辛い 時 辛い と 言え たら 良い の に な 歌詞。 辛いとき辛いと言えなかったとき

Aqua Timez 決意の朝に 歌詞

辛い 時 辛い と 言え たら 良い の に な 歌詞

の「決意の朝」より。 つらいとき、いろんな曲を聴きながら、励みにして頑張ってきましたが、一番脳内再生されているのはこの曲のこのフレーズでしょう。 「つらいとき、つらいと言えたら、いいのにな。 」 私はツッコミを入れたくなります。 つらいっていうだけなら、強がりでも弱虫な僕でも言えるんや!言えるけどだれも聞いてないんや!それがむなしいんじゃ!と。 この歌詞は「つらいとき、(この私を助けてくれそうな人に)つらいと言えたら、いいのにな。 」が隠れていて、つまり「つらいとき、つらいと伝えられたら、いいのにな。 」じゃないかなと私は思います。 それと、そのあとに「できたら応援か支援をください。 」を付け加えたいです。 でも、こんな気持ち誰に伝えたらいいんだろう。 伝えたところで、助けてくれる人は誰だろうな。 みんな用事あって、私のこと気にかけてくれる人はいても、助けるまではしてくれないだろうな。 そもそもこのつらさは、自分のものだから、だれかに頼ったところで解決はしないんだよな。 助けてくれる人がいないなら、伝える必要ないよな。 ・・・でも、つらい。 つらいの分かってほしい。 メンヘラとか思われるのかな。 ・・・かまってちゃんって思われてもいいから、伝えたい。 みたいな堂々巡りですわ。 結局につぶやいて、だれからもリプ来ない。 まあそりゃみんな忙しいよね。 ああ、つらい。 まあ、いいんですけど、構ってもらわなくても・・・。 たとえ「大丈夫?」ってリプ来ても、 「大丈夫だよ。 」って強がっちゃうんですよ。 だから、聞いてくれたらそれでいいんだよね、結局。 その後に続く「僕達は強がって笑う弱虫だ」も気になる歌詞だよね。 強がって笑ってるのに弱虫だなんて。 小学生のとき体育でサッカーしててね、かわいい子がボールぶつけられたら、みんな寄って集って心配するのに、私にボールぶつかっても、ぶつけた男子さえ謝ってこないときあったなぁ。 友だちは気を使ってくれたけど、私はたくましい系女子だったから、笑って大丈夫って言った。 私だって痛かったけど、泣かなかった。 泣いたら弱虫だと思われるから。 (それと私が泣いたところで助けてもらえるルックスではないから。 ) こうやって男に媚びるとか、他人に弱みを見せるということをしないで生きてきた私にとって、強がってる人が弱虫だなんて言われるのは心外だった。 「できな~い」ってくねくねしてる女子の方が弱虫じゃねえか!その謎を抱えたまま、負けず嫌いで頑張る女子で生きてきた。 でも最近思ったのは、本当につらいときにつらいと言えないことは、周りにさらに迷惑をかけることになるということだ。 つらいって、友達や家族に相談できない人は、つらいって思っている自分がダメなんだと思ってしまう。 だからつらさに気づかないように自分の欲を無にする。 そうしてただただ耐えて、ある日体にガタが来ちゃう。 私はそうなりかけたことがあるので、本当につらいとき、つらいって言えることは大切だなあと思った。 また自分の家族や友達は、そうしたことを相談できる大切な人たちだと認識したので、これからはどんどん頼っていきたいと思った。 結局、強がって笑うのが弱虫かどうかなんて分からなかったけど、歌詞の最後の方に「僕が僕として生きてきた証にして」とあったので、うまくまとまってんなあ、と思いました。 どんなことがあっても、結局は人生の教訓になるのよ!あとで酒の肴になるからね!って感じでね。 個人的にですが、 「大丈夫?」って聞かれても「大丈夫!」って答えちゃう強がり女子には、 「大丈夫じゃねぇだろ。 無理すんなよ。 俺を頼れ!」みたいな強引な対応してほしいです。 (なんてわがままな。 ) 個人的にですが2、 「つらいときつらいって言える?だってさ、つらいときにつらいって言ってたら、つらいって発した言葉によって、脳が今つらい状況ですって認識して、もっとつらくなるから、私はつらくても限界までつらいって言わないんだ。 」 って友達に熱弁したら、 「つらいって言い過ぎ!笑」 と一蹴されてしまいました笑。 だから私は、つらいときに「つらいとき、つらいと言えたら、いいのにな。 」って歌詞が思い浮かぶと、それと同時に、そういえば友達に「つらい言い過ぎ!」って一蹴されたなあって思い出して、ひとりでにやにやしてます。 mizuiro-dot.

