藤田 かんな。 藤田かんなアナ、アメとムチを使い分け クロちゃんも思わず「ワンワン!」の爆笑ミニコント(2020年7月25日)|BIGLOBEニュース

アニメ好き女子アナ・藤田かんな「かぐや様」藤原千花コスプレに称賛「可愛いとしか思いつきません」

藤田 かんな

共演者たちも驚く人心掌握術だった。 7月24日、ABEMAアナウンサーの藤田かんなが同局「ABEMA BOATRACE TOWN『のボート女子育成計画』」に生出演。 アメとムチを巧みに使い分けて、のクロちゃんを手懐けた。 そもそも気に入られているのか。 番組内ではクロちゃんからのラブコールが定番であり、この日、大きなリボンを付けて出演した藤田アナは、そんなクロちゃんに「どうですか?」と感想を求めた。 「可愛い」「リボンをしてるかんなちゃんが可愛いんじゃなくて、かんなちゃん自身が可愛いから可愛いの!」。 ハイテンションな回答に藤田アナは笑顔を見せるも、「はい、ありがとうございます」とあっさり。 「待って待って!」とまだ何か言いたげなクロちゃんを無視して番組を進めると、スタジオには大きな笑い声が響き渡った。 それでも事あるごとに藤田アナはクロちゃんに優しい言葉をかけ続けると、「かんなちゃん今日、可愛いから絶対に当たる」とボートレースの予想もお願いされることに。 服装を「白い妖精、クリオネみたい」と表現されて「それは誉めてるのかな?」と首を傾げながらも予想に協力し、「イケメンだし、お金も持ってる。 予想に入れたくない」とクロちゃんが名指しした選手をピックアップして「顔で言ってない?」と指摘された際にも、「言ってませんよ。 クロちゃんが一番です」と神対応を見せた。 番組終盤、クロちゃんの調子が上がらずにいると「私から見たクロちゃんです」と美化したクロちゃんの似顔絵を公開。 その意外な画力の高さで周囲を感心させると、クロちゃんからも「ちょっと、まったく一緒だしん!」と高評価を受けて笑みを浮かべた。 すっかりクロちゃんをメロメロにさせたが、ゲスト出演したの池松愛理と相澤瑠香が番組ラストで視聴者リクエストとしてクロちゃんをなじることになると、その流れで藤田アナも「クロちゃんはダメな子だからね、お仕置きの続きはお家でしよっか」とひと言。 「すげードキドキするね」とクロちゃんを興奮させると、「クロちゃんは今、瀧山(あかねアナ)にうつつを抜かしてるから。 ホントに悪い子なんだから」と前置きした後に「(リボンを)首輪としてクロちゃんに付けてあげる」とも続けた。 これにはクロちゃんも思わず「ワンワン!」と反応。 「ミニコントをさせていただきました」「ありがとうございました」と頭を下げると、共演者たちからは「最後にわんわんと言っちゃうところがすごい」「これ台本、あります?」と驚きの声が上がった。 (ABEMA/BOATRACEチャンネルより).

次の

アニメ好き女子アナ・藤田かんな「かぐや様」藤原千花コスプレに称賛「可愛いとしか思いつきません」

藤田 かんな

思わず漏らした本音だった。 6月12日、ABEMA「ABEMA BOATRACE TOWN『のボート女子育成計画』」に生出演した同局アナウンサーの藤田かんなが、ボートレース出走表をじっくりと眺めながらポツリと呟いた。 当番組は、ボートレース初心者の女性アイドルとのクロちゃんがポイントをかけて番組指定レースで対決する内容。 MC兼講師役を務めたお笑い芸人の永島知洋が予想に欠かせない出走表の見方について説明すると、藤田アナは共演の西村歩乃果や朝日花奈らと「安河内(将)選手はイケメン」「長谷川(雅和)選手が好き」などと選手の顔写真で盛り上がった。 「被りますね」。 タイプが近いことで笑い合うと、クロちゃんから「女子会じゃないんで、ヤメてもらっていいですか」と即座に突っ込み。 共に苦笑いを浮かべて予想に集中するも、次レースで再びイケメン選手が登場すると、またしても「あれ、池永(太)さんがカッコいい」「ホントですね」と顔写真に目を奪われた。 そんな中、「みなさん、獲得賞金が多いですね」と人一倍反応を示した藤田アナは、永島からの「西山(隆浩)選手はボートレース界のお笑い芸人と呼ばれていて、めちゃめちゃ面白い」との解説にも「いいですね。 好感が持てます」と興味津々。 そのガチなコメントを再びクロちゃんから「1人だけ吟味しないで!」とイジられると、「結婚したいのでね」「結婚相手として…」と真顔で女性としての願望を口にした。 ただ永島曰く、当該レースに出走した選手は全て既婚者とのこと。 それを聞いた藤田アナは「えー、つらい!」とガックリするも、すぐさま「じゃあ、クロちゃんでお願いします」と切り替えの早さを見せて共演者たちの笑いを誘った。 (ABEMA/BOATRACEチャンネルより).

次の

藤田かんなアナ、アメとムチを使い分け クロちゃんも思わず「ワンワン!」の爆笑ミニコント(2020年7月25日)|BIGLOBEニュース

藤田 かんな

指定されたにも、自分なりのを加えて完璧な演技。 ・藤田かんなが、その心理をくすぐる可愛らしさで現役をも唸らせた。 、「de週末~Fry~」に生出演した藤田アナは、の、の、好き芸人のらと共演。 番組で山内と西野が数に応じた企画を実施すると、序盤から2人へのと共に「かんん、」などと藤田アナへの応援も多く寄せられた。 「した」「いや、できないです。 できないです」と拒否したが、「じゃあ、いくよ」と勝手に出しされると「いや、待って」と照れながらも疑似告白を始めた。 「私、ボートも好きだけどさ、やっぱり永島さんのことが一番好きだよ」。 藤田アナは言い終えて笑いながら顔を赤らめるも、これにはした永島本人が「何じゃそりゃ」と突っ込みながらも「鼻の下が伸びてる」と指摘されるほどで、あまりの破壊力の高さに西野からは「やってました?」と驚きの。 「ボートも好きだけどさって、あの語尾はなんですか?」「付け加え語尾が腹立ちます」と力の高さについても言及されると山内からも「いろいろやってますな」と経歴を勘ぐられ、「やってないです。 やってないです」と必死に否定し続けて爆笑を誘った。 ただ、山内からは「でも、ホントに点だった。 可愛かった」と称賛も。 西野からは「嫌だ嫌だって言いながら完璧にやるのがねぇ」と苦言を呈されるも、からも「かんな最高」「かわええ」「かんなさんに推し変します」などと絶賛が殺到した。 (/より).

次の