暴威の嵐。 【グラブル】「バレンタイングリームニル」キャラクター性能情報&評価、奥義効果は確定クリティカルか、2アビ3アビは発動コストは重いが面白さもありそうな効果に

暴威のマフラー の詳細情報

暴威の嵐

-頓智毅然の賢才乙女- 「手を休めないで、休憩は後よ。 いい?どんな理由であれ、建設の遅れは絶対に許さないから。 予定は既定よ。 この調子なら明日には完成ね…ふふっ、楽しみで仕方がないわ。 あたしのための、あたしのお城ができるんだから」 [威容壮麗]太田道灌 -頓智毅然の賢才乙女- 「やった…ついに完成ね!見てみなさい、この荘厳な佇まいを。 あたしの設計はやっぱり最高としか言いようがないわ。 勿論、協力してくれたみんなのお陰でこの城は出来上がったの。 ありがとう!」 基本情報 スキル 効果 おすすめ度 : S 種類 : 計略スキル 消費AP : 50 力を増した華の嵐が暴威を振るい、敵全体にダメージを与える。 同一合戦中に自身が使用した「嵐華衝」の回数に応じてダメージが増加する。 弱い点 レア補助などを所持していない 補助スキルを「」しか所持しておらず、レア補助などを所持していないので替えが効きやすい。 また、高コストカードと比べてステが低い。 総合評価 「嵐華衝」多めの計略デッキで優秀 計略に特化したスキル構成をしているため計略デッキで使える。 中でも「」と「」所持しているため「嵐華衝」多めの計略デッキで特に優秀。

