ライズ グレード。 ライズの内装は質感の高いスポーティーなデザイン!操作系もシンプルで実用的

買うならどっち!?ダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」に試乗

ライズ グレード

トヨタライズのグレードの見所 (出典:) トヨタライズのグレードはベーシックなX、Xの装備充実バージョンXS、上級グレードのG、そして最上級グレードのZとなります。 いずれも23万9800円高で4WD仕様が用意されています。 グレード構成• X(167万9000円) ベーシック• XS(174万5000円) ベーシックの装備充実版• G(189万5000円) 上級グレード• 見所 ベーシックグレードのXでもSUVらしく16インチと大径のタイヤを採用するなど、外観上の差別化も最小限となっているためXを選んでも見た目で残念になることはありません。 価格は167万9000円~となっていて、小型SUVとはいえ他車よりも割安感の感じられる価格設定になっています。 それぞれのグレードの特徴を紹介 X(167万9000円) ベーシックなグレードXは、エアコン(マニュアル)を始めベーシックな装備に加え最新の薄型LEDヘッドライトを採用するなど、ただの廉価グレードではありません. ただし、安全装備のスマートアシストは未採用となっています。 XS(174万5000円) Xの一つ上のグレード、XSになると外観上はXと同じものの「衝突回避支援ブレーキ」や「車線逸脱警報機能」を始めとした スマートアシストが装備されています。 ライズを購入する場合はXではなくまずは XSを基準にし、必要な装備を検討してグレードを決めるのがおすすめです。 G(189万5000円) Gグレードは 外装パーツがグレードアップされ、ドアハンドル・ステアリングホイールを始めメッキをあしらったパーツが増加します。 「バックドアガーニッシュ」や「LEDデジタルメーター」もGグレードからとななります。 エアコンもオートになり、フロントシートにはレッドのバイピングが施されるなど上級グレードらしいクオリティ感が感じられます。 XSからの追加要素• メッキをあしらったパーツ• バックドアガーニッシュ• LEDデジタルメーター• フロントシートがレッドのバイピング仕様 Z(206万円) 最上級グレードのZは、フロント&リアにLEDフォグランプが追加され、ステアリングとシフトノブも 本革巻きになり、車体価格が200万円超の車にふさわしいクオリティを確保しています。 また、 先進安全装備がもっとも充実したグレードとなります。 ライズとロッキーの違い トヨタライズの実際の開発はコンパクトカーの設計に長けた ダイハツが担当し、ダイハツブランドでも「ロッキー」として販売されています。 フロントマスクで差別化 トヨタライズとダイハツロッキーは前面からみるとフロントマスクの印象がかなり異なりますが、実際にはヘッドライトは共通でフロントグリルと一体になったバンパー部分を変えることで差別化を図っています。 ロッキーの方が若干価格が高い ロッキーもトヨタライズと同じく、4グレードでの展開となっていますが価格は同グレードで比較すると ロッキーの方が3~14万円高く設定されています。 ロッキーはダイハツで上級車種に位置付けられるので装備の充実が図られている一方、ライズはトヨタSUVの中ではエントリーモデルであり、価格の安さを強調しています。 トヨタライズの方がお値打ちに感じられるかもしれませんが、実際には装備の簡略化などによって価格を下げています。 トヨタ ライズのおすすめグレードランキング 新型トヨタライズのおすすめグレードをランキング形式で紹介していきましょう。 4位 X(167万9000円)• 3位 G(189万5000円)• 2位 XS(174万5000円)• 1位 Z(206万円) 4位 X(167万9000円) 4位はベーシックグレードのXです。 トヨタブランドのSUVが167万9000円で購入できるのはバリューが高いといえます。 もし、予算を最大限押さえたいという場合、Xを選んでも問題はないでしょう。 