急変 看護 本。 急変時の対応を勉強したい看護師にオススメの参考書3選!

急変対応の流れを理解して急変に強くなろう!急変に結びつく兆候を予測するには?

急変 看護 本

ABCの観察ポイント A:気道(Airway) 気道が開通しているか、音や息で確認する B:呼吸(Breathing) 呼吸数、呼吸様式、呼吸困難や努力呼吸 C:循環(Circulation) 脈は触れるか、末梢冷感は無いか ABCの評価は1つずつせず、同時に評価ができるようになりましょう。 ABCで異常があればすぐに応援を要請しましょう。 ABCのA(気道)に異常があればすぐにBLSを開始します(詳しくはで解説しています)。 急変時の初期対応 上記の評価に該当する場合は応援を呼んで対応します。 まずは 人手を確保するのが大原則です。 急変を発見しても1人では蘇生は行えません、必ず人を呼ぶようにしましょう。 また夜間帯ではスタッフの人数が少ないため、エマージェンシーコールで他病棟から応援を借りるようにしましょう。 人を呼ぶべきか悩む場面もあると思いますが、 悩んだ場合は人を呼びましょう。 一番いけないのは悩んでいて時間が過ぎてしまう場合です。 心肺停止の場合は、早期に蘇生を開始すれば救命率が上昇するので、悩むくらいなら助けを呼ぶことを覚えておきましょう。 そして呼吸停止があればすぐに胸骨圧迫を開始します。 胸骨圧迫の方法や開始する判断は下記の「 BLS・ALSを理解しておこう」で紹介します。 ACLS:二次救命処置 Advanced Cardiovascular Life Supportの略で、医師や救急隊による、気道確保(気管挿管)、心電図モニター、除細動器などを用いた高度な蘇生方法。 急変の対応を知りたいのなら、 BLSとALSを理解しておくことが大前提です。 なぜなら医師も看護師もガイドラインに沿って心肺蘇生を行うので、 ガイドラインを理解することは急変時のマニュアルを理解していることになります。 病院ならALSによる救命を行いますが、ALSによる救命は医師などの応援の到着が不可欠です。 応援が到着するまでの間はBLSを行うことになるので、BLS・ALSともに理解しておきましょう。 看護roo! これで動ける!急変時対応より引用 患者さんに反応が無ければ、ABCの評価として呼吸と頸動脈の触診を行います(できれば同時に)。 患者さんの口元に耳を近づけて呼吸があるか確認する。 胸郭の動きを確認し、呼吸の有無を確認する。 頸動脈が触知出来るか確認をする。 正常な呼吸が確認できない場合は、すぐに胸骨圧迫を開始します。 胸骨圧迫を続けたまま、ACLSチームへ引き継ぎを行います。 呼吸が正常な場合は気道を確保(頭部後屈顎先挙上法など)し、ACLSチームの到着を待ちましょう。 ACLSのアルゴリズム 看護roo! これで動ける!急変時対応より引用 ACLSのチームが到着すればチームリーダーを決定し、気管挿管などを用いた高度な呼吸管理、血管収縮薬や抗不整脈薬を用いた循環管理などを行います。 ACLSによるCPR(心肺蘇生)の流れ• 胸骨圧迫30回に対し、 バッグバルブ換気は2回を繰り返す 30:2。 気管挿管後は非同期となるので、胸骨圧迫は中断せずに絶え間なく行なう。 2分ごとにリズムチェックを行う。 チームリーダーがモニターの波形を確認し指示を出す。 リズムチェックの際は一旦胸骨圧迫を中断、中断は最小限にしリズムチェック後はすぐに胸骨圧迫を再開する。 3~5分毎にアドレナリンの投与および生食20mlでの後押しを行なう。 わかりやすく 4分毎にしている施設が多い(4分毎だと、投与後2回目のリズムチェックでの投与になる)。 ショックは二相性の除細動器なら150J(ジュール)~200Jで行なう。 ショック前は全員が患者さんから離れることを確認する。 ショック後はすぐに胸骨圧迫を開始する。 アミオダロンはアンカロン、ニフェカラントはシンビットという商品名の場合があります。 