積水 ハウス 不動産。 積水ハウス不動産パートナーズ株式会社TOP

三重営業所|sumusite(スムサイト)

積水 ハウス 不動産

2020年2月、積和不動産は積水ハウス不動産として生まれ変わりました 「大切な時間をすごした住まいだから」 「これから、大切な思い出をつくる住まいだから」 住まいに対するお客様ひとりひとりの想いを大切に・・・ 人は、人生の節目、節目で、自分の住む家と向き合います。 独立、結婚そして家族の成長、家族構成の変化につれて、住まいへのニーズも変わります。 そこでの暮らしをずっと見守ってくれる、人生の舞台というべき大切な住まい。 「家を買う人、売る人、借りる人・・・」住まいに向き合う人々のそれぞれの想いを大切に、プロフェッショナルな立場から、お客様と共に考えていきたい。 それが積水ハウス不動産の願いです。 お客様の不動産・住まいをささえる存在として、積水ハウス品質で「お客様の満足と幸せ」の実現を目指しています。 積水ハウスグループの総合力で、不動産に関するあらゆるニーズに対応 不動産売買からプロパティマネジメント、リフォームまで多彩な事業を展開する積水ハウス不動産 不動産売買から、不動産資産の運用のお手伝いまで。 ブランド力を生かした多彩な事業ドメイン 積水ハウスグループの中核企業として、「不動産売買仲介・流通事業」「不動産開発・新築分譲事業」「賃貸管理業 プロパティマネジメント事業 」「マンション管理事業」「リフォーム事業・大規模修繕事業」など、住まいに関わるあらゆる分野において多角的に事業を展開。 積水ハウス不動産が管理・運営する賃貸住宅「積水ハウスの賃貸住宅シャーメゾン」を協力会社であるマスト特約店が入居者募集を行う、MASTの賃貸は同社の主力事業のひとつでもある。 他にもシェアオフィス事業、レンタル収納スペースなど、幅広く事業を展開している。 「買いたい人、売りたい人、ひとりひとりの想いを大切に」 大切な住まいだからこそ、積水ハウス不動産がこだわること 住まいのリーディングカンパニー積水ハウスグループとして、多くの顧客に寄りそってきた積水ハウス不動産。 家族との思い出がある家、ずっと継いできた大切な土地、初めて購入した住まいなど、不動産を手放す時、そこには様々な人の想いが存在する。 そして、これから購入する住まい、そこからまた新しい未来、記憶が刻まれていく。 不動産を買う人、売る人、それぞれの「気持ちに応える」それが同社のポリシーだ。 「気持ちに応える、積水ハウス不動産のチカラ」 同社は、不動産を購入する人、売却する人、一人ひとりの想いを大切にし、「積水ハウス不動産でよかった」そう言ってもらえる、満足してもらえる仲介を目指している。 積水ハウスグループだからこそのラインナップも魅力 積水ハウス施工の既存住宅、旧分譲マンション、オーナーチェンジ物件情報なども豊富 投資用収益物件、積水ハウス施工の賃貸住宅「シャーメゾン」のオーナーチェンジ物件を取扱い 取扱う物件のラインナップも、積水ハウスグループならではのものが多い。 