稽留 流産 自然 排出 体験 談。 稽留流産発覚…掻把手術も自然排出も経験した私が思うこと【体験談】

妊娠10週目で稽留流産→自然排出までの体験談

稽留 流産 自然 排出 体験 談

稽留流産の治療方法 妊娠初期、稽留流産は 発生率も高い流産の一つです。 症状に気が付かずに診断で発見され、 悲しい事実を受け入れられない状態ですが 次の命を授かるためにも治療を きちんと受けておかないといけません。 稽留流産について くわしくはこちらの記事で。 1つは 子宮内の赤ちゃんや組織を 取り除く 「子宮内容除去術」 子宮の内容物を 人工的に 外へ出す手術のことです。 もう1つは 「待機療法(自然排出)」 子宮内の胎児が 自然に排出されるまで待ちます。 子宮内容除去術の流れやリスク、費用について 子宮内容除去術には 「掻爬法」と 「吸引法」があります。 掻爬法は、胎盤を掴む器具や 子宮壁をこする器具で 子宮内の不要物を除去する方法です。 耳かきをイメージしてもらうと分かりやすいでしょうか。 吸引法は子宮内にストロー状になっている器具を 挿入し吸引圧で子宮内容物を体外に排出します。 掻爬法よりも出血量も抑えられます。 手術の流れは、• 子宮頸管が開いていない場合は、子宮頸管を開くための前処置• 麻酔を使用するので、誤嚥防止のため絶飲食が原則。 前日の夜から絶食、当日の朝から絶飲となるケースが多いよう• 局所麻酔または全身麻酔をかけた後、10分~20分程度の子宮内容除去処置 手術をするために子宮頚管を 拡張する必要があり、あらかじめ 棒状の器具を膣内に挿入します。 ラミナリア・ラミセル・ラミケンという名前です。 ラミナリアは体内の水分を使い膨張し 子宮頸管を拡張させます。 ラミセル・ラミケンは薬により 子宮頸管を柔らかくして拡張します。 手術は日帰りなのか?入院が必要なのか? これは妊娠の周期や初産婦・経産婦、 処置の種類や内容など一人ひとり違うこと また担当医や病院の方針でも変わってきます。 多くは日帰りでの手術、 または1泊入院による手術になりますよ。 子宮内感染• 子宮内容物の取り残し• 子宮穿孔(子宮に穴が開いてしまうということ)• 麻酔による副作用、合併症• 術後の子宮内膜癒着 めったに起こることではありませんが リスクがあることも知っておくことは大切ですよ。 稽留流産後の流産手術は 健康保険が適用するため 自己負担額は医療費の3割になります。 平均費用は15000~30000円ほどで 管理人友人は日帰りの吸引手術を受け 16500円支払ったということです。 希望による入院など別途自己負担がかかることもあります。 吸引法は世界保健機構(WHO)が定める 安全な中絶ガイドラインでも推奨をされていますが 日本では昔から掻爬法を用いることから 手術法を自身で選ぶことのできる病院は少ないでしょう。 医師の判断により手術法が決定されるため よく担当医と話し合い確認することも大切です。 待機療法のメリットとしては• 手術費用がかからない• 子宮の負担が少なく次の妊娠を早く解禁できる• 手術のリスクを伴わない といったことが挙げられます。 しかし自然に排出されるのを待つということで• いつ排出されるか分からない時期を予測できない• 自然排出まで定期的受診が必要• 相当な痛みを伴うことも• 大量出血の危険性• 感染症の危険性• 自然排出されるまで不安を募る• 子宮内容物が完全に排出出来ないこともある このようなリスクを伴うことがあります。 また子宮内容物が残ってしまうと 「結局手術して取り除かなければならない」 ということもありえます。 また危険な大量の出血を伴った場合、 緊急を要するため近くの病院での 受け入れ態勢なども視野にいれないといけません。 子宮外妊娠や胞状奇胎といった異常妊娠を、 見逃しやすくなる可能性も指摘もあります。 仕事をしている方などは 時間や状況なども管理しやすいため 手術を薦められることも多いです。 スポンサーリンク 子宮内容除去手術の体験談 ラミナリアは思ったより痛くなかったです。 全身麻酔での手術だったので痛みは無かったですが目が覚めた時に強烈な生理痛の様にお腹が痛かったです。 夕方には帰宅できました。 術後2~3日は安静にしていました。 私は初産だったのになぜか前処置などはなかったです。 手術は麻酔がきいていてあっという間です。 それよりも手術の直後、腹痛が強かったです。 その2時間後には退院しました。 鎮痛剤を処方してもらいました。 前処置のラミリアを入れる際ももっと痛いと思っていましたが、想像していたよりも平気でした。 確かに痛みはありますが、つねられるような痛みで、我慢出来ない痛みではなかったです。 (痛みに強い方ではありません…) 手術は麻酔で寝ている間に終わるので痛みはありません。 終わった直後も、重い生理痛のような感じはありますが大丈夫です。 鎮痛剤が効いていたので痛みも和らぎ、翌日から出勤しましたが、その2-3日後から2週間ほど腹痛と発熱に悩まされ結局仕事も休むはめになりました。 goo. jp 手術自体は短時間で終わります。 やはり体の変化が大きいことで 術後は安静にしなければ 回復に支障があるのですね。 スポンサーリンク 待機療法(自然排出)の体験談 最初は生理のようでしたが、その間は寝て過ごしました。 2・3日目はそれなりの出血もありました、痛みもありました。 4日目に診察を受けたら、子宮内はほとんどキレイになっていると言われました。 念のためにと、子宮を収縮させる薬と感染予防の抗生物質をもらいました。 出血は2週間続きました。 診断確定3日後に下腹部痛と出血がありました。 さらに腰痛もひどくなり痛みに耐えられなく鎮痛剤を服用せざるおえませんでした。 翌日もじわじわと痛みが続き生理後半ぐらいの出血も継続していました。 その日の夜、さらなる痛みが襲い、骨盤が割れそうに痛くなりトイレに行くと妙な感覚とともに凝血塊と何かが膣から出てきたのがわかりました。 血を洗い落とすとそれは胎のうでした。 しかし出てしまうと驚くほど痛みが和らぎました。 goo. jp 診断後4日目 軽い出血の始まり 5日目 軽い腹痛、出血が若干増える。 生理の1日目程度 6日目 全日と同程度の出血 7日目 17:00頃 腹痛がひどくなる。 出血量が増える。 多い日夜用ナプキンを1-2時間毎に交換する必要あり。 出血に血のかたまり(数mm-1センチ)程度が時々まざる。 22:00頃 胎のう(ピンポン球みたいでした)と胎盤と思われる物(たらこ大の血のかたまりが数個)がまとめて排出。 翌朝には腹痛は治まっておりました。 それ以降数日かけて出血が減りましたが、継続して出血はありました。 boy. jp 自然流産を選んだみなさんは かなり強い痛みと出血を伴われている方が多いようです。 そして出血の対応も介護オムツでないと 間に合わないという本当に大変な処置ですよね。 また自然排出された時期もばらばらで 数日後に完全流産した方もいれば 1ヶ月ほど待った方もいます。 まとめ 状況によって変わってくるでしょうが どちらの治療を選ぶにしろ 主治医との話し合いはとても大切です。 不安を隠せない、気持ちが追いついていかない 体も気持ちも大変つらいでしょう。 しかし治療に専念し、回復後は新たな妊娠に 備えられるよう前向きに気持ちを持っていきたいですね。

