検事 と 刑事 視聴 率。 「恋はドロップキック!~覆面検事~」|ドラマ公式サイト

週間高世帯視聴率番組10

検事 と 刑事 視聴 率

本作は2010年からイギリスBBCで放送されているテレビドラマ 「刑事ジョン・ルーサー」を韓国でリメイクした作品。 主演は映画やドラマで活躍する演技派俳優シン・ハギュンさんと、本作がドラマデビュー作となる大型新人女優イ・ソルさん。 二人は2018年のMBC演技大賞において、最優秀演技賞 月火ミニシリーズ男優部門 と女性新人賞をそれぞれ獲得するなどその演技力が高い評価を集めました。 そして「サム、マイウェイ」で注目されたキム・ゴヌさんが殺人鬼役を演じ、「刑務所のルールブック」以降引っ張りだこのパク・ホサンさんも重用なキャラクターを演じているなど、シン・ハギュンさん以外のメインキャストが新人や近年ブレイクしたばかりの人という思いきったキャスティングも魅力です。 この他にも、演技派俳優として成長した元B1A4のバロことチャ・ソヌさんや、そしてアン・ネサンさんやイ・ジェユンさんといった主演クラスの俳優も登場しています。 スポンサーリンク 悪い刑事THE FACT【韓国ドラマ】あらすじ 犯人逮捕のためならどんな手でも使い検挙率1位の座を保持している刑事ウ・テソク(シンハギュン)。 そんな有能な彼にも、13年前に起きた連続殺人事件で犯人が分かりながらも取り逃がしたという苦い過去がありました。 犯人の名前はチャン・ソンホ(キムゴヌ)。 ある日、その男がチャン・ヒョンミンという名の検事となってテソクの前に現れたのです。 男は名前を変え検事となってからも殺人衝動を抑えることは出来ず、新たな猟奇犯罪に手を染めていました。 そして、ヒョンミンの魔の手はテソクの周囲にも及ぶようになり、ついに同僚の家族に犠牲者が出てしまいます。 テソクはヒョンミンが犯人だという証拠をつかむのですが、二人がもみ合った際にヒョンミンが転落し意識不明となってしまったのです。 そんな中で新たな殺人事件が起き、テソクは被害者の娘である新聞記者のウン・ソンジェ(イソル)に疑いの目を向けるのですが・・・。 スポンサーリンク 悪い刑事THE FACT【韓国ドラマ】みどころ 本作はイギリスの人気ドラマを韓国でリメイクしたサイコサスペンスドラマです。 犯罪者よりも悪い刑事と、連続殺人鬼よりも危険なサイコパスが協力して犯罪捜査をするというのがネックの作品で、主人公である刑事やその相棒も犯罪を犯してもおかしくない雰囲気があるんです。 そんな本作はリメイク作品だけあって、これまでの韓国サスペンスとは違った脚本や演出が新鮮で、多くの韓国サスペンスドラマを見てきた人でも楽しめる内容となっています。 しかも、R18指定の作品なので刺激の強い内容になっていますし、韓国ドラマではお馴染みの恋愛要素がないのもサスペンス好きには嬉しいところ。 そして、相棒が被害者なのか加害者なのかも不明で、犯人との心理戦のみならずそちらにも気を配らなければならないというのもドキドキさせられます。 それでいてSNSチームのチームワークも良く、主演陣の演技力が高く、脇役のキャラクターも魅力的なのもポイント となります。 惨殺シーンなどもあるため観る人を選ぶ作品ですが、ストーリーのテンポもよく世界観にハマると一気見してしまうこと間違いなし! スポンサーリンク 悪い刑事THE FACT【韓国ドラマ】感想・評価 近年は日韓共にお互いの国の作品をリメイクすることが頻繁に行われていますが、実は「SUITS/スーツ」や「グッドワイフ」「ミストレス」といった海外ドラマ作品が両国でリメイクされていたり、日本では「スニッファー」「ラストコップ」といったヨーロッパのドラマもリメイクされています。 そしてアメリカ以外の作品にもリメイクの波は押し寄せていて、本作と同じイギリスBBCの作品をリメイクした「ライフ・オン・マーズ」も高い評価を得ました。 正直私は知らなかったのですが、本作のオリジナルとなる「刑事ジョン・ルーサー」は世界中で高い評価を得た有名作品みたいですね。 悪人と対決するために悪い刑事や悪の気持ちが分かる人間が必要という設定が面白く 似たような設定のドラマもありますが 、そんな人物になった背景もちゃんと描かれているので犯罪捜査のみならずドラマとしても見応えがありました。 サスペンスとして変に懲りすぎていないのも好みで、近年流行りの特殊能力やタイムスリップを利用した作品でないのも良かったですね! ただ、シン・ハギュンさんの独特な魅力が分からない人には苦手な作品かもしれませんね。