PEA(無脈性電気活動)やASYSTOLE(心静止)の場合は除細動や抗不整脈薬の適応が無いので、絶え間ない胸骨圧迫とアドレナリンの4分毎の投与を行なう。 人が集まってきたら役割分担が必要です。 皆が皆考えて動けるなら良いですが、経験の浅いスタッフには指示を出す必要があります。 効率良く蘇生を行なう為にも必ずリーダー係を決定します。 リーダー係は医師がおこなうと思いますが、医師が到着するまでの間は看護師が指示を出してもよいです。 自分がリーダー的な立場なら、わかりやすく指示を与えるのが重要です。 記録・胸骨圧迫・換気など、役割を決めて効率的に動くことが必須です。 とにかくいち早く救急システムを立ち上げることが重要だと認識しておきましょう。 蘇生時における看護師の役割 救急カート・除細動器のスタンバイ 記録をする タイマーを使って2分ごとに声をかける モニター装着 酸素投与・ バッグバルブマスクによる換気 気管挿管の準備 静脈ルート確保、循環補助薬の準備 胸骨圧迫の交代を行う 血液ガス検査の準備 カルテから患者情報を得る 家族への連絡 救急カート・除細動器のスタンバイ どんな名医であっても 道具が無ければ蘇生は難しいです。 ACLSにおいて救急カートと除細動器は必須なので必ず準備をします。 救急カートは持って行くだけでなく、バッグバルブマスクの用意やアドレナリンや後押し生食の用意も一緒に行ないます。 もちろん気管挿管の準備もしておきましょう。 除細動器も持って行くだけでなく、電源をONしてモニター装着し、除細動用パッドを装着しましょう。 別府市消防本部のホームページより引用 除細動のパッドは右胸の上部・左わき腹と心臓を挟み込むように貼りつけましょう 除細動器のモニター方法を知っておこう 除細動器には赤・黄・緑の電極があり、それぞれを装着する事で心電図をモニタリングを行えます。 ちなみに心電図の電極を装着しなくても、除細動用パッドから心電図を出す「 パドル誘導」でモニタリングは可能です。 パドル誘導でモニタリングが不安定ならすぐに心電図電極でモニタリングを行いましょう。 必ず記録係を決める 記録はとにかく大切です。 なぜなら万が一裁判などになった場合に 証拠は必ず必要です。 意外に抜けてしまうのが記録ですので、誰が記録をしているのか分かるように、「 私が記録係をします!」と手を挙げて宣言するようにしましょう。 ACLSに自信が無い新人看護師でも記録ならできると思うので、記録係がいないなら是非手を挙げてみましょう。 記録は必ず急変直後から経時記録で記載するようにしましょう。 そして時間は電子カルテの時間で記載しましょう。 自分の時計や病棟の時計だと、後でカルテの時間とずれる場合があります。 かならず時間をあわせるようにしましょう。 記録係は「 タイマー役」と兼任することがほとんどです。 タイマーは、CPR時の 2分毎のモニターチェックや 4分間のアドレナリン投与をする為に必須です。 必ず毎回タイマーをセットして音が鳴るようにします。 タイマーをセットしないと忘れてしまうことがあるので、毎回タイマーをセットしましょう。 2分毎にタイマーをセットし、「 2分経過しました、リズムチェックです」と大きい声で言いましょう。 急変時は必ず記録を忘れないようにする! 記録係はタイマーを使って2分毎に声を掛ける。 ルート確保・薬剤投与 人手が確保できればすぐにルート確保も必要です。 普段のルート確保は前腕などでとる事が多いと思いますが、 緊急時なのでとれたらどこでもいいです。 肘部や手背でも大丈夫です、なるべく太い血管にキープしましょう。 もともとルートがある場合は生食 あるいは細胞外液 にすぐにつなぎ変えましょう。 シリンジポンプなどで側管から薬剤が投与されている場合は、OFFにするかどうかを医師に確認しましょう。 内頚のCVカテーテルを使用する場合は胸骨圧迫の影響で逆血することもあります、そんな時は点滴の高さを上げるか加圧バッグを使用して、 とにかくアドレナリンがしっかりと流れるようにすることが大切です。 