ページ を プリロード し て 閲覧 と 検索 を すばやく 行える よう にし ます。 SMBCダイレクトでエラーコード W7305が出て、取引ができない。

【解消しました】【注意喚起】AndroidスマートフォンからのCoursePower利用について

ページ を プリロード し て 閲覧 と 検索 を すばやく 行える よう にし ます

先日、次のような不具合の情報が、銀行や申込フォームなどがあるサイトなど、様々なサイトでアナウンスされました。 上記のサイト以外にも、楽天市場やmineoなど、多くのサイトで影響が出ていたとのこと。 具体的な内容としては、Android版Google Chromeでこれらのサイトを閲覧すると、サイトの動作に不具合が発生し、セッションが切れてしまったり、不正な操作が行われてしまうといった少々まずい症状のようです。 このプリロード機能は、サイト内のaタグ(クリックすると別のページを表示するいわゆるリンクのこと)をすべてスキャンし、aタグで指定されているリンク先URLのページまでも先読みしてしまうことで、表示速度を高速化しよう、という機能だったようです。 ところが、サイト内のaタグに含まれるすべてのURLのページに無差別にアクセスする仕組みになっていたために、ユーザーがタップしていないにも関わらずログアウトボタンが動作してしまったり、ショッピングサイトなどのページ遷移が厳しく管理されているサイトなどでは不正なページ遷移が発生し操作ができなくなる、といった状況が多数発生したのが今回の問題の原因だったようです。 すでにChromeの開発チームには報告されており、直ちに無効化の操作が行われ、現在は一度GoogleChromeを再起動することでこの問題の機能が無効化されるようになっているとのことです。 しかし、まだ設定項目は残っているようで、何かのはずみに再び有効になってしまうことも考えられます。 一応設定からも無効にしておくと安心です。 しかし、明らかに既存のサイトでの動作に影響が出そうなこの機能が、どうして正式リリースまで出てしまったのか…非常に疑問ですね。 カテゴリー• 497• 1,049• 236• 377• 151• 641• 132• 167• 295• 132• 138•

次の

【注意】ブラウザの先読み機能による大量アクセスについて

ページ を プリロード し て 閲覧 と 検索 を すばやく 行える よう にし ます

掲載日:2019年7月25日 電子ジャーナルや電子ブックを利用するにあたり、短時間で大量にダウンロード/アクセスする行為は契約違反とみなされ、提供元から本学全体のアクセスを遮断されてしまうことがあります。 最近、Webブラウザの「リンク先読み機能」により、利用者が意図せずとも、大量ダウンロード/大量アクセスを引き起こしてしまうケースが頻発しています。 「リンク先読み機能」をオンにしていた場合、ページを閲覧中に、バックグラウンドでページ内のリンクへのアクセスが繰り返されます。 そのため、本人は普通に電子ジャーナルを利用していたつもりでも、気が付かないうちに大量ダウンロード/大量アクセスになってしまうことがあります。 利用にあたっては、ブラウザの設定変更により、この機能を無効にしていただきますようお願いいたします。 特にMicrosoft Edgeでの発生事例が多く報告されていますので、ご注意ください。 【設定変更方法】 Microsoft Edge 「設定」>「プライバシーとセキュリティ」より、「ページ予測を使用」の「閲覧速度の向上、読み取りの改善、全体的な使用感の向上に役立ちます」をオフにする。 Internet Explorer 11 「ツール」>「インターネットオプション」>「詳細設定」を開き、「ブラウズ」中の「パフォーマンスを最適化するためにサイトとコンテンツをバックグラウンドで読み込む」のチェックをはずす。 Google Chrome 「設定」>「詳細設定」を開き、「ページをプリロードして、閲覧と検索をすばやく行えるようにします」をオフにする。 FireFox URL欄に「about:config」と入力してEnterキーを押す。 「動作保証対象外になります!」という警告ページが表示された場合は、「危険性を承知の上で使用する」をクリック。 コンフィグ画面の「network. prefetch-next」をダブルクリックで「false」にする。 Safari Mac メニューバーの「Safari」>「環境設定」を開く。 「検索」タブの「バックグラウンドでトップヒットを事前に読み込む」のチェックをはずす。

次の

【注意】ブラウザの先読み機能による大量アクセスについて

ページ を プリロード し て 閲覧 と 検索 を すばやく 行える よう にし ます

掲載日:2019年7月25日 電子ジャーナルや電子ブックを利用するにあたり、短時間で大量にダウンロード/アクセスする行為は契約違反とみなされ、提供元から本学全体のアクセスを遮断されてしまうことがあります。 最近、Webブラウザの「リンク先読み機能」により、利用者が意図せずとも、大量ダウンロード/大量アクセスを引き起こしてしまうケースが頻発しています。 「リンク先読み機能」をオンにしていた場合、ページを閲覧中に、バックグラウンドでページ内のリンクへのアクセスが繰り返されます。 そのため、本人は普通に電子ジャーナルを利用していたつもりでも、気が付かないうちに大量ダウンロード/大量アクセスになってしまうことがあります。 利用にあたっては、ブラウザの設定変更により、この機能を無効にしていただきますようお願いいたします。 特にMicrosoft Edgeでの発生事例が多く報告されていますので、ご注意ください。 【設定変更方法】 Microsoft Edge 「設定」>「プライバシーとセキュリティ」より、「ページ予測を使用」の「閲覧速度の向上、読み取りの改善、全体的な使用感の向上に役立ちます」をオフにする。 Internet Explorer 11 「ツール」>「インターネットオプション」>「詳細設定」を開き、「ブラウズ」中の「パフォーマンスを最適化するためにサイトとコンテンツをバックグラウンドで読み込む」のチェックをはずす。 Google Chrome 「設定」>「詳細設定」を開き、「ページをプリロードして、閲覧と検索をすばやく行えるようにします」をオフにする。 FireFox URL欄に「about:config」と入力してEnterキーを押す。 「動作保証対象外になります!」という警告ページが表示された場合は、「危険性を承知の上で使用する」をクリック。 コンフィグ画面の「network. prefetch-next」をダブルクリックで「false」にする。 Safari Mac メニューバーの「Safari」>「環境設定」を開く。 「検索」タブの「バックグラウンドでトップヒットを事前に読み込む」のチェックをはずす。

次の