さくらいろの傷跡。 サクラ色の傷痕のネタバレと感想!試し読みやあらすじのまとめ

サクラ色の傷痕のネタバレと感想!試し読みやあらすじのまとめ

さくらいろの傷跡

母親のネグレクトにより、瀕死の状態で発見された幼い姉妹・果乃と莉乃は児童養護施設での生活を始めた。 ある日、心を入れ替えた母親が二人を迎えに訪れた。 どんなに痛めつけられても母を最愛の人と待ち焦がれていた果乃は、再び妹とともに母親の元へ戻った。 そこには新たな父の姿が。 今度こそ堅実な家庭生活を営めるよう、母は理想の父親とも思える男性と再婚していた。 何不自由ない暮らしが始まるが、父親には意外な素顔が隠されていた。 中学を卒業した果乃は、一日も早く莉乃との暮らしを整えたい一心で自立を決意するが、二人には生き別れとなる運命が待ち受けていた。 手を取り合って生きてきた姉妹の絆が急展開! 注目のヒューマン・ドラマ第3巻! 友だちに借りた少女マンガ「りぼん」を読んでいただけで「いやらしい」と父親にビンタされました。 胸が膨らんでいるのに裸を隠すことを「ませちゃって」と母親に笑われました。 中学に入り、同級生でブラジャーを買ってもらえないのは私だけでした。 当時ブルマーでしたが、ブルマーのウエストや裾からはみ出すほどの巨大な白い木綿のパンツしか買ってもらえず、クラスメイトに大笑いされました。 勉強はできたので大学まで行かせてくれ、親の気にいるようにしていればお小遣いもたくさんくれました。 だから、けして虐待されたとは言いません。 「いやらしい」「ませちゃって」と笑われ、二次性徴や女性への心の成長を阻害されたことは、私の今の「いきづらい」人生に繋がっています。 虐待された人は、なおのこと….

次の

【サクラ色の傷痕が1冊無料】まんが王国|無料で漫画(コミック)を試し読み[巻](作者:かわちゆかり)

さくらいろの傷跡

母親のネグレクトにより、瀕死の状態で発見された幼い姉妹・果乃と莉乃は児童養護施設での生活を始めた。 ある日、心を入れ替えた母親が二人を迎えに訪れた。 どんなに痛めつけられても母を最愛の人と待ち焦がれていた果乃は、再び妹とともに母親の元へ戻った。 そこには新たな父の姿が。 今度こそ堅実な家庭生活を営めるよう、母は理想の父親とも思える男性と再婚していた。 何不自由ない暮らしが始まるが、父親には意外な素顔が隠されていた。 中学を卒業した果乃は、一日も早く莉乃との暮らしを整えたい一心で自立を決意するが、二人には生き別れとなる運命が待ち受けていた。 手を取り合って生きてきた姉妹の絆が急展開! 注目のヒューマン・ドラマ第3巻! 友だちに借りた少女マンガ「りぼん」を読んでいただけで「いやらしい」と父親にビンタされました。 胸が膨らんでいるのに裸を隠すことを「ませちゃって」と母親に笑われました。 中学に入り、同級生でブラジャーを買ってもらえないのは私だけでした。 当時ブルマーでしたが、ブルマーのウエストや裾からはみ出すほどの巨大な白い木綿のパンツしか買ってもらえず、クラスメイトに大笑いされました。 勉強はできたので大学まで行かせてくれ、親の気にいるようにしていればお小遣いもたくさんくれました。 だから、けして虐待されたとは言いません。 「いやらしい」「ませちゃって」と笑われ、二次性徴や女性への心の成長を阻害されたことは、私の今の「いきづらい」人生に繋がっています。 虐待された人は、なおのこと….

次の

✿お詫び&お礼✿昨日の【魔性の傷跡16話&17話通し枠について】:せらのブロマガ

さくらいろの傷跡

母親のネグレクトにより、瀕死の状態で発見された幼い姉妹・果乃と莉乃は児童養護施設での生活を始めた。 ある日、心を入れ替えた母親が二人を迎えに訪れた。 どんなに痛めつけられても母を最愛の人と待ち焦がれていた果乃は、再び妹とともに母親の元へ戻った。 そこには新たな父の姿が。 今度こそ堅実な家庭生活を営めるよう、母は理想の父親とも思える男性と再婚していた。 何不自由ない暮らしが始まるが、父親には意外な素顔が隠されていた。 中学を卒業した果乃は、一日も早く莉乃との暮らしを整えたい一心で自立を決意するが、二人には生き別れとなる運命が待ち受けていた。 手を取り合って生きてきた姉妹の絆が急展開! 注目のヒューマン・ドラマ第3巻! 友だちに借りた少女マンガ「りぼん」を読んでいただけで「いやらしい」と父親にビンタされました。 胸が膨らんでいるのに裸を隠すことを「ませちゃって」と母親に笑われました。 中学に入り、同級生でブラジャーを買ってもらえないのは私だけでした。 当時ブルマーでしたが、ブルマーのウエストや裾からはみ出すほどの巨大な白い木綿のパンツしか買ってもらえず、クラスメイトに大笑いされました。 勉強はできたので大学まで行かせてくれ、親の気にいるようにしていればお小遣いもたくさんくれました。 だから、けして虐待されたとは言いません。 「いやらしい」「ませちゃって」と笑われ、二次性徴や女性への心の成長を阻害されたことは、私の今の「いきづらい」人生に繋がっています。 虐待された人は、なおのこと….

次の