しんにょう。 部首が「しんにょう・しんにゅう」の漢字一覧

部首索引:「しんにょう、しんにゅう」(漢字一覧)

しんにょう

しんにょうの字体差に隠れた歴史を追う まず前提として知っておいてもらいたいのは、中国の長い歴史の中で、 「正しい漢字の形」も変わってきたということです。 書道の作品などで見られる流れるような草書体や、学校教育で用いられる字体の元となった楷書体は、すべて中国の異なる時代に起源を持っています。 さて、明治時代の日本では学校教育制度の近代化が進み、 子供たちに教える漢字の形を法律で制定しようという動きが生まれました。 このときに模範とされたのが、中国・清の時代(西暦1700年ころ)に編纂された 『康煕字典(こうきじてん)』でした。 つまり、1700年ころの中国で正しいとされていた漢字の形が「 二点しんにょう」だったため、明治政府はそれを取り入れたのです。 時は流れて第二次世界大戦の終結後。 日本の政府はより分かりやすい教育を目指して、 それまで学校で教えていた漢字の一部を簡略化するという計画を実行しました。 このとき、「二点しんにょう」がまとめて「一点しんにょう」に変更されたのです。 ところで、この「しんにょうの点を一つ減らす」というアイデアはどこから生まれたのでしょうか? 実は、「一点しんにょう」が正式な形とされていた時代があったのです。 中国・唐の初期(西暦650年ころ)にあたります。 書道の世界では、楷書の手本は唐の初期にあり、というのが原則でした。 そのため、二点しんにょうが制定される以前も以後も、 書道界では一点しんにょうで書くことが普通だったのです。 また、書道に関わりのない一般人でも、手書きでは一点しんにょうの方が主流でした。 書道家たちは一点しんにょうの伝統を固く守り続けた。 こうして、人々になじみ深い形へ統一されたように思えたしんにょうの字体問題。 しかし、ここでツメの甘さが悪い結果を招いてしまいます。 「 常用漢字は一点しんにょうを正しい形とする」と定めたものの、常用漢字以外の漢字についてはまったく触れず、 二点しんにょうのまま放置してしまったのです。 新たに追加された常用漢字。 扱いはどうするの? 2010年、新たに196字が追加された『新常用漢字表』が作成されました。 このとき、問題が発生しました。 先に述べたように、もともと常用漢字の範囲外だった「二点しんにょう」の漢字を追加するとき、一点に統一するのか、二点のままにするのかで意見が分かれたのです。 結果として、問題のしんにょうが含まれていた「 謎(なぞ)」「 遜(へりくだ-る)」「 遡(さかのぼ-る)」の3文字は、「二点しんにょう」のまま『新常用漢字表』に追加されることになりました。 つまり、「 常用漢字は一点しんにょうが正しい」という原則に例外が生まれてしまったのです。 その主な理由は、パソコンなどの情報面にあるといわれています。 つまり、これらの漢字が常用漢字に追加される前に作られた文字のフォントが広く普及しているため、今から「一点しんにょう」を正式な字体にすると対応が面倒だと考えられたのです。 ただし、原則は「常用漢字は一点しんにょうが正しい」なので、現在これらの3文字については特例として「 二点しんにょうと一点しんにょうのどちらも正しい」として教えられることが多いようです。 「一点しんにょうと二点しんにょう、この漢字はどっちだったっけ?」となって使い分けが面倒な人は、とりあえず 一点しんにょうで書いておきましょう。 なにせ、書道の世界ではすべて一点しんにょうなのですから!.

次の

「しんにょう」と「しんにゅう」の違い!意味は?どっちが正しい?