マイナス点として、Xでは安全装備面で自動ブレーキさえ装備されないのは最新の新車としては物足らないため4位としました。 Xを購入したいのであれば、車体価格は3万円高くなりますが、ダイハツロッキーのベーシックグレードである「L」は衝突回避支援ブレーキ(スマートアシスト)が標準装備となるため、そちらもおすすめします。 3位 G(189万5000円) 上級グレードとなるGですが、XSとは外観上での差別化がメインとなっています。 ドアハンドルがメッキ仕様になり、フロントシートにレッドのバイピングが入るなど、高級感は増しますが、好みの範囲といえます。 XSとの違いで考慮すべきはウインドウ類で、XSではUVカット機能のみですが、GではフロントウインドウがスーパーUVカット及びIR(赤外線)カット、それ以外のウインドウもUVカット+IRカット機能付きとなります。 つまり、IRカットは夏の室内温度を少しでも下げたい、肌対策を考えてスーパーUVカット機能が欲しい、という方はこのGグレード以上を選ぶ方がよいでしょう。 2位 XS(174万5000円) ベーシックグレードのXに安全装備を追加した実質上のベーシックグレードがXSです。 価格も174万5000円と、軽ハイトワゴンのターボ車が200万円以上のプライスタグをつけることも珍しくないことを考えれば十分リーズナブルです。 上級グレードであるGとの価格差は15万円ですが、ライズはいずれもオーディオレス仕様となっているため、その分の費用をナビなどに回す方が予算を抑えることができます。 予算を押さえたい方、バランスを求める方などさまざまな方におすすめのグレードです。 1位 Z(206万円) 安全装備が充実している最上級グレードのZを一位としました。 タイヤが17インチの大径となる他、ステアリングが本革巻きとなるといった違いもありますが、なによりも先進安全装備が充実しているかどうかは生命にもかかわるため最優先事項です。 Zでは標準装備されている 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)やレーンキープコントロールが残念ながら Gではオプションでも用意されません。 これらの安全装備は軽自動車でも標準化が進んでいるため、ライズ Z以下のグレードは正直やや物足りないといえます。 おそらくZ以外のグレードについても今後のマイナーチェンジの際に標準またはオプションで装備されると想定されますが、現時点では安全装備が充実したZを一位とします。 トヨタ ライズの2WDと4WDの違いと選び方 ダイナミックトルクコントロール4WDの特徴 トヨタ ライズの4WD仕様にはダイナミックトルクコントロール4WDと呼ばれるシステムが採用されています。 基本はFFですが、車両の状態に合わせて最適なトルクを後輪に自動的に配分し、雪道などで効果を発揮する本格的なシステムです。 オフロードだけでなく通常走行時にも後輪の駆動力を微調整し燃費にも寄与します。 4WDは2WDから23万9800円高 4WDは燃費の落ち込みが最小限に留められています(FF:23. ライズは最低地上高も高めに設定されているため、FFであってもウィンタータイヤを装着すれば多少の雪道でも困ることはありません。 雪の多い地域に住んでいる、ウインタースポーツが趣味などの理由をのぞけば2WDでも問題ないでしょう。 トヨタ新型ライズのグレードまとめ ライズのグレードについて全体をまとめると以下の通りになります。 グレードは全4種• 価格と装備のバランスがもっとも優れるのはXS• 安全装備がもっとも充実するのはZ• 4WDでも燃費は落ちにくいが、価格は23万円上がる 価格と装備のバランスに優れる「XS」は多くの方におすすめできるグレードとなります。 また、安全装備の充実を求める方にはZが向いているでしょう。 ライズを最大限、お得に買う方法は? トヨタ ライズは既に値引き事例が出ているのをご存じでしょうか? 値引きは辛口ですが、さまざまな工夫をすることでお得に購入することはできます。 その方法はカンタンで、以下の記事を見ておけばすぐにできます。 ライズの購入を検討されているかたはぜひチェックしてみて下さい。

