マダオ ツイッター。 「バルス現象」なぜ日本で盛り上がる? Twitter社が語る裏側: マダオの日常

アメブロで有名なマダオが初赤字でネオニートになった模様

マダオ ツイッター

マダオという男 マダオという男は、生まれは九州、福岡。 高校卒業と同時に上京し、アパレル関係の会社で勤めていたのですが、上手く行かず地元へ逃げ帰ったのです。 そして、地元で低賃金の職に就き、毎週末にはホールへ繰り出し、たまに勝った金で夜の店に足を伸ばす、そんな生活を送っていたのでした。 ある日マダオは思います。 ここに まるで ダメな おとな マダオが産声を上げたのでした。 実にマダオ30歳での出来事でした。 マダオの稼働スタイル マダオの稼働スタイルは、当時 2012年 流行ったゾーン狙い、天井狙いです。 「ハイエナ」という言葉はかなり昔から存在しましたが、情報の収集手段が限定的で、雑誌での確認が主でした。 モバイルでもそのようなサイトがあったことはあったのですが、利便性が低くく、使い勝手が悪かったのです。 時代は変わり、スマホが普及したこともあって、かなり簡単に、そしてわかりやすい期待値を確認できるようになったのです。 マダオもこの機に乗じたという訳です。 そして、毎年数百万の稼ぎを得て、現在は関東、川崎周辺で稼働しています。 稼働地域を追われて マダオはその昔、横浜駅西口周辺で稼働していました。 2chでブログを仕切りに貼り付けられていたため、かなりの数の人がマダオを特定していたと思われます。 以前、酔ってブログを書いた時に自分の写真も載せてましたしね 笑 で、当時ブログに自分以外の打ち手のヘボさを事ある度に書いていたのですが、同じような立ち回りをしている人間に目をつけられ、稼働地域を追われることとなりました。 すごく恐かったんでしょうね。 当時、おそらく34歳のおっさんが「ここでパチスロを打つな!」と言われて涙を流すほどですから。 同じおっさんとして悲しくなります。 そんなマダオが性懲りもなく動画出演 そんな過去があったマダオですが、ほぼほぼ稼働地域が特定されているにも関わらず、ほとんど顔が出ているような動画をアップしています。 なぜでしょう? オレには理解ができません。 リスクとはリターンを期待して負うものです。 ブログはたしかに面白い。 オレからしたら雲の上の存在です。 なんせ、1日のアクセスが10万を超える日があるらしいですからね。 しかし、動画は御世辞にも面白いとは言えないんですよ。 また絡まれても良いのかな? 人のやることに口を出す気はないですが ただ記事ネタにしてるだけ 、マダオがどんな人間か知りたい人は是非見ていただきたい。 そして、川崎のホールに行ってみていただきたい。 たぶん、すぐに発見できると思います。 2016-04-17 23:39:02 俺はびひって引いてしまった 先日ブログにも書いたが揉めてる奴がいて、そいつ一人なら何て事ない奴でシカトしていたのだが、今日そいつが強面の兄ちゃん連れてきて 稼働地域変えろって言われて路地裏に連れていかれて 何言われても何されても折れるつもりはなかったのに びひって引いちゃったなー俺 かっこ悪っ はぁー 別に揉めた奴をどうこう言わない。 そいつが一人て来なくて人を連れて来た事に対してどうこう言わない。 それだけ彼も必死なんだろう。 同じスロエナしている者にとってその気持ちは分かる ただそれに対して俺がびびって稼働地域変えるって約束した事に俺は覚悟が足りなかった。 何されてもこの世界で生きてる限り突っ張らなければいけなかったのに だってその揉めてた奴が連れてきた兄ちゃんがめっちゃ怖いんだもん 稼働地域を変えるのにさほど苦はないのだがびびって折れてしまった俺の覚悟に問題がある。 はぁー情けな 3. 身分証がないから会員証を作らないで(貯玉的な損がなく)済む地域 2. 近くにパチンコ屋が密集してる って点で。 彼のオアシス的存在でもある横浜キラリにも行きやすいしねー.

