あわよくば 語源。 あわび(鮑・蚫・鰒)の語源・由来

あわよくばの語源

あわよくば 語源

Contents• あわよくばの語源や意味って? ふたつの関係を表すものです。 時間的な間が良ければ• 都合が良ければ このように、 タイミング的にうまくいくことを意味していたんですね。 ですが、これは ひと昔前のお話し。 現在は 運を表す意味合いがつよくなり、タイミングや時間的な意味ではなく、 運が良ければというような意味で使われるようになりました。 あわよくばってどうやって使う? 使い方はとっても簡単! あわよくば~~~。 この~~~のところに何か言葉を入れるだけです。 例えば、宝くじを買ったとします。 あわよくば当選したい。 これで運が良ければ当選したいなあ。 という意味になります! 他にも、ご飯などに行ったときに あわよくばおごってもらいたい!などなど(笑)。 自分の願望を言う時とかに使いますね。 ぜひ使ってみてください! あわよくばの類義語• 可能なら• チャンスがあれば• 実現すれば• うまくいけば• 機会に恵まれれば 等です。 あわせて覚えておけば便利ですよ。 最後に 日本語って一つの言葉にいろいろな意味が混ざっていて難しいですよね。 今回は僕もすごく勉強になりました(笑)。 あなたもあわよくばという言葉、あわよくば使ってくださいね~!.

次の

あわよくばの名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

あわよくば 語源

「あわよくば」の意味とは 「あわよくば」とは、• うまくいけば• チャンスがあれば• できれば などと同じ意味合いの言い回しになります。 …つまり、 自分の願望をさりげなーくそして強引に押し込む感じの印象ですね(笑) 「あわよくば」の使い方 「あわよくば」は実はとーっても簡単に使える言葉なんです!• あわよくばあの子とご飯に行きたい• あわよくば奢ってもらいたい• あわよくば見逃してもらえないか …つまり自分の 願望の前に入れるだけ。 たったこれだけなんです!簡単ですよね! 「あわよくば」の語源は? まず言葉をバラバラにします。 まずは「よくば」です。 これは[良ければ]とゆう言葉が語源になります。 この[間]というのは[ま]とも呼ばれていて間が悪いとかに使われるように時間的な要因を指しています。 できれば• 可能なら• 隙あらば• いけるなら• 叶うならば• チャンスがあれば• 機会があれば• もし宜しければ• 状況次第で• 上手くいけば• 上手く転がれば• 良い感じにことが進めば などがあります。 でもきっと世界中の人の「あわよくば」が叶えば世界はもっと豊かになるはずっ! あわよくば世界がずっと平和で豊かになればいいなぁと思いました!.

