アドブルー ガソリン スタンド。 AdBlue®|宇佐美鉱油

最新ディーゼルエンジンに不可欠な AdBlue(アドブルー)って何?

アドブルー ガソリン スタンド

普通車両 軽自動車も含む)を乗られていると思いますので、使用用途が違いますので、くれぐれも給油されませんように・・・ 原動機に使用するものではありません。 大型ディーゼルトラック、バス(一部の車両)の環境基準の排出ガス規制の為に、使用する水溶液です。 2004年11月に日産ディーゼルが発売した新型車クオンから搭載されたのが、尿素SCR触媒で自動車用として世界初。 新採用により、新長期排出ガス規制に国内初で対応しました。 尿素SCR触媒は、排気管内に尿素水を添加することにより、触媒上で排気ガス中に含まれるNOxと還元反応を生じさせ、 窒素に還元しNOxの低減を図ります。 前書きが長くなりましたが、簡単に言うと、 AdBlue(アドブルー)=NOx還元剤です。 『アドブルーは、「高品位尿素水」の商品名です。 』 規格は、2004年9月に、自動車規格(JASO)『ディーゼル機関・NOx還元添加剤』として制定されました。 性質は、純粋尿素と純水(イオン交換水)で製造された、尿素濃度32.5%の水溶液で、無色透明。 無色、無臭、無害で、取り扱い上の資格も不要です。 また、他にも尿素を含む商品は身近にありまして・・・ 例えば、化粧品、医療品、肥料などとして幅広く使われています。 尿素は保湿効果が高いことから、ハンドクリーム等にも使われています。 尿素水(Adblue)は、ディーゼルエンジンの排気ガスを浄化する媒体です。 現在導入されているのは、日本のメーカーでは日産ディーゼルと三菱フソウの大型トラックおよび大型バスです。 いすゞ及び日野自動車はDPDとかDPFといったフィルターのみで浄化しています。 給油2回に1回の割合で補給が必要だそうです。 ただし、使用条件及び大型トラックの場合は、 燃料タンクの大きさ(200Lもあれば600Lもある)ので参考にはならないと思いますが・・・・ 現在4社とも新長期排気ガス規制に適合しておりましが、これからポスト新長期排気ガス規制になった場合は、 どうなるのでしょうか・・・・・・ 尿素水を使用している三菱フソウの大型トラック(Super Great や日産ディーゼルの大型トラック(Quon)の ホームページを見ていただければわかると思います。

次の

【通販モノタロウ】

アドブルー ガソリン スタンド

【特長】最大比重1. 9までの内容物が充填でき、充填後の積み重ねも2段あるいは3段積みが可能です。 優れた安全性 食品用溶液・薬用溶液 ドラム缶5本分の容量をドラム缶4本分のスペースでカバーできます。 【用途】IMDGコード2・3等級の薬品や食品用溶液、工場危険物薬液、その他に対応可能。 コンタミに厳格なアドブルー機材のため、100メッシュのフィルタを内蔵。 更に、コーキング剤による漏れ防止処理やガンノズルへのキャップを付属しています。 コンタミに厳格なアドブルー機材のため、100メッシュのフィルタを内蔵。 更に、コーキング剤による漏れ防止処理やガンノズルへのキャップを付属しています。 【用途】IBCコンテナ内の、寒冷地による「凍結防止」や、炎天下による「高温の抑制」に役立ちます。 IBCコンテナの保冷・保温かばーとして最適です。 片側ファスナー付き仕様となっており、上からも開けれるので使用量の確認ができます。 天面には穴が空いております。 尿素水はディーゼルエンジンの排出ガスの浄化システム内で排出ガス中の窒素酸化物 NOx を水と窒素に分解するのに使われます。 PAL-Urea はコンパクトサイズで100gの軽量で手軽に測定できます。 更に100メッシュのフィルタを内蔵し、コーキング剤による漏れ防止処理やガンノズルへのキャップを付属しています。

次の

排気ガスを綺麗にする!アドブルーとは?

アドブルー ガソリン スタンド

このテーマへの質問・相談を受け付けております 排気ガスから窒素酸化物を窒素と水に分解する際に使われるのがアドブルーです。 ディーゼル車に搭載される尿素SCRシステムに必要不可欠な液体なので、運輸業や運送業、ガソリンスタンドなどに携わる人にとっては身近な存在でしょう。 特に危険物などには指定されていませんが、人体にとって安全なものなのでしょうか? ここでは、アドブルーの人体への影響について紹介します。 5%:純水67. 5%の割合です。 尿素SCRシステムで使われる場合、排出ガスの窒素酸化物(NOx)とアドブルーに含まれるアンモニア(NH3)が化学反応を起こし、大気にとってマイナスな窒素酸化物を窒素(N2)と水(H2O)に還元してくれます。 では、尿素はどうでしょうか。 人の体内では、肝臓内でアンモニアの毒性を弱めるために尿素として生成されます。 尿素自体は、ハンドクリームなどに使われ保湿効果があるなど、有害性はなく、むしろスキンケアなどの化粧品や医薬品に用いられています。 尿素自体に害がないので、アドブルーを始め、他の尿素水溶液も人体に悪影響はありません。 例えば、火災などが発生して周囲が高温になったとします。 アドブルーは160度以上の高温にさらされると、液体からアンモニアガスが発生します。 アンモニアは、腐食性と発熱性を持ち、刺激臭の極めて強い気体です。 これが人の粘膜に触れると損傷や熱傷になってしまいます。 参考サイト 以上が、アドブルー(AdBlue)の人体への影響についてです。 通常時は、毒性はなく、特定の高温にさらされた時だけアンモニアによる有害性があるものだと覚えておいてください。 このテーマへの質問・相談を受け付けております.

次の