次の

メンタルヘルス 北九州マダオ相談室|経験者が寄り添うピアコーチスタイル

マダオ ツイッター

マダオという男 マダオという男は2017年現在、どうも34歳の独身男性のようである。 活動拠点は関東郊外、はっきりしたことはわからないが、埼玉県近辺であるようだ。 根城はブログの写真や記事を見る限り、ビデオ喫茶「宝島」の一室を1ヶ月契約でレンタルしていることがうかがえる。 自分が初めて「マダオのパチスロ旅日記」を知ったのは、2ちゃんねるにブログを転載されているのを見つけたからである。 もちろん、マダオ自身が2ちゃんねるに転載したのではないだろうが、そこからブログを見るようになった人も多いように思う。 ブログは2013年、彼が30歳の頃、自分の生まれ故郷である福岡を背に夜行バスで新天地に向かうところから始まる。 当時はパチスロが4号機から5号機への激動の時代を乗り越え、復活の兆しを見せ始めた頃である。 また同時に、スマートフォンが爆発的に普及し始めた時期であり、雑誌広告や電信柱のいかがわしい攻略法とは違う、パチスロのゲーム性の隙をついたまっとうな攻略法を一般の人がWebに公開し始めた時代でもあった。 その情報に従って、決められたタイミングで打つことによって利益を得る、「ハイエナ」、「期待値稼働」が爆発的に広まったのである。 マダオもその情報を得ることによって、自分の生き方を変えた1人である。 ブログ上の発言では、情報が多くの人に伝わることで、専業 パチスロを打つことによって生計を立てる人 の収入が落ちている旨の発言をしているが、ブログを読めば、マダオも自分では何の計算もできない頭脳であることは明白である。 しかし、マダオのすごいところは、その情報に従い続けていることで稼ぎを得ていることで、口癖は「期待値は裏切らない」である。 マダオは何で勝てるのかということは理解できないが、攻略サイトが提示している攻略法をかなりの精度で再現し続けられる人間なのだ。 世の中には「理屈はわかるが、行動できない人間」と「理屈はわからないが、行動できる人間」が存在するが、マダオは間違いなく後者である。 ただし、本人にその自覚があるわけではなく、ブログ上でズレた発言をしては読者に突っ込まれているが、そこがこのブログの魅力でもある。 前置きが長くなったが、マダオという男は普通に働き、安い給料で生きていく道を捨て故郷を旅立った男である。 そして、自分の欲望に忠実に従い、パチスロで稼ぎ、女性と関係を持つことだけを生きがいに今を生きる男である。 ブログの魅力 「マダオのパチスロ旅日記」がアメブロの首位を飾るには、それなりの理由がある。 そこには、2つの要素がある。 「パチスロ稼働日記」 と 「女性関係日記」 である。 パチスロ稼働日記 パチスロ稼働日記は自分が最も重宝している記事である。 なぜなら、パチスロで生計を立てる人だからこそわかる、今のホール状況を知ることができるからだ。 もちろん、マダオよりも稼いでる人間はいるだろうし、賢い人もいるだろう。 しかし、圧倒的な稼働量とそれに対する記事量が比例しているブログは少ない。 「マダオのパチスロ旅日記」はその2つを満たす数少ないブログであると言える。 また、先ほども書いたように、稼働内容だけを載せていれば良いのに、理屈家気取りの記事を書くことでスパイスが効いて面白い内容になっている。 さらに、よくよく考えると30代の無職のおっさんということに気づき、恐怖にうちひしがれる様を表現することもあり、ノンフィクションならではの臨場感が味わえる。 マダオを見て生を実感できるのである。 女性関係日記 ブログの題名にはないが、マダオは女性と関係を持つために生きているそうだ。 パチスロで得た資金で、出会い喫茶を利用し、女性を口説き、食事をしてホテルへ行くという寸法である。 しかも、その女性の身元がばれないくらいの塩梅で写真を撮り、ブログ上にアップしているのである。 また、絡みの表現も官能小説顔負けの筆さばきで、読む人を惹き付けるものになっている。 独身男性の砂漠のように渇ききった心に、潤いをもたらしてくれるものである。 恋愛マスターと言わんばかりのその戦略と戦術で、出会い喫茶を駆け巡る、これぞマダオの恋愛活劇なり。 女性経験の少ない男性は必見だ。 最後に どうだろう?「マダオのパチスロ旅日記」。 まだ、読んだことのない人は是非読んでほしい。 ただ、ひとつ残念なのは、パチスロが終焉を迎えそうであるということだ。 パチスロは規制と緩和の繰り返しとは言うが、今回の規制は最後の一撃となる可能性すらある。 抜け穴を1つずつ潰され、もう抜けられる穴がなくなった感が否めない。 自分はパチスロで生計を立てる人間は好きではないが、「マダオのパチスロ旅日記」は好きである。 「マダオよ、地獄に落ちろ」という感情と「まだまだ、面白い記事を書いてくれ」という感情が揺れ動いている。 最後はマダオが定職に就いて、物語は終わると思うが、それまでは「マダオのパチスロ旅日記」を読んで楽しむとしよう。

次の

「バルス現象」なぜ日本で盛り上がる? Twitter社が語る裏側: マダオの日常

マダオ ツイッター

それが私の、今できること。 実は私自身も、過去にメンタルヘルスに苦しめられた1人です。 簡単ながら私自身の体験、そしてマダオ相談室について紹介します。 人は辛いとき「誰かに話せば気持ちがグッと楽になりそう」と考えるものです。 『でも、その誰かって意外と身近にいる人ほど、これがやたら面倒くさい。 変に気を遣ったり、逆にプライドが邪魔したり。 』 私は、そうして孤独になりました。 逮捕や自殺未遂といった自身の黒歴史も、そんな孤独の渦中で刻んだものです。 いま振り返ると、もうそれは過去のことで、勝手ながら「開き直って武器にしよう」と考えられるようになりました。 それでもやっぱり当時は「話を聴いてほしい」という気持ちがあったのも事実です。 私の武器、それは丸腰さながらの「経験」しかありません。 あとは、他の人よりちょっとだけ皆さんのことを理解できるところです。 耳がいいので、傾聴する姿勢だけは褒められることも。 それでいて、たまに温度差を気にしないあまり「さあ、最高の才能を見つけに行こうか」と場がフリーズしたり。 ピアコーチとは、主体性を持った取り組みで、当事者を先導する役割。 同じ境遇を有する自身の経験をもとに、当事者中心の垣根がない環境を創造するという考え方。 FAQ メール相談を利用される際に気を付けていただきたいことをQ&A形式でまとめました。 お互いが気持ちよくメールのやり取りをするためのものなので、必ずご確認ください。

次の