:柏木陽介• 2004年:佐藤昭大、前田俊介、森脇良太、高柳一誠• 2003年:高萩洋次郎• 1999年:森崎和幸、森崎浩司 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2004年2月9日アーカイブ分).

次の