イジメ の 時間 最終 回。 【野ブタをプロデュース】ネタバレ!最終回の結末は信子との絆に感動!

めちゃイケ最終回の皮肉から考えるイジメ問題/結局イジメって何が悪い?

イジメ の 時間 最終 回

イジメの時間13巻 128話ネタバレ 物語は歩の幼少期。 幼稚園時代までさかのぼる。 歩の通う幼稚園には、 姫音子という女の子がいた。 姫音子の母は病気で入院する関係で 歩の通う幼稚園に編入してきた。 しかし、 姫音子は毎日母の病院にお見舞いに行くため 他の子と遊んだりはしなかった。 そんな姫音子が大事にしていたのが 母から作ってもらったぬいぐるみだった。 歩は姫音子が周りの友達に ぬいぐるみを自慢気に見せていたのを見ていた。 そして、 姫音子がひとりでいるときに 歩は声をかけた。 歩「ねぇ、それちょっと見せてよ」 歩を見た姫音子の表情が曇る。 姫音子「・・いや」 断られたことに驚く歩。 歩「みんなには見せてたじゃん!」 歩「なんでボクだけ・・!」 納得がいかない歩は 姫音子を問い詰める。 姫音子「だって天童くんイジワルするじゃん!」 姫音子「イジワルする人嫌いだもん!」 そう言い放つと 歩は呆気にとられた。 しかし、 他の友達と楽しそうに話す姫音子の姿を思い出した歩は 無理やり姫音子のぬいぐるみを奪い取ろうとする。 姫音子「ちょっとダメ!それはママが・・!」 姫音子もぬいぐるみを必死に守ろうとするが、 ぬいぐるみは首が裂けて取れてしまう。 その勢いで床に転んでしまう姫音子。 歩はそれを見て 逃げるように立ち去った。 そして、 場面は変わり姫音子の母が入院する病院。 楽しそうに母と会話をする姫音子。 だが姫音子の母は 我が子の膝が擦りむいていることに気付く。 姫音子母「姫音子、足どうしたの?」 姫音子母「それにぬいぐるみも」 母の質問にハッとする姫音子だったが、 転んだと嘘を付いた。 それでも明るく振る舞う姫音子の姿に 異変を感じた母は 姫音子が帰った後に 母は幼稚園に電話を入れた。 幼稚園の職員は 姫音子の母に目を離してしまった間に 転んで膝を擦りむいてしまったと謝罪する。 電話を切った姫音子の母の表情は暗かった。 翌日、 歩は昨日の出来事が気になっていて 姫音子に謝りに行った。 歩「あ、あの・・」 姫音子は歩から話しかけられ 怯えている様子だった。 姫音子「な・・なに・・?」 歩「き・・昨日は・・・」 謝罪の言葉を遮るように 先生が姫音子に声をかける。 先生「姫音子ちゃん!大変よ!」 先生「お母さんが!!」 急いで母の入院する病院へ向かう姫音子。 息を切らしながら姫音子が病室のドアを開けると そこには・・・ イジメの時間13巻 128話の感想 イジメの時間13巻を読んだ感想ですが、 まぁ、イジメのキッカケになるような出来事は どんなところにも潜んでいるんですね。 それは幼少期からかもしれないし、 学校の些細な出来事かもしれないし、 人生どこでどんなことになるか予想はできません。 読み終えて なんとも複雑な心境でしたが。 そして、 この幼少期の姫音子との出来事が 歩の人生を一変させてしまうなんて。 このイジメの時間という漫画は 色々と考えさせられる漫画でしたね。 いじめっ子に仕返ししてスッキリ~! なんて簡単なお話ではないです。 壮絶なイジメになるキッカケは ほんの些細なことなのかもしれません。 これは実際に読んでみないと 伝わらないので、 一度読んでみることをおすすめします! イジメの時間は まんが王国で無料試し読み出来ます。 まずは試し読みから 読んでみるのがおすすめですよ!.

次の

イジメの時間 (13)(最終巻)

イジメ の 時間 最終 回

よくわからない銅像の前で、おばさま立ちのオバショットを撮って御満悦の、非凡な男小林です。 中学一年の夏から始めたダイエットで、二年生になる頃には、普通の体型に戻す事に成功しました。 人間やればできる!なんでもできる! 今となれば、そんな言葉も出てきますが、当時はただただ必死なだけだったと思います。 あの時、なんで短期間でダイエットできたのかなんて、このブログを書くまで考えた事はなかったけど、おそらく運動する事が習慣になっていたから痩せていったのかなと思います。 年をとればとるほど、この習慣にさせることが難しくなって言い訳も増えていきますよね。 仕事が忙しい。 家庭が大変。 もろもろ。 みなさんの優先時間はなんですか? 運動が一番上に来る人の方が、少ないのではないでしょうか。 でも自分は常に、この運動する事や格闘技が一番上だったので、ダイエットもできたし、修斗のプロにもなれたし、今の職場でも働けて居るのだと思います。 しかし、ここまで来るまで色々な人に、いつまでもそんな事やってないで真面目に働けと散々言われて来ました。 でも自分を貫いた結果の今があります。 この先も自分を変えるつもりもありません。 その結果が、どうなっても自己責任だと思ってます。 ただ、人の意見を聞かないとか、自己中で生きて行くって訳ではないですよ。 中学一年の時に、イジメられて死を選ばなかっただけで、この世に生かされたんだなと思ってるので、最後まで自分らしく生きて行こうってだけです。 今回は、中学二年生からの話でも書こうと思ったのですが、やっぱりそんなん書いても別にって感じかなと思い辞めました。 この、コロコロ変わる性格も小林らしいなと思って頂ければと思います。 ん?これって、どこかで聞いたような。 それでは、またね。

