香典返し 相場。 香典返しの時期・香典返しの金額の相場》金額の目安・半返し・3分の1返し

香典返し 親族・親戚、身内(親子・兄弟等)への対応はどうすべき?

香典返し 相場

香典返しの金額の相場は地域によって異なる? 半返しの由来は? 香典返しの金額は、いただいた香典の半分程度を返す「半返し(半分返し)」が一般的といわれています。 一説によると、昔は葬儀を終えるといただいた香典の半分程度が残ったため、その分をお世話になった方にお返ししたり、菩提寺に寄進したりしたのが半返しの由来とされています。 東京は半返しで、大阪は3分の1返しが相場? 昔は葬儀や通夜の参列者は近隣の人たちのみで執り行われ、関東では半返し、関西では3分の1返しが一般的とされていた時期もあったようです。 しかし、今では全国各地から参列者が訪れ、また半返しの考え方が全国的に広まっていることから、単純に東と西とで分けて決めることは難しいようです。 基本的には半返しと考えておけば、問題ないでしょう。 例えば、1万円の香典をいただいた場合、5000円くらいの香典返しをお贈りすれば、半返しをしたことになります。 ただ、弔事のルールがゆるやかになってきたとはいえ、地域や親族内のしきたりを大事にしている方も少なくありません。 いくらを目安にお返しをすればいいのかよくわからない場合は、事前に地元の家族や親戚などに確認しておくのが無難です。 「3分の1返し」でよいケースとは? 一家の主が亡くなった場合 香典返しは半返しが一般的ではありますが、3分の1でもよいというケースもあります。 例えば、 一家の働き手が亡くなったり、子どもが未成年だったりする場合は、「香典返しに使うより今後の生活に使ってください」という配慮から、香典返しは3分の1返しもしくは香典返しをしなくてよいとされています。 香典返しの品物をお渡ししない場合も、お礼状・挨拶状をお送りするなどして、お礼の気持ちを伝えるとより丁寧です。 親族・身内から多額の香典をもらった場合 親族や身内から5万円や10万円といった多額の香典をいただくことがあります。 これには 「葬儀の足しに」という意味合いが込められていますので、必ずしも半返しにこだわらなくてもよいとされています。 四十九日法要後に3分の1から4分の1程度の香典返しの品をお贈りするとよいでしょう。 しかしながら高額な香典返しの場合は、品物が限られていたり、好みと違う品物をお贈りすると迷惑になることもあります。 そこで、近年では 多彩な品物の中から好きなものを選べるカタログギフトがよく選ばれています。 カタログギフトであれば、お返しの額が明確に分からない点もメリットといえるでしょう。 当日返しは2000円~3000円程度が目安 最近は、葬儀の日にお返しする「当日返し」で香典のお返しをするケースも増えてきています。 香典返しの金額は原則として香典の額に応じて異なりますが、当日返しの場合は香典の金額がわかりません。 そのため、香典の相場と照らし合わせて一律の品物をお渡しすることになります。 香典額は、故人が肉親の以外の場合は5000円や1万円が相場とされていますので、当日返しは2000円~3000円程度の品物を選ぶケースが多くみられます。 しかし、1万円の香典をいただいた場合は当日分だけでは足りませんので、 四十九日法要のあとに改めて2500円くらいの品物を贈り、合わせて5000円くらいになるようにお返しをするのが一般的です。