次の

辛いとき辛いと言えなかったとき

辛い 時 辛い と 言え たら 良い の に な 歌詞

ま、私の場合ですが、意地張った性格なので 「辛いときに人に辛いと打ち明けてもそれは慰めでしかなく、辛さ自体が解決されることはない」ってとこでしょうか。 それぞれ個々人で悩みがあっても、人は所詮他人であるから、悩みを打ち明けたり辛いとこぼしても、気持ちが癒されることはない、など・・・。 また、友人や親に対して辛いと言ってしまうと、「辛いのだったら、優しく接してあげなくては・・・」など、余計な心配や気遣いをさせてしまい、かえって心苦しいときがあったり。 「辛いとき、辛いといえたらいいのにな。 僕達は強がって笑う弱虫だ。 」 自分の弱さや悪い部分も打ち明けることで、相手を真に信頼したといえる、といいたいのでしょうね。 けれども、自分の弱さを人に見せることは、勇気のいることです。 それによって嫌われてしまうかもしれないし、辛いといったら「お前だけが辛いんじゃない」なんて言われるかもしれない。 それによって「誰も自分を理解してくれない」といった孤独を感じているのなら、勇気を出して自分をさらけ出しちゃえよ、ってなことだと思いますね。 勝手な解釈すみません(笑) しかし、久々に「決意の朝に」を聞きました。 いい曲ですよね^^ 言えば状況がもっと悪くなると思っているから。 まあ、変化が怖いだけなんだけどね。 僕も辛い時に辛いと言えない。 言う事で微妙な空気になるのが居心地悪くてさ。 それにカッコ悪いし。 僕の中に「狂えるって羨ましいよなぁ。 そうやってポンポン投げ出せたら楽だよなぁ。 俺にゃとても出来ねぇ。 」とかそういう斜に構えたところがあるから。 でも、本当はただ勇気がないだけだって分ってるんだけどね。 本当は僕にとって辛い時に辛いと言わないのが楽(だと思ってるから)だから言えないだけなんだって。 辛いって言って周りが心配してガヤガヤ寄ってくるのがウザいし、かといってまるっきり無視されたらそれはそれで傷つくし。 そういうのなんもかんもメンドクサイから言わないんだと思うよ。 そういう下らない理由なんだよ。 A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 失ったものは、たくさんあると思います。 色々な人間関係とか。 後は体力が減退して、あんなに好きだった海外旅行にも行く気が起きません。 でも、失うものは、失うべくして失ったのだと思います。 失ったものは、もう、必要じゃなくなったのだと。 そういうタイミング、流れだったのだと。 だから、失った事を悔やんではいません。 むしろ、それ以上に得たものの方がたくさんあります。 別れもあったけど、素晴らしい新しい出会いもあります。 旅行だって、色々な宝物のような思い出は十分に出来てそれは永遠に心に残りますし、新たに夢中になれる趣味も出来ました。 だから、今はこれまでの人生で最も心が満たされています。

