テレビ 再 放送 ばかり。 AbemaTVはつまらないしオワコン?再放送ばかりな理由は?

「翔んで埼玉」のテレビ再放送予定は?見逃し配信・無料動画まとめ

テレビ 再 放送 ばかり

AbemaTVで見れるチャンネルは? AbemaTVではCS放送のように、様々なチャンネルが平行して放送されています。 見れるチャンネルは多岐にわたっていて、AbemaTVがセレクションした過去番組の24時間放送や、オリジナルの番組が見れることが大きな特徴です。 AbemaTVオリジナル ニュースや、オリジナルのバラエティ番組などが放送されています。 Abemaニュース• Abemaスペシャル ドラマ ジャンル別のドラマをセレクションし、24時間放送しています• ドラマ• 韓流・華流ドラマ アニメ ジャンル別のアニメをセレクションし、24時間放送しています。 アニメ24• 深夜アニメ• なつかしアニメ• 家族アニメ• 新作アニメ 音楽 K-POPや洋楽といったジャンル別のアニメを24時間放送しています。 K WORLD• MTV HITS• HIPHOP ラジオ 日本全国のラジオを放送します。 地域に関係なく、ローカル放送を見れることが大きな特徴です。 AbemaRADIO スポーツ 格闘技関連、大相撲や野球・サッカーなどの中継を行います。 SPORTS その他 将棋や麻雀はタイトル戦などの中継を行うこともあります。 ウルトラゲームス AbemaTVはつまらないしオワコン? AbemaTVはリリース直後、 過去の放送が有料でしか見ることができない、 オリジナル番組がつまらないといった点が批判され、200億円を越える赤字となっていました。 しかし、2017年11月にある番組によって、大きな転機を迎えることになります。 『72時間ホンネテレビ』、元SMAPの稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人が出演したAbemaSPECIALチャンネルでの生配信番組です。 まるまる3日間の生配信という企画、出演者のネームバリュー、草彅さんのYoutuberデビューなどの話題性で3日間Twitterのトレンド世界1位を獲得するほどの爆発をしました。 この放送を期に、AbemaTVの知名度はアップし、コンテンツとしての価値を獲得することに成功しました。 つまり AbemaTVはオワコンだったが、『72時間ホンネテレビ』を通じて復活したと言えます。 AbemaTVはなぜ再放送ばかり? AbemaTVが再放送ばかりになる理由としては、やはり セレクションした番組を24時間体制で放送し続けていることがあげられるでしょう。 通常のテレビとは異なり、各放送局の番組を流している訳ではないので、多岐にわたるチャンネルでの放送を24時間維持するためには、再放送での尺稼ぎが必要になるというわけですね。 AbemaTVの使用感 さて、前項まではAbemaTVについて、調査結果を共有しましたが、最後に私が実際に使っての感想をお伝えしようと思います。 チャンネルを頻繁に切り替えても落ちることがありませんので、気軽に色々なチャンネルを見ることができます。 日常となると、なかなか気にしない点ですが、実際にストリーミングサービスの利用時に、アプリが落ちないのは非常に快適です。 PCでも、チャンネルの一覧にマウスのカーソルをあわせると放送中の番組が確認できるので、みたい番組を手間なく見つけることができます。 通常のテレビと同じく、リアルタイムで見逃した場合も気軽に見ることができるので、これも非常に助かっています。 空き時間に手軽に見ることができるので、重宝しています。 ときには、一度見たことのある番組しか放送されていない、などのケースもあります。 録画などもできないので、見たいときに見ることができないのは、いただけません。 まとめ• AbemaTVは少し前までオワコンだった• AbemaTVはつまらない番組もある• AbemaTVは暇つぶしに最適• AbemaTVは再放送ばかりで、見たことある番組ばかりの時がある 以上、AbemaTVの情報まとめでした。 どんどん使いやすくなっていくので、昔使って離れた人も、再度利用してみてはいかがでしょうか? 関連リンク: 関連リンク: 関連リンク: 関連リンク: 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