次の

ライズの内装は質感の高いスポーティーなデザイン!操作系もシンプルで実用的

ライズ グレード

ライズの購入を考えている皆さん、グレードはもうお決まりでしょうか? 選ぶグレードによって価格や仕様が異なることから、グレード選びはとても重要なものといえますよね。 ライズには人気グレードがあり、 特に上級グレードである「Z」は充実した装備で、グレードが高いにも関わらず手に届きやすい価格だと評判です。 ライズのグレード選びで悩んでいる方の少しでも参考になればと思うので、ぜひ目を通してみてください!• ほとんど価格には差がないということがわかりますね。 一部省略されていますが 装備内容もほとんど同じで、「Z」や「G」と比べるとやや質感は劣ります。 スマートアシストは、衝突回避支援ブレーキ機能やオートハイビーム、誤発進抑制制御などのセーフティ機能を指しますが、「X」グレードには装備がされていません。 ですが、メーカーオプションでもセーフティ機能は装備することができるものもありますので、もっと充実させたい場合はそちらも検討してみてください。 大きく違うところは何となくわかるかもしれませんが、こちらで改めて紹介していきます。 違いを比較してご自身にはどの低グレードか、上級グレードかのどっちが良いのかを考えてみてください。 ・内外装の質感 まずは外装の一部を「X」「Z」グレードで比較してみましょう。 メッキがあしらわれている部分が「X」の方が少なく、またフォグランプやイルミネーションランプも装備されていません。 更に「X」はアルミではなくスチールホイールの採用となっています。 写真ではわかりにくいかもしれませんが、質感は断然「Z」の方が高いです。 ちなみにリアの加飾も異なりますので、やはり価格差通り質感の違いがあるようですね。 続いて前席の内装を「X」「Z」グレードで比較してみましょう。 こうして比べてみると、細かな部分でも違いがあることがわかりますね。 内装はハンドル、メーター部分、エアコンスイッチ、シートデザイン、ディスプレイ等々・・・質感は大きく異なります。 「X」と「Z」の2WDの価格差は約38万円で、やはりここまで金額に違いがあると、内装も外装も「X」の方が質素になってしまうのは言うまでもありません。 もちろんオプションや社外パーツで質感はいくらでも変えることができますが、高い質感を求めるなら「Z」または「G」グレードが良いでしょう。 ただ、先ほども紹介したように 上級グレード「Z」の場合はエクステリアとインテリアの質感が大きく異なります。 理由としては、「X」と「Z」グレードの価格差は約38万と大きく違いはあるものの、 「Z」グレードを購入しても車両本体価格や約200万円というコスパの高さにあります。 基本的なオプションを装備しても約230万円程で新車購入ができるので、乗用車としてはかなりお得ではないでしょうか。 軽自動車のフル装備を新車で購入すると200万円前後かかりますが、ライズは200万円と少しの費用で購入ができてしまうのです。 更に人気車種ということで 値引き額も期待ができ、思った以上にお得に購入できるかもしれません。 コストパフォーマンスと価格以上のクオリティがライズの「Z」グレードの魅力なので、もちろん予算の関係もあるかと思いますが、ぜひ一度「Z」グレードを検討してみることをおすすめします。 人によって車の使用用途は異なると思うので、おすすめは「Z」といったものの、ご自身に合ったグレードを選んでくださいね。 今回の紹介をまとめてみます。 「X」「Z」の違いは内外装の質感とスマートアシストの有無• ライズは上級グレード「Z」が最も人気でお得感がアリ! こんな感じでグレードの違いをしっかりと理解して、後悔のないグレード選びをしてくださいね。