次の

稽留流産発覚…掻把手術も自然排出も経験した私が思うこと【体験談】

稽留 流産 自然 排出 体験 談

稽留流産の自然排出後、夫婦で葉酸やマカといった妊活サプリを積極的にとるようにしています。 実際の体験談を書いていますので、よかったらご覧ください。 もう二度と稽留流産を経験しないために・・葉酸、マカ - 夫婦で妊活. com 自然排出を待つ方向性にしたしるみ。 仕事をしているわけだし、いつ排出がおこるのかわからない事、いつまで待てばいいのかと見通しが立たないことに不安感はもちろんありました。 通常、成長が止まった後3〜4w程で排出が行われるのが一般的とのことで、しるみの場合は6w頃成長が止まったと想定されていたため3月10日頃までは排出されるのでは、という先生の見解。 前述した通り、見通しの立たない今後に不安はもちろんありました。 でも、手術をしないことで、子宮を傷つける事なく自然に出してあげたい。 人間の体の生理反応を信じてみたい。 そして、やっぱり手術は怖い!! 先生は簡単な手術というけれど、それでも怖いものは怖い!! 大丈夫、きっとなんとかなる。 というかなるようにしかならない。 そんな開き直った気持ちで自然排出を待つ日々がスタートしました。 (ちなみに、この記事を書いている現在もまだ排出はされていません。 そろそろ・・・・だと思うのですが・・・。 ) 2月中は、腹痛も出血も何にもなく、本当に出るのか、これ。 という感じで普通に過ごす。 仕事も全然普通にこなす。 自転車にも乗ってみたけど、特に変化なし。 安静時より、仕事で動いているときの方が出る印象。 量は昨日とほとんど変わらないくらい。 もちろん腹痛はなし。 本当終わりかけの生理位な感じの性状。 少量なため、薄いおりものシートで十分カバーできる。 腹痛なし。 量はやや増えてきたのかな?くらい。 このまま自然に出るとは思うけど・・先生が行っていた排出の目安の期日も迫ってきていることだし、ちょっと心配になる。 明日、仕事が休みだし、医者にもう一度行ってこようかな・・と考える。 ちなみに、経膣エコーで胎嚢が剥がれている事がわかるのか気になり検索。 「稽留流産 胎嚢 剥がれそう エコー」 いまいちピンポイントな情報が見つからなかったけど、ひとつだけ気になる情報を発見。 剥がれそうだと、胎嚢の周りに半月様の陰が見えるとのこと。 むむむむ・・・よくわからん。 画像が全くない。 「少量の出血は出てきたんですが、まだ色が黒っぽく鮮血じゃありません。 」 先生に、腹痛はないですか?子宮が収縮してくると思うんですが。 と言われるも、この時点で腹痛0。 ちなみに、基礎体温も段々下がってくるらしいのですが、しるみはこのときまだ高温期が続いていた。 てっきり、胎嚢が出た後に低温期に移行するものだと思っていたのですが・・違うらしいです。 この日のエコーはこちら。 胎嚢が5w1dの大きさにさらにしぼんでいた。 max2. 4cmあった胎嚢が1. 6cmまで縮小。 きっと、自然排出の時、少しでも痛くないように小さくなってくれたのかな・・と勝手に解釈。 ありがとう、親思いの優しい子です。 胎嚢の周りに黒い陰がありますよね? これが剥がれかかってる=出血が溜まっているということらしいです。 なるほどーー!これか、半月様って。 「もうそろそろで排出かな。 とりあえず、排出の準備が進んでいることが判明し、少しホッとする。 むしろ、低温期の平均値。 生理4日目くらい。 午後から、軽い生理痛くらいの子宮の収縮を感じる。 ようやく腹痛来たか!という感じ。 生理3日目くらい。 夜、入浴後より子宮の収縮が激しくなり、重い生理痛のような痛みが。 もともと生理痛の軽いしるみにとって、いつもより痛みが強く、ちょっともだえる。 思わずロキソニンを内服。 痛くて眠れないかな・・と思いながらもお布団に入ると、ロキソニンがいい具合に効いたのか、気がついたら朝だった。 subten.

