野 ブタ を プロデュース 堀 北 真希。 『野ブタ。をプロデュース』特別編継続 亀梨和也&堀北真希&戸田恵梨香のデート回も(2020年5月3日)|BIGLOBEニュース

『野ブタ。をプロデュース』特別編継続 亀梨和也&堀北真希&戸田恵梨香のデート回も(2020年5月3日)|BIGLOBEニュース

野 ブタ を プロデュース 堀 北 真希

商品の説明 ベストセラー小説をドラマ化した捻りの利いた異色の青春群像劇。 私立隅田川高校2年B組の桐谷修二(亀梨和也)はノリのいい自らを演じることによって、クラスでの人気者のポジションを確立している。 そんな修二にとって、とことんウザイ存在としてクラスでも浮きまくっている草野彰(山下智久)には調子を狂わされっぱなしだが、彰は修二のことを親友だと思い込んでいる。 そんなある日、小谷信子(堀北真希)という転校生がやって来た。 暗くて不気味な信子は早々不良グループからイジメられることに。 見かねた修二は彰とともに、イジメられっ子から人気者へと生まれ変わらせるべく、信子をプロデュースすることを引き受ける。 原作のエッセンスを散りばめつつも、設定やエピソードは随所に読み替えているのだが、むしろ修二や信子はより人間味のある魅力的なキャラクターに深められているあたり、これぞ連続ドラマならではのよさと言えるし、ディテールにまで手厚い脚本の妙には唸るしかない。 ほろりとさせるような友情模様や人生訓も意外なほどにてんこ盛りで、シュールでニヒリステックなドラマを予想するといい意味で裏切られることに。 亀梨和也、山下智久、堀北真希の好演はもちろん、工夫を凝らした映像美の数々も見逃せない。 繰り返し見たくなるような含蓄のあるドラマである。 Amazonレビュー ベストセラー小説をドラマ化した捻りの利いた異色の青春群像劇。 私立隅田川高校2年B組の桐谷修二(亀梨和也)はノリのいい自らを演じることによって、クラスでの人気者のポジションを確立している。 そんな修二にとって、とことんウザイ存在としてクラスでも浮きまくっている草野彰(山下智久)には調子を狂わされっぱなしだが、彰は修二のことを親友だと思い込んでいる。 そんなある日、小谷信子(堀北真希)という転校生がやって来た。 暗くて不気味な信子は早々不良グループからイジメられることに。 見かねた修二は彰とともに、イジメられっ子から人気者へと生まれ変わらせるべく、信子をプロデュースすることを引き受ける。 原作のエッセンスを散りばめつつも、設定やエピソードは随所に読み替えているのだが、むしろ修二や信子はより人間味のある魅力的なキャラクターに深められているあたり、これぞ連続ドラマならではのよさと言えるし、ディテールにまで手厚い脚本の妙には唸るしかない。 ほろりとさせるような友情模様や人生訓も意外なほどにてんこ盛りで、シュールでニヒリステックなドラマを予想するといい意味で裏切られることに。 亀梨和也、山下智久、堀北真希の好演はもちろん、工夫を凝らした映像美の数々も見逃せない。 繰り返し見たくなるような含蓄のあるドラマである。 (麻生結一) 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 白岩玄のベストセラー小説を豪華キャストでTVドラマ化。 第1話から第10話までを収録。 特典ディスクを収録した5枚組BOX。 内容(「Oricon」データベースより) クラスのリーダー的存在の修二とおっちょこちょいな彰が虐められっ子の転校生、信子を人気者にすべく奮闘する。 日本テレビで放送されたドラマのDVD化。 最終話のみディレクターズカット版を収録。