次の

香典返しの相場:必ずしも半返しではない?現代の香典返し事情

香典返し 相場

身内に不幸があった場合、残された家族は故人が成仏できるようにとお通夜、お葬式などを取り仕切る必要があります。 そしてこのような席に招待された人は、香典という形でお金を包んで持参する事になります。 この香典を遺族が受け取り、これに対して今度は遺族側が、香典 お返しをする事になるのです。 この香典 お返しですが、昔から後に残らないような物がよいとされていて、例えばタオルや洗剤などの日用品やお茶、乾物、海苔などの食べ物系などが適しているとされています。 ですが時代の流れと共に、個人の好みも多様化してきてますし、単身暮らしの人も増えてきているといったような時代背景から、このような品物よりカタログギフトをお返しに選ぶ人が増えてきているのが現状です。 カタログギフトならお返しした人それぞれに好みの品を自分で選んで貰えるからでしょう。 そしてこの香典 お返しに添えるお礼状の書き方ですが、まず香典に対するお礼、そして無事に戒名と四十九日を迎えられた事、故人との生前における付き合いのお礼、香典返しを送る事の報告、略儀で済ませる事へのお詫びといった流れが一般的な書き方と言えるでしょう。 最も大切な事はお礼の気持ちをしたためる事です。 そもそも香典とは亡くなった人にお供えするお金の事で、昔は線香やお花などを供えていたのですが、時代と共にそれらに代わってお金が供えられるようになったのです。 この香典を遺族が受け取り、そして遺族はその香典に対して、香典 お返しをするのが一般的です。 この香典 お返しの相場ですが、普通、受け取った香典の半分から3分の1程度をお返しするのが相場とされています。 ですが、中には残された遺族の生活を気遣ってかなり高額な香典を包んで下さるような方もいるかもしれません。 このように高額な香典を受け取った場合には、その方の配慮に感謝して、半分や3分の1といった相場分をお返しする必要はありません。 他の方にお返しする額よりは気持ち多めぐらいでよいでしょう。 そしてどのような物を香典 お返しに選ぶのが無難なのかですが、よく選ばれるお返しとしては、タオルや洗剤などの日用品やお茶や海苔、乾物などの日持ちがする食べ物系です。 他にはカタログギフトも今は人気のお返しと言ってよいでしょう。 カタログギフトも予算に応じてカタログが用意されているので、気持ち多めにお返ししたい方にはワンランク上のカタログギフトをお返しするという方法もあります。 身内に不幸があった場合、遺族はお通夜、お葬式を挙げる事になるでしょう。 このような席には、故人の関係者、そして遺族の関係者など多数の方が列席してくれる事になるはずです。 このように足を運んで下さる方々の中には、故人の、又は遺族の会社関係の方もいるかもしれません。 そして列席者から香典というお供えのお金を受け取るのが通例なのですが、このように会社関係の方から香典を受け取った際の香典 お返しはどうしたらよいのでしょうか?普通は、この香典 お返し、頂いた香典の半分から3分の1程度の額でお返しするのが相場とされています。 ですが、会社関係からの香典の場合は、もしそれが会社の福利厚生などからの香典である場合には、香典 お返しは必要無しとなるでしょう。 そうではなく、個人的に包んで供えて下さったような方の場合には、他の方同様、相場でお返しするのがマナーです。 ここでどのような物がこの香典 お返しに適切かですが、一般的には後に残らないような洗剤、石鹸、お茶、乾物などが適切とされていますが、最近ではカタログギフトを選ぶ遺族が増えてきています。 洗剤などの品物は確かに誰もが使いそうな品なのですが、やはり好みはありますし、使って貰えるかどうか保証はありません。 それよりは品物そのもを自由に選べれるカタログギフトの方が最適だろうという考えからカタログギフトに人気が出て来ているのでしょう。

次の

香典返しの相場:必ずしも半返しではない?現代の香典返し事情

香典返し 相場

香典返しの金額の相場は地域によって異なる? 半返しの由来は? 香典返しの金額は、いただいた香典の半分程度を返す「半返し(半分返し)」が一般的といわれています。 一説によると、昔は葬儀を終えるといただいた香典の半分程度が残ったため、その分をお世話になった方にお返ししたり、菩提寺に寄進したりしたのが半返しの由来とされています。 東京は半返しで、大阪は3分の1返しが相場? 昔は葬儀や通夜の参列者は近隣の人たちのみで執り行われ、関東では半返し、関西では3分の1返しが一般的とされていた時期もあったようです。 しかし、今では全国各地から参列者が訪れ、また半返しの考え方が全国的に広まっていることから、単純に東と西とで分けて決めることは難しいようです。 基本的には半返しと考えておけば、問題ないでしょう。 例えば、1万円の香典をいただいた場合、5000円くらいの香典返しをお贈りすれば、半返しをしたことになります。 ただ、弔事のルールがゆるやかになってきたとはいえ、地域や親族内のしきたりを大事にしている方も少なくありません。 いくらを目安にお返しをすればいいのかよくわからない場合は、事前に地元の家族や親戚などに確認しておくのが無難です。 「3分の1返し」でよいケースとは? 一家の主が亡くなった場合 香典返しは半返しが一般的ではありますが、3分の1でもよいというケースもあります。 例えば、 一家の働き手が亡くなったり、子どもが未成年だったりする場合は、「香典返しに使うより今後の生活に使ってください」という配慮から、香典返しは3分の1返しもしくは香典返しをしなくてよいとされています。 香典返しの品物をお渡ししない場合も、お礼状・挨拶状をお送りするなどして、お礼の気持ちを伝えるとより丁寧です。 親族・身内から多額の香典をもらった場合 親族や身内から5万円や10万円といった多額の香典をいただくことがあります。 これには 「葬儀の足しに」という意味合いが込められていますので、必ずしも半返しにこだわらなくてもよいとされています。 四十九日法要後に3分の1から4分の1程度の香典返しの品をお贈りするとよいでしょう。 しかしながら高額な香典返しの場合は、品物が限られていたり、好みと違う品物をお贈りすると迷惑になることもあります。 そこで、近年では 多彩な品物の中から好きなものを選べるカタログギフトがよく選ばれています。 カタログギフトであれば、お返しの額が明確に分からない点もメリットといえるでしょう。 当日返しは2000円~3000円程度が目安 最近は、葬儀の日にお返しする「当日返し」で香典のお返しをするケースも増えてきています。 香典返しの金額は原則として香典の額に応じて異なりますが、当日返しの場合は香典の金額がわかりません。 そのため、香典の相場と照らし合わせて一律の品物をお渡しすることになります。 香典額は、故人が肉親の以外の場合は5000円や1万円が相場とされていますので、当日返しは2000円~3000円程度の品物を選ぶケースが多くみられます。 しかし、1万円の香典をいただいた場合は当日分だけでは足りませんので、 四十九日法要のあとに改めて2500円くらいの品物を贈り、合わせて5000円くらいになるようにお返しをするのが一般的です。

次の