薬剤投与係は持ち場を離れず、目線はきちんと滴下されているか確認するようにしましょう。 気道管理 人手があったらBVMによる換気も行います。 注意点として、BVMは必ず人工鼻を付けておかないと分解して洗浄しないといけないようになります。 緊急時に人工鼻をつけてから換気は忘れる事が多いので、あらかじめ人工鼻をつけて用意しておくようにした方がよいです。 挿管患者さんがCPAになる場合もあります。 この場合も人工呼吸器を外してBVMで換気をしてもよいですし、人工呼吸器を装着したままでもよいです。 CPAPなどの補助呼吸だと、うまく同調しない事があるのでBVM換気に切り替えるか、モードを強制換気に切り替えるなどが必要です。 高濃度の酸素がきちんと投与されていれば、胸骨圧迫だけでも呼吸状態は十分であるという資料もあるので まずは胸骨圧迫が最優先であり、人手があれば換気へと回るようにしましょう。 胸骨圧迫が長く続けば出血が見られることがあり、特に挿管時はチューブ内に血が溜まって喚起の障害となることがあるので、 医師がバッグで換気をしていても看護師は吸引をしたり、CO2モニターを装着したりとサポートするようにしましょう。 胸骨圧迫 胸骨圧迫のポイントは『 胸の真ん中を、強く・速く・絶え間なく』押すことです。 家族対応 忘れがちになりますが、家族への連絡は重要です。 蘇生コードの確認のためにも家族への連絡は必要です。 家族へ連絡しないままCPRが進んでしまわないように人手が確保できればすぐに家族対応を行うようにします。 また急な連絡で動揺する場合がほとんどです。 必ず慌てずに落ち着いて来院するように声掛けしましょう。 また到着までどれくらい時間がかかるかも聞いておきましょう。 (今回は肺炎で入院されており、既往歴に心筋梗塞・心不全があります。 ) A(評価):CPAと判断し看護師によるBLSを開始しています。 至急来て頂けますか。 医師の返答によっては、疾患名や既往歴を伝えたり、報告する順番が前後する事もあります。 新人看護師さんが報告した後に、医師が「で、どうしたらいいの?」と返答されているケースを見かけます。 事実のみを伝えるのではなく、何の為に報告をしているのかを意識しましょう。 また報告は『具体的に』『簡潔的に』を意識しましょう。 特に急変時はダラダラと報告するのではなく、必要な情報を具体的かつ簡潔的に報告しましょう。 蘇生ができなかった場合 心肺停止患者さんは必ずしも蘇生できる訳ではありません。 もちろん蘇生ができない場合もあります。 CPRを終了するタイミングは明確には決まっていないですが、研究の結果で30分を超えると蘇生の見込みがほぼ0になるため、 30分を一つの目安にしている施設も多いと思います。 CPRを実施しても蘇生ができない場合は、蘇生の見込みがない事を家族へ説明して蘇生を中止する事もあります。 蘇生ができず、 家族が部屋へ入室する時は衣類や環境に注意しましょう。 急変時はとにかく散らかりやすく、患者さんの衣類が乱れたり出血していることも多いので、看護師は環境整備や衣類を整えて面会できるようにすることが大切です。 まとめ ・急変に気付く観察が大切。 おかしいと思ったらABCの評価をする ・初期対応は人手を集める事。 急変対応においてBLS・ALSの理解は大前提 ・急変時だからこそ記録と家族対応はしっかりと! ・報告はSBARで、具体的かつ簡潔的に行う 急変に強くなるには?それは 場数を踏んでこそだと思います。 ただ漫然と回数をこなすのではなく、「どう動けばよかったのか?」「急変前に対応できなかったのか?」と考えていくのが大切だと思います。 また積極的に他病棟のエマージェンシーコールに参加するのも方法の一つです。 人が多く集まっているとなかなか参加しづらいですが、自分のできることを探して動くのも大事です。 何度も急変対応をすることで急変に強くなっていくものです。