積水グループだからこその、アフターサービスまでの連携も同社の強み。 初期保証期間後は有料点検・有償補修を行うことで延長可能。 また保証には一定の条件があります。 積水ハウスのグランドメゾンの管理を手掛ける管理会社だからこそのノウハウで、安心の取引をサポートする。 シャーメゾンをはじめとした収益物件の売りたい、買いたい、その先の賃貸管理まで、安定の賃貸経営までもサポートしてくれる。 頼りになるスタッフがお客様の「買いたい」「売りたい」をサポート 首都圏に広がる営業拠点。 知識と経験、何より熱い思いのスタッフが揃う 【町田・相模原営業所】所長 永島雄太氏 お客様の視点から様々なご提案をさせていただき、良きパートナーになれるよう心掛けて対応いたします。 お気軽にご相談ください 不動産売買物件を取り扱う仲介営業所を首都圏では、26拠点展開する積水ハウス不動産東京。 同社は、積水ハウスグループの一員としての社会的責任は顧客すべてに満足を届け、「積水ハウス不動産に任せてよかった」と安心してもらえること。 そして、それを実現させるのは、社員一人ひとりのお客様への思いと真摯な取り組みにあると考えている。 そのために、常にお客様の信頼を得られるように、人材教育を通じて社員を育てグループの連携を強化するとともに、現場を大切にして不動産の価値を守っていくことに注力、誰からも選ばれる積水ハウス不動産の仲介を目指して邁進している。 積水ハウスの『スムストック』を取扱い 優良ストック住宅推進協議会で定める基準をクリアしたストック住宅「スムストック」を取扱い 積水ハウスの建物をよく知るスムストック住宅販売士が査定から販売までを行う 優良なストック住宅の普及を目指して、2008年に大手ハウスメーカー9社 2020年時点10社 が協力して「優良ストック住宅推進協議会」を設立。 その協議会で定めた条件をクリアするものを「スムストック」と認定している。 専任資格を持つスペシャリスト「スムストック住宅販売士」が、建物をスケルトン 構造躯体 とインフィル 内装・設備 に分けて厳しく査定。 建物価格と土地価格を明確に提示してくれるので、売る時も買う時も安心だ。 不動産の購入も、売却も、賃貸も、積水ハウスグループ積水ハウス不動産 積水ハウスグループ、全国の積水ハウス不動産6社のネットワークと多彩な検索サイトで迅速に対応 賃貸情報は「お部屋さがしマスト」へ 積水ハウス不動産は全国6社。 入社や入学、転勤など遠方への住み替えや、自宅と離れた不動産のご売却なども、全国ネットワークを駆使して、スムーズにサポートしてくれる。 一般の不動産流通情報をはじめ、積水ハウス施工物件特集やグランドメゾン特集など、バラエティに富んだ情報が満載。 全国の賃貸物件の検索、全国に所有する不動産の査定なども可能だ。 『スムサイト』はいつでもどこでも、不動産のあらゆるニーズの窓口になってくれる。

