デミセクシャル。 「LGBTQ+」のアセクシャル(無性愛)とは

デミロマンティック、デミセクシュアルって?一目ぼれとかありえない? │ exworl

デミセクシャル

自分は他の人と恋愛傾向が違う気がする……。 マイノリティに属している気はするのに、LGBTとも違うと悩んでいる人はいませんか? 今回は、恋愛感情や性欲で悩んでいる人たちのマイノリティを確認すべく、アセクシャル、ノンセクシャル、デミセクシャルの簡単にできる診断テストを作成しました。 知っているだけでも、自分の中で腑に落ちて安心感を得られると思いますので、気になる方はテストを受けてみてください。 場合によっては、その当事者に話を伺って、自分の疑念を確信に変えるのも方法だと思いますよ。 【1】アセクシャル、ノンセクシャル、デミセクシャル…それぞれの定義は? 診断の前に、まずはそれぞれの定義を確認しましょう。 最近はLGBTが表立ってきたものの、それ以外のマイノリティはあまり認知されておらず、概念も曖昧です。 今回は一般的に言われていることに基づいて、定義をご紹介いたします。 (1)アセクシャル(無性愛) アセクシャル、エイセクシャル、ア・セクシュアルなど呼び方が多数存在し、研究が進んでいないこともあり定義は様々。 恋愛感情も人に性的欲求もわかない人のことを指していることが多く、薄い人まで含める場合もあります。 多くは自分に降りかかる恋愛に全く興味がないため、「恋人を作らないの?」「結婚しないの?」と言われることに対して苦痛を感じます。 そのため、彼氏・彼女がいない歴=年齢という人が極めて多いとされています。 (2)ノンセクシャル(非性愛) ノンセクシャルもしくはノンセクシュアルは、恋愛感情はあるものの、他者に対して性衝動が全くない人のことを指します。 性的なことを嫌悪しているわけではありません。 性に無関心なだけなのです。 もともとは、性愛のない子どもが「あの子が好き」「あの子も好き」という純粋な愛情のみで人に好意を示す状態を言っていましたが、最近では性欲のない大人も言うようになりました。 思春期を経て、恋愛観が確立してから自身がノンセクシャルであることに気づくことが多いと言われています。 逆の、性欲があるのに恋愛感情がない人は、アロマンティックと呼ばれています。 (3)デミセクシャル(半性愛) デミセクシャルもしくはデミセクシュアルは、基本的には恋愛感情や性欲がありません。 しかし、強い愛情や友情といった、特別な絆を感じている相手に対しては、恋愛感情や性欲が伴うことがあります。 多くの場合に、恋愛対象は異性愛者とは限らず、同性を愛すること、更に言えば「男」「女」の属性に当てはまらない人を愛することができると言われています。 デミセクシャルにとって重視されるのは、何よりも人との繋がりなのです。

次の

ノンセクシャルからデミセクシャルを自認すらようになった理由|てふてふ|note

デミセクシャル

デミセクシャルは強い繋がりを重視するため、そういった相手にしか恋愛感情や性欲を持ちません。 具体的にはどういう状況か、少し分かりにくいですよね。 そこで、fumumu取材班はデミセクシャルに言われている特徴を当事者たちに聞いてみました。 だから、よく知っている相手で、強い友情や憧れ、愛情などがないと恋愛感情を持てません。 繋がりが大事だからこそ、特別な人としか、特別な関係になりたくないんですよね。 親友を気付いたら好きになっているっていうことがありますね。 親友は何も、異性の人だけではなくて…。 同性も好きになるし、トランスジェンダーみたいな人たちも好きになります。 好きになるのに性別は関係ないですね。 なかなか人を好きになれないから、告白されて付き合うことが多かったです。 基本的には、なかなか相手と自分の気持ちの大きさが違いすぎてうまく行かないんですけれど…。 相手に好感を持てて、長く付き合っていけると、気づいたら好きになっています。 デミセクシャルは、強い愛情とかでも、恋愛感情や性欲が湧くらしいです。 だから、後から恋愛的に好きになれることがあります」(20代・女性) 恋愛対象や性欲対象がかなり限定されていますよね。 内輪とばかり恋愛している人は、少し疑ってみても良いかも…。

