北海道 休業要請 業種。 知事、105業態に休業要請 遊興・運動・商業施設、劇場、大学・塾も 3密回避に重点:北海道新聞 どうしん電子版

新型コロナウイルス感染症に係る休業要請等について | 経済部経済企画局経済企画課

北海道 休業要請 業種

このまま自粛を続けていても経済がとどこおる。 北海道は『コロナと共存』しながら、 社会経済活動を進めていくうえで 新北海道スタイル を、宣言しました。 道民と事業者が協力し合い北海道全体で感染リスクを抑え事業継続や新しいビジネスチャンスを拡大していく新しいスタイルです。 事業者の皆様に取り組んでいただきたい7つのポイント <新北海道スタイル 7つのポイント> 1 スタッフのマスク着用や小まめな手洗いに取り組みましょう 2 スタッフの健康管理を徹底しましょう 3 施設内の定期的な換気を行いましょう 4 設備、器具などの定期的な消毒・洗浄を行いましょう 5 人と人との接触機会を減らすことに取り組みましょう(2メートル程度の一定の距離の確保、間仕切りなど活用や人数制限、空席の確保) 6 お客様にも咳エチケットや手洗いを呼びかけましょう 7 お店の取り組みをお客様に積極的にお知らせしましょう ライフスタイルとしてチェンジ 正しい咳エチケット ソーシャルディスタンスなど 注意しなければいけない点は 確実に実行して頂きたいですね。 もうやってるんじゃないの。 — 双子の林檎は酸っぱいからソースにするの ポエミート onikusukiyhk20 新北海道スタイル。 25日から自粛要請緩和へ。 これからは、新北海道スタイルに則って、感染対策の準備をし、営業されることと思います。 手に入りずらいものもあり、簡単ではないと思います。 私は外食を自粛しておりましたが、これまで通り感染に気をつけ、25日より解除しようと思います。 — ひだり💫 akumanomigi いよいよ5月25日には北海道でも休業要請を大幅に解除される予定です。 新しい生活すらいるを身に付け 経済活動も再生させていきましょう。

次の

道が休業要請を全面解除 「新北海道スタイル」求める:北海道新聞 どうしん電子版

北海道 休業要請 業種

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための休業等に対する支援金 北海道から20万円又は10万円が振り込まれた方へ 北海道から帯広市に情報が来た後に帯広市が振込処理を行います。 別途、帯広市より文書でお知らせを送付しますのでお待ちください(通常、北海道の振込日から2週間程度で帯広市が振り込みます)。 北海道からの振込後、1か月以上帯広市からの振込が無い場合はご連絡ください。 休業等協力支援金の給付について 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、北海道の休業要請等に協力された事業者の方(営業の自粛や営業時間の短縮等に取り組む市内で飲食店を営む事業者の方も含む。 )を対象に、支援金を給付いたします。 対象となっている施設は、 をご覧ください。 詳しくは、こちらをご覧ください。 区分エは「帯広市」 対象事業者などは、こちらをご確認ください。 北海道が休業要請を行わない施設のうち、飲食店については、4月25日(土)から5月6日(水)まで、営業の休止、テイクアウトのみの営業、営業時間の短縮(2時間以上の短縮)のいずれかを実施した場合、支援金の給付対象となります。 申請受付期間 令和2年5月7日(木)から7月31日(金)まで 申請書類 詳細は をご覧ください。 詳しくは、 をご確認ください。 問い合わせ先・郵送先 帯広市経済部商業労働室商業労働課 〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1 庁舎7階 電話番号:0155-65-4164 ファックス番号:0155-23-0172.

次の

札幌市休業協力・感染リスク低減支援金/札幌市

北海道 休業要請 業種

文:神保勇揮 休業要請・時短要請・従来通りの3つに分類して紹介 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言を出した7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)において、併せて発表された店舗や施設への休業要請。 各自治体のHPでも業種一覧や施設規模などの該当条件の一覧は掲載されてはいるものの、基本的に文字中心の構成になっているため、どうしても分かりにくさがつきまとってしまう。 そうした中、FINDERSでも「今すぐ利用できる「コロナ関連融資・給付金(4月9日時点)」の超絶わかりやすいまとめ画像を大阪の市議会議員が作成」という記事で紹介し、大反響を巻き起こした大阪市議会議員の前田かずひこ氏(自民党・北区)が、4月13日にまとめ画像第2弾として「大阪府 緊急事態措置 休業要請等一覧」を発表した。 このまとめ画像では、「休業要請」「時短要請」「従来通り」の3つに分類して表示。 施設の床面積によって「休業要請」ではなく「協力依頼」に留まる業態もあるが、それもわかりやすく記載されている。 なお、自粛要請の開始日時は各都道府県で若干異なるが、終了予定日はいずれも5月6日までとなっている。 また今回の画像でも、あくまでまとめている対象は「大阪府」での基準であり、加えて各業態の欄も小さく「等」と入っている通り、全業態が記されているわけではない。 加えて千葉県・埼玉県では飲食店への時短営業協力要請が出ていない(「適切な感染症防止対策」のみ要請)など、各都道府県でもおおむね内容は同じとはいえ細かな違いも存在するため、まずはこの画像で大まかに「どの分野に要請が出されているのか」を確認しつつ、大阪府の読者も含めて必ず以下で紹介する自治体HPの要請業種一覧に目を通してほしい。 bousai. metro. tokyo. pref. osaka. pref. chiba. pref. kanagawa. pref. saitama. pref. hyogo. pref. fukuoka. php? weblike. また事業者への融資・補償関連については、同氏の事務所(電話・メールでの相談を受け付けている)に対して飲食店や不動産業、派遣業経営者など幅広い業種から問い合わせがあり、「1月から3月までは売上が前年と同程度に推移しており、4月以降が5割程度減少するといった事業者さんが非常に多いように感じました。 売上減少が助成金や融資の要件になっているので、1〜3月の売上が前年と変わらなければ申請の対象に入らず、申請の開始できる時期が売上減少する4月以降に遅れてしまう問題が生じているようです。 国や自治体は助成金・給付金などの受給条件緩和や期間延長なども検討すべきです」と語る。 今後について前田氏は「各省庁の縦割りを排除し、さまざまな支援を国民目線、市民目線で一括してわかりやすく見れる環境づくりや、助成金や給付金などの申請窓口の人員体制の強化が喫緊の課題です」として、経営難にあえぐ事業者に対する情報発信や支援活動を進めていきたいと語る。

次の