次の

急変時対応のABCはもう古い!BLSでデキる看護師になろう

急変 看護 本

心肺蘇生法の一次救命処置(BLS)と二次救命処置(ACLS)とは 救急外来に運ばれてくる患者さまも、家族や通りがかりの一般の方にBLS(一次救命処置)を施され、一命をとりとめられるケースが多くなっているように感じます。 「救命の連鎖」という言葉をご存知でしょうか。 急変時対応は、途切れることなく救命処置を行って、命を救う!という意味です。 看護師は医療者として、的確な急変対応を行う義務があります。 たとえば、患者さんの意識が無く、循環停止の疑いがある場合、すぐに救命処置を始めますね。 この場合は、 心停止とみなして直ちに救命処置を開始する必要があります。 心停止発見時から、 AED(自動体外式除細動器)以外の医療器具を使わずに実施する救命処置を 一時救命処置(BLS)と言います。 気管内挿管、輸液ライン確保を含む医療行為を伴う救命処置を 二次救命処置(ACLS)と言います。 それぞれの頭文字をとって、施工する順番に並べると、ABCになります。 急変、心停止を発見した場合、気道確保、人工呼吸、心臓マッサージの順で行うことが常識でした。 今も、その順番で実施するべきと思い込んでいる方もいます。 心停止の方を発見したら、まずAの気道確保! ではない! 今は、 Cの胸骨圧迫から開始することになっています。 ABCは CABに変わっているのです。 ちなみに心臓マッサージという言葉も今は使われなくなり、胸骨圧迫という言葉に変更されています。 心停止時、脳に血液循環を保つためには「心臓をもむ」だけでは不可能です。 介助者がかなりの体重をかけて両手で胸骨を圧迫する必要があります。 一般の方に誤解されないよう、名称が変わりました。 AHA(アメリカ心臓協会)の心肺蘇生法ガイドラインは、救命処置のエビデンスを集積し、更新され続けています。 もしも人が倒れたら、命を救うためにどう動くか 救急対応、急変発見時の一時救命処置の流れ、CABを具体的に解説していきましょう。 看護師である山田さん、休日に自宅でくつろいでいると、同居している祖父が急に胸を押さえて倒れこんでしまいました。 自宅には、自分と倒れた祖父の2人しかいない状態です。 周りに他の人がいる場合は、大声で助けを呼び、救急車を呼んでもらいます。 AED装着後は、自動解析の音声に従って救命処置を続行します。 心肺蘇生時に最も大切なことは 「絶え間ない胸骨圧迫、絶え間ない循環確保」です。 気道確保、呼吸の補助は最優先ではありません。 脳をはじめとする重要な臓器に、血液を循環させ続けることが、心肺蘇生の絶対条件と言われています。 意識が無い、体動が無い人を発見したら、応援を呼ぶこと。 素早く胸骨圧迫を開始し、継続することが大切です。 院内での急変発見時も同じです。 すぐに応援を呼ぶとともに、救急カート、AED、除細動付きモニターなどの物品を持ってきてもらうよう指示します。 気道確保、補助換気(バックバルブマスク使用や挿管)よりも、 胸骨圧迫を優先して開始しましょう。 救急対応のエビデンスは進化し、変わり続ける 看護師を続ける以上、常に新たな知識を取り入れ、勉強が必要です。 以前習った看護技術や処置方法がずっと正しいことはありません。 研究が重ねられ、エビデンスが構築され新しい理論や方法へと変化していくからです。 救急対応のエビデンスも同様で 急変のABCも古い知識になってしまいました。 これらの変化は 「どうすれば救命率が上がるか」「今までよりももっと良い技術を生み出そう」とする、医療者のたゆまぬ努力が生んだ結果です。 看護師がBLS・ACLSは講義と実技でマスターする方法は BLS・ACLSをマスターするためには、理論と実技両面からの教育を受けることが必要になってきます。 心肺蘇生法を身につけるには、経験と現場教育だけでは難しいのが現状です。 看護師はどこでBLS・ACLSの教育を受ければ良いのでしょうか? しっかりと研修させてくれる病院はあるのでしょうか? 看護師がBLS、ACLSをマスターする方法について解説していきます。 救急看護認定看護師が院内研修してくれる病院 一番のおすすめは、 救急看護認定看護師やが、勉強会を開催してくれる病院で働くことです。 わざわざ自分の休みを使って、遠くまで出かける必要がありませんし、何より費用がかかりません。 分からないことがあればすぐに質問できます。 