次の

[4]稽留流産、私の体験談 ~自然排出、前兆から流産開始まで~ : アラフォー主婦いちかの育児漫画ブログ『イチマルサイズ』

稽留 流産 自然 排出 体験 談

読むかどうかは自己判断でお願いいたします。 なお、すべて筆者の主観に基づく記述である旨、あらかじめご了承ください。 今回の妊娠が分かる少し前まで、私はクロミッド錠50mgという薬を飲んでいました。 クロミッド錠は、排卵を誘発させる効能があります。 第2子の希望を医師に伝えた際、生理不順などを相談すると処方されました。 一般的な不妊治療で広く使われるお薬だそうで、何度か飲むうち、確かに生理の周期が安定しては来たのです・・・、が。 時期を同じくして、 今までさほど気にならなかった生理前の体調不良、イライラなどが、それはもう顕著に出るようにもなったんですよ。 「なに、この腹の底から湧きあがるようなイライラは・・・?」 ちょっと早い、更年期か!? ひどい時には、夫に対してはもちろん、息子2歳の無邪気な言動にさえ 「イライライラァッッ!」 と来る始末。 薬を飲み続けたからと言って妊娠できるかといえば、確証は無い。 余談ながら、ちょいお高めのサプリメントも飲んでいました。 なんだか、「医療費+1ヶ月のサプリ代」がボディブローのように気になってくるし、むしろこのメンタル状態を続ける方が良くない気がする。 てか、この薬、超飲みたくない。 ・・・ということで、最後のクロミッド錠を飲み終えたあとの診察予約を取消しました。 その後、自然妊娠しました。 結果は残念ながら・・・だったのですが。 もちろん、薬が関係していたのかどうか、結局のところは分かりません。 そろそろ、まとめます。 「流産」に安産も難産も無いことを承知で言えば、私はまちがいなく安(流)産だったと思います。 夜中過ぎに訪れた、あの規則的な子宮収縮の痛みはきっと、陣痛のようなものだったのでしょう。 (本当は比べものにならないこと、重々分かっております) 分かりやすい収縮痛があったおかげで、冷静に(動揺しつつも)対処することができました。 妊娠検査薬で、陽性反応が出た日。 夫も、たいへん喜んでおりました。 息子の一丸(いちまる)を抱き上げながら、 「もうすぐ、お兄ちゃんになるかもしれへんで!」 と早々に言い聞かせたりして。 私は私で、一丸の時に使っていた産後グッズや新生児グッズなど、まだ使えるものをちょっと取分けておいてみたり・・・ ちょっぴり描いた未来予想図は、先日の流産で、なくなってしまいました。 なぜ? とは、思います。 なぜ、「私」が流産したんだろう? なぜ、「生きられない命」が宿ったんだろう? なぜ、・・・ むやみに感傷的になることはしませんが、それでも、顔見知りのママさんで第2子を妊娠、出産されたと知れば、やっぱりちょっと複雑な気持ちにはなります。 もちろん、そのママさんも様々な事を乗り越えての第2子だったかもしれないし、妊娠中はおろか産後だって本当に大変で、楽しいことばかりじゃないし、なにより全力で200%おめでたいこと、なのですが・・・ ・・・うん。 私にその話するのは、 まだちょっと、時間ください。 (心の声) って感じです。 さいごに。 世間的には、一丸はお兄ちゃんではありません。 ほんのわずかな時間だけ、一丸は確かに「お兄ちゃん」でした。

次の