忍 たま 乱 太郎 bl。 劇場版アニメ「忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段」公式サイト

NHK教育アニメ「忍たま乱太郎」 意外!「腐女子」萌えまくり: J

忍 たま 乱 太郎 bl

大学生です。 忍たまは、実家で録画予約して自宅でワンセグ視聴しています。 とにかく「忍たまが優しい」ことです。 仲間が敵の忍者に捕えられたら全員で助け出しますし、上級生は下級生を守るために敵の忍者と戦うこともあります。 10分のアニメだと少ない描写ですが、アニメ映画の方をご覧になれば分かっていただけるはずです。 その優しさや強さに惹かれて、大人のプロ忍者も忍たまたちの味方をします。 それから「長く続いている」こと。 アニメは今年で20年ちょっとになります。 昔見たアニメがまだ続いていて、声もほとんどそのままで、昔聞いた声が聞こえる。 その懐かしさに高校生や大きな大人たちが惹かれるのではないでしょうか。 確かに声優は豪華で、特に山田先生役の大塚周夫さんは大御所中の大御所でしょう。 Wikipediaを見れば、1度は名前を聞いたことがある声優さんがズラリです。 しかもたった10分で多ければ30人以上声優が登場するアニメなんて、忍たま以外にはないと思います。 とにかく質問者様が「忍たま」含めて娘さんの趣味を理解しようとしない限り、その良さは分からないと思いますよ。 「面白いところが分からない」ではなく「良いところを探す」のはいかがでしょうか? 確かに10分アニメの方はかなりギャグ要素が強く、話も似ていると思います。 個人的なオススメはアニメ映画第1弾、第2弾+実写映画第1弾です。 忍たま乱太郎は声優さんもキャラクターの個性もとても記憶に残ります。 しかし私が良いと思う所は、作法や礼儀をアニメの中におり込んでいる所です。 先生や先輩が上手に座り下級生が下手に座ったり、対面しての会話で正座をして背筋を伸ばしていたり、同級生同士の会話の中で先生や先輩の話をする時は「~しておられる」など目上の人に対しての態度は見習う所が多々あります。 また先生や先輩も後輩が成長できるように導いたり、あまり手出しをせず自分達で考え行動させるように暖かい目で見守っています。 今は薄れてしまっている他人への思いやりや尊敬、助け合いなど沢山の場面で表現しており大人でも充分楽しめるアニメだと思います。 きっと娘さんも心の優しい大人になるのではないでしょうか。 娘さんがおもしろいと思うのは個人の感情なので、特別それで他人に迷惑がかけていることをしているのでなければ、娘さんの自由だと思います。 私自身も大人になってから読み始めたのですが、好きなキャラが出ているから読んでいるのもありますが、勉強になるところがあります。 作者が大学で専攻するぐらい歴史が好きで徹底的に調べているだけあって詳しいです。 (自転車など今あるものはギャグだから受け取れるから出すけど、小判など微妙なものは出さないそうです) 時代背景に関してもですが、忍者や忍具などについても同様で詳しいですよ。 (参考文献を元に描いていて、作者のオリジナルの術はないそうです) 原画展に行けば分かりやすいと思いますが、作者がコレクションしている忍具や火縄銃などが展示されています。 いろんな忍者マンガが出回っているのですが、おそらく忍たまが本当にいたであろう忍者に忠実だと思います。 あと下の方で「娘さんは腐女子。 」と答えている人がいるんですが、「忍たまが好き=腐女子」と言うのは間違っているし偏見です。 確かに忍たまキャラをBL化にさせる腐女子がたくさんいるのは事実ですが、中には純粋に作品が好きな人もいますので。 (厳密に言えば原作がBLでないマンガの)キャラをBL化にするのが腐女子ですので、忍たまが好きのみんながみんな腐女子ではありませんので。

次の

娘が高校生になっても、忍たま乱太郎を見ているのですが・・・。正直話...

