マスク 山積み。 金券ショップにマスク山積み 突然現れた「仲介業者」

東京・新大久保「マスク値崩れストリート」 超格安「50枚900円」あちこちで山積み: J

マスク 山積み

ようやくマスクが出回るようになったとかで、中国製の箱詰めが店頭で山積みになっているが、粗悪品が少なくない。 SNS上では、ひもが外れたり、裏が透けて見えるほど薄かったりする写真が投稿されている。 2つのマスクのひもがつながっている写真には「中国製のマスクの使い方、教えてくれよ」というコメントがついている。 インターネット通販で1箱50枚入り2000円のマスクを2箱購入した女性によると、中国語で書かれた合格証も入っていたが、ひもが切れていたりしわくちゃだったりして、「3分の1ぐらいは使うのはどうかなというものでした」と話す。 「グッとラック!」がこの合格証に書かれていた中国の工場に電話したところ、「料金未払いのためこの電話は使えません」という中国語の自動音声が流れて、電話は切れてしまった。 耳が痛くならない日本製のコピー商品も出回り 長時間つけていても耳が痛くならず、洗って繰り返し使える国産の人気マスク「PITTA MASK」のコピー商品も出回っている。 パッケージのデザインや配色はほぼ同じで、ロゴの部分だけが「PTTGY」や「PITTE」となっており、間違って購入してしまった人も少なくないようだ。 「パッと見はまったくPITTAだったので、やった!と思ったのですが、裏を見たら漢字でいろいろ書かれていました。 素材を接着した中心部から裂けてしまい、無駄なものを買ってしまった」と男性は話していた。 中国事情に詳しいライターの山谷剛史氏によると、中国国内では政府の認可を受けない闇マスクビジネスが活気づいているという。 「有象無象の人たちが工場を作って、たくさん輸出しようとしており、なかには家庭内で手作業で作っているところもあります。 未認可のマスクに対する税関でのチェックが追い付いていません」と説明する。 キャスターの立川志らく「アベノマスクも不良品が多くて回収しましたけどね」 中島健太(画家)「僕も最近50枚入りのマスクを見つけて買ったのですが、まだ中を見ていないので心配です」.

次の

未だ届かぬアベノマスク…東京・新大久保では怒濤の叩き売りが始まっていた なぜだ!?山積みされるマスクの箱

マスク 山積み

昨日都内に出る用事があったので、新大久保に立ち寄ってみました。 マツキヨなどの日本系ドラッグストアには在庫がないのだけど、韓国系のバラエティーショップなどで、マスクが山積みで売ってました。 しかも購入数制限なし。 新大久保駅から明治通り方向に歩いてみると、全部で10件ぐらい。 (お店に遠慮して、写真は撮りませんでした) 値段は、50枚入りで1600円から3500円程度、駅から離れると値段が下がる傾向にあるようです。 5枚入りとか7枚入りなどもあります。 売っているパッケージを見ると、日本語表記されたもの(日本製と表記されたものも)、中国語表記されたもの、韓国語表記されたものなど、いろいろとあります。 アベノマスクはまだ届いていませんが、自宅近くの駅ビルでもマスク50枚入りや5枚入りを売っていて、値段が高いのを気にしなければ普通に手に入れることが出来るようになりつつあります。 〇追記 その後調べてみたら、4月24日現在の情報ですが、新大久保周辺でマスクを売っているお店を調べた(地図付き)サイトがありました。 カテゴリー• 657• 359• 239• 105• 105• 2,726• 1,195• 771• 177• 128• 113• 233• 204• 999• 124• 328• 283• 22 アーカイブ アーカイブ.

次の

ミャンマーで山積みに余っていたマスクが「アベノマスク」 : きなこのブログ

マスク 山積み

日本製が出回り始めたらもっと安くする まず目に入ったのが、JR新大久保駅を出て少し歩いたところにあるアイドルグッズ販売店だ。 店頭に、大量のマスクが並んでいる。 一番安いもので、50枚税抜き1454円だった。 店員に取材すると、もともと1・5倍の価格だったと話した。 在庫過剰のため、4月下旬から値下げした。 売れ行きを聞くと「あまり売れませんね。 まだ裏に在庫があります」と明かした。 隣のコスメショップでは、50枚1453円だった。 1軒目と1円違いだ。 競い合っているのだろうか。 元の値札の上からテープを貼り、値下げ価格を上書きしているようだ。 さらに進むと、あちこちにマスクが並んでいる。 K-POPグッズの店、韓国コスメ店、韓国料理店でも売られていた。 価格は、50枚で1500円前後が多かった。 衣料品や雑貨を販売する店にも、箱マスクがあった。 取材に応じた店員は、「4月末から値下げしたけど、今は売れないね」と肩を落とす。 数種類ある品の中で、50枚・税抜き1300円が最も安い。 商品はいずれも中国製で、もとは2倍程の値段だったという。 「日本製のマスクがもっと出回り始めたら、さらに値下げしようと思っています」 「イスラム横丁」で最安値を見つけた スパイスやコメをはじめ、世界各地の食品を扱う店にもマスクはあった。 50枚税抜き1380円。 店員は「3800円から4000円で売っていましたが、今は仕入れ値とほとんど変わらない価格です」と悲しそうな表情だ。 中国とベトナムから仕入れたもの。 ハンカチで、マスクの箱のホコリを拭き取っていたのが若干気になったが、在庫は店頭にある分だけだと話した。 新大久保駅近くの「イスラム横丁」では、記者が調べた限り50枚900円で販売する店が2軒あった。 ある店では外に箱マスクが大量に並べられていた。 食料品店で、さまざまな食材と真っ白な箱の組み合わせは、異色の光景だった。 店の人に、なぜこんなに安いのか尋ねた。 答えは、 「だって、たくさんあるからね」 他店と比較して安値のためか、「たくさん売れてる」とのことだった。

次の