次の

あわよくばとは?意味や使い方!あわよくば見て欲しいっ

あわよくば 語源

「あわよくば」は、「あわい(間)よくば」が少し変化した言葉です。 「あわい(間)良し」から転化した「あわよい」という形容詞からきています。 「あわよい」には、頃合いがちょうどいい。 都合がいい。 という意味があります。 「あわよい」から「あわよくば」になるまで、発音や形は少しずつ変化していますが、意味はほとんど変わらず、「間(ま)がよければ」「状況がよければ」「時間や時機がよければ」「形勢や情勢があえば」というような意味で、昔から使われてきました。 現在でも、以前とほぼ同じような意味合いで使われますが、「もし時間的によければ」「物理的な間があえば」「タイミングがうまくあえば」という意味がほとんどだった昔に比べると、現代では、「幸運に恵まれれば」「運がよければ」という意味合いが、強く含まれるようになりました。 文法的にはどんな構造なの? 「あわよくば」を文法的に理解するには、「あわよく」と「ば」に分けて考えるとわかりやすいでしょう。 「あわよく」は、前述したように、形容詞の「あわよい」からきたもので、その未然形です。 それに仮定条件を示す接続助詞「ば」をつけた連語となります。 未然形とは、古文で使用される六つの活用形の一つで、「未だ然らず」=まだそうではない。 ということで未然形と呼ばれています。 未然形が使われているということは、状態や動作が「まだ起こっていない」ということです。 「あわよくば」の類語はたくさんありますので、書き出していきます。 「出来れば」「出来る事なら」「可能なら」「可能ならば」「機会があるなら」「機会に恵まれれば」「叶うなら」「もしも叶うなら」「状況次第で」「チャンスがあるなら」「チャンスに恵まれれば」「いけるなら」「いければ」「隙あらば」「都合良く行けば」「実現するなら」「実現出来るなら」「チャンス次第で」「チャンスが与えられれば」などです。 これらの類語は「あわよくば」より日常生活でよく使用されています。 「あわよくば」の使われ方は、昔に比べて「運がよければ」「幸運に恵まれれば」というニュアンスが強くなっています。 このことから、「上手く行けば」「うまいこと行けば」「上手くいくと」「良い感じに進めば」「(物事が)いい方向に転がれば」「上手く転がれば」なども「あわよくば」と同じ意味で、状況・物事が好転して良い結果に結びつくような場合に使われています。 「あわよくば」はどのように使うの? 「あわよくば」は現代小説でも使われている? 現代の作家も「あわよくば」を使用しています。 星新一、阿刀田高、堀田あけみ・赤川次郎その他たくさんの作家の著書にも見られ、やはり悪巧みをしているような文章が多いですが、可愛い恋心の描写もあり、さまざまな場面で使用されています。 また、最近では、インターネット上のブロクや情報記事の中で「あわよくば」が使用されているのをよく見ます。 「あわよくば」は書き言葉なの? 前述のように、「あわよくば」は、かなり昔からいろいろな文学作品で使われてきました。 その割には、「あわよくば」が日常生活で使われているのをあまり聞いた事がない。 という方も多いでしょう。 どちらかと言えば、「あわよくば」は書き言葉の部類に入ります。 しかし、話し言葉で使用しても問題はありません。 「あわよくば」はいい意味で使えるの? 「あわよくば」は、もともと「間がよければ」「時間が合えば」「時機がよければ」「状況がよければ」という意味で使われてきたので、いい意味でも使用できます。 「このまま勝ち進めば、あわよくば優勝できる。 」や「この点数なら、あわよくば合格できるかもしれない。 」の場合、悪い印象は与えません。 「あわよくば」は悪い意味なの? 悪い意味というわけではありませんが、あまりいい印象を与えない文章に使われる事がよくあります。 文章のニュアンスで、「努力せずに、運だけでいい結果を出そうとしている。 」「何もせずにいい結果を期待する。 」と感じられる場合は、いいイメージではなくなってしまいます。 また、「あわよくば、この家にこのまま居座ってやろう。 」「あわよくば、あいつに一泡吹かせてやろう。 」など文章全体にずるさが感じられいい印象は与えません。 この場合の「あわよくば」は、「隙があれば」という意味合いが強くなっています。 「あわよくば」に敬語や丁寧語はあるの? 「あわよくば」を英語で表現したい時は、どう言えばいいのでしょうか。 日本語の「あわよくば」のように一つの単語で表現することは難しいのですが、次のように表現することができます。 if there is a chance, if possible, if circumstances permit, if circumstances allow, if things go well, if luck is on my side, if I am lucky, 例えば「あわよくば、競争相手を味方に引き込むことができる。 」と言いたい時は、「If circumstances allow, it will be able to gain over the opponent. 」と表現できます。 「あわよくば」を英語で丁寧に言うなら? 前述の英文でも失礼に当たる事はありませんが、もっと格式ばった言い方をしたいという場合は、if fortune luck favors one, となります。 「あわよくば」を使ってみませんか 「あわよくば」について、意味や語源・使い方などを説明してきましたが、いかがでしたか。 曖昧にしか知らなかった意味・使い方も、しっかりと理解できましたでしょうか。 通常の会話の中では、「あわよくば」の代わりに、「もしできれば」や「もし上手く行けば」「運がよければ」などを使っている方が多いでしょう。 文章を書く場合の方が、抵抗なく自然に「あわよくば」を使えるというのも事実です。 まずは、メールやブログなどで「あわよくば」を使ってみることから始めませんか。 使い方に慣れたら、知り合いや気になる異性の前で、「あわよくば」を、さりげなく使用してみてはいかがでしょうか。 知的な言い回しを知っている事に感心され、「あわよくば」昇進したり、「あわよくば」好きな人と恋人同士になれるかもしれません。

次の