新型コロナウイルスの影響で春ドラマ延期に TVは再放送ばかりで制作陣はヘトヘトに?|ニフティニュース

テレビ 再 放送 ばかり

例年なら春の到来を祝うような華々しいムードが漂っているものですが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で各局が危機的状況に追い込まれています。 4月に入って各局が報道・情報番組を除くバラエティやドラマの収録休止を発表するなど、重苦しいムードは増す一方。 春の目玉となるはずだった新番組は放送の延期が発表され、「特別編」「総集編」の番組が徐々に増えてきました。 そんなテレビ局の苦境を知った世間の人々は、ネット上に「今はスタッフやタレントの命を守るために休むべき」という声を上げ、代替案として名番組の再放送を提案。 ツイッターには連日「#再放送希望」ハッシュタグが飛び交い、自分の見たい番組タイトルを挙げて盛り上がっています。 その中には、「番宣絡みの再放送ではなく、視聴者が本当に見たいものを」「再放送専門の枠を作ってリクエストを募ってほしい」「ニュースはNHKに任せて民放は全部再放送でいい」などの熱烈な声も多く、待望論は高まる一方です。 これは単純に「再放送を見たい」というだけでなく、「収録で新型コロナウイルスの感染を拡大させないでほしい」という意志表示でもあるだけに、テレビ局にとっては「耳を傾けなければいけない」ことのはず。 しかし、現状は既存番組の「特別編」や「総集編」を放送しても、再放送はほとんど行われていません。 これにしびれを切らした人々が、「なぜテレビは視聴者の気持ちに応えようとしないのか?」など不満の声を上げはじめているのです。 なぜテレビ局は民意から離れるように、再放送を望む人々の声に応えないのでしょうか。 越えるべきハードルがあまりに多い 現在、各局が新型コロナウイルスの感染拡大に対する対応策として行っているのは、「出演者がソーシャル・ディスタンスを取る」「リモート出演を採り入れてスタジオの人数を減らす」「一部番組の収録を休止する」の3点。 まだ再編集作業が不要の再放送番組は、ほとんど放送されていません。 その主な理由は、「まだ収録済のストックが残っているから」であり、バラエティもドラマも「その日の放送を想定して作った番組だから、予定どおり放送しておきたい」のが本音。 さらに、すでにストックがない番組は「特別編」「総集編」という形で対応していますが、制作サイドの中には「できれば再放送ではなく、再編集したものにしたい」という気持ちがあるようなのです。 「できれば再放送を避けたい」とテレビ業界で言われている、その他の理由は主に下記の10個。 「安易に再放送を選ばず、再編集で面白い番組を作るべき」という基本スタンス。 内容、回数、長さ、季節などが、放送中の番組や視聴ターゲット層と合わない。 スポンサーの理解が得られない なぜこの番組を放送し、見てもらえるのか。 出演者の所属事務所との調整が難しい 放送日が古いほど難色を示されがち。 他番組や、DVD、オンデマンドなどの関係で、社内調整が求められる。 出演者の不祥事が続き、コンプライアンスが厳しくなり、放送可能な作品が減った。 現在の生活様式や価値観とは異なるものが多く、ターゲット層に刺さらない。 これまで再放送では視聴率を獲得できなかった。 外部スタッフの報酬が発生しない 彼らが弱体化したら再開後の番組制作が厳しい。 再放送の可能回数など、その可否が契約に交わされているケースがある。 テレビ局員たちには越えるべきハードルが多く、「作り手としてどうあるべきか」「スポンサーにダメージを与えられない」「外部スタッフの不安を軽減させたい」などのさまざまな思いを抱えた複雑な状況。 その中には「視聴者の期待に応えたい」という思いも含まれていますが、局全体が初めてのことで混乱しているため、スピーディーな決定が難しい状況のようなのです。 最も再放送のハードルが低いのはNHK 4月8日夜、「プロフェッショナル仕事の流儀」 NHK がツイッターで再放送のリクエストを募ったところ、たった1日あまりで約1万件ものコメントが寄せられました。 最も多かったのはSMAPを熱望する声だったようですが、これは見たい番組に対する熱量の高さとともに、「在宅率が高い今こそリクエストを募るべき」という視聴者感情の表れではないでしょうか。 NHKは通常時から深夜帯だけでなくプライム帯でも、さまざまなジャンルの番組を再放送しているうえに、スポンサーや芸能事務所などの制約も少なく、「感染予防のために、外部から出演者を招く収録や生放送を見送る」という方針を発表した今、再放送の動きが最も活発なテレビ局となりそうです。 一方、再放送をめぐる民放の動きを見ていくと、バラエティは再編集による「特別編」で対応している番組がほとんど。 次にドラマは新作の撮影が止まってしまったことで、「第1話を放送せずに延期して、再放送で穴埋めしよう」という編成方針が見えはじめています。 TBSは「半沢直樹」の代わりに、同じ池井戸潤さん原作で同じ制作陣が手がけた「下町ロケット 特別総集編」。 「MIU404」の代わりに、同じ綾野剛さんと星野源さんが出演した「コウノドリ 傑作選」。 「私の家政夫ナギサさん」の代わりに、前クール人気を博した「恋はつづくよどこまでも 胸キュン!ダイジェスト」。 フジテレビは、「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の代わりに、2年前に同じ放送枠で放送された同じ医療ドラマの「グッド・ドクター」。 「竜の道 二つの顔の復讐者」の代わりに、同じカンテレが制作した「素敵な選TAXI」。 日本テレビは、「未満警察 ミッドナイトランナー」の代わりに、山下智久さんと亀梨和也さんのユニットが今年再始動する「野ブタ。 をプロデュース 特別編」。 テレビ朝日は、「BG~身辺警護人~」新シリーズの代わりに、前シリーズの傑作選を放送します。 いずれも「視聴者のリクエストやニーズに応える」というより、「テレビ局の思惑」によるセレクトであることに気づくのではないでしょうか。 視聴者側の声を反映できないものか やはり連日ツイッターに多くの声が上がっているように、視聴者からのリクエストを募るのが望ましいでしょう。 これまでのようにテレビ局主導で番宣絡みの作品を視聴者に押し付ける形ではなく、ネットを活用してリクエストを募り、可能な限りその結果を反映させて視聴者を喜ばせたいところです。 ただ、4月13日に「初めて恋をした日に読む話」 TBS系 が再放送されると発表されたように、今後は深夜帯の代替番組として、さまざまなジャンルの再放送が見られるようになるでしょう。 この1カ月あまり、テレビ局員、制作会社のスタッフ、フリーのプロデューサーやディレクターなどから現在の状況をリサーチしているのですが、彼らの心境は複雑。 「今こそテレビで世間の人々を楽しませたい」という情熱と、「徐々に現場スタッフの数が減ってきているし、感染が怖いからそろそろ制作をやめるべきかもしれない」という不安の間で揺れているのです。 感染が怖いのは、自分の健康面以上に、周囲の人々や番組にかける迷惑が大きいから。 ゆえに現在は少しのリスクでも軽視せず、「風邪やインフルエンザの初期症状が出ただけでも出勤を取りやめる」などの厳しい対応を迫られているようなのです。 さらに情報番組の出演者にも、「対策は徹底しているが、多くの人々が出入りするので感染の可能性はある」「当日、発熱があったら出演はできず、その場で帰ってもらう」などと告げたうえで出演の意志確認を行うなど、テレビ局はギリギリのところで頑張っているのです。 これらの苦しい状況を踏まえると、再放送を増やして人との接触を減らすことは、「スタッフと出演者を守り、世間の人々の支持を得る」という正当性につながるのではないでしょうか。 当然ながらスポンサーや外部スタッフなどとの調整は進めなければいけませんが、スピーディーな対応ができれば、「再放送ばかりの番組表」というテレビ局サイドからの緊急事態宣言が発信できるはずです。 報道特番を見た人は多かったものの、NHKと日本テレビ以外の世帯視聴率は7~8%程度。 ネット上には、「『外出自粛しろ』と言われるから家にいるのにこんなに重苦しい番組は見たくない」「横並びで放送する意味はなくNHKだけで十分」などの批判が飛びました。 各局は今後も状況が変化するたびに報道特番を横並びで放送するでしょう。 だからこそ、それを最小限にとどめ、人々に楽しさを感じさせられるテレビ局は支持を得られるはずです。 しかも、その番組として適切なのは再放送。 緊急事態だからこそ、無理して制作するのではなく、ふだんのように視聴率を求めず、リクエストをベースにした再放送こそが人々の心に寄り添うことにつながるのではないでしょうか。