次の

不動産の購入・売却はsumusite(スムサイト)

積水 ハウス 不動産

浅島亮子 [副編集長] あさしま・ふさこ/2000年入社。 週刊ダイヤモンド記者として、商社、食品、外食、家電、重電、自動車、鉄鋼、機械・重工業界を担当。 2000年代中頃から労働問題の取材にも注力。 15年より製造業担当の副編集長。 主な担当特集は「」「」「」など。 趣味は歌舞伎と酒。 大恐慌襲来 「7割経済」の衝撃 コロナ不況は売り上げ激減という一過性の危機ではなく、全治に長時間を要する大恐慌となりそうです。 超縮小経済の下では、負のレガシーを断ち切る「構造改革」と大胆な「戦略投資」を同時に進められる企業のみが生存を許されます。 キャッシュの使途に着目した独自試算により、大恐慌デスマッチを乗り切れる企業、脱落する企業をあぶり出しました。 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業と浮上する企業をあぶり出した。 特集(全22回)#10では、建設・不動産の229社をランキングした。 ベスト1位(ワーストランキングの最下位)には積水ハウスが入った。 コロナ禍により、工事ストップや、好立地とされてきた不動産の賃貸収入の激減が予想され、建設・不動産業績の悪化は確実視されている。 (ダイヤモンド編集部副編集長 浅島亮子) 工事ストップと賃貸収入激減で 建設・不動産業界は大荒れ 新型コロナウイルスの感染拡大により、建設・不動産業界に与えるインパクトは甚大だ。 建設業界では、公共工事も民間工事も一時的な中止や延期に追い込まれているため、当然のことながら売り上げが落ちてしまう。 不動産業界も深刻だ。 大手各社は不動産を保有して賃貸料収入を得ることを事業の主体としていることから、これまでは物件を売って売却益を得る事業を主体とするよりも安定経営だと言われてきた。 だが、コロナ禍ではその賃貸料収入に赤信号がともっている。 小売店舗など商業施設の賃貸収入はもとより、リモートワークの拡大でオフィスの賃貸収入の先行きにも不透明感があるからだ。 3月以降、新型コロナウイルスの感染拡大が世界規模に広がったことで、企業は一斉に金融機関に融資を要請。 キャッシュを確保する動きが活発化した。 同時に、多くの企業は大幅な固定費カットによる利益の捻出策に着手。 新たな融資(枠)の設定と固定費削減という「2点セット」でコロナ危機を乗り切ろうとしている。 リーマンショック、東日本大震災と幾度となく大きな危機に直面した経営者が、キャッシュの確保に走るのは当然の帰結である。 ちょうど4〜6月期の決算発表が本格化している。 企業の経済活動が最も制限された期間であることから、シビアな業績が続出している。 人件費や設備投資、研究開発投資の抑制によって固定費を中心にコストダウンし、なんとか損益計算書(PL)を見栄えの良い体裁に整えようとする動きは加速することだろう。 しかし、である。 本当の危機がやって来るのはこれからだ。 ある金融機関幹部は「自動車、重厚長大、航空、不動産などの業種に属する企業が、バランスシート(BS)不況に陥るリスクがある」と懸念を表明する。 どういうことか。 一つ目は、当面、コロナ以前の経済状況には戻らないということである。 コロナ以降は、多くの産業において「7割経済=超縮小経済」になるといわれる。 例えば、20年の世界の自動車市場は「2割減」になる見通しだし、リアル店舗を主体とする外食や小売りのようなBtoC(消費者向け)ビジネスはさらに落ち込みが激しい。 売上高が損益分岐点(売上高=費用)を下回れば赤字に転落し、その損失がBSを毀損してしまう。 過去を振り返れば、91年ごろのバブル崩壊と景気後退により、企業の売上高が激減した後に起こったのが不良債権処理だった。 商社、小売り、建設などの不況業種は、雇用・設備・債務の「三つの過剰」が浮き彫りとなり、大リストラと業界再編成を迫られるという塗炭の苦しみをなめた。 「7割経済=超縮小経済」の到来で、またその厳しい世界が広がろうとしているのだ。 これは二つ目の現実にも関わることなのだが、この30年間で抜本的な構造改革に着手し切れなかった企業や業界は、いよいよ「平成のレガシーコスト(負の遺産)」を一気に大掃除する必要に迫られている。 二つ目は、テクノロジーの革新的進化や、米中対立など地政学リスクの高まりにより、社会や業界のトレンドが激変するという現実である。 全業種でデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速していることからも分かるように、既存ビジネスの激変はビジネスマンの誰もが感じていることであろう。 「7割経済+トレンドの激変」に企業はどう対峙すればいいのか。 少なくともその解を求めるには、キャッシュ確保と固定費ダウンの2点セットでは不十分である。 金をため込んで身を潜めているだけでは、「超縮小経済」に連なるように企業の成長がストップするだけだ。 コロナ不況に負けない企業の条件は以下の通りだ。 ・本業でキャッシュをある程度稼いでいること ・レガシーを断ち切る構造改革を実行していること ・同時に、全く新しい領域へ戦略的に投資をしていること ・その投資が借り入れに依存していないこと ダイヤモンド編集部では、コロナ不況「耐久力」企業ランキングを作成した。 今回発表するのは、建設・不動産業界の229社のワーストランキング。 作成には、東海東京調査センターの杉浦誠司シニアアナリストの協力を得た。