次の

ぼうい【暴威】の例文集・使い方辞典

暴威の嵐

吹き荒ぶ嵐、轟く天雷。 天より墜ちる無数の災禍が大地を抉り、大地に立つ銀腕の剣士の足を止める。 抉られた大地は巨人と化し、それが刹那の内に両断される。 そのまま駆け出そうとした剣士の前に無数の朱槍が突き刺さり、爆裂したそれらが人類の叡智では突破出来ない程の防御を越えて肉体を焼く。 だが、瞬時に立て直した剣士は足を止めることなく前進し、地上へ墜ちた天空の災害に立ち向かう。 銀閃が翻り、災厄が降り注ぐ。 それだけで僅か数秒の内に周囲に残っていた緑の森が死滅し、大戦争の跡地の様な有様と化したのは、ヨーロッパ、ドイツにある 黒い森 シュヴァルツヴァルト の一角。 局地的な大災厄を齎す二人の魔王により、この地は今、地獄と化していた。 天より墜ちる雷霆。 地表を攫う暴威の嵐。 大地を裂く銀の魔腕。 それは全て、人の形をした魔王であり、神を殺した怪物たちにより齎された物である。 片やワイルドハントを自称し、魔女達に嵐の王、人の守護者と称される善王。 片や自他ともに認める剣術馬鹿である剣の王。 人を守護する者とそんな事は知った事かと走り続ける者。 出逢えばどうなるかなど火を見るよりも明らかであった二人は今日、遂に邂逅してしまったのだ。 その結果が、これである。 緑豊かな土地は荒野へと姿を変え、木々の生い茂る山々は不毛と化した。 嵐に巻き上げられた木々は土砂と共に円を描き、時には土塊の人形となってドニを襲う。 その上、その全てが詠唱を破棄し、印を刻んだ訳でもない手抜きの魔術による物である。 人の魔術師が見れば、涙を流してその絶技に心奪われ、額を地に擦り付けて教えを乞うだろう。 だが、対する剣の王の技もまた絶技と言って差し支えない。 音を置き去りにして迫る槍衾、落下する雷霆を視覚と聴覚ではなく心を以て知覚し、その全てを斬り払っているのだ。 それは心眼と呼ばれる武術の到達点の一つであり、手にする事の出来る者が限られる極限の術技。 通常体得するのに半生を必要とするレベルの技である。 そういう次元の技であらゆる攻撃と防御、移動が構築されたこの戦いは、今や正しく神話を再現する事になった。 雷霆を斬るのも降らせるのも、人間には出来ない神の御業だ。 それに神域に踏み込んだ、などと称される者でも連続してそれを続けるのは無理なのだ。 故にこそ、彼らは魔王と呼ばれ恐れられ、同時に敬われるのであるが、今は関係の無い話である。 「ちょっと降りてきて斬り合わないかい!?僕もいい加減に疲れるんだけど!」 「戯け!王たる俺に地へ降りろなどと……穢らわしい獣風情が吠えたな、不敬ッ!」 尊大きわまりない言葉と共に、攻撃が苛烈さを増した。 無数の武具が対空し、展開された術式によってそれらが射出される。 同時に墜ちる雷霆と大地を裏返す様に現れた土塊の巨人。 更には魔術によって編まれた鎖が虚空から伸び、ドニの肉体を万力で締めあげる。 もはや、回避は不可能。 ただ受けるしかないと腹を括ったドニに怒涛の爆撃が直撃した。 間違いなく、即死である。 最古参の老魔王ですら、この連撃の前には一度死んでいるのだ。 だが、魔王とは、カンピオーネとは何らかの不死性を有するものだ。 蘇生、肉体損傷の無視、超速再生、攻撃の無効あるいは吸収などなど。 さあどれだ、と身構えた魔王の視界に銀閃が迸った。 首を傾けその一突きを回避したが、僅かに頬を掠めた刃は彼に血を流させている。 即座に回復したとはいえ、これは由々しき事態だ。 あの連撃でも火力が足りないとなると、貫通に必要なのは瞬間火力か。 衝突の際の爆破で詳細が見れていれば、あるいは別の攻略法もあったかもしれない。 諺に曰く、過ぎたるは及ばざるが如し、である。 仕方が無い、自分の不手際だ。 だが、もう一度確認すれば済む話でもある。 即座に展開される魔術砲門。 その数、実に百と七十二。 思わず顔を引き攣らせたドニが腕に力を篭めると同時に連続して放たれた魔砲の数々は、まるでガトリングの弾丸だ。 雷の槍、氷の斧、炎の鏃、水の鉄槌、風の剣が縦横無尽に宙を舞い、打ち払うドニの剣を越えてその肉体を打ち据えた。 幾つかの術が浅い傷を付けたが、その程度ではかすり傷にも入るまい。 だが、それだけあれば十二分。 殺したとされる神と照らし合わせれば、その不死性の仕組みを紐解くのは実に容易い話であった。 「貴様の不死、その仕組みは見破った。 鋼の如き屈強な肉体、討ち果たした神を考慮すれば間違えようもあるまい。 それはジークフリートより簒奪せしめた権能だな?竜の血を浴び、鋼の肉体を獲得した逸話に由来するのだろう?」 「いやいや、もしかしたら別の神様かもしれないよ?」 「ならば竜殺しの術が効果を見せた事をどう説明する?ヴリトラであれば似た権能は簒奪出来ようが、その場合は斯様な小技など通じぬ盾であっただろうよ」 「……ハハッ、隠しても無駄かぁ」 「余は人を守護する王である。 