次の

ケイジとケンジ:第3話視聴率は10.3% “修平”東出昌大の判断が…

検事 と 刑事 視聴 率

2020. 812% 시청률 最低視聴率第11回2. そんなある日、ソウルからエリート女性検事ミョンジュが赴任してくる。 検事として成功していたはずのミョンジュが、なぜ地方のジニョンへ突然やってきたのか?しかしジニョン支庁の検事たちはそんなことを悠長に考えるヒマもなく、ミョンジュの登場によって振り回されることに!事あるごとに対立するソヌンとミョンジュ。 実は2人は大学の同窓で、当時からエリートであったミョンジュは、あることをきっかけにソヌンをライバル視していたのだ。 ケンカばかりの2人は果たして分かりあうことができるのか!? そして平穏な日常を壊されたソヌンたちの運命は!? 優れた能力と責任感、激しい情熱と自信を持った彼女。 イ・ソヌン検事室捜査官 アン・チャンファン -イ・ジョンファン役-捜査官8年目。 チャ・ミョンジュ検事室捜査官 アン・ウンジン -ソン・ミラン役-実無関係3年目。 イ・ソヌン、チャ・ミョンジュ検事室室関係兼職 陣営支庁人 チョン・ジェソン -キム・インジュ役-検事24年目。 チョ・ミンホ部長と同期。

次の

歴代のテレビドラマ低視聴率ランキングTOP30【最新】

検事 と 刑事 視聴 率

本作は2010年からイギリスBBCで放送されているテレビドラマ 「刑事ジョン・ルーサー」を韓国でリメイクした作品。 主演は映画やドラマで活躍する演技派俳優シン・ハギュンさんと、本作がドラマデビュー作となる大型新人女優イ・ソルさん。 二人は2018年のMBC演技大賞において、最優秀演技賞 月火ミニシリーズ男優部門 と女性新人賞をそれぞれ獲得するなどその演技力が高い評価を集めました。 そして「サム、マイウェイ」で注目されたキム・ゴヌさんが殺人鬼役を演じ、「刑務所のルールブック」以降引っ張りだこのパク・ホサンさんも重用なキャラクターを演じているなど、シン・ハギュンさん以外のメインキャストが新人や近年ブレイクしたばかりの人という思いきったキャスティングも魅力です。 この他にも、演技派俳優として成長した元B1A4のバロことチャ・ソヌさんや、そしてアン・ネサンさんやイ・ジェユンさんといった主演クラスの俳優も登場しています。 スポンサーリンク 悪い刑事THE FACT【韓国ドラマ】あらすじ 犯人逮捕のためならどんな手でも使い検挙率1位の座を保持している刑事ウ・テソク(シンハギュン)。 そんな有能な彼にも、13年前に起きた連続殺人事件で犯人が分かりながらも取り逃がしたという苦い過去がありました。 犯人の名前はチャン・ソンホ(キムゴヌ)。 ある日、その男がチャン・ヒョンミンという名の検事となってテソクの前に現れたのです。 男は名前を変え検事となってからも殺人衝動を抑えることは出来ず、新たな猟奇犯罪に手を染めていました。 そして、ヒョンミンの魔の手はテソクの周囲にも及ぶようになり、ついに同僚の家族に犠牲者が出てしまいます。 テソクはヒョンミンが犯人だという証拠をつかむのですが、二人がもみ合った際にヒョンミンが転落し意識不明となってしまったのです。 そんな中で新たな殺人事件が起き、テソクは被害者の娘である新聞記者のウン・ソンジェ(イソル)に疑いの目を向けるのですが・・・。 スポンサーリンク 悪い刑事THE FACT【韓国ドラマ】みどころ 本作はイギリスの人気ドラマを韓国でリメイクしたサイコサスペンスドラマです。 犯罪者よりも悪い刑事と、連続殺人鬼よりも危険なサイコパスが協力して犯罪捜査をするというのがネックの作品で、主人公である刑事やその相棒も犯罪を犯してもおかしくない雰囲気があるんです。 そんな本作はリメイク作品だけあって、これまでの韓国サスペンスとは違った脚本や演出が新鮮で、多くの韓国サスペンスドラマを見てきた人でも楽しめる内容となっています。 しかも、R18指定の作品なので刺激の強い内容になっていますし、韓国ドラマではお馴染みの恋愛要素がないのもサスペンス好きには嬉しいところ。 そして、相棒が被害者なのか加害者なのかも不明で、犯人との心理戦のみならずそちらにも気を配らなければならないというのもドキドキさせられます。 それでいてSNSチームのチームワークも良く、主演陣の演技力が高く、脇役のキャラクターも魅力的なのもポイント となります。 惨殺シーンなどもあるため観る人を選ぶ作品ですが、ストーリーのテンポもよく世界観にハマると一気見してしまうこと間違いなし! スポンサーリンク 悪い刑事THE FACT【韓国ドラマ】感想・評価 近年は日韓共にお互いの国の作品をリメイクすることが頻繁に行われていますが、実は「SUITS/スーツ」や「グッドワイフ」「ミストレス」といった海外ドラマ作品が両国でリメイクされていたり、日本では「スニッファー」「ラストコップ」といったヨーロッパのドラマもリメイクされています。 そしてアメリカ以外の作品にもリメイクの波は押し寄せていて、本作と同じイギリスBBCの作品をリメイクした「ライフ・オン・マーズ」も高い評価を得ました。 正直私は知らなかったのですが、本作のオリジナルとなる「刑事ジョン・ルーサー」は世界中で高い評価を得た有名作品みたいですね。 悪人と対決するために悪い刑事や悪の気持ちが分かる人間が必要という設定が面白く 似たような設定のドラマもありますが 、そんな人物になった背景もちゃんと描かれているので犯罪捜査のみならずドラマとしても見応えがありました。 サスペンスとして変に懲りすぎていないのも好みで、近年流行りの特殊能力やタイムスリップを利用した作品でないのも良かったですね! ただ、シン・ハギュンさんの独特な魅力が分からない人には苦手な作品かもしれませんね。

次の