ネイト ディアス。 【UFC】コナー・マクレガーって何者?戦績や強さ、経歴について

【UFC】コナー・マクレガーって何者?戦績や強さ、経歴について

ネイト ディアス

UFC公式サイト• MMA Fighting 2012年5月4日• MMAPLANET 2008年9月18日• MMAPLANET 2009年2月1日• MMAPLANET 2009年6月21日• MMAPLANET 2009年9月17日• MMAPLANET 2010年1月12日• MMAPLANET 2010年3月28日• MMAPLANET 2010年3月27日• MMAPLANET 2014年12月13日• ESPN 2016年3月5日• TerezOwens. com 2016年3月12日• MMA Fighting 2016年8月22日• MMA Fighting 2017年9月30日• MMA FIGHTING 2016年12月28日• FOX 2017年4月29日• BJPEN. COM 2018年10月9日• Yahoo Sports 2019年10月26日• Yahoo Sports 2019年10月26日• MMAFighting 2019年10月28日• MMA MANIA 2016年5月1日• MIDDLE EASY 2016年7月26日• full in bloom 2019年11月16日• TMZ SPORTS 2016年8月29日• MMA Junkie 2019年8月15日• Irish Daily Mirror 2016年8月18日• Men's Journal 2016年3月• 2018年6月20日.

次の

ニック&ネイト・ディアス兄弟が柔術を始めた理由 & 100万ドルのプレゼント?

ネイト ディアス

現在世界最高峰のMMA(総合格闘技)団体として名をはせるUFC(Ultimate Fighting Championship)。 そのUFCにおいて、史上最も人気の高いスター選手がコチラ。 私が大好きなK-1ファイター 木村フィリップミノル選手もマクレガーの影響を強く受けており、服装や言動に強く表れています。 さて、このマクレガーですが、世界的な人気は爆発している…にもかかわらず、あまり日本では知名度がないのも事実。 一部の格闘技ファンのみに知られる存在です。 実生活で周りの人に名前を聞いても、おそらくほとんど誰も知らないと思います。 今回はそんなマクレガー選手を特集し、一体彼はどういったファイターなのか、そしてその人気の秘密に迫りたいと思います。 興味がある方は、ぜひ最後までお付き合いいただけたら幸いです。 McGregor ライト級タイトルマッチ 2016. McGregor 2 2016. Diaz 2016. McGregor (UFCフェザー級王座統一戦) 2015. McGregor UFC世界フェザー級暫定王座決定戦 2015. Siver 2015. Cariaso 2014. Brandao 2014. Sonnen 2013. Latifi 2013. Redmond 2011. : The Fight Before Christmas 2008. Belgium 2008. the42. ie UFC二階級王者という輝かしい実績を誇るコナー・マクレガー。 しかし、 彼の経歴というのは決して華やかなものだけではなく、ドン底から這いあがってきた苦労人でもあるのです。 生い立ち 彼はアイルランドの中でも貧困区域であるクラムリンの出身で、彼もまた貧しい家庭で育ちました。 幼少期はボクシングに打ち込み、国内ユース王者に輝いていますが、その後プロには移行せず。 学校を卒業後は配管工の仕事に就き、さらには収入が不十分だったため、日本でいう所の 『生活保護』のような制度を利用して苦しい生活を続けていました。 18歳で総合格闘技を始める コナーが18歳の時、アマチュア総合格闘技を始めました。 その後はプロに転向し、2008年にプロデビュー戦を勝利で飾ります。 イギリスの総合格闘技団体「CWFC」を主戦場とし、2012年に第4代CWFCフェザー級王座と 第6代CWFCライト級王座を獲得。 見事二階級王者に輝きました。 UFCへの挑戦 CWFCでの活躍を見たダナ・ホワイトからのスカウトを受け、コナーはUFCへの挑戦を決意します。 UFCに転向後は破竹の勢いで快進撃を見せ、2015年にUFCでは無敗のまま世界フェザー級王座を獲得。 その後上の階級であるネイト・ディアスに敗北するが、直後に同体重契約でリベンジを果たすと、2016年にはエディ・アルバレスからライト級王座を奪取。 史上三人目のUFC二階級王者に輝いています。 メイウェザーとの世紀の一戦 コナー・マクレガーを語るうえで、この一戦を無視するわけにはいきません。 2017年に実現した、ボクシング5階級王者のフロイド・メイウェザー・ジュニアとのボクシングマッチです。 2015年ごろから続いていた両者のトラッシュトークが身を結び、二年の時を経てついに実現した夢の一戦。 しかし、あくまでもボクシングルールでの一戦だったため、結果はメイウェザーの圧勝…だったが、意外とマクレガーもパンチをヒットさせていました。 正直、試合内容はそれ程エキサイティングではありませんでしたが、一つのビッグビジネスとして、格闘技界にとっては夢のある大きな一戦でした。 バス襲撃で逮捕!? メイウェザーとのボクシングマッチ後、しばらく活動の情報が無かったコナー・マクレガー。 しかし2018年4月、とんでもない形で世間の話題となります。 UFC223の大会後、選手を乗せたバスを襲撃し、乗車していた選手に怪我を負わせたのです。 襲撃した理由は、マクレガーのチームメイトであるアルチョーム・ロボフ選手と口論していたハビフ・ヌルマゴメトフ選手が目当て? その後、暴行と器物損壊の容疑で逮捕されたマクレガー。 日本ではややコメディ風に取り扱われたこの事件ですが、当事者からするとたまったもんではないでしょうね…。 コナー・マクレガーの強さは? ・・・とまあ、ここまでの記事でなんとなく彼の性格は分かっていただけたかと思います。 さて実際、マクレガーの強さはどの程度なんでしょうか? 前述したように、プロでの戦績は24戦21勝(18KO)3敗。 3敗のうち2回はキャリア初期についた黒星で、UFCに移行後は1敗のみ。 さらにその1敗も上野階級であるネイト・ディアスとの一戦で、自身の適正階級で行った試合ではありません。 彼のファイトスタイルはパンチを主体とした典型的なアグレッシブファイターですが、変則的な回転技なども得意としており、独特な動きを見せます。 UFCの歴代PFPでもトップクラスの候補に挙げられ、その実力はUFCでも屈指と言ってよいでしょう! 個人的にはキックボクシングでも観たい…。 けど、ファイトマネー的に難しいでしょうね。