次の

積水ハウス不動産東京株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

積水 ハウス 不動産

2020年2月、積和不動産は積水ハウス不動産として生まれ変わりました 「大切な時間をすごした住まいだから」 「これから、大切な思い出をつくる住まいだから」 住まいに対するお客様ひとりひとりの想いを大切に・・・ 人は、人生の節目、節目で、自分の住む家と向き合います。 独立、結婚そして家族の成長、家族構成の変化につれて、住まいへのニーズも変わります。 そこでの暮らしをずっと見守ってくれる、人生の舞台というべき大切な住まい。 「家を買う人、売る人、借りる人・・・」住まいに向き合う人々のそれぞれの想いを大切に、プロフェッショナルな立場から、お客様と共に考えていきたい。 それが積水ハウス不動産の願いです。 お客様の不動産・住まいをささえる存在として、積水ハウス品質で「お客様の満足と幸せ」の実現を目指しています。 積水ハウスグループの総合力で、不動産に関するあらゆるニーズに対応 不動産売買からプロパティマネジメント、リフォームまで多彩な事業を展開する積水ハウス不動産 不動産売買から、不動産資産の運用のお手伝いまで。 ブランド力を生かした多彩な事業ドメイン 積水ハウスグループの中核企業として、「不動産売買仲介・流通事業」「不動産開発・新築分譲事業」「賃貸管理業 プロパティマネジメント事業 」「マンション管理事業」「リフォーム事業・大規模修繕事業」など、住まいに関わるあらゆる分野において多角的に事業を展開。 積水ハウス不動産が管理・運営する賃貸住宅「積水ハウスの賃貸住宅シャーメゾン」を協力会社であるマスト特約店が入居者募集を行う、MASTの賃貸は同社の主力事業のひとつでもある。 他にもシェアオフィス事業、レンタル収納スペースなど、幅広く事業を展開している。 「買いたい人、売りたい人、ひとりひとりの想いを大切に」 大切な住まいだからこそ、積水ハウス不動産がこだわること 住まいのリーディングカンパニー積水ハウスグループとして、多くの顧客に寄りそってきた積水ハウス不動産。 家族との思い出がある家、ずっと継いできた大切な土地、初めて購入した住まいなど、不動産を手放す時、そこには様々な人の想いが存在する。 そして、これから購入する住まい、そこからまた新しい未来、記憶が刻まれていく。 不動産を買う人、売る人、それぞれの「気持ちに応える」それが同社のポリシーだ。 「気持ちに応える、積水ハウス不動産のチカラ」 同社は、不動産を購入する人、売却する人、一人ひとりの想いを大切にし、「積水ハウス不動産でよかった」そう言ってもらえる、満足してもらえる仲介を目指している。 積水ハウスグループだからこそのラインナップも魅力 積水ハウス施工の既存住宅、旧分譲マンション、オーナーチェンジ物件情報なども豊富 投資用収益物件、積水ハウス施工の賃貸住宅「シャーメゾン」のオーナーチェンジ物件を取扱い 取扱う物件のラインナップも、積水ハウスグループならではのものが多い。 積水グループだからこその、アフターサービスまでの連携も同社の強み。 初期保証期間後は有料点検・有償補修を行うことで延長可能。 また保証には一定の条件があります。 積水ハウスのグランドメゾンの管理を手掛ける管理会社だからこそのノウハウで、安心の取引をサポートする。 シャーメゾンをはじめとした収益物件の売りたい、買いたい、その先の賃貸管理まで、安定の賃貸経営までもサポートしてくれる。 頼りになるスタッフがお客様の「買いたい」「売りたい」をサポート 首都圏に広がる営業拠点。 知識と経験、何より熱い思いのスタッフが揃う 【町田・相模原営業所】所長 永島雄太氏 お客様の視点から様々なご提案をさせていただき、良きパートナーになれるよう心掛けて対応いたします。 お気軽にご相談ください 不動産売買物件を取り扱う仲介営業所を首都圏では、26拠点展開する積水ハウス不動産東京。 同社は、積水ハウスグループの一員としての社会的責任は顧客すべてに満足を届け、「積水ハウス不動産に任せてよかった」と安心してもらえること。 そして、それを実現させるのは、社員一人ひとりのお客様への思いと真摯な取り組みにあると考えている。 そのために、常にお客様の信頼を得られるように、人材教育を通じて社員を育てグループの連携を強化するとともに、現場を大切にして不動産の価値を守っていくことに注力、誰からも選ばれる積水ハウス不動産の仲介を目指して邁進している。 積水ハウスの『スムストック』を取扱い 優良ストック住宅推進協議会で定める基準をクリアしたストック住宅「スムストック」を取扱い 積水ハウスの建物をよく知るスムストック住宅販売士が査定から販売までを行う 優良なストック住宅の普及を目指して、2008年に大手ハウスメーカー9社 2020年時点10社 が協力して「優良ストック住宅推進協議会」を設立。 その協議会で定めた条件をクリアするものを「スムストック」と認定している。 専任資格を持つスペシャリスト「スムストック住宅販売士」が、建物をスケルトン 構造躯体 とインフィル 内装・設備 に分けて厳しく査定。 建物価格と土地価格を明確に提示してくれるので、売る時も買う時も安心だ。 不動産の購入も、売却も、賃貸も、積水ハウスグループ積水ハウス不動産 積水ハウスグループ、全国の積水ハウス不動産6社のネットワークと多彩な検索サイトで迅速に対応 賃貸情報は「お部屋さがしマスト」へ 積水ハウス不動産は全国6社。 入社や入学、転勤など遠方への住み替えや、自宅と離れた不動産のご売却なども、全国ネットワークを駆使して、スムーズにサポートしてくれる。 一般の不動産流通情報をはじめ、積水ハウス施工物件特集やグランドメゾン特集など、バラエティに富んだ情報が満載。 全国の賃貸物件の検索、全国に所有する不動産の査定なども可能だ。 『スムサイト』はいつでもどこでも、不動産のあらゆるニーズの窓口になってくれる。

次の