次の

再放送できない名作ドラマ 事故や事件に発展した封印作品も|NEWSポストセブン

テレビ 再 放送 ばかり

の感染拡大で、春ドラマは次々と開始を繰り下げ。 さらにスポーツイベントは中止や延期、バラエティーも収録見合わせで、テレビ番組はいよいよ再放送ばかりになった。 それも仕方がない。 番組の制作は打ち合わせ、撮影・収録、スタジオ中継と「密閉」「密集」「密接」の作業が続き、感染者が一人でも紛れ込んだら、たちまちクラスターが発生する。 これではスタッフたちはさぞ手持ち無沙汰だろうなと思ったら、とてもそんなことはないという。 「再放送だからといって、以前のVTRをプレーヤーにポンと入れて流せば済むというものじゃないんです。 まず、権利関係があります。 出演者、脚本家、放送作家、制作会社などに再放送の承諾を一つ一つ文書で取らなくてはなりません。 自社のものでないデータや映像を使っていれば、改めて使用許可が必要です。 これらの手続きが、一つの番組で数十件になったりします。 素人さんや街の店屋さんが出ていたら、ここにも連絡、営業はスポンサーからOKをもらいます。 さらに編集で『これはいついつ放送したものです』というテロップを入れ、同じものをただ流すだけでは芸がないので、MCの前ふりをつけたり、ナレーションをつけたりすると、その部分は改めての収録になります。 再放送だって手間と暇はかかるんですよ」(在京キー局プロデューサー).

次の