忍 たま 乱 太郎 bl

素人と変わらないので忍たまよりも戦闘力は低く、射場よりも戦闘力は劣る。 忍たま強さ第128位 射場淳 オーマガトキ城の忍組の頭で城主の曲時に無理矢理忍者にされている。 ほとんど忍者の経験もないので素人と変わらなく忍たまよりも戦闘力は低い。 だが、部下の貝原よりも戦闘力は少しだけ高い。 忍たま強さ第127位 赤ヒゲ ウスタケ城の仮免忍者で【仮免の忍者・赤ヒゲ】という異名を持っている。 意識はかなり高いが実力が伴っていない。 戦闘力は低く、ランキングでも下位の方。 暗い性格だが笑顔が多い。 戦闘力は不明な部分が多いが同じ一年ろ組の平太よりは戦闘力は少し劣る。 怖がりで恐怖がピークになるとお漏らしをしてしまう。 戦闘力は不明なところが多いが総合的な評価をするとこのくらいが妥当。 マイペースで暗い性格。 保健委員会に所属している不運な忍たまで乱太郎と一緒に行動していることも多い。 タソガレドキの忍頭の雑渡毘奈門と何度が会ううちに仲良くなっている。 戦闘力は、そこまで高い方でなく下級生の中でも弱いほう。 乱太郎やきり丸、しんべヱよりも戦闘力は低い。 素直でおっとりとした性格。 戦闘描写も全くなく正確な戦闘能力を図ることはできないが強さを議論するサイトなどの評価を参考にするとこの順位。 優しい性格で常に笑顔。 鋭い観察力と足の速さを持っているが方向音痴という弱点がある。 乱太郎にも負けないほどの足の速さを持っているが乱太郎やしんべヱと比べても戦闘力は劣る。 からくりを作ることが好きで忍者としての勘を磨くために部屋のあちこちにからくりを仕掛けている。 からくりを作ることに関しては六年生の立花仙蔵からも評価するほどの腕の持ち主。 アニメでは、学園長の許可を貰い地下にかなり大きなからくり部屋を作っていた。 からくりを作ることに関してはかなり突出しているが忍者としての腕前はまだまだ未熟なためこの順位。 戸部と戦闘を行うが毎回惨敗している。 しんべヱにそっくりな見た目なのでしんべヱの親戚じゃないかと疑われたこともある。 戸部のライバルと言っていたが互角の戦闘も行うこともできず、惨敗しているので戸部よりも圧倒的に戦闘力は低い。 オニタケでは連絡係を任されており、待機中には商人に化けている。 戦闘力も低く、特筆するべき能力も持っていないのでこの順位。 忍びの道具を大量に持ち歩くという変なこだわりを持っているがほとんど使いこなすことができない。 オニタケの中では実力者と言われているが他と比較すると戦闘力は劣ってしまう。 戦闘力は低く、乱太郎たちよりも戦闘力は低い。 さらに、カナヅチで足も遅い。 中年になったときに忍者を目指しているので一年生たちと比べるとかなり老けている。 忍者としての実力も高くなくこの順位。 たくさんの過激な武器を持っているが歳をとってきているせいで上手く扱うことができていない。 過去に甲賀流と手を組んだ伊賀流の忍者のことを敵対視している。 そのため、 大木雅之助と野村雄三に対戦を申し込んだことがある。 現在は、くの一を引退しているので昔ほどは戦闘能力も高くなくこの順位。 喜三太を風魔流忍術の後継者にするために忍術学園から連れ戻そうとしていた。 優しい性格をしており、よくドジってしまう父親のことを心配している。 ドクたまの中でも戦闘力は低い方でいぶ鬼や山ぶ鬼よりも少しだけ戦闘力は劣る。 策を練る参謀タイプで冷静な性格。 しぶ鬼や乱太郎と比較しても戦闘力は低く、山ぶ鬼よりも少しだけ戦闘力は劣る。 元気で活発な性格で負けず嫌い。 画像からも分かるようにぽっちゃりだが見た目とは裏腹に運動神経が良く、体力もある。 忍術学園の山本シナに憧れており、一度は忍術学園に転校を考えたこともある。 