しんにょう

なので、今回は「しんにょう」を丁寧に書くポイントを私なりにお教えしたいと思います。 今回も 「きれいな」ではなく「丁寧な」文字です。 私はしんにょうは結構好きです。 書きまくってきたせいもあるかもしれませんが。 ちなみに「しんにょう」は3画で構成されているので、間違えないように。 1画目 点をななめに書きます。 まぁこれは普通ですね。 2画目 にょろっとした部分を書きます。 このとき、上図のように間隔をだいたい同じくらいに、もしくは下部分を少し短く書きます。 ここでポイント! 2画目と次の3画目は分けて書きましょう! ここをつなげて書くことが多いと思いますが、丁寧な文字を書くときは、一旦分けます。 画数も別ですしね。 3画目 2画目の上側とだいたい平行になるように始まり、そのまま少し右下ななめに長く線を書き、最後を少し右上がりに書きます。 これでできあがり。 何度も言いますが、 丁寧な文字の時は、2画目と3画目は分けて書く! これをもとに、いくつか書いてみました。 どうでしょう?少しは丁寧な感じに見えますでしょうか? ただ、「しんにょうは分かったけど、右側とのバランスがとれないんだよ!」という方もいるかもしれません。 そういう時は、 「自分が思う以上にしんにょうの1画目の点を右側の近くに書く」ことと、 「右側の一番下と、しんにょう2画目の一番下を合わせるように書く」ことです。 上図のような感じです。 「1画目を自分が思う以上に右側に近づけて書く」というのもポイントで、1画目が離れるとしんにょう全体が離れてしまうので、気をつけたいところです。 また、この「自分が思う以上」っていう感覚、他の字でも大事です。 いかがだったでしょうか? これであなたも今日から、しんにょうが好きになれます。 愛して下さい。 また一人で行き詰った時は、ぜひとも私に見せて下さい(また宣伝)。 今回は以上です。

次の

中国語の質問です。しんにょうに元でどういう意味になりますか?また、その前...