貴様らの如き悪獣の情報など、魔女共の口から嫌というほど聞かされておるわ」 彼の言動に嘘はないだろう。 虚言を弄するタチではないはずだ。 そして、日常的に他の魔王の話を聞いている。 姿を隠す王ではあるが、少数の魔女達と深い交流があるような口ぶり。 黒髪と黄金の瞳に、西欧の人種に比べてややひらべったい部類に入る顔立ち。 僅かだが、ドニは彼の正体の断片を掴んだ気がした。 だが、そこで彼にまつわる話を思い出す。 そう言えば、誰も彼の声と顔を覚えていられないと言われていなかったか、と。 今なお吹き荒ぶ嵐の中で僅かに訪れた硬直。 魔砲の雨は止み、無数の武具が対空している事もない。 ドニが動く素振りを見せれば凄まじい眼力で睨みながら呪力を蠢かせる彼だが、積極的に殺しに掛かるというつもりはないようだ。 「積極的に殺しには来ないんだね?」 「ふん、そもそも貴様が斬り掛ってきたから撃ち返しただけだ。 頭を垂れ、無礼を謝罪するのであれば見逃してやっても構わんぞ?」 その言葉に、ドニは抱いていた違和感を口にする事を決めた。 元より会話は可能なのだ。 小休止となった今の空白状態なら、理性的かつ建設的な会話が行えるかもしれない。 彼は理性的であり、基本的に寛容な王として知られている。 善を良しとし、悪を挫く。 まるで英雄のような魔王なのだ。 ならば、会話を試みて応えないという事はないだろう。 「へぇ、消耗して今も結構厳しいからじゃないのかな?」 「余を試しているつもりか?……戯け、この程度の消耗であれば貴様を屠るのに何の支障もないわ!」 舐められていると取ったのか、周囲の暴風が次第に穏やかに止みながら巻き上げていた土塊や木々を優しく大地に下ろしていく。 そして、それに比例するようにして彼の呪力が膨れ上がり始めた。 空にあった分厚い雲が消え、大地に顕現していた嵐が消失する。 変わりに百を越える魔術砲門が展開され、無数の術式が周囲の地面を埋め尽くした。 複雑に組まれ、編纂されていく大術式。 これまでの魔術がお遊びにしか思えない次元の極大魔術。 これが権能の本質か!ドニは驚愕に目を見開き、その権能の真相の一端を補足した。 だが、止める術はもはや無い。 地雷を踏んだわけでもないが、挑発紛いだったのは認めざるを得ないのだ。 恐らく、防御の権能は意味を成さない。 この権能はそういう物で、態々ドニの権能を見抜いたのはこの布石だったのだろう。 ならば、と防御に回していた呪力を全て攻撃に回す。 瞬間的な刀身の延長は先ほど成功している。 相手の反応速度ギリギリのラインだが、それでもやはり警戒されているだろう。 逆に言えば、そこが付け入る隙となっている。 なにせ、この魔剣は絶対に防げない。 彼の得意分野は近接戦闘ではないようだし、回避させれば詰みに持っていける筈だ。 「退く気にはならんか……」 「残念だけど、こんなの見せられたら戦わない選択肢はないよ!ちょっと死にそうだけど……うん、これはいつも通りだ!」 「悪獣めが……もうよい、疾くと去ね。 我が権能の真髄、その身に刻み冥府へ墜ちよ」 宣言の直後、一歩踏み出したドニの視界が反転した。 「なん……!?」 否、反転したのは視界だけではない。 足場そのもの、周囲の大地が空中に投げ出されていた。 膂力ではない。 仕込んでいた魔術によって、大地を反転した状態で転移したのだ。 それも、あらゆる魔術を打ち消すカンピオーネも諸共に。 ゆえに、ドニの体は完全に浮いている。 これでは本領が発揮出来ない。 下に落ちるまで数秒は掛かる。 そして、視界に捉えた仁王立ちの 嵐の王 ワイルドハント。 彼の従える無数の魔術砲門は、全てがドニを捉えていた。 充填された呪力は絶大。 一撃でビルの一つは吹き飛ばすだろう。 それが百を越えて更に四十と少し。 神殺しとしての驚異的な直感が、このまま行けば死ぬぞと叫んでいる。 やはり驚異的な呪力だ。 最古参の魔王すら凌ぐ圧倒的で、無尽蔵な呪力量。 おそらく、 そ ・ の ・ 種 ・ を ・ 割 ・ ら ・ な ・ け ・ れ ・ ば ・ 勝 ・ ち ・ 目 ・ は ・ な ・ い ・。 ドニが体を捻って無理矢理銀閃を放つと同時、無数の魔砲がそれを呑み込みながら突き抜けた。 夜空を貫く鮮やかな閃光。 遠方に浮かぶ雲を払い彼方へと消え去った後、残る半数の弾丸が地面に向けて叩きつけられた。 衝撃で大地が揺れ、大気が悲鳴を上げる。 土煙が巻き上げられ、着弾した周囲が一切視認できなくなる。 「しぶとい奴め」 黄金の双眸を細め睨む土煙の中から銀閃が迸る。 それは寸分の狂いなく彼の首を捉えており、軌道に割り込んだ術式の尽くを切断して直進する。 流石は魔王。 剣の王の名の通り、その剣こそ彼の真髄。 強力無比な斬撃こそ、サルバトーレ・ドニの全力なのだ。 間合いに入ってしまえば、同等の腕を持たねば天秤が容易く傾けられる。 ならば付き合ってやる道理はなし。 