同じドクたまのふぶ鬼やいぶ鬼よりも少しだけ戦闘力は高いがいぶ鬼と比較すると戦闘力はだいぶ劣ってしまう。 学園長の孫娘でおっとりと性格をしている。 見た目からは想像できないほどの俊敏性を持っている。 しんべヱと相思相愛でしんべヱの鼻をかんであげるためにハンカチを常に持ち歩いている。 一緒に行動しているユキやトモミよりも戦闘力は低く、しんべヱや乱太郎よりも戦闘力は低い。 画像からも分かるようにかなり痩せていてガイコツに間違えられたこともあるほど痩せている。 戦闘力はかなり低いように思えるが冷静な判断ができる頭脳派で強さを議論するサイトなどを参考にするとこの順位が妥当。 学級委員長を務めているが優柔不断でお人好しな性格。 伝七と左吉に頼りないと言われていることに頭を悩ませている。 戦闘力に関しては、一年生の中でもそんなに高い方ではなく、乱太郎やしんべヱよりも戦闘力は低い。 父親の転勤で風魔の学校から忍術学園に転入してきた。 風魔の学校でカエルのエサの蛞蝓を世話をしていたことから蛞蝓を好きになり、ペットとして飼うようになっている。 蛞蝓だけでなく、ヌルヌルとして生き物が好き。 戦闘能力は低く、しんべヱや乱太郎よりも弱い。 庄左ヱ門と仲が良く、庄左ヱ門がさらわれた際には人格が変わるほど心配している。 大人しい性格だがいざというときには大胆な行動をすることもある。 戦闘能力はあまり高くなく、しんべヱや乱太郎よりも戦闘力は低い。 乱太郎ときり丸と一緒に行動しており、のんびりとした性格。 忍術学園のくの一教室のおシゲちゃんとは相思相愛の仲。 機敏さを身につけさせるために父親が忍術学園に入学している。 足のめちゃくちゃ速い乱太郎とは対照的に足がかなり遅い。 石頭と犬より優れていると言われる嗅覚を持っている。 だが、鼻炎気味なのでよく鼻水を垂らしているがそれも武器として使用している。 さらに、髪の毛が濡れることで鉄より硬い髪になる。 様々な特殊能力的なものを持っているが乱太郎よりも戦闘力は低く、きり丸よりも低い。 だが、相思相愛のおシゲちゃんよりは戦闘力は高い。 三流忍者の家系に生まれたことで一流忍者になるために忍術学園に入学している。 見た目からは想像できないが100mを10秒で走ることが可能で【風雲小僧】という異名を持っている。 だが、不運な保健委員会に所属しているので【不運小僧】とも呼ばれている。 きり丸としんべヱと一緒に行動しており、2人のまとめ役的な立ち回りを披露している。 一流の忍者を目指しているが今はまだまだ実力が伴っていない。 一緒に行動を共にしているきり丸やしんべヱと比較すると戦闘力はきり丸よりは低いがしんべヱよりは少し高い。 父親よりも戦闘力は低い。 忍たま強さ第105位 飯田九内 忍術学園の手裏剣コンクールに迷い込んだことで蜜書を探していた忍者。 しんべヱからもどんくさいと言われるほどの忍者で実力はかなり低い。 だが、しんべヱよりも高い戦闘能力を持っている。 ドクたまのリーダーで実技と筆記、どちらにおいてもトップの成績を誇っている。 さらに忍術だけでなく図工や習字、ピアノなども習っている。 ドクたまの中でも高い成績、実力を誇っているが優秀な父親にプレッシャーを感じている様子。 乱太郎やしんべヱよりも戦闘力は高いが忍術学園の上級生と比較すると戦闘力は劣ってしまう。 画像からも分かるように常にボーッとしており、のんびりとしているが一年は組のギャグにはしっかりとツッコミを入れている。 戦闘能力について不明なところが多いが今までの活躍や強さを議論するサイトなどの評価を見るとこのくらいの順位が妥当。 強い女性になるために忍術学園に入学している。 アニメでは、料理や掃除が苦手とされているが原作では料理上手。 