しんにょう

「一点しんにょう」か「二点しんにょう」か? 「一点しんにょう」か「二点しんにょう」か? 準1級、1級は常用漢字以外の漢字も出題範囲となります。 常用漢字は漢字制限の一環で決められたものですから、字体を略そう、統一しようという力が働いています。 その一つが「しんにょう」です。 「しんにょう」とは 「近」「通」などの部首である 「 」で、常用漢字では点は一個です。 ところが、パソコンや携帯で打ち出す文字で、 「辻」「這」など常用漢字外の漢字(表外漢字)では点が二つになっています。 今このHPを見ている方にも、そういう風に見えてるかと思います。 準1級・1級を勉強するときに、この「一点しんにょう」にするか「二点しんにょう」にするか迷ってしまう人も多いんじゃないでしょうか??たとえば 「逼迫」という熟語。 「」は表外字なので二点で、 「迫」は常用漢字なので一点・・・この通りに書かなきゃならんのか?!どっちかに統一すべきか? 漢字マニアの方はおそらく「二点しんにょう」が好きなのではないでしょうか??いわゆる正字好きということになりますが、それは「」の字体を規範としているからだと思います。 康煕字典は1716年、清の康煕帝の勅命によって作られた権威ある字典です。 以来、これが最も正統であり規範となりました。 その権威ある 「康煕字典」に載ってる漢字の「しんにょう」が二点なのです。 先ほど、漢字制限で常用漢字に「一点しんにょう」が採用され始めたっぽいことを書きましたが、「一点しんにょう」は最近生まれた省略法ではなく、書き文字としては漢代ほどの昔からありました。 「二点しんにょう」も同じぐらい昔からあります。 それどころか、点すらなく、L字っぽいものもありました。 「しんにょう」は 「彳(てき) 」と 「止(し) 」を縦に合体した 「 (ちゃく) 」が元で、漢和辞典で「しんにょう」を探すとき7画のところにあるのはこのためです。 「彳 」は十字路を表す 「行」の左半分で、「行く」という意味。 「止 」は足跡の形で、「進む」という意味です。 あわせて 「 」は「進む・歩く」という意味です。 この際、 「彳」の三画目も右から左へのはらいになっています。 紀元前221年、秦の始皇帝の頃の篆書の形では 「 」。 それが隷書の時代になると、筆で書くようになるので、筆の運び方によってだんだん省略された形になっていくのですが、 「止」の部分が大幅に略され、大げさに書くと 「 」や 「 」みたいな感じになります(隷書)。 この形を一画目と二画目を左から右へと、更に三画目以降を続けて書くと 「 」となり、三画目はくねくねしていません。 「彳」の部分が左から右へと書かれてこの形になるのです。 これが「二点しんにょう」です。 更に、二画目の点と三画目を続けて書くと、その部分がくねくねして 「 」となり「一点しんにょう」のできあがりです。 つまり、 「 」と 「 」は二画目以降の筆の運びが続いているかいないかの違いで、同じものと言えます。 他にも「くねった二点しんにょう」や「点がないL字型しんにょう」もありました。 更に更に、日本の「当用漢字字体表」「常用漢字表」のしんにょうを見てみると()、 「 」のような「くねくねのない一点しんにょう」が採用されています。 つまりどれも歴史的に存在したもので、どれが正しいと言うことはありません。 ただ、日本では「常用漢字」というものが決められているため、 常用漢字に関しては「一点しんにょう」を使用するのが「正しい」ようです。 ちなみに、くねるかくねらないかは「常用漢字表」の「前書き」では問題にしないと決められています()。 書道の原則に、「楷書の標準字体は初唐にある」というのがあります。 では初唐時代はどんなしんにょうが標準だったのでしょうか? 『唐楷書字典』のしんにょうの部880字中、二点しんにょうは22字の2. 5%にすぎません(『漢字字形の問題点』野崎邦臣著より)。 日本でも平安時代からず~っと一点しんにょうです。 明代の『字彙』や清代の『康煕字典』が、篆書体で書かれた『説文解字』をもとに楷書体化した、 作られた楷書を採用したため、二点しんにょうが正式なものという意識が、その後の時代で生まれます。 ただやはり、一点しんにょうが手書きの楷書では多勢を占めていたため、大正からは一点しんにょうに戻りました。 そして今まで一貫して現在の常用漢字表に至るまで一点しんにょうが採用されています。 ただ問題は、 「新常用漢字」です。 追加された漢字の中で「しんにょう」を持つものは 「遡」「遜」「謎」。 採用を議論する中で、現在の常用漢字 「近」「遠」「進」などとの整合性はどうするのか?という問題が浮上してきました。 「一点しんにょう」にまとめるのか?「一点しんにょう」と「二点しんにょう」に分けちゃうのか? そして、2010年に新常用漢字表が告示され、 「遡」「遜」「謎」はそのまま二点しんにょうが正体となりました。 もちろん一点しんにょうで書いても良いことになっていますが、学校ではこれらの二点しんにょうが正体として教えられることになってしまいますから、「近」「通」などの一点しんにょうの常用漢字との整合性で、教育現場は混乱してしまいます。 当然、一点しんにょうと二点しんにょうの交ぜ書きが氾濫することになるでしょう。 せめて中高の先生は一点しんにょうで統一して教え、まさかとは思いますが、受験や試験で二点しんにょうで書かれてないからといって間違いにしたり減点したりすることがないようして欲しいです。 なぜ、二点しんにょうのまま採用することになったのでしょう。 そもそも、新常用漢字を改訂するにあたって、IT機器の字体の考慮がありました。 インターネット上で表示される活字は、字体がほぼ決まっており、常用の漢字とその字体が同一でなければ混乱するという考えがあったので、手書きのことはまったく考慮されていないのです。 したがって、手書きの楷書の長い歴史を無視した改訂がなされたことになります。 それまでの常用漢字表は、いわゆる新字体とは歴史ある手書きの楷書体を考慮した通用字体を採用していたのです。 同様の問題が「しょくへん( ・ )」にもあります。 手書きの楷書では 「 」で書くのが標準です。 これらの問題は「」も参考にして下さい。 ちなみに、日本の常用漢字とは無縁で、今でも繁体字を使っている 台湾では、「 くねくね付き一点しんにょう」で統一されて教えています。

次の