次の

デミセクシャル

デミセクシャル

交際において、肉体関係に進む前には相手ときちんとした心の繋がりを持ちたい、というのは多くの人が思うことだろう。 しかし、中には性的魅力を感じるためには感情が伴うことが必須だと感じており、カジュアルなセックスや一夜限りの関係、あるいはキスすらもありえない、と考える人が存在する。 もしこのような性的志向のライフスタイルがあなたのセックスに対する考え方に合致するのであれば、あなたはデミセクシュアル(半性愛)と言われる性的指向の持ち主である可能性がある。 ここでは他のセクシュアリティと間違われやすく、理解されづらいと言われることもある性的指向、デミセクシュアリティについて、知っておきたい幾つかのことを紹介しよう。 UK版『』より。 View Gallery 9 Photos アセクシュアル(無性愛)のコミュニティーを支援する「」のエグゼクティブ・ディレクターであるブライアン・ランジュヴァンは英紙で「デミセクシュアリティとはゲイやバイセクシュアルなどと同様の性的指向の一種です」と語っている。 デミセクシュアリティに関する資料を集めたウェブサイト「」では「デミセクシュアリティ」について「感情的結びつきを持った相手にのみ性的魅力を感じる性的指向」であり、「デミセクシュアルの人の多くが一般の人に比べ性的魅力を感じることがほとんどなく、性的行為に関してほとんど、あるいは全く興味がない」と定義している。 簡単に言えば、デミセクシュアルの人間は相手と強い感情面での結びつきが生まれたときだけ相手を好きになり、そして、そのときに初めて、相手に性的魅力を感じる可能性がある、ということだ。 英紙によると、「デミセクシュアル」という言葉は2008年にアセクシャル(無性愛)に関するオンラインコミュニティ「 」で紹介され、以来その志向を持つと自認する人々から支持されているという。 何年も自身のセクシュアリティについて悩んできたライターのメリル・ウィリアムズは2016年に紙で自分が「デミセクシュアリティ」という言葉とツイッター上でどうやって巡り合ったか、そしてその意味について調べたことで、自分の性的指向といかに折り合いが付くようになったかを語っている。 「私は自分のセクシュアリティを表す言葉が存在してただ嬉しく思いました。 たとえそれが将来自分のパートナーに説明しなければいけないようなものだったとしても」と彼女。 「交際を続ける上で、その対話は相手をふるい分けるプロセスとして適切なものとして役立つでしょう」 デミセクシュアリティとしての自身の経験について、メリルは「交際するときは、自分のセクシュアリティについて『ウォームアップまで少し時間がかかるの』と説明していました」と書いている。 「数年前までは、私はデートしている相手にフラストレーションを抱かせていることの罪悪感を感じていました。 どうして自分が親密な関係に進めないのかを相手に説明する必要があると思うのが嫌でした」 もし、セックスや交際において、あなたが「冷たい」とか「古風だ」と評されるようなら、それはあなたのデミセクシュアリティによるものかもしれません、とメリルは語っている。 彼女曰くデミセクシュアルの人間は一般的に相手に強い性的魅力を感じるためには相手を深く知る必要があるため、一夜限りの関係には興味を持たないという。 デミセクシュアリティの当事者は自分が相手に惹かれていると確信が持てるまでデートを続けることで自分、あるいは相手の時間を無駄にしたいとはあまり思っていない。 しかし、彼らは自分に機会を与えない限り、相手に惹かれることがあるかどうかを確認できない。 結果として、デミセクシュアルの人たちは可能性のある関係にどれくらいの時間をかければよいのか判断するために慎重になりやすく、最初のデートは普通より重く捉えがちだ。 デミセクシュアルの当事者の1人が「」のサイト上で、交際における自分たちのフラストレーションについて以下のように語っている。 「私はデートするのが大嫌い。 だって、相手がすぐにこちらに好意を持ち始めてるのが分かって、いつもプレッシャーを感じるから」 別の人は「恋愛につながるかも、という目的のためにどうやって相手と会えばよいのか分からない」と書いている。 デミセクシュアルの人間は相手の人格や自分との相性について理解するために、話題について深く話し合いたいと願っているが、これが相手にとっては取り調べのようになってしまうことを意識しておくことも大切だ。 性的行為とは違って、性的魅力はコントロールしたり、無理やり引き起こすことはできない。 性的行為への興味が全くない、あるいはほとんど無いアセクシャリティとは異なり、デミセクシュアルの人間は性的魅力を相手に感じる可能性はある。 ただし、それは相手と深い感情の絆が生まれたときだけだ。 デミセクシュアルを自認するリディア・ブオナイユートは紙のインタビューでこのことについてより詳しく説明している。 「私には性的衝動を感じることがありますが、それは強固な感情の繋がりのある関係を持ち得たときだけです。 相手がどのような見た目かは全く問題ではありません」 デミセクシュアルの人間が相手に性的に惹かれることは可能だが、そうなるためには他の人間より時間を要することになるだろう。 そして、はっきりしておきたいのは、これはセックスについてや、リビドーの欠落を語っているのではなく、デミセクシュアルの人間が性的な魅力を感じるためには感情的な親密さが必要だということだ。 アセクシュアリティ(無性愛)との類似性から、デミセクシュアルのプライドフラッグはアセクシュアルフラッグの色を使用し、異なったパターンにアレンジされたものになっている。 アセクシュアルフラッグはシンプルな黒、グレー、白、パープルのストライプのデザインだが、デミセクシュアルのフラッグは黒の三角形が左側に配置されている。 教育とエンパワーメントに特化した女性向けメディアプラットフォーム「」によると、これら2つの旗において、黒はアセクシュアリティを象徴し、パープルはコミュニティを、グレーは「Gray-Ace」(セクシャルとアセクシャルの間にあって、ある程度または時々性的欲求を抱く人々)とデミセクシュアリティを表している。 白のみ意味付けが異なっており、デミセクシュアルフラッグでは白色はセクシュアリティを意味するが、アセクシャルフラッグでは「アセクシャルではないパートナーや味方がいること」を表現している。 残念ながら、iPhoneには今の所デミセクシュアルのフラッグを表す絵文字はなく、一般的なレインボーフラッグのみが利用可能だ。

次の