次の

堀北真希

野 ブタ を プロデュース 堀 北 真希

「どうしてこんなことするんだよ」「プロデュースと一緒」のやりとりと、最終回手前の、飛び降りの場面、この人間への深い洞察こそが、脚本家・木皿泉の真骨頂ですね。 原作を思いっきり改変した潔さを買い。 どっから見てもドラマの方がおもしろい(笑)。 演出賞(岩本)、主演男優賞(亀梨)、主演女優賞(掘北)、助演男優賞(山下)、助演女優賞(戸田)、新人男優賞(中島)、新人女優賞(柊)、脚本賞(木皿)、企画賞(河本)、主題歌賞(青春アミーゴ)、台詞賞(野ブタ。 パワーー注入!) 素晴らしかった。 3人の絶妙なコンビネーションもそうだけど、周りのキャラにもクスクスさせられ、それでいて中身の芯もしっかりしている。 一癖も二癖もありながら、とても味のあるドラマでした。 堀北真希の過度な暗さの演技が逆に面白さを増してくれました。 亀梨のクールで世渡り上手なクラスの中心人物・山下のかなり変わったボケキャラ・堀北の暗い暗い転校生で虐められっ子という三つのキャラが素晴らしい化学反応を魅せてくれた。 そのそれぞれのキャラになりきれた3人の演技も素晴らしい。 「野ブタ。 パワー注入」等の小ネタはかなりセンスがあり笑えた上、脚本も矛盾点が無く、すべてにおいて破綻が無い。 主題歌もハマった。 それだけにあの無意味な最終回は悔やんでも悔やみきれない。 それが無かったらほぼ確実1位だったのだが・・・。 続編を是非見たい。 男女三人の「友情」が、「しょい」が直球なら、こちらは変化球で伝わった。 『先生は取り返しのつかない場所にいったことがありますか?』『あるわねー。 』というやりとり、印象ふかし。 青春ドラマの醍醐味はそれに尽きる。 それが、義理父と娘のさりげない愛情や、信子への友情に泣けてくるようになり、はまった。 最後まで、愛情よりも友情で、信子だけじゃなく、まり子にも笑顔が戻ってよかった。 印象に残ったのは、「生霊」「あみだくじ」「お守りぶた」。 特に「蒼井」との決着を、一度は「死」という形で終らせ、それを「夢」に昇華させた「お守りブタ」のエピソードは、素晴らしかった。 ものすごいホットしたのと同時に、蒼井を深い闇から、修二・彰・信子の友情パワーで引き戻したんだなーって思ったら、泣けました。 ファンタジー的な要素を盛り込みつつ、修二・彰・信子の友情を綺麗に描いた秀作だと思います。 信子役の掘北真希さんは、非常に上手かった。 ピクピクした笑顔やうつむき加減でボソボソ喋る台詞回しは絶妙でしたし、「野ブタパワー注入!」の可愛らしさにはやられました。 男女三人の「友情」が、「しょい」が直球なら、こちらは変化球で伝わった。 それがことごとく成功していたと思う。 あらためて木皿泉さんの力量に脱帽しました。 野ブタのセリフが結構染みた。 母親というものがほとんど登場せず、父親との関係ばかりが描かれるのも不思議。 あの、地に足のつかない感じはそこから?大人と子供、生徒と教師、いじめっ子といじめられっ子の境界がなんだか曖昧で、難しくはないけれどわかりやすくもない。 蒼井の心のダークサイドを詳しく説明しないのも象徴的。 でも一線を越えそうになった時、呼び戻すのは友達なんだというところに救いがありました。 猿の手に頼らず、自分が今いるこの世界で生きてみようと覚悟を決めた野ブタに地味に励まされました。 思春期の微妙に揺れる心理を通じて、ユーモアを交えつつ人間の心の「闇」をリアルに照射してみせた作劇が、圧巻でした。 何よりもその「闇」を安直な綺麗事でごまかさなかった点に、最大級の賞賛を送りたいと思います。 アミーゴ3人の青春ぶりもいいんですが、それをとりまく大人たちの佇まいが、また素敵。 年間1位選択にあたっては『タイガー&ドラゴン』と迷ったんですが、飢餓感の後の満腹感がすごかったんで、こちらに軍配。 信子や彰に感化されて、修二心の動きが少しづつ変わっていく様子が凄く良かったです。 あと、時々見せるファンタジーの場面も、妙な演出にせず、しっかりとドラマに溶け込ませていった演出陣も大いに評価したい。 ここまで高校生の内面を描けているドラマは稀だと思う。 男女三人の「友情」が、「しょい」が直球なら、こちらは変化球で伝わった。 それがことごとく成功していたと思う。 あらためて木皿泉さんの力量に脱帽しました。 (いたぞうさん) 【広告】 ジャケット写真をクリックするとDVD注文画面にすすみます.