次の

ネイト・ディアス、ダスティン・ポイエーとUFC230で対戦

ネイト ディアス

記者会見では、王者コナー・マクレガーは「盛り上げるために試合を引き延ばしたても良い。 ネイトが最後まで立ってられることを望むが、2ラウンドあたりで人々は俺様に歓喜の声を挙げることになるだろう。 」と発言。 それに対して、ネイト・ディアスは今回の試合でもギャラが断然に違うことなどを含意してUFCがコナー・マクレガーを優先的に扱っていることを批判した上で、「俺たちは戦い、そして人々は気が付くだろう。 コイツは小さい奴ばっかノックアウトしてきたんだ。 俺の試合、そして(倒してきた)ラインナップを見ろ。 そしてお前のと比べてみるがよい。 俺は常に盛り上げてきた。 本物の仕事をしてきたのだ。 」と応戦。 金が欲しければ俺の為に踊れ!ネイト!俺の為に踊るんだ!そして二度とそんな目で俺を見るんじゃねぇ」とこのように発言。 いよいよ記者会見後のプレス向けの記念撮影の場で向かい合うとすぐさまネイト・ディアスが腰を引きながらの面白いポーズで拳をコナー・マクレガーの顔面にぶつかる勢いで突き出して挑発。 コナー・マクレガーはしばし目の前の拳に耐えながらネイト・ディアスに向き合っていたものの、根っからの喧嘩好きが内側からほとばしる闘志となってみなぎりすぎてしまったのか、突き出された拳に対して顔面をプルプル言わせながら拳で殴り返して応戦。 すぐさま、レフリーのような形で場を見守っていたUFC代表として長年の功績を誇るダナ・ホワイト社長が仲裁に入り、さらにニック・ディアスやジェイク・シールズなどの有名格闘家やセキュリティが仲裁に雪崩れ込んで事態は事なきを得た様子だ。 この後、ネイト・ディアスは「俺は友人の後ろに退いていたんだ、だからマクレガーは安っぽいパンチをしてこれなかった。 多分奴はビビったんだろうな。 」とコメント。 それにしても、全身鋼鉄製で作り上げられた上に世界最高峰の動体視力と反射神経、さらにはスピードと一撃必殺のパワーの全てを兼ね備えた稀な階級。 強くて美しいのは度々ゴシップで話題となる元UFC王者ロンダ・ラウジー(29)や日本人女性UFCファイターの中井りん選手(29)だけではない。 ボクシングで18度世界王者に輝いた現UFC世界女子バンタム級王者現UFC世界女子バンタム級王者でホリー・ホルム(34歳、身長173cm,体重61kg)に対するは、一見アメリカのグラマラスなセクシーOLかと思ってしまいそうな元Strikeforce女子バンタム級王者ミーシャ・テイト(29歳,身長169cm体重61kg)の同時に開催された『UFC196』の記者会見だ。

次の