次の

ライズでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

ライズ グレード

ライズ(RAIZE)のエクステリア ライズはロッキーのOEMモデルなので基本的にプロポーションは同じです。 こちらがロッキーです。 9m(5. RAV4は確かによくできたSUVですが、北米がメインターゲットのため全幅が1855mmと日本国内では持て余してしまうサイズです。 かといってC-HRはデザイン優先のため視界や積載性が犠牲になっています。 その点、このライズ(RAIZE なら狭い住宅街でも取り回しの心配もなく女性でも安心して運転できますね。 SUVなら大きくても許される風潮があるなかライスやロッキーは貴重な存在で、コンパクトカーしか選べないけどSUVも気になる人にはうってつけのモデルといえます。 インパネのデザインも実用性が高そうですね。 daihatsu. htm ちなみ助手席を目一杯前方へスライドするとラゲッジスペースの荷室長は最大で 186㎝あります。 ネックとして倒した後席シートバックが傾斜している点ですね。 daihatsu. htm ライズ(RAIZE)のパワートレイン エンジンは1. 0L直列3気筒ターボガソリンエンジンのみのラインナップです。 駆動方式はFFと4WDを全グレードに用意、トランスミッションはCVTのみとなります。 2WD Z 2,060,000円 G 1,895,000円 XS 1,745,000円 X 1,679,000円 4WD Z 2,282,200円 G 2,133,700円 XS 1,984,800円 X 1,918,800円 いずれも消費税込みの金額です。 そしてライズ(RAIZE は新型モデルということで全グレードに標準装備となる安全運転支援機能が充実しています。 これらはダイハツのスマートアシスト相当ですね。 ・衝突警報機能 ・衝突回避支援ブレーキ機能 ・車線逸脱警報機能 ・車線逸脱抑制制御機能 ・オートハイビーム ・標識認識機能 進入禁止 ・誤発進抑制制御機能 ・先行車発進お知らせ機能 ・コーナーセンサー グレードまたはメーカーオプションで用意されている機能は以下の通りです。 基本的にダイハツのスマートアシストプラスに相当します。 ・全車速追従機能付きACC アダプティブクルーズコントロール ・レーンキープコントロール LKC ・スマートパノラマパーキングアシスト ・パノラマモニター ・サイドビューランプ ・アダプティブドライビングビーム ADB スマートアシストのACCや車線認識は ステレオカメラで制御しています。 スマートアシストの詳細情報は オプションとして以下のものが用意されています。 ・ブラインドスポットモニター BSM +リヤクロストラフィックアラート RCTA :66,000円 ・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ:48,400円 ・寒冷地仕様 シートヒータ付 :40,700円 ・寒冷地仕様:24,400円 ・フロアマット ベーシック :18,700円 ・サイドバイザー:20,900円 ・ETC ビルトイン ボイスタイプ:25,300円 ・TCナビ9インチモデル NSZT-Y68T :259,600円 ナビゲーションはダイハツのOEMとはいえ、トヨタが新型モデルに採用しているディスプレイオーディオも選択できるようになっています。 ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラートはトヨタの新型モデルに設定されている装備ですが、このクラスでは初めての採用です。 ちなみに全車速ACCは 完全停止をサポートしていますが停止保持はしてくれません。 それ以降はブレーキを踏む必要があります。 ダイハツ単独でロッキーを販売しても話題に挙がりにくいですが、トヨタブランドで販売されるとなるとタンクやルーミーの様に注目度や販売台数も期待できます。 ライズ(RAIZE の発表は2019年11月5日でしたが予約注文を抱えていて初期受注は順調のようで、11月6日の時点で年内の納車は無理とのことです。 カローラシリーズの出足は思ったほどではないようですが、こちらはやがて街中でよく見かけることになるでしょうね~ 個人的に抜群の取り回しとスッキリしたデザインに好感が持てるものの、気になったのはタイヤサイズと安全・運転支援システムの実力ですね。 ライズまたはロッキーのタイヤサイズですが、極めて珍しいサイズです。 また、トヨタの主力コンパクトカーであるヴィッツこと新型ヤリスには、最新の第二世代トヨタセーフティセンスが採用されています。 ダイハツ車のOEMとはいえ、トヨタのラインナップの間で自動ブレーキの性能に大きな差が生まれなければいいのですが... 実用性や経済性を重視したDNGA(ダイハツニューグローバルアーキテクチャ)のプラットフォームを採用した普通車は、このモデルが初めてなのでどう評価されるか注目ですね。 走行性能を重視したトヨタTNGAのコンパクトカー用プラットフォームGA-Bだと、おそらくこのパッケージは成立しなかったと思います。 また、ライズ(RAIZE の情報があればアップしていきますね! 人気の記事• コンパクトSUVの新型モデルとしてトヨタからライズが2019年11月に登場しました。 トヨタのSUVが欲... 今度の新型ヤリスの走りは今までのヴィッツとは別格の出来で私も含めて多くの人から高い評価を受けています。 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 こうなると5ナン... ライズに続いてコンパクトSUVのヤリスクロスがこの夏に発売されます。 このヤリスクロスは手ごろなサイズで取り... 2020年8月にデビューするトヨタの新型SUV、ヤリスクロスが発表されました。 その一方、日産では待望のニュ...

次の