戦闘能力もくの一の中でも高く、敵の包囲網を一人でも突破できるほどの実力を持っている。 空手の達人だが一緒に行動しているユキよりも戦闘力は低いが、おシゲちゃんや乱太郎よりも戦闘力は高い。 大金持ちの娘でありながら行儀を習わせるために忍術学園に入学している。 よく乱太郎たちに『ゴリラ』と言われ、激怒している。 乱太郎をボコボコにしていることもあるので戦闘力は乱太郎以上。 伝七と一緒に行動している。 成績が良く、学年一と豪語している。 乱太郎たちが所属している一年は組をバカにしているがは組のチームワークの良さなどを羨ましがっていた。 戦闘能力に関しては、乱太郎よりも戦闘力は高いが伝七よりも戦闘力は少しだけ劣る。 成績が良くプライドの高い人物で自分に自信を持っており、自信過剰な性格。 実戦経験があまり無く、テキストに頼りすぎているため失敗することも多い。 左吉と一緒に行動しているため『伝吉』と間違えて呼ばれることも多い。 戦闘力に関しては、実戦経験が少ないが乱太郎よりも戦闘力は高いと思われる。 さらに、一緒に行動している左吉よりも戦闘力は高い。 父親が武家で甘えたな性格を直すために修行の旅に出されたときに乱太郎たちと知り合っている。 その後、忍術学園に入学している。 剣豪マニアで一流の剣豪になることを夢見ており、戸部新左ヱ門のことを尊敬いている。 乱太郎たちと比較しても戦闘能力は高いが虎若と比較すると少しだけ戦闘力は劣る。 火縄銃の名手で有名な山田先生の指導を受けるために忍術学園に入学している。 重たい火縄銃を扱うために日頃から筋力トレーニングを行っている。 火器にかなり詳しいが父親や照星と比較すると知識も実力もまだ劣っている。 一年は組の中でも戦闘能力は高いが父親たちと比較すると戦闘力は劣る。 男らしい性格で馬術が得意。 だが、国語が苦手。 一年は組の中でも高い戦闘能力を持っており、乱太郎たちよりも戦闘力は高い。 だが、庄左ヱ門と比較すると戦闘力は少し劣る。 成績優秀で冷静沈着なため、一年は組の頭脳とも呼ばれており、頼りにされている。 一年は組の頭脳とも評価されているので一年生の中でも高い実力を持っているがきり丸よりも戦闘能力は劣る。 だが、しんべヱや乱太郎よりは強い。 乱太郎としんべヱと一緒に行動していることが多い。 戦で村と家を焼かれてしまったことで天涯孤独となってしまい、忍術学園に入学している。 学費と生活費を稼ぐために常にアルバイトを頑張っており、何かあるたびに金儲けを企んでいる。 かなりのケチで遠くにある小銭の音を聞くことができるほどの聴覚を持っている。 過去に同じような経験をしている土井先生が保護者代わりになっている。 天才アルバイターを自称するほどの人物でどんなことでも器用にこなすことができる人物。 一年生の中では戦闘能力は高い方だがもちろん土井先生や山田先生よりは戦闘力は劣るが乱太郎やしんべヱよりは高い戦闘力を持っている。 忍たま強さ第93位 胆笹腸胃斎 100歳を超えても負けることを知らない剣豪。 だが、実際は 自分が老人という立場を利用することで相手を戦意喪失に追い込むという戦闘スタイルを取っている。 実力が高いということではなく、100歳を超え始めてから負けなくなったということだけ。 戦闘能力はあまり高くなく、師匠と比較すると圧倒的に戦闘力は劣る。 だが、乱太郎やきり丸よりも戦闘力は高い。 忍たま強さ第91位 草井兵四郎 ドクササコ城の忍者でナラタケ城の姫の命を狙っていた。 忍者としての実力を高いようだが短気すぎるため優秀ではない様子。 戦闘能力は高いと言われているが強さを議論するサイトなどの評価を参考にするとこの順位。 次のページでは、 忍たま乱太郎強さランクTOP90を発表!! スポンサードリンク.