次の

辛い時の乗り越え方20選!心の支えになる名言&元気になれる曲

辛い 時 辛い と 言え たら 良い の に な 歌詞

の「決意の朝」より。 つらいとき、いろんな曲を聴きながら、励みにして頑張ってきましたが、一番脳内再生されているのはこの曲のこのフレーズでしょう。 「つらいとき、つらいと言えたら、いいのにな。 」 私はツッコミを入れたくなります。 つらいっていうだけなら、強がりでも弱虫な僕でも言えるんや!言えるけどだれも聞いてないんや!それがむなしいんじゃ!と。 この歌詞は「つらいとき、(この私を助けてくれそうな人に)つらいと言えたら、いいのにな。 」が隠れていて、つまり「つらいとき、つらいと伝えられたら、いいのにな。 」じゃないかなと私は思います。 それと、そのあとに「できたら応援か支援をください。 」を付け加えたいです。 でも、こんな気持ち誰に伝えたらいいんだろう。 伝えたところで、助けてくれる人は誰だろうな。 みんな用事あって、私のこと気にかけてくれる人はいても、助けるまではしてくれないだろうな。 そもそもこのつらさは、自分のものだから、だれかに頼ったところで解決はしないんだよな。 助けてくれる人がいないなら、伝える必要ないよな。 ・・・でも、つらい。 つらいの分かってほしい。 メンヘラとか思われるのかな。 ・・・かまってちゃんって思われてもいいから、伝えたい。 みたいな堂々巡りですわ。 結局につぶやいて、だれからもリプ来ない。 まあそりゃみんな忙しいよね。 ああ、つらい。 まあ、いいんですけど、構ってもらわなくても・・・。 たとえ「大丈夫?」ってリプ来ても、 「大丈夫だよ。 」って強がっちゃうんですよ。 だから、聞いてくれたらそれでいいんだよね、結局。 その後に続く「僕達は強がって笑う弱虫だ」も気になる歌詞だよね。 強がって笑ってるのに弱虫だなんて。 小学生のとき体育でサッカーしててね、かわいい子がボールぶつけられたら、みんな寄って集って心配するのに、私にボールぶつかっても、ぶつけた男子さえ謝ってこないときあったなぁ。 友だちは気を使ってくれたけど、私はたくましい系女子だったから、笑って大丈夫って言った。 私だって痛かったけど、泣かなかった。 泣いたら弱虫だと思われるから。 (それと私が泣いたところで助けてもらえるルックスではないから。 ) こうやって男に媚びるとか、他人に弱みを見せるということをしないで生きてきた私にとって、強がってる人が弱虫だなんて言われるのは心外だった。 「できな~い」ってくねくねしてる女子の方が弱虫じゃねえか!その謎を抱えたまま、負けず嫌いで頑張る女子で生きてきた。 でも最近思ったのは、本当につらいときにつらいと言えないことは、周りにさらに迷惑をかけることになるということだ。 つらいって、友達や家族に相談できない人は、つらいって思っている自分がダメなんだと思ってしまう。 だからつらさに気づかないように自分の欲を無にする。 そうしてただただ耐えて、ある日体にガタが来ちゃう。 私はそうなりかけたことがあるので、本当につらいとき、つらいって言えることは大切だなあと思った。 また自分の家族や友達は、そうしたことを相談できる大切な人たちだと認識したので、これからはどんどん頼っていきたいと思った。 結局、強がって笑うのが弱虫かどうかなんて分からなかったけど、歌詞の最後の方に「僕が僕として生きてきた証にして」とあったので、うまくまとまってんなあ、と思いました。 どんなことがあっても、結局は人生の教訓になるのよ!あとで酒の肴になるからね!って感じでね。 個人的にですが、 「大丈夫?」って聞かれても「大丈夫!」って答えちゃう強がり女子には、 「大丈夫じゃねぇだろ。 無理すんなよ。 俺を頼れ!」みたいな強引な対応してほしいです。 (なんてわがままな。 ) 個人的にですが2、 「つらいときつらいって言える?だってさ、つらいときにつらいって言ってたら、つらいって発した言葉によって、脳が今つらい状況ですって認識して、もっとつらくなるから、私はつらくても限界までつらいって言わないんだ。 」 って友達に熱弁したら、 「つらいって言い過ぎ!笑」 と一蹴されてしまいました笑。 だから私は、つらいときに「つらいとき、つらいと言えたら、いいのにな。 」って歌詞が思い浮かぶと、それと同時に、そういえば友達に「つらい言い過ぎ!」って一蹴されたなあって思い出して、ひとりでにやにやしてます。 mizuiro-dot.

次の