安心 フィルター 保護 者。 あんしんフィルター

安心フィルターの解除方法

安心 フィルター 保護 者

i-フィルター for Androidの4つの機能• アプリ警告機能(アプリ起動時に警告してくれる)• アプリフィルタリング(年齢からカテゴリー制限ができる)• 端末の利用時間制限(利用する曜日や時間帯を設定できる)• 位置情報履歴(場所を確認できる) i-フィルター for Androidには「ファミリー」「小学生」「中学生」「高校生」「大人」「フィルターOFF」の6段階があり、設定が可能です。 さらに年齢を入力すれば、32種類のカテゴリーの中から自動で判別されブロックすることもできます。 例えばアダルトや犯罪・暴力サイトはもちろん出会い系などの有害サイトから、お子さんを守ることができます。 他にも URLを登録すれば個別にブロックできるため、保護者はお子さんの利用状況に合わせて設定もできます。 未成年が利用する場合• BIGLOBEモバイルの端末セットを契約• 自宅に余っているAndroid端末を用意してSIMカードのみ契約 2つのうちいづれも、 申し込みの時にi-フィルター for Androidをオプション追加します。 さらに、SIM種別の違いで名義人の条件が変わってくるため、注意して下さい。 まずデータSIMとSMS対応SIMは未成年本人でも契約することができます。 (保護者の同意は必要) ただ、現実的に考えて幼稚園や小学校低学年のお子さんが利用する場合は、保護者が契約することが自然だと思います。 次に 音声通話SIMの利用は、未成年本人だけでは契約することができません。 保護者が名義人となって契約する必要があります。 解約はBIGLOBEのマイページからいつでも手続きができます。 もし月の途中で解約した場合は、日割り計算されないため注意して下さい。 【まとめ】保護者はBIGLOBEモバイルのフィルタリングをうまく活用しよう! BIGLOBEモバイルのi-フィルター for Androidは、Android専用のフィルタリングサービスですが、他社に負けないほど機能が充実しています。 お子さんの利用状況に合わせて設定ができるため、保護者も安心できるに違いありません。 申し込む際は、通常のプランとは別にオプションを追加する必要があります。 保護者は、新規契約する時にお子さんの代わりに手続きをしてあげると良いと思います。 \WEBから簡単にフィルタリングを追加できます!/.

次の

フィルタリングを外してほしいと言われた保護者の方に

安心 フィルター 保護 者

フィルタリングは詐欺サイトや悪意ある大人からの誘い出しなどを未然に防ぐセキュリティ対策です。 2009年4月1日(水)より、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」が施行されました。 保護者の責務として、子どもにインターネットを使わせる場合には、利用状況を適切に把握し、フィルタリングソフトウェアの利用、またはその他の方法によりインターネットの利用を適切に管理する必要があると定められています。 また、フィルタリングは本来インターネット上に存在する詐欺サイトや悪意ある大人からの誘い出しなどを未然に防ぐためのセキュリティ対策です。 ケータイ・スマホの利用には必ず必要なものです。 FAQ02 子どものインターネット利用を管理するのは保護者の義務です。 「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」で、保護者は子どもにインターネットを使わせる場合、利用状況を適切に把握するとともに、フィルタリングソフトウェアの利用、またはその他の方法によりインターネットの利用を適切に管理する必要があると定められています。 どこにアクセスしても気にならないということは、合理的な理由にはなりません。 フィルタリングサービスに加入しないことは可能ですが、保護者には必ず他の方法で子どものインターネットアクセスを把握する責務があります。 その場合、都度お子さまのスマホを直接確認するなど、あまり現実的な方法とは言えませんので、フィルタリングサービスに加入することをお勧めします。 FAQ04.

次の

子供のインターネット制限…フィルタリング・閲覧制限の設定方法 [子供とインターネット] All About

安心 フィルター 保護 者

フィルタリングは詐欺サイトや悪意ある大人からの誘い出しなどを未然に防ぐセキュリティ対策です。 2009年4月1日(水)より、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」が施行されました。 保護者の責務として、子どもにインターネットを使わせる場合には、利用状況を適切に把握し、フィルタリングソフトウェアの利用、またはその他の方法によりインターネットの利用を適切に管理する必要があると定められています。 また、フィルタリングは本来インターネット上に存在する詐欺サイトや悪意ある大人からの誘い出しなどを未然に防ぐためのセキュリティ対策です。 ケータイ・スマホの利用には必ず必要なものです。 FAQ02 子どものインターネット利用を管理するのは保護者の義務です。 「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」で、保護者は子どもにインターネットを使わせる場合、利用状況を適切に把握するとともに、フィルタリングソフトウェアの利用、またはその他の方法によりインターネットの利用を適切に管理する必要があると定められています。 どこにアクセスしても気にならないということは、合理的な理由にはなりません。 フィルタリングサービスに加入しないことは可能ですが、保護者には必ず他の方法で子どものインターネットアクセスを把握する責務があります。 その場合、都度お子さまのスマホを直接確認するなど、あまり現実的な方法とは言えませんので、フィルタリングサービスに加入することをお勧めします。 FAQ04.

次の