次の

忍たま小説index

忍 たま 乱 太郎 bl

2011年からシリーズ化した""同室""がタイトルにつくアニメオリジナルエピソード通称『同室シリーズ』では、何かと不運な伊作と保健委員会で一緒の乱太郎に、留三郎が「同室じゃないか」と世話を焼いてしまい、結局一番不運な目に遭ってしまうというパターンがお決まりで、二人の仲の良さや信頼関係をみることができます。 現在放送されている同室シリーズは 19期89話「同室だからの段」 20期64話「同室の決意の段」 21期71話「同室のはげましの段」 22期69話「同室の協力の段」 23期64話「同室の危機一髪の段」 24期62話「同室の緊急報告の段」 25期40話「同室の恩返しの段」 そして先日放送された25期67話「さらば忍術学園の段(後編)」では、六年生六人が手錠で繋がれてしまって戦闘に手こずっているなか、は組の二人だけは連携して戦うシーンが描かれていて、息の合った姿をみせていました。 陽気で豪快な小平太に振り回されながらも後輩達のことを見て舵取りをする滝夜叉丸ですが、どんなに振り回されても小平太のことを慕うのは、面倒見もよく実力を兼ね備えていると滝夜叉丸も認めているからこそ。 普段はナルシストな面が悪目立ちしてしまいますが、彼自身も実に面倒見がよく優秀な忍たまであることを改めて納得させられます。 一見すると正反対のようですが、実は似たところも多い二人。 言動をみていると絶妙に噛み合わないものの上手くやっているところが微笑ましいですね。 」 滝「な、七松先輩ッ…!! 善法寺伊作は劇場版第二弾作品『忍術学園 全員出動! の段』で、合戦場で怪我をしていた昆奈門に手当てをしてあげたことで、彼から「恩を返す」と気にかけられるようになりました。 その後、ドクタケの忍者を""傷つけずに""身ぐるみを剥ぐように命令していることからも伊作をはじめとする保健委員のことを気に入っていることがわかります。 アニメ16期78話「 借りは返すの段」では、わざわざ伊作のところへ出向きお礼をしたがっていたり、18期72話「雑渡昆奈門を倒せの段」では他の六年生について伊作から聞いていると話したり、交流は続いている様子。 また、伊作や乱太郎をはじめとする忍術学園のよい子たちに対しては好意的に接していて、伊作とともに保健委員をつとめる一年ろ組の鶴町伏木蔵のことは特にかわいがっている様子。 伏木蔵からも懐かれていて、3人で並ぶとまるで親子のようで微笑ましいですね。 雑渡さんと伊作くん。 」 雑「伊作君…小さくなったね」 伊「僕はこっちですよ!」 …とかなんとか言ってる感じで。 — えらぁ 忍FESありがとうございました lugosiela 『忍者に向かないと思っているのは本当だ。 ……だが、もしこの子が本当に忍者になったなら、この戦だらけの世を変えられる力があるかもしれない、と時々思う。 20期21話「課題は何だ?の段」では八左ヱ門と同じろ組の不破雷蔵が知らなかった『久々知は常に懐に高野豆腐を入れている』という事を八左ヱ門は知っていたり、 名前同士で呼び合っているところをみても二人の親密さがわかります。 20期32話「兵助の豆腐地獄の段」では、兵助の委員長代理としての悩みに唯一「お前の気持ちよくわかる」と言ってくれた八左ヱ門。 気が合うかもしれないと握手を交わし、話しているうちに兵助が豆腐料理に凝ってて・・・という話になり 八左ヱ門「食べたい!」 