ドニの位置を転移させる事で剣の射程から離れ、仕込んでおいた術式を起動した。 火柱が上がり、きょとんとした顔のドニを呑み込んだ。 周囲の大地がドニを火柱ごと挟んで潰し、そこを囲うようにして無数の剣が浮遊する。 既に術式の用意は出来ている。 後は、ドニが出て来た瞬間に撃ち込むだけだ。 今、間違いなく防御の権能を発動しているドニが攻撃に回る前に潰し切る。 完全なメタだ。 防がざるを得ない状況を作り出し、その防御を貫通する。 それだけで神も魔王も殺せるのだ。 まあ当然、そう上手く行くとは彼も考えていない。 何だかんだで耐えるか、上手く逃げおおせるか。 若しくは、剣群を越えて接近してくるか。 どちらにせよ、対策は張っておくべきだろうと次の術式を仕込んだ瞬間、一瞬の内に閃いた銀閃が紅蓮の窯の中から浮遊していた剣群を打ち払った。 これは見誤ったか、と眉を顰めるも追撃がない。 全身を赤熱させながら現れたドニは控えめに言って死に体で、とても戦えるものではなかった。 とはいえ相手は同格の魔王。 見逃してやる道理などある筈もなし。 ゆえに死ね、と呟きながら放たれた剣がその心臓に直撃する間際、驚異的な速度で振るわれた魔剣がそれを斬った。 「……そういえば、貴様は戦に全てを掛けた修羅だったな!度し難い!」 「ハ、ハハ、はははははははははははッ!!!」 飛来する無数の魔術を全て斬り、必殺となる剣群は最低限のものを選択して斬り払い、後は全て回避して前進する。 舌打ちをしながら無尽蔵の呪力を行使する嵐の王だが、今のドニはこの状態でマトモに相手をすべきではない。 なにせ、彼は既に神の一柱を討った後だ。 精神的、肉体的に消耗がある。 先程までドニを一方的に攻撃していたが、それも相手の得意分野を殆ど封じていたからだ。 遠距離から一方的に殴り、接近したらその分距離を開ける。 その基本的な戦法を、今は取るのが難しい。 なにせ、最初に比べてリーチが飛躍的に向上している。 最初は十五メートルかそこらだったものが、今では数十メートルだ。 権能の掌握が進んでいる証拠である。 その上、本人の技量も磨かれ続けている。 既に神と何とか斬り結べるところに到達しているというのに、その先へと到達しようとしているのだ。 まだまだ道は遠いとはいえ、油断など許されない。 リーチは上限が見えないが、最悪視界内全てと想定する。 あれはヌアザの右腕、銀腕のアガートラームだ。 その手に持った武器はクラウ・ソラスと仮定していい。 ダーナ四秘宝の一つにして、最高峰の神剣だ。 ならば、更に隠れた能力がある事も想定して動く必要があった。 下手に追い詰めれば覚醒、権能の掌握を促進してしまう。 しかし、手を打たねば流石に危うい。 完全なジレンマだった。 「悪獣共め、相も変わらず厄介な……!」 手の打ち方によっては、後々権能を完全に看破されかねない。 それは憂慮すべき事態であり、今後の行動に差し支える。 基本的に手札を隠し、反撃させずに殴り殺す。 対魔王戦における最も基本的で、最も失敗しやすい戦術だ。 手札は隠せても、確殺はまず不可能。 逆境を乗り越えるという特質から、神殺しを殺すのは至難を極めるのだ。 ドニは一撃首を刎ねれば死ぬだろうが、やはり驚異的な戦闘センスがそれを妨げてくる。 忌々しいという顔を隠そうともせずに敢えて接近を許し、数度回避しながら拳を打ち込んだ。 その後にやはりダメか、と判断して槍を握った彼はドニの魔剣と打ち合い、それを呪力で強化した腕力に任せて払い除けながら至近距離から魔砲を叩き込む事で強引に距離を開ける。 しかし肉を焼き、その身を消し炭にするつもりで放ったにも関わらず、ドニの損傷は重度の火傷に収まっている。 即座に防御の権能を発動し、剣に回していた呪力を止めて体内で高める事により威力を減衰したのだろう。 器用だ、とは言わないものの、早業ではあった。 だが、これではもう千日手だ。 何時かドニの方がスタミナ切れで押し負けるだろうが、それまでに刃が届く可能性だって存在している。 結末がどう転ぶかは一切不明だ。 早急に決着を付けなければ、時間経過で危険度が上がるだけだ。 ならば、とドニを睨みつけながら魔術を行使して瞬間的に動きを止め、周囲に回していた呪力を回収しながら練り上げる。 力ある言葉。 権能を行使する為の鍵であり、またその在り方を指し示すもの。 嵐、雷霆、小さき者。 この言葉から、天空に類する神より簒奪した権能だと推測される。 キーワードが余りにも直接的過ぎて、聞けば逆に疑う程に安直だった。 だが、その力は絶大である。 これは嵐の王が嵐の王たる所以にして、天災を統べる王の印だ。 民衆にとって、この権能は如何に恐ろしく、また理想的なものであろうか。 簒奪した神の名は不明。 候補は有り過ぎて、逆に定まらなくなる程だ。 ゆえに、グリニッジ賢人議会はこの権能を仮称としながらこう名付けた。 即ち、 天地砕く嵐の怒号 ワイルドハント 、と。