次の

読むのが辛い…壮絶なイジメを描いたマンガ「イジメの時間」とは?【ネタバレなし!】

イジメ の 時間 最終 回

「イジメの時間」のあらすじ 主人公は、中学生の歩。 彼は、友達と遊んだり、時には恋に胸をおどらせたりと、充実した普通の中学校生活を送っていました。 しかし、ある時の席替えが行われたときに、後ろの席に座っていた、鈴木山の筆箱が、歩の机の中に入っていました。 そのことで、中学校生活の状況が大きく変わりはじめます。 筆箱の持ち主であった、鈴木山という少年は、いじめっ子で恐れられていた人物でした。 鈴木山自身、歩が筆箱を盗んだりするやつではないと思いながらも、先生を殴って来いと、無茶な支持を言いはなった。 もちろん、主人公の歩は、指示通り先生をなぐってくるような少年ではなかった。 その態度をみた、鈴木山は頭にきて激しく怒りはじめます。 火に油をそそぎたくない一心から、歩は友達と一緒に、鈴木山に対して弁解をしに向かいます。 鈴木山の元に友達と向かうと、そこには、いじめられっ子の須田が、ボコボコにされている場面へ出くわす。 そのいじめに巻き込まれる前に、主人公の歩と友達は逃げるものの、強烈な脅しを鈴木山からかけられます。 その後、主人公の歩の友人が、この一件を教師に報告するも、それによって弱みを握られている須田にとっては、現在の状況を悪くしてしまいます。 良かれと思ってした行動でしたが、いじめられていた須田に、歩の友人は殴られてしまいます。 須田の話によると、鈴木山は大切な友人で、自分が好きで殴られていることを説明した。 違和感を感じながらも、それ以上話を求めることは難しかった。 一方で、歩は鈴木山たちに遊びに誘われる。 根拠の見えない誘いに、戸惑いつつも鈴木山と行動することが増えてきた歩。 鈴木山たちへの教師の監視を、利用するように歩をおもちゃのように扱い楽しんでいた。 「イジメの時間」の結末は? 平和だった中学校生活に、些細な出来事がきっかけで、狂いはじめる。 話が進むにつれて、いじめがエスカレートし、以前のような歩の姿はなくなしまいます。 異変に歩の母親が気づきはじめるが、心をとざしたままであった。 罰ゲームと呼ばれるものを受けることになり悲劇が続いた。 そんな中、主人公の歩は復讐の言葉が頭をよぎる。 この、いじめに終わりは訪れるのでしょうか。 「イジメの時間」の感想まとめ 衝撃的な表紙に、引けを取らない内容に、読んだ後の気分は良いものではありませんが、ストーリーの内容が、リアルだからこそと言えます。 追い詰められる、被害者の心理など、心理描写が豊富に取り入れられているところが目立ちます。 後半部分は、いじめの被害者だった主人公が、ついに思いを決めて立ち上がります。 これからの主人公の取る行動に期待が高まります。 心理描写が丁寧でじわじわといたぶられ不安と恐怖に苛まれていく被害者の心理描写がリアルです。 テンポ良く話が進まないのもリアル。 あまりに生々しくて読後感は著しく悪いですが、それだけにイジメの陰湿さや恐ろしさはよく伝わってきます。 タイトルも、カバーも衝撃的ですけど、中身も裏切られない烈しさです。 試し読み部分にあるように、すごいとこからお話し始まっちゃいますし、展開も激しいです。 特に、それぞれ心理描写が怖いほどです。 イジメのとこは本当にちょっとページを恐々とめくらなきゃですが、先を読まずにもいれません。 どんどん読んでしまった。 5巻でようやく希望が見えてきた。 因果応報の話が好きなので 4巻まではとにかく苦痛で仕方ない。 実際のいじめはやられっぱなしで追い込まれる子までいるんだから、この漫画みたいな絶望的なことが多いんだろう。 それでも漫画の世界位は夢をみたい。 いじめられっぱなしだった主人公がやっと立ち上がった。 覚悟を決めて。 6巻が待ち遠しい。 ここまでの心理描写は見たことがなかったのでビックリしました。 「イジメの時間」を無料で読む方法 「イジメの時間」は「FOD」というオンデマンドサービスで読むのをオススメしています。 これを使えば【無料】で「イジメの時間」を読むことが可能です。 FODはフジテレビのサービスで、ドラマやお笑い、映画などが見放題の動画配信サービスです。 実はこのサービスでは漫画も読むことができるんです。 もちろん「イジメの時間」も読むことができます。 このサービスの特徴は31日間の無料お試し期間が付いていることです。 毎月8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイントがもらえるので、 そのポイントを使用すれば「イジメの時間」を読むことができます。

次の