兵助「食べさせたい!」 と楽しげに話す二人も微笑ましく、生物委員会の八左ヱ門のために可愛い動物型の豆腐料理を作ってあげる兵助と喜ぶ八左ヱ門の二人の笑顔が印象的でした。 23期35話「作りすぎた豆腐の段」では、豆腐をめぐって喧嘩になるものの、最終的には二人で仲良く麻婆豆腐を作って終わりという微笑ましいエピソードも。 竹谷の「竹 笹 」と兵助の好物である「豆腐」を合わせて「笹豆腐」というカップリング名も存在しています。 変装の名人である三郎は、普段から雷蔵の姿に変装し生活していて、背丈も似ていることから二人並ぶと見分けがつかないほどソックリに・・・。 鍛錬や食事のほか常に行動を共にしていて、二人の忍者が連携して作戦行動をする""双忍の術""から『双忍』と呼ばれることもあります。 17期4話『里芋行者の結婚』では、「不破雷蔵あるところ、鉢屋三郎ありさ!!」と登場したことも。 また、18期82話『見破られた変装の段』で乱きりしんに「ややこしいから元の顔でいてほしい」と言われた際には「雷蔵は別に迷惑していないようだが・・・」と話していて、他の人の変装をしても最終的に「やっぱり雷蔵がいちばん落ち着く!」そうです。 21期36話『豆を移す習の段』~42話『補習の成果の段』は乱きりしんとともに補修を受ける雷蔵の後ろから何事もなかったかのように三郎が現れ、二人揃って活躍しています。 18期72話『雑渡昆奈門を倒せの段』や23期18話『Aランチ?Bランチ?の段』 では、三郎が心まで雷蔵になって迷い癖が出てしまっていることも。 『Aランチ?Bランチ?の段』 では、迷い癖が出てしまうので他の五年生に変装して過ごしていた三郎に対し、最近他の五年生の姿でいる事が多くなったことを「僕の顔に飽きてしまった」と不安になる雷蔵を描いていて、お互いの思いのすれ違いに気付き、より固い絆で結ばれるというエピソードになっていました。 さらに映画『忍術学園全員出動!の段』では、三郎が雷蔵に付き合い夏休みの宿題を放棄したと話すシーンもあり、『比翼の鳥』『連理の枝』『一膳の箸』『把手共行』『碎啄同時』など二人を表す言葉がテロップにつらつらと流れたことも。 三郎が雷蔵の姿に変装する理由は「変装しやすいから」と答えていることが多いですが、ドラマCD『五年生の段』では「どこかに雷蔵に対する憧れがあるのだと思う」とも話していて、雷蔵にとっても三郎の変装は「自分のアイデンティティを形成する物の内の一つ」と答えていました。 24期29話「研ぎ澄まされた心の段」では、誰も見たことがない三郎の素顔を雷蔵は平然と見ているシーンも描かれているので、お互いにとってなくてはならないまさにベストパートナーなのですね。 All rights reserved. NHKエンタープライズ キャラクターページ『忍たま乱太郎』より 今回はアニメ『忍たま乱太郎』の人気CP・コンビをPixiv画像投稿数を元にお届けしましたがいかがでしたか? キャラクター数の多さから今回紹介しきれなかったコンビもまだまだだくさん・・・! 25年もの間、変わらず多くの人に愛される『忍たま乱太郎』の魅力は、もちろんこうしたキャラクター人気だけではなく、笑えるのに鼻の奥がつーんとしてしまうような温かい物語、そして作品を愛するスタッフ・キャストの皆さんにあると思います。

次の