次の

RO公式ツール・モンスターサーチ

暴威の嵐

YEポイント交換アイテム• 衣装7種 : 衣装なので性能なっしん!• 栄光の御旗 赤 [1] [4,000YEP] : 火属性Mob向けの肩• 動きそうで動かない。 フワフワと楽しげに揺れている。 衣装用の装備。 敵はその栄光の前に戦意を失うだろう。 ポイントも同じ4000。 バーン2でも火耐性30だしね。 ときどき目が動くと噂になっているようだ。 ラグ缶2020 March新装備• 暴威のマフラー[0] B賞下1 : 民湾用のシビア肩• 森羅万象の指輪[1] C賞1 : 真理など特殊エンチャとセットアクセ。 時魔の亜種。 イルシオンシールド[1] C賞下3 : イルシ盾。 新エンチャ4種追加。 ラブダッドバンダナ[1] E賞2 : 負傷兵みたいな兜上段。 完全回避と遠距離耐性。 神々さえも動物に姿を変えて逃げていくと言われている。 シビアのCT-2秒はこれでどうぞ。 これを手に入れたものは世界を手にするという。 やばいアクセ。 覇王や豪傑とのセットはまぁまぁ。 死の欲動は微妙な気が。 一番は真理とのセット効果。 ネックの消費SPも結構カバーできそうだしね。 左森羅、右ソロモンはやばそうですね! あとは聖属性強化はRGやAB、風は・・・なんだろう?Sノビ? クラデSノビでアルヒとか付けるとおもしろいかもかも。 夢いっぱいです。 絶対高い。 ちなみに最近アクセが強いのばっかりだから、セットじゃなかったら微妙なところ。 ただセットがあっても、アクセ次第では出番はないかも。 ちなみに設計図の対象はエクセ盾と一緒。 そしてイルシオンなのに装備Lvが100。 なんかQ-DelayとQ-SpeedでAspdとスキルディレイ軽減がフェザーシールドっぽくできるかも。 ただし発動分が50低い。 ポイントはランナウェーとのセットが結構加算見込めるところ。 2020-07-14 火• 2020-07-14 火• 2020-07-10 金• 2020-07-07 火• 2020-07-02 木 最近のコメント 5件• に てんきあめ より• に ありす より• に てんきあめ より• に てんきあめ より• に ありす より 投稿一覧(月別) 投稿一覧(月別) 投稿一覧(カテゴリー別)• 128• 211• 105• 1 リンク.

次の