ウィーラー プロスピ。 【プロスピA】楽天イーグルス選手評価リスト|純正オーダー向け早見表|プロスピA攻略ブログ 球宴ナイン

プロスピA

ウィーラー プロスピ

攻守に頼もしいしキャラも立っているので大人気の選手になりましたね。 レギュラーとして起用されるかはまだわかりませんが元気な姿を見たいですよ! ウィーラーの攻撃力評価 攻撃力評価 B ミパ共にもう少し欲しいところですがまあしゃーなしですね。 パワーは難しいですがAにすることができます。 ミートがもっとあればなあって誰しもが思うところ。 ウィーラーの特殊能力評価 特殊能力評価 B 超パワーヒッター S やっぱ助っ人外国人にはこれですわ。 プルヒッター C たしかにプルヒ。 これでパワーはかなりUP 逆境 B 苦しい時の彼の笑顔と打撃、うん、素晴らしい! ウィーラーのリアタイおすすめ度 リアタイ評価 B 守備は捕球が気になりすぎますが適性肩ともにすばらしいしなんならレフトでもいいのか。 打撃はミートに心配はあるもののパワーはさすがだし純正ならウィーラーを使いたいよね。 最後に 今年の起用がまだ読めませんがぜひ出場機会には恵まれてほしいですよね。 楽天ファン意外にも愛されているのでぜひ球場に・・あ、僕はスポーツニュースで夜見ます。

次の

【プロスピA】10/4三塁手が追加される!強化された選手が多数!シーズン1に比べると強力な三塁選手が多数!|Synapse:ゲームやアニメ等・好きなことをやるサイト

ウィーラー プロスピ

2019 Series2の能力と比較すると、 ミート-1・パワー-1とステータスは低下しました。 それでも引き続き 称号次第ではパワーAにすることができ、楽天枠としてオーダー入りする余地もあります!また、弾道が 「パワーヒッター」となっているので、 自操作でも比較的ホームランが出やすいというのもポイントですね。 評価2:サードの適正はBにできる 守備能力に関しては今回からライトの適正がなくなり、 サードとレフトの2ポジションとなりました。 そして サードの適性は69 C に上昇したので、 特守によってBにすることができます!ただし 捕球が32 F と低いのは不安材料。 できればDHかベンチに置きたいですね。 また、特殊能力には 「超パワーヒッター」「プルヒッター」がついていて、パワーを大きく引き上げることが可能。 まだ野手が揃っていない方は、リアタイでも重宝する選手です! ウィーラー 2020 Series1のステータス 所属球団 東北楽天ゴールデンイーグルス 登場シリーズ 2020 Series1 投球 右投右打 スピリッツ 3400 適正ポジション 三塁手 MAXレベル 75 コスト 28 ウィーラーの打撃ステータス 弾道 ミート パワー 走力 パワーヒッター C 64 B 77 C 65 突出したステータスではありませんが、 称号でパワーをAにできれば使いがっての良い選手となります。 もともとパワー型になっていることもあり、楽天枠に困っている方にもおすすめです! ウィーラーの守備適正 守備適正 サードC 69 レフトD 52 捕球 スローイング 肩力 F 32 F 36 B 79 特守でサード適正をBにできますが、やはり捕球とスローイングがFなのは気になります。 どうしてもサードがいない場合を除いては、 DHやベンチで起用するのがおすすめです。 271. 269. 243. 193 打点 82 58 67 5 得点 75 36 53 6 安打数 147 99 100 11 長打率. 493. 432. 418. 298 OPS. 835. 769. 738. 528 出典: まとめ:ウィーラー選手は楽天枠としてもおすすめ ウィーラー選手はSeries1でミート・パワーが1ずつ下がりましたが、 今回もパワーAにすることができます! また、サードの守備適正が上方修正されて、特守でBにすることも可能になりました。 突出した能力ではないですがパワー型で使いやすく、 楽天枠としてもおすすめの選手です。

次の

プロスピ2019:ドリームリーグ 新Sランク選手の一覧!内野手/抑え/海外移籍選手

ウィーラー プロスピ

【ウィーラー】2019 Series 2の評価 総評 総合評価 8. 243の19本。 やはり徐々に成績が落ちてきてしまっている印象・・・。 切ない。 ただ陽気なキャラはご健在。 弾道がパワーヒッターに変化• 引っ張り方向への打球が失速しにくくなる• 流し方向への打球が失速しやすくなる• 捕球とスローイング結構大事なので・・・ まとめ ウィーラー選手登場しました! 来季は鈴木大地選手を獲得していることから、出場が危ぶまれているところもあります。 去就含めどうなるのか見ものですね! 2020シリーズ1のロペス選手の評価はこちら!!.

次の