次の

野ブタ。をプロデュースからもう9年たってる訳だが....: GOSSIP速報

野 ブタ を プロデュース 堀 北 真希

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 巧拙はさておいて、原作と違い、ラストで修二の一定の変化を描いたのは評価したいですね。 全員が成長したという展開は良かったと思います。 【悪い点】 メイン3人の演技が拙く感じました。 堀北さんは、評価が高い女優さんですが、個人的には彼女の演技はイマイチに思います。 男子2人、特に修二役の亀梨くんの棒読みっぷりは・・・ 苦笑。 蒼井という明確な「悪役」を設定してしまった点。 この話はそれぞれの他人との関係の「自省」で成り立つと思いますので、変に悪役を入れなくてもよかったのでは。 しかも、皆さん御指摘の通り、その描き方が中途半端です。 プロデュース対象の「野ブタ」を女の子にした点と、マイペースで生きられる「彰」の存在。 修二が彰を苦手としつつ、徐々に認めて行くようになるというのは、単品で見ればいいんですが。 クラスで不人気の存在は「野ブタ」と「彰」の2人も要らなかったのでは、と思います。 それと、野ブタが女の子である必要もなかったのでは・・・原作ヒロインのマリ子の存在意義が薄まりましたし。 修二と信太の関係と成長を軸にしても、十分に連続ドラマ1クール分を埋められると思いますけどねぇ。 山下くんを出すための苦肉の策だったんでしょうな・・・いくら何でも細身の山下くんが「野ブタ」役は苦しいでしょうし。 【総合評価】 原作の欠点は埋めようとしてみたものの、新たな穴を空けてしまった印象の作品です。 評価は「とても悪い」で。 料理の仕方によっては、非常に良作になったと思うんですけどねぇ・・・原作にしろドラマにしろ。 放送当時大人気だった山下・亀梨・堀北を起用したドラマ。 普段の彼らの演技をあまり評価していないが、野ブタに関しては彼らの演技は意外にも良かったと思える。 まず山下が演じる彰は簡単に言えばバカキャラ。 思った事を口にする素直だが、時折空気が読めないキャラは何故だか役にハマって見えた。 次に亀梨演じる修二はクラス1の人気者を演じるキャラ。 世の中の人間、自分以外は全てレベルが低いとも思ってるような常に斜めに構える中二病のような役柄だが 基本的に格好付ける事に抵抗の無さそうな亀梨が演じると、とても自然に見えてしまうのが不思議。 時折見せる寒いギャグは置いといて、人間誰しもが腹の内を見せたがらないと思うし、自分という人間を演じている事には、納得せざるを得なかった。 そして堀北演じる信子。 修二によってプロデュースされる前のいじめられていた信子は どこか表情に暗さがある堀北が演じると実は昔いじめられっ子だったのか? 思ってしまう程の影の落とし方を見せてくれた。 物語の途中で笑うシーンがあるのだが、その時の引きつった笑顔と言ったら、もう顔の表情を変えられない人間が作る笑顔そのものに見えた。 イケメンを蔓延らせる役柄が多いドラマよりいじめられっ子の方が個人的にはハマリ役だと思う。 そんなキャラ設定がハマっていた作品だが、問題なのはシナリオの薄さ。 信子がいじめられる原因然り、蒼井が信子達に嫌がらせをする理由然り なんとなく感が漂う理由が、見ていて不快感しか残らなかった。 それに前半までのテンポが良い流れとは裏腹に蒼井のいじめが始まってからは 話のテンポが悪くなり始め、いじめの陰湿さというより蒼井のメンヘラさだけが残る作品だった。 