大学病院、国公立病院など規模の大きい病院は、BLS・ACLSの院内研修が活発に行われているようです。 中小規模でも、 熱心な救急看護認定看護師が活躍している病院、施設では教育が行われています。 身近な存在の、救急看護認定看護師に教えてもらうことができれば、あらゆる急変に対応できるベテラン看護師になれそうですね。 BLS研修にはAEDの正しい使用方法も含まれていますので、院内だけではなく、街中や家庭での救命処置にも役立つでしょう。 ACLS協会が開催する研修会を受講する 日本ACLS協会が開催している、 BLS・ACLS研修を受講すると、受講証明が発行され、一定の技能を保証されます。 分かりやすい講義と、模型を使った心肺蘇生法の実施で、急変時の対応を学ぶことができます。 講義日程は、BLSが1日、ACLSが2日という所が多いです。 ACLS研修の受講は、BLSをマスターしていることが条件になってきます。 費用は、ばらつきがありますが、 やや高額でACLS2日コースは3万円以上かかるところが多いです。 救急看護認定看護師がいる病院で働くメリットとは 救急看護認定看護師が活躍している病院で働く最大のメリットは、教えてもらえること、でしょう。 急変が起こったらどうしよう• 急変対応のやり方が間違っていなかったか• 救急物品で不足しているものはないか• どこで救急対応について勉強すれば良いか• 急変に対応できる技術をマスターしたい 救急看護認定看護師の大きな使命は「教育」。 これらの不安、疑問を抱えている現場看護師の話を聞き、教育することも仕事なのです。 一人一人の看護師が、 現場レベルで最善の急変対応ができる力を着ければ、救命率はグッと向上することでしょう。 救急看護認定看護師になりたい人へのアドバイス 救急看護認定看護師に教えてもらうだけでは足りない。 自分が救急看護認定看護師になって活躍したい・病院や患者さんの役に立ちたい!!! と思った看護師さん、ぜひ、認定看護師になることに挑戦してもらいたいと思います。 とはいえ、認定看護師への道のり平坦ではありません。 救急現場で一定の経験を積むことが要件ですし、養成学校の募集人数が少なく、狭き門となっています。 養成学校通学中は仕事を休むのか辞めるのかが問題になってきますし、学費や通学中の生活費の心配もあります。 働きながら救急現場で経験を積めること、認定看護師への道を支援してくれることを約束してくれる病院に就職することが、夢への第一歩だと思います。 「救急現場で経験を積みたいと思って就職したのに、直ぐに慢性期病棟へ異動を命じられた。 」とか、 「養成学校に進学するなら休職扱いで給与は出さない、と言われた。 」等、こんなバズじゃなかったのに、ということにならないようにしたいものです。 さいごに この記事は、 急変のABCはもう古い!!! と少々刺激的なタイトルでびっくりされた看護師さんもおられると思います。 言いたいことは3点です。 救急のエビデンスは日々進化している• 救急看護認定看護師の活躍する病院で働くとメリットがある• 救急看護認定看護師になりたい人は病院選びを慎重に ということです。 少しでも参考になれば幸いです。 なお、BLS・ACLSの考え方について詳しく知りたい方は、各ホームページを参考にしてください。

次の

急変時の対応を勉強したい看護師にオススメの参考書3選!

急変 看護 本

臨床で多くの症例に遭遇すると思います。 勉強しようと思ってもついつい買って満足してしまうのが人のさが。 そこで、現場に持ち運ぶことができ、調べながら仕事をすることが最も学習効率が良いのではないかと考えております。 著者は豊富な臨床経験と圧倒的な人気を誇る出直し看護塾の講師、かつ看護師特定行為研修の指導責任者の経験を持ちます。 国の進める看護師特定行為研修修了者10万人という目標は、特別な医行為のできる看護師を増やすことではなく、「アセスメントのできる看護師」を増やすことを目標にしています。 学生時代に習った知識と臨床で求められる知識は残念ながら相当な解離があります。 しかしながら、この本を利用して経験を積んでいけば効率よく臨床に必要な知識を積み重ねることができます。 あなたのポケットにぜひ、小っちゃい青柳さんを! さらに! 本書を最大限に活用するために書籍購入者にはセミナー1回あたり1,000円の割引特典が付いています。 詳しくは書籍をご覧ください! 著者について.

次の