終わり方こそスッキリした部分はあるが、なんとも後味が悪い話だった。 あんなに簡単にプロデュースして変わり、あそこまで劇的に人の反応は変わるものなのか。 御都合主義な部分が見えてくると、どうしても物語の薄さしか感じられない。 それが少し勿体なかったように思う。 原作を読んで居ないので、どこまでがこのシナリオとマッチしているのか分からないが まあ良くも悪くも主題歌を含め、話題になった事は確かである。 どんなに素晴らしい作品も、見てもらえなければ評価も出来ないし、存在すら知りえない。 それを考えればこのドラマは「結果としては」成功したのだろう。 ただ、ドラマそのものの評価としては、残念ながら悪いです。 「クロサギ」や「コードブルー」などではクールな主人公を演じられてますが こういうバカっぽい役のほうが似合ってて可愛いと思うんですよね。 草野は痛い子かもしれませんが良い奴でしょう。 後半から草野と小谷のラブコメになっていくのが良かった。 Wデートの回で悔しそうに小谷たちをつけてたりして面白かった。 「周りはガキばっかだぜ! 」と他人を見下している。 その主人公も女子生徒から「バカじゃないの? 」と思われてしまってる。 修二もただのガキにしか見えません。 言ってることは間違ってないと思うんだけど・・・。 まり子と付き合ってるのも体裁のためで尽くしている良い子の彼女がかわいそう。 調子のいい性格のせいか後々痛い目を見ることになるし 草野や小谷を見て自分を見直していってるけどね。 「こんにち月火水木金ど〜〜〜! 」 「バイセコー」「バイバイセコー」 「おは4メートル! 」「出た〜新記録〜」挨拶がいちいち寒すぎる。 ・2年B組の生徒 小谷がブレザーにブスと落書きされたのを知って最悪だのなんだの 言ってたくせに私服登校がうらやましくなって便乗しようとした女子、 寒いなんちゃってお笑いコンビデスティニー、机を掃っただのキモいだの 理不尽な理由でいじめる坂東達など主人公含めろくな人間がいないクラスですね。 ・蒼井がなぜ卑劣な嫌がらせをするのかわからない 嫌いだからうっとおしいからってだけでなぜそこまで小谷たちに執着して 手が込んだ陰湿なことをするのか理解できません。 人のあとつけて写真まで撮ってるなんてよっぽどの理由がないとただの異常者。 嫌がらせをしてしまう事情、背景が見えてこない。 散々酷いことをした後に自殺未遂って本当この子どうしたんだ? と思っていたときに修二が「じゃあさ、お前何がしたいんだよ? 」 お! よく聞いた! すると蒼井は「覚えててほしい、それだけ」 ・・・構ってちゃん? 結局このやり取りは夢オチだったので真意はわからずじまい。 この回のオチもよくわからなかったよ。 総評 良くも悪くも馬鹿馬鹿しいしくだらない。 思っていたより楽しめました。 作品DB内ブログ記事 1. by 陣兵... 脚本は『 野 ブタ。 を プロデュース』... by mind... してなかったな… ドラマで一番多いのって恋愛ものだと思います 学園物も実質上恋愛ものなのが多い。 でも私は今の恋愛ドラマは見る気になれないんですよ。 何故なら誰と誰がくっつくかすぐにわかっちゃうのが多い! 酷いのだと番組紹介だけでバレバレ。 その点で良いと思ったのは「 野